マリンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マリンバ
マリンバ
マリンバの演奏風景

マリンバ (Marimba) は、木製の音板をもつ鍵盤打楽器で、いわゆる木琴の一種。譜面上の略記はMar. Mari. Mrb. Mrm. 等。

概要[編集]

構造[編集]

ピアノと同様の配列をした木製(ローズウッドパドック)の鍵盤マレットと呼ばれる枹・ばちでたたいて演奏する。同じ木琴の一種であるシロフォンと同様の構造であるが、シロフォンよりも鍵盤が広く厚く造られており、深みのある音色を表現できる。さらに、鍵盤の下部に各音階によって長さを変えた共鳴用の金属管が設けられており、その下端を閉じることにより、鍵盤の音に共鳴し増幅させる。それにより、さらに豊かな音色となる。

音域は通常の4オクターブ(C28-C76)が基本となる。ダリウス・ミヨーポール・クレストンらがこの4オクターブ・マリンバを使用した協奏曲を残しているが、1960年代以降高橋美智子安部圭子らがソロの演奏活動を積極的に展開していったことを機に、音域が拡張していく。両者をはじめ様々なメーカー・演奏家による試みがなされたが、1980年代にC16を含む5オクターブをヤマハと安部圭子が開発。これが市販の製品としては初のものとなり、世界中に普及していった。低音部では共鳴管の容積を確保する必要があり、ヤマハは丸形の管を太くした上でU字型に折り返すように溶接する形で解決したが、その後こおろぎ社が角型ヘルムホルツと呼ばれる独自の形を打ち出した。現在ではどちらも採用されているが、どちらの形も製造しているのはヤマハのみである。

その後、マリンバ・ワンが高音域に半オクターブ拡張して5オクターブ半(C16-F81)とし、他のメーカー各社(こおろぎ社/ヤマハ/アダムス)もこれを追った。近年ではアーティストモデル(アダムス社:ロバート・ヴァン・サイスモデル/ルートヴィヒ・アルバートモデル)といった特色ある製品が開発された。高橋美智子はコントラバスマリンバ(C16の1オクターブ下、C4から始まる)やピッコロマリンバ(C88、一般的なピアノの最高音まで)を特注し、自身の演奏活動で使用するなど音域に関しての挑戦はいくつか試みられたが、近年はC16-C76の5オクターブを標準として落ち着いている。国際マリンバコンクールの課題曲でもこの標準音域を超える課題が出ることは極めてまれであるが、音域の拡張の欲求は留まるところを知らず[1]将来的にはマリンバ・ワンの提唱する5.5オクターブが主流になる可能性がある。アダムス社はその上の5.6オクターブモデルまで制作している。ただし、持っていないオーケストラも存在する[2]ので注意が必要である。

共鳴管に関しても種谷睦子がチェロマリンバとして木製の共鳴管を使用するものを特注したが、やはり一般的となるには至らなかった。今日では真鍮製やアルミニウム製の共鳴管にメッキを施したものが一般的である。マリンバを高音域に拡張して、鍵盤の材質を根本的に変えたうえで独自の調律を施したものはシロリンバと呼ばれるが、マリンバの高音域拡張やシロフォンの低音域拡張が進み、さらに材質が劣化しやすいといった難点に伴い、国際的に廃れてきた。

解体や運搬の利便性から低音域のみの楽器が開発されたが、これはバスマリンバ[3]と呼ばれる。教育用に『テナー』や『アルト』として音域の限られたモデルも存在する。近年はマリンバの低音域が充実した響きを持つことが多くなったため、バスマリンバが出現することはマリンバアンサンブルのような例外を除いて減ってきている。

現在、市販で最も広い音域を持つStudio 49の製品はC16からD90までの6.2オクターブ[4]。近年は5.5オクターブを最初から想定する作曲家もおり、5オクターブ版に後から改訂するケース[5]もあるなど、楽器の開発が進んでいる。ピアノやバイオリン等、楽器というのは一般的には形が変わることが無い(ビオラのように差異が存在するものもある)。しかしマリンバは鍵盤の幅がメーカーによって異なる等、明確な基準は定まっておらず、現在でも開発が続けられている。

