鍵盤ハーモニカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メロディオン

鍵盤ハーモニカ(けんばんハーモニカ)は、楽器の一種。ハーモニカと同じく金属のリードを呼気で鳴らすものである。

鍵盤と連動したバルブの開閉によって、特定のリードを確実に演奏することが出来るが、ハーモニカと違い吸気で鳴らすことは出来ない。「ピアニカ」「メロディオン」などはメーカー商標名であるが、通称として一般的に普及している。「鍵ハ」と略す通称もある。

概要[編集]

鍵盤楽器でありながら、実質的に管楽器と同様、息を吹き込む強さを加減することで表情豊かな表現が可能である。鍵盤ハーモニカの演奏には専用の吹き口(唄口、パイプ)を用いる。基本的な奏法としては、幼稚園小学校での音楽教育など机上あるいは膝上に置いて演奏する場合には卓奏用パイプ(ホース状)を用いる。また、鼓笛隊など立ったまま演奏する場合には立奏用パイプ(I字状あるいはS字状)を用いて演奏する。立奏の場合には本体背面のバンドに片手を通して本体を支えつつ演奏する。

本来は小学生(とくに1・2年生)や幼稚園児が学校での音楽教育や器楽演奏に用いる楽器であるが、前に述べた通り表現力のある楽器であるため、一般的な楽器と同様にソロアンサンブルで演奏するプロやアマチュアの奏者も現れてきている。

2013年3月3日、静岡県で行われたイベントで、鍵盤ハーモニカを全員で5分以上演奏するギネス世界記録に挑戦し、「鍵盤ハーモニカ同時演奏の最多人数」を更新した[1][2]

主なメーカーと商標[編集]

  • TOKAIヤマハ:ピアニカ(東海楽器製造の命名した商品名、ピアノとハーモニカの合成語)
  • SUZUKI:メロディオン(メロディーとアコーディオンの合体語)
  • ZENON:ピアニー(ピアニカの捩り)
  • HOHNER:メロディカ・ピアノ

鍵盤ハーモニカ奏者[編集]

鍵盤ハーモニカを採り入れた音楽家[編集]

使用した作曲家[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “世界一!児童688人が鍵盤ハーモニカ同時演奏”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年3月4日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130303-OYT1T00518.htm 2013年3月4日閲覧。 
  2. ^ “鍵盤ハーモニカでギネス世界記録に”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年3月4日). オリジナル2013年3月4日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0304-2357-35/www3.nhk.or.jp/news/html/20130304/t10015926091000.html 2013年3月4日閲覧。