片岡祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片岡 祐介(かたおか ゆうすけ、1969年4月27日 - )は日本のマリンバ奏者、打楽器奏者作曲家


略歴[編集]

1969年生まれ、愛知県豊橋市で育つ。

幼少時より独学でピアノ等の演奏を始め、名古屋市立菊里高等学校音楽科へ進学・卒業。東京音楽大学打楽器を学ぶ。

スタジオミュージシャンを経て、1997年 - 2000年岐阜県音楽療法研究所研究員。

マリンバ奏者、打楽器奏者、作曲家として演奏活動や創作活動を行なっている。


主な作品[編集]

  • 「指令と即興」(2008)
  • 「前菜曲」(2006)
  • 「体の外」(2005)
  • 「カメラマンのためのアンサンブル」(2005) 
  • 「集合無意識計画のための音楽」(2005)
  • 「Gong'n Roll」(2004)
  • 「道行きⅡ」(2004)
  • 「道行き」(2004)
  • 「青空」(2004)
  • 「オオキンケイギク」(2001)
  • 「ギャング」(2003)
  • 「月」(2001)
  • 「おんどり組曲」(1996)
  • 「サボテン島」 (1991)


CD[編集]

  • 「ポリフォニックパーカッション」(2008)


著書[編集]

  • 「即興演奏ってどうやるの」(野村誠と共著、あおぞら音楽社)
  • 「音楽ってどうやるの」(野村誠と共著、あおぞら音楽社)


関連項目[編集]


外部リンク[編集]