なお、シロフォンとマリンバの大きな違いに、その調律方法の違いがある。現在のシロフォンは3倍音(オクターヴと5度上)が基本で、低音域では7倍音(2オクターヴと短7度上)も調律されるのに対し、マリンバの調律は4倍音(2オクターヴ上の音)で、低音部ではさらに10倍音(3オクターヴと長3度上)も調律される。その結果、シロフォンに比べて豊かな低音が特徴となる。

歴史[編集]

マリンババンド

起源はアフリカにあると言われ、の板を並べた下にひょうたんをぶら下げて共鳴管の役割を果たしていたと言われている。アフリカバントゥー語群で、「リンバ」は木の棒を意味し、「マ」が多くの数を表す接頭語であるから、「マリンバ」は、多数の木の棒から成る楽器をあらわす。

現在の形のマリンバが生まれたのは、19世紀後半、グアテマラであると言われている。またメキシコ等南米でもマリンバが古くから演奏されておりメキシカン・マリンバとして民族音楽のスタイルを形成している。これらは米国に持ち込まれるようになり、1910年代には、米国での製作が始まり、シカゴのディーガン(Deagan) は、木製パイプを金属製パイプに取り替えた。その後、鍵盤の配列をピアノ同様の配列にするなど多くの改良がなされ、また、演奏スタイルは、従来一つの楽器を複数人で叩くスタイルであったのが、現在の西洋伝統音楽の独奏者のように演奏するスタイルへ徐々に変貌した。Deaganは音域の拡張をヤマハと同様に行ったメーカーでもある。

当初は「打楽器奏者の副業」程度としか見られていなかったが、20世紀後半以降は楽器の発展が進み、現在ではマリンバ奏者と打楽器奏者はある程度分業化が進行している。音楽大学の打楽器科でも打楽器専攻・マリンバ専攻といった形で区別がされており、マリンビストと呼ばれる種に分化した印象がある。

現在ではマリンバは共鳴管によってもたらされた大きな音量により、ソロ楽器としてもコンチェルトなどで取り扱われるようになった。特に開拓者として、マリンバ演奏のみならず作曲や新作の積極的な委嘱を進めた安倍圭子の貢献が大きい。近年ではマリンバを複数台使用したアンサンブルをマリンバオーケストラとして扱うなど、急速に発展している楽器の一つである。ソロ・マリンバ向けの楽曲も多く作曲されており、非常に高度な技術を要する曲も増えてきている。

奏法[編集]

グリップ[編集]

演奏に際しては通常マレットが使われる。マレットは、ゴムの玉にさまざまなものをかぶせることによって、音色を変えることができる。通常演奏される際は、マレット2本~4本で演奏されることが多い。しかし、特殊な楽曲によっては6本を必要とする場合もある。また、4本マレットの持ち方(グリップ)にも様々な方式がある。クロスグリップのトラディショナル&バートン・グリップ、ノンクロスのマッサー&スティーブンス・グリップ。日本ではクロスグリップが主流であるのに対して欧米ではインディペンデント・グリップ(ノンクロス)が主流となっている。

手順に関しては様々な表記があるが、現在一般的なのは下記の通りである。

  • 2本マレットの場合は『L・R』
  • 3本マレットの場合は左手外側から右手外側に向かって『L・3・4』(左1本右2本)もしくは『1・2・R』(左2本右1本)とするものもある。
  • 4本マレットの場合は左手外側から右手外側に向かって『1・2・3・4』
    • 『1・2』の重音をL、『3・4』の重音をRと表記するものもある。
  • 6本マレットに関しても左手外側から右手外側に向かって『1・2・3・4・5・6』
    • 『1・2・3』の重音をL、『4・5・6』の重音をRと表記するものもある。

2本マレットのフランス系の楽譜ではまれに『○●』で表記しているものも見られるが、これに関しても左右をどのように定義するかは作曲者次第であり、明確に定まったものはない。あと、「硬い」「中ぐらい」「柔らかい」をシンボルで明示する作曲家もいるが、これも明確なルールはない。

特殊奏法[編集]

