歓待 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
歓待
監督 深田晃司
脚本 深田晃司
製作 深田晃司
杉野希妃
出演者 山内健司
杉野希妃
古館寛治
音楽 やぶくみこ
片岡祐介
撮影 根岸憲一
編集 深田晃司
公開 日本の旗 2011年4月23日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

歓待』(かんたい) は、2010年日本映画

ストーリー[編集]

下町で印刷所を営む小林家の元に、かつて小林の父に出資した男の息子と称する「加川花太郎」と名乗る男が訪問して来る。何時の間にか言葉巧みに小林家に入り込み、住み込み工員として働き始めたことから、一見平穏であった小林家の内情が露わになっていく。

キャスト[編集]

DVD[編集]

2011年DVD版として紀伊国屋書店より発売。特典映像として『歓待』の撮影中に平行して撮影された『少年少女』(監督・太田信吾)が収められている。

受賞歴[編集]

  • 第23回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門作品賞。
  • 第15回プチョン国際ファンタスティック映画祭 NATPAC賞(最優秀アジア映画賞)。