日比遊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日比 遊一(ひび ゆういち、1964年 - )は、日本写真家映画監督[1]

経歴[編集]

1964年生まれ[2]愛知県名古屋市出身[1]

俳優になることを目指して東京都へ上京[3]日活芸術学院で学んだ[4]。20代の頃、ニューヨークへ渡った[3]。アクターズ・スタジオの共同設立者のロバート・ルイスに師事し、7年間、演技を学んだ[4]。その後、写真家に転身[4]。ニューヨークを拠点に活動している[3]

映画監督としては、写真家で映像作家でもあるロバート・フランクのドキュメンタリー『A Weekend with Mr. Frank』を製作[5]。2013年、長編プロジェクト『ROAD KILL』がカンヌ映画祭<アトリエ部門>にアメリカ代表として招待された[6]。2014年、長編映画『An Ornament of Faith』が完成。IFPは本作を、2014年デビュー作の中のベスト25に選んだ[7]

2016年、ドキュメンタリー映画『健さん』を監督する[8]高倉健を題材にした同作は、マイケル・ダグラスポール・シュレイダーマーティン・スコセッシジョン・ウーらの証言で構成されている[9]。第40回モントリオール世界映画祭にて、ワールド・ドキュメンタリー部門の最優秀作品賞を受賞した[10]

2018年現在、演技の常識を変えたとされたスタニスラフスキーの“メソッド”の正体を探るドキュメンタリー『Method or Madness?』を製作中[11]

映画[編集]

  • A Weekend with Mr. Frank (2015) - 監督
  • 健さん(2016年) - 監督
  • An Ornament of Faith (2017) - 監督

脚注[編集]

  1. ^ a b NY在住の写真家・映画監督 日比遊一が日本で初個展「地の塩」”. ZAKZAK (2015年4月22日). 2016年9月19日閲覧。
  2. ^ 日比遊一「地の塩」”. artscape (2015年4月25日). 2016年9月19日閲覧。
  3. ^ a b c 『健さん』日比遊一監督インタビュー (1/2)”. Movie Collection (2016年9月13日). 2016年9月19日閲覧。
  4. ^ a b c 巨匠ロバート・アルトマンと妻の最後の写真を撮影した日比遊一とは?”. シネマトゥデイ (2015年9月28日). 2016年9月19日閲覧。
  5. ^ 「健さん」公式サイト スタッフ紹介
  6. ^ 「健さん」公式サイト スタッフ紹介
  7. ^ 「健さん」公式サイト スタッフ紹介
  8. ^ 高倉健がよみがえる マイケル・ダグラス、マーティン・スコセッシら映画人の証言で実像に迫る「健さん」の日比遊一監督”. 産経ニュース (2016年8月19日). 2016年9月19日閲覧。
  9. ^ 日比遊一監督、高倉健さんのすごさを「世界へ発信」”. 日刊スポーツ (2016年8月16日). 2016年9月19日閲覧。
  10. ^ 「健さん」モントリオール映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門で最優秀作品賞!”. 映画.com (2016年9月6日). 2016年9月19日閲覧。
  11. ^ 「健さん」公式サイト スタッフ紹介

外部リンク[編集]