特殊奏法は多種多様であり、楽器同様に更なる開発が進められている。

  • ロール(トレモロ) - 両手によるものと片手によるもの(4マレット使用時に片手の2本を使用して行う)
  • デッドストローク - マレットを鍵盤に押し付けるように弾くことで音に消音効果と独特の打音を持たせるほか、奏者側の鍵盤(一般的には白鍵にあたる幹音に限るが、黒鍵にあたる派生音側に立って演奏すれば一応可能)に体を押さえつけても似たような音色を得られる。
  • グリッサンド奏法 - 先端で鍵盤の表面をこするように鳴らす
  • マンドリンロール - 片手に持った2本のマレットを縦に並べて鍵盤を挟み表裏を連続して弾く。奏者側の鍵盤(一般的には白鍵にあたる幹音に限るが、黒鍵にあたる派生音側に立って演奏すれば一応可能)のみ可能。
  • リムショット - マレットの柄で鍵盤の角を弾く
  • ボディショット - 楽器の側板を打楽器として叩く
  • 特殊なマレット(マラカスのようなものや牛皮を巻いたもの)を使用するなど

著名なマリンバ奏者[編集]

楽器の性質上、打楽器奏者が兼任する場合もある。マリンバを主として活動している奏者のみを記す。

レパートリー[編集]

主として国際マリンバコンクールや打楽器コンクールで課題に設定される、無伴奏楽曲を示す。示したもの以外にもバイオリンやピアノの楽曲を作曲者自らアレンジして演奏することもままある。

  • 桜の幻影 - 安倍圭子
  • わらべ歌による譚章 - 安倍圭子
  • 組曲「会話」 - 三善晃
  • ミラージュ - 末吉保雄
  • 源流 - 一柳慧
  • Ilijas - Nebojsa J.Zivkvic
  • Merlin - Andrew Thomas
  • Khan Variations - Alejandro Vinao
  • Velocities - Joseph Schwantner
  • Dances of Earth and Fire - Peter Klatzow
  • Cameleon - Eric Sammut

主要メーカー[編集]

現存するメーカー[編集]

  • こおろぎ社 - 福井県丹生群に拠点を置く。日本国内で幅広く普及しており、国内のコンサート用マリンバ市場で 40%を超えるシェアを獲得した[6]。KMKやコンコルド社のOEM製品も製造しており、東京都練馬区にショールーム(ネオリアこおろぎ)を開設している。
  • ヤマハ - 市販の製品としては初となる、C16を含んだ5オクターブを持つ楽器を実現した。
  • アダムス - オランダに拠点を置く。アーティストモデルや独自の『アルファ・チューニングメソッド』を採用した製品をパール楽器が代理店となり販売している。
  • マリンバ・ワン - 米国に拠点を置くメーカー。
  • マレテック - 米国に拠点を置くメーカー。
  • スタジオ49 - C16起算で6.2オクターブを持つ楽器を販売している。
  • ムッサー - 米国に拠点を置くメーカー。マッサーとも呼ばれる。
  • プレミア
  • ベルジュロー
  • ディモロー
  • ダイナスティ

かつて存在したメーカー[編集]

  • サイトウ - 日本を代表するメーカーであったが、2017年11月に事業停止した。
  • ディーガン
  • ミズノマリンバ

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • Helmut Brenner: Marimbas in Lateinamerika. Historische Fakten und Status quo der Marimbatraditionen in Mexiko, Guatemala, Belize, Honduras, El Salvador, Nicaragua, Costa Rica, Kolumbien, Ecuador und Brasilien (=Studien und Materialien zur Musikwissenschaft 43), Hildesheim–Zürich–New York: Georg Olms Verlag, 2007.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉岡孝悦モデル”. members.edogawa.home.ne.jp. 2018年11月2日閲覧。
  2. ^ BASEL CHAMBER ORCHESTRA”. www.baselcompetition.com. 2018年11月2日閲覧。
  3. ^ バス・マリンバ”. www.korogi.co.jp (2009年2月21日). 2018年10月15日閲覧。
  4. ^ royal-percussion”. www.studio49.de. 2018年11月2日閲覧。
  5. ^ Alterations for 5-octave marimba version by the composer”. www.schottjapan.com. 2018年11月2日閲覧。
  6. ^ こおろぎ社”. www.chusho.meti.go.jp. 2018年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]