安冨歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安冨 歩
生誕 (1963-03-22) 1963年3月22日(55歳)
日本の旗 日本大阪府
研究機関 東京大学
研究分野 経済学金融論、社会生態学
母校 京都大学学士修士博士
受賞 日経・経済図書文化賞1997年
テンプレートを表示

安冨 歩(やすとみ あゆみ、1963年3月22日[1] - )は、日本の経済学者東京大学東洋文化研究所教授。

京都大学経済学部卒業。『「満洲国」の金融』(創文社)で第40回日経・経済図書文化賞受賞[2]。著書『原発危機と「東大話法」』(明石書店)で東大話法を提唱した。その後も乗馬女性装の勧めなど、奇矯とも思われる大胆な表現活動をしている。近年は、純セレブスピーカーの開発にも力を注いでいる。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 2013年より性自認が女性に近いことに気づいて以来、女性装して過ごしており、テレビ出演もしている[6][7][8]
  • 死刑廃止を主張している[9]
  • 2018年7月8日投開票の東松山市長選挙に「こどもを守り、未来をひらく」を掲げ立候補するも現職の森田光一に敗れ落選[4][10][11]

※当日有権者数:74,264人 最終投票率:35.98%(前回比:-11.58ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
森田光一65無所属19,094票72.74%(推薦)自由民主党公明党
安冨歩55無所属7,154票27.26%

主要研究業績等[編集]

著書[編集]

  • 『「満洲国」の金融』 創文社1997年
  • 『貨幣の複雑性〜生成と崩壊の理論〜 』創文社 2000年
  • 『複雑さを生きる―やわらかな制御』 岩波書店〈フォーラム共通知をひらく〉、2006年
  • 『生きるための経済学』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2008年
  • 『経済学の船出~創発の海へ~』 NTT出版2010年
  • 『生きる技法』 青灯社、2011年
  • 『原発危機と「東大話法」〜傍観者の論理・欺瞞の言語〜』 明石書店2012年
  • 『生きるための論語』 ちくま新書2012年
  • 『幻影からの脱出〜原発危機と東大話法を越えて〜』 明石書店2012年
  • 『もう「東大話法」にはだまされない〜「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く〜』 講談社プラスアルファ新書、2012年
  • 『超訳 論語』 ディスカヴァー・トゥエンティワン2012年
  • 『合理的な神秘主義~生きるための思想史』 青灯社〈叢書「魂の脱植民地化」3〉、2013年
  • 『「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂』 講談社+α新書2013年
  • 『ジャパン・イズ・バック―安倍政権にみる近代日本「立場主義」の矛盾』 明石書店、2014年
  • 『ドラッカーと論語』 東洋経済新報社2014年
  • 『誰が星の王子さまを殺したのか―モラル・ハラスメントの罠』 明石書店、2014年
  • 『満洲暴走隠された構造 -大豆・満鉄・総力戦』角川新書、2015年。
  • 『ありのままの私』ぴあ、2015年。
  • 『マイケル・ジャクソンの思想』アルテスパブリッシング、2016年。
  • 『あなたが生きづらいのは「自己嫌悪」のせいである。』大和出版、2016年。

共著・共編著[編集]

  • 本條晴一郎共著) 『ハラスメントは連鎖する』 光文社新書、2007年
  • 深尾葉子共編) 『「満洲」の成立』 財団法人名古屋大学出版会2009年
  • (深尾葉子・朱序弼共著) 『黄土高原・緑を紡ぎだす人々 「緑聖」朱序弼をめぐる動きと語り』 (石田慎介・唐明艶訳)、東京大学東洋文化研究所〈東洋文化研究所叢刊〉、2010年(日本語+中国語)。
  • 本多雅人共著) 『今を生きる親鸞』 樹心社、2011年
  • (本多雅人、佐野明弘共著) 『親鸞ルネサンス―他力による自立』 明石書店、2013年
  • 長谷川羽衣子小出裕章中島哲演共著) 『原発ゼロをあきらめない 反原発という生き方』 明石書店、2013年
  • 遠藤誉、深尾葉子共著) 『香港バリケード 若者はなぜ立ち上がったのか』 明石書店、2015年

翻訳[編集]

主要論文[編集]

  • Yasutomi, Ayumu and Charles Yuji Horioka. "ADAM SMITH'S ANSWER TO THE FELDSTEIN-HORIOKA PARADOX: THE INVISIBLE HAND REVISITED." ECONOMIC LETTERS. no. 111, 2011.1.: 36-37.
  • YASUTOMI, Ayumu. "Itinerancy of money. Chaos: an interdisciplinary journal of nonlinear science 13, no. 3 2003.: 1148-1164.
  • TOKITA, Kei and Ayumu YASUTOMI. "Emergence of a complex and stable network in a model ecosystem with extinction andmutation."Theoretical Population Biology, no. 63 2003.: 131-146.
  • YASUTOMI, ayumu. "County Currencies and the Manchurian Incident."Chinese buisness History 12, no. 2 2002.: 1-2.
  • YASUTOMI, Ayumu. "Finance in `Manchukuo', 1932-1945."STICERD/LSE working paper, no. 98/345 1998.
  • YASUTOMI, ayumu. "Money and Time." Time, Language, and Cognition. Edited by Yasuhiko Nagano, Senri Ethnorogical Studies 45. Osaka: National Museum of Ethnology, 1998.: 51-83.
  • YASUTOMI, ayumu. "An overview on currency struggles in Manchuria,1900-1932'."STICED/LSE working paper, no. 97/330 1997.
  • YASUTOMI, ayumu. "The emergence and collapse of money."Physica D 82 1995.: 180-194.

メディア出演[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]