片岡祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
片岡 祐介
出生名 片岡 祐介
生誕 (1969-04-27) 1969年4月27日(51歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県豊橋市
学歴 名古屋市立菊里高校音楽科卒業
東京音楽大学中退
ジャンル 即興演奏音楽療法クラシック音楽など
職業 マリンバ奏者、打楽器奏者、作曲家
担当楽器 マリンバパーカッション鍵盤ハーモニカピアノヴィブラフォンバラフォン英語版など
共同作業者
公式サイト 打楽器奏者/作曲家 片岡 祐介

片岡 祐介(かたおか ゆうすけ、1969年4月27日 - )は日本のマリンバ奏者、打楽器奏者作曲家

略歴[編集]

1969年生まれ、愛知県豊橋市で育つ。幼少時より独学で木琴ピアノの演奏を始め、名古屋市立菊里高等学校音楽科(音楽科が全国的に知られる[1])へ進学・卒業。東京音楽大学打楽器有賀誠門、岡田眞理子に学ぶ[2]。在学中からジャンルにこだわらない多種多様な演奏活動を展開。東京音楽大学の打楽器科在学中からプロ活動を開始し、中退。

スタジオミュージシャンを経て、1997年 - 2000年岐阜県音楽療法研究所に研究員として勤務。障害者施設や高齢者施設、病院などの様々な場所で、即興音楽セッションを行う。

1999年~2001年、岐阜県聾学校非常勤講師、耳の不自由な子どもたちと即興演奏を続ける。

2006年度、NHK教育テレビあいのて」に「黄色のあいのてさん」としてレギュラー出演。マリンバ奏者として、坂野嘉彦野村誠、しばてつ[3]、鈴木潤[4]吉森信、林加奈[5]、鷲見祐司、柏木陽[6]、岡野勇仁[7]の新作を初演[8][9][10]

音楽療法学会、音楽療法研究会、音楽療法フォーラム、音楽大学等で音楽療法の講義、ワークショップの講師多数[11]

2012~2013年度、京都女子大学京都造形芸術大学の非常勤講師[12]

マリンバ奏者、打楽器奏者、作曲家として演奏活動や創作活動を行なっている[13]

2018年、東大教授の安冨歩氏と高音質の「純セレブスピーカー」[14][12][15]を開発。安冨と共に、クラシックの名曲の解説・コンサートも行っている[16][17]

2019年の7月の参院選では、安冨歩の選挙活動に帯同して演奏、安冨の選挙活動のドキュメント映画「れいわ一揆」に出演(監督は「ゆきゆきて、神軍」で知られる原一男[18][19]。「れいわ一揆」が東京国際映画祭に参加した際には、片岡も安冨らと共にオープニングのレッドカーペットに登場[20]。「れいわ一揆」は2020年1月にロッテルダム国際映画祭、2月にニューヨーク近代美術館(MoMA)で上映。4月17日から全国で順次公開予定[21][22][23]だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け公開延期[24][25]、9月11日から全国公開[26]

主な作品[編集]

参考:作曲作品(公式サイト)

  • 「マリンバ協奏曲」(2009)
  • 「門天?」(2009)
  • 「江古田コンパ」(2009)
  • 「門天?」(2009)
  • 「ひくてあまた」(2008)
  • 「指令と即興」(2008)
  • 「門天」(2007)
  • ジョン・パルマー演出の演劇「Stepping Stones」の音楽(2007)
  • 「前菜曲」(2006)
  • 「体の外」(2005)
  • 「カメラマンのためのアンサンブル」(2005) 
  • 「集合無意識計画のための音楽」(2005)
  • 「Gong'n Roll」(2004)
  • 「道行きⅡ」(2004)
  • 「道行き」(2004)
  • 「青空」(2004)
  • 「オオキンケイギク」(2001)
  • 「ギャング」(2003)
  • 「月」(2001)
  • 「おんどり組曲」(1996)
  • 「サボテン島」 (1991)

映画音楽[編集]

CD[編集]

参考:参加CD(公式サイト)

参加[編集]

  • 「東京楽士 - 世界の音と遊ぶ」(1992) 渋谷の無国籍料理レストラン「SUNDA」に出演していたミュージシャンが、参加したコンピレーションCD。 バラフォン英語版の演奏で1曲に参加。
  • 七人のおたく」オリジナル サウンドトラック(1992) マリンバパーカッションの演奏で、5曲に参加。
  • 「たまご」雅子とおんどりバンド(1996) 自主制作盤 オリジナル曲「おんどり組曲」の作曲と、ヴィブラフォン、マリンバの演奏で6曲に参加。
  • 「INTERMEZZO」野村誠(2002) タイトル曲の鍵盤ハーモニカ四重奏版の編曲と演奏に参加。
  • 「せみ」野村誠(2002) 3曲目「せみ小倉」に、しょうぎ作曲と演奏で参加。
  • 「カモシカの恋」岡野勇仁[28](2004) パーカッションで、2曲に参加。
  • 「しょうぎ交響曲の誕生」野村誠(2005) オーケストラ編曲、しょうぎ作曲、演奏で、全面的に参加。

著書[編集]

  • 即興演奏ってどうやるの―CDで聴く!音楽療法のセッション・レシピ集」[29](2004/9/2、ISBN 978-4990132545)あおぞら音楽社 共著:野村誠、片岡祐介
    • 誰も考えなかった「即興のルール」を一挙公開。誰でもできるルールを譜面とCD演奏で紹介。
  • 「音楽ってどうやるの ミュージシャンが作った音楽の教科書(CD付)」[30](2008/3/15、ISBN 978-4990132590)あおぞら音楽社 共著:野村誠、片岡祐介
    • 五線譜が読めなくてもOK!世界中の音楽も、即興も作曲も、簡単にできてしまう魔法のレシピ集。 

出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 浜松学芸高100年の歩み 第2章 「校史編」県内初の音楽科誕生”. www3.shizushin.com (2002年12月27日). 2020年10月1日閲覧。 “桐朋、上野学園、菊里、東京芸大などの名門を訪ね歩いて施設設備を見学。”
  2. ^ 片岡祐介ホームページ - 訃報 岡田真理子先生”. http://marimba.blog22.fc2.com/ (2014年7月3日). 2020年9月28日閲覧。
  3. ^ しばてつ” (日本語). Twitter. 2020年9月24日閲覧。
  4. ^ 鈴木潤 SUZUKI Jun Official Site”. suzukijun.com. 2020年9月24日閲覧。
  5. ^ 林加奈” (日本語). Moratorium Pants HP. 2020年9月24日閲覧。
  6. ^ 柏木 陽 | 芸能花伝舎”. www.geidankyo.or.jp. 2020年9月24日閲覧。
  7. ^ 岡野勇仁” (日本語). Twitter. 2020年9月24日閲覧。
  8. ^ a b 片岡 祐介” (日本語). 芸術家と子どもたち (2018年8月6日). 2020年9月17日閲覧。
  9. ^ a b あいのて 「つつでポンッ!」 | 番組表検索結果詳細” (日本語). NHKクロニクル. 2020年9月17日閲覧。
  10. ^ a b あいのてさん”. ainotesan.kenkenpa.net. 2020年9月28日閲覧。
  11. ^ 片岡祐介ホームページ - プロフィール-教育関係、ワークショップなど”. marimba.blog22.fc2.com. 2020年9月26日閲覧。
  12. ^ a b 片岡祐介ホームページ - プロフィール”. marimba.blog22.fc2.com. 2020年9月26日閲覧。
  13. ^ 片岡祐介 (打楽器奏者、作曲家) 音楽ってどうやるの ミュージシャンが作った音楽の教科書”. www.aoisora.jp. 2020年9月24日閲覧。
  14. ^ a b 東大教授・安冨歩氏、音楽家・片岡祐介氏 主催イベント「純セレブスピーカーをしゃぶり尽くそう!」 | IWJ Independent Web Journal”. web.archive.org (2020年2月15日). 2020年2月15日閲覧。
  15. ^ 片岡祐介ホームページ - 純セレブスピーカー、東スポ記事”. marimba.blog22.fc2.com. 2020年9月26日閲覧。
  16. ^ メンデルスゾーンの内面に迫る、安冨氏のトランスジェンダー説!? ~ 純セレブ騎士団がゆく― メンデルスゾーン・ヴァイオリン協奏曲~名曲解読シリーズ No.8 ―安冨歩氏、片岡祐介氏ほか” (日本語). IWJ Independent Web Journal (2019年10月11日). 2020年9月30日閲覧。
  17. ^ 【第3弾】安冨歩・片岡祐介の『魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲』シリーズ「チャイコフスキー 交響曲第6番『悲愴』」を主たる題材にしたレクチャーとコンサート” (日本語). IWJ Independent Web Journal (2016年3月27日). 2020年9月30日閲覧。
  18. ^ https://twitter.com/reiwa_ikki/status/1205495759442825216” (日本語). Twitter. 映画『れいわ一揆』(原一男監督作品) (2019年12月13日). 2020年9月24日閲覧。 “『れいわ一揆』の音楽世界は広がっています。さらに面白いものに仕上げるために、この方にも再登板頂きました!奥のブースで演奏して下さいました。どんな仕上がりになりますか、ご期待下さい!#れいわ一揆 #原一男 #安冨歩 #片岡祐介”
  19. ^ 原一男監督による安冨歩&片岡祐介インタビュー”. Youtube. 安冨歩 (2019年7月21日). 2020年9月25日閲覧。
  20. ^ a b 国費4億円の映画祭で政権批判作品 なのに「真空地帯」:朝日新聞デジタル”. web.archive.org (2019年12月19日). 2020年2月6日閲覧。
  21. ^ Inc, Natasha. “「れいわ一揆」オールナイト上映開催、原一男と安冨歩のトークショー&重大発表も” (日本語). 映画ナタリー. 2020年2月6日閲覧。
  22. ^ ドキュメンタリー映画の鬼才・原一男の新作は選挙エンターテインメント 4月17日公開 - ライブドアニュース”. web.archive.org (2020年2月16日). 2020年2月16日閲覧。
  23. ^ 原一男によるドキュメンタリー「れいわ一揆」の公開日が4月17日に決定、新写真到着 - 映画ナタリー”. web.archive.org (2020年2月16日). 2020年2月16日閲覧。
  24. ^ 映画『れいわ一揆』(原一男監督作品) (2020年4月6日). “[https://twitter.com/reiwa_ikki/status/1247111832050909185 『れいわ一揆』公開延期のお知らせ① 2020年4月17日(金)より公開を予定しておりました 映画『れいわ一揆』は、 新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、 公開延期を決定いたしましたことをお知らせ致します。 また、順次公開を予定していた全国上映予定劇場につきましても、同様に延期となります。]” (日本語). @reiwa_ikki. 2020年4月8日閲覧。
  25. ^ ≪公開延期のお知らせ≫”. れいわ一揆公式サイト. 2020年4月8日閲覧。
  26. ^ Inc, Natasha. “原一男「れいわ一揆」新公開日は9月11日「党の激震がもろに作品を揺さぶった」(動画あり / コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年8月13日閲覧。
  27. ^ ポリフォニック・パーカッション 片岡祐介と子どもたち | アーツカウンシル東京ROOM302 アートプロジェクト資料検索サイトβ版” (日本語). 2020年9月24日閲覧。
  28. ^ 岡野勇仁” (日本語). Twitter. 2020年9月26日閲覧。
  29. ^ 即興演奏ってどうやるの”. www.aoisora.jp. あおぞら音楽社. 2020年9月24日閲覧。
  30. ^ 音楽ってどうやるの ミュージシャンが作った音楽の教科書”. www.aoisora.jp. あおぞら音楽社. 2020年9月24日閲覧。
  31. ^ a b 山本太郎&れいわ現象の熱を綴じ込めた4時間超大作映画「れいわ一揆」 (1/2)”. web.archive.org (2019年12月22日). 2020年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]