安冨歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安冨 歩
生誕 (1963-03-22) 1963年3月22日(56歳)
日本の旗 日本大阪府大阪市
研究機関 東京大学
研究分野 経済学金融論、社会生態学
母校 京都大学学士修士博士
受賞 日経・経済図書文化賞1997年
テンプレートを表示

安冨 歩(やすとみ あゆみ、1963年3月22日[1] - )は、日本の経済学者東京大学東洋文化研究所教授。

研究分野[編集]

満州国経済史を専門として金融を通じた側面[2][3] について研究し[4]、その成果が日経・経済図書文化賞を受賞し、深尾葉子大阪大学准教授との共同研究も多く、経済史の専門家でもある。中国語にも堪能である。歴史家としての顔をもつと同時に著書である 『貨幣の複雑性』 のように複雑系シミュレーションを経済活動に応用した研究も同時に行い[5]LSE留学時代に森嶋通夫にも師事し、ノイマン経済成長モデルについての研究を生態系や複雑系科学への応用も試み[6]、理論経済学者としての成果も多数有する[7]。さらに、物理学の国際誌への寄稿論文もある[8][9]。加えてマイケル・ポランニー暗黙知について既存解釈の誤訳を指摘したり、ドラッカーと論語との関係性について分析すると行ったように文系・理系の垣根に捕らわれず、数理シミュレーション、複雑系科学、社会思想、経済史、論語研究、親鸞研究等と幅広い業績を残している。現在では、さまざまな分野を横断的に研究する「社会生態学」に興味を持っているという[10]。2018年には、純セレブスピーカーに関するYouTube動画を多数配信している。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 2013年より性自認が女性に近いことに気づいて以来、女性装して過ごしており、テレビ出演もしている。2014年より完全に女性装に切り替え、講演等に臨んでいる[17][18][19]
  • 死刑廃止を主張している[20]
  • 2018年7月8日投開票の東松山市長選挙に「こどもを守り、未来をひらく」を掲げ立候補するも現職の森田光一に敗れ落選[14][21][22]

※当日有権者数:74,264人 最終投票率:35.98%(前回比:−11.58ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
森田光一65無所属19,094票72.74%(推薦)自由民主党公明党
安冨歩55無所属7,154票27.26%

主要研究業績等[編集]

博士論文[編集]

著書[編集]

  • 『「満洲国」の金融』創文社、1997年。
  • 『貨幣の複雑性〜生成と崩壊の理論〜 』創文社 2000年
  • 『複雑さを生きる―やわらかな制御』岩波書店〈フォーラム共通知をひらく〉、2006年。
  • 『生きるための経済学』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2008年。
  • 『経済学の船出~創発の海へ~』NTT出版、2010年。
  • 『生きる技法』青灯社、2011年。
  • 『原発危機と「東大話法」〜傍観者の論理・欺瞞の言語〜』明石書店、2012年。
  • 『生きるための論語』ちくま新書、2012年。
  • 『幻影からの脱出〜原発危機と東大話法を越えて〜』明石書店、2012年。
  • 『もう「東大話法」にはだまされない〜「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く〜』講談社プラスアルファ新書、2012年。
  • 『超訳 論語』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2012年。
  • 『合理的な神秘主義~生きるための思想史』青灯社〈叢書「魂の脱植民地化」3〉、2013年。
  • 『「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂』講談社+α新書、2013年。
  • 『ジャパン・イズ・バック―安倍政権にみる近代日本「立場主義」の矛盾』明石書店、2014年。
  • 『ドラッカーと論語』東洋経済新報社、2014年。
  • 『誰が星の王子さまを殺したのか―モラル・ハラスメントの罠』明石書店、2014年。
  • 『満洲暴走隠された構造 -大豆・満鉄・総力戦』角川新書、2015年。
  • 『ありのままの私』ぴあ、2015年。
  • 『マイケル・ジャクソンの思想』アルテスパブリッシング、2016年。
  • 『あなたが生きづらいのは「自己嫌悪」のせいである。』大和出版、2016年。
  • 『Tao 老子の教え あるがままに生きる』ディスカヴァー・トゥエンティワン、2017年。

共著・共編著[編集]

  • 本條晴一郎共著)『ハラスメントは連鎖する』光文社新書、2007年。
  • 深尾葉子共編)『「満洲」の成立』財団法人名古屋大学出版会、2009年。
  • (深尾葉子・朱序弼共著)『黄土高原・緑を紡ぎだす人々 「緑聖」朱序弼をめぐる動きと語り』(石田慎介・唐明艶訳)、東京大学東洋文化研究所〈東洋文化研究所叢刊〉、2010年(日本語+中国語)。
  • 本多雅人共著)『今を生きる親鸞』樹心社、2011年。
  • (本多雅人、佐野明弘共著)『親鸞ルネサンス―他力による自立』明石書店、2013年。
  • 長谷川羽衣子小出裕章中島哲演共著)『原発ゼロをあきらめない 反原発という生き方』明石書店、2013年。
  • 遠藤誉、深尾葉子共著)『香港バリケード 若者はなぜ立ち上がったのか』明石書店、2015年。

翻訳[編集]

エッセイ等[編集]

メディア出演[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成30年7月8日執行東松山市長選挙立候補届出者一覧
  2. ^ 安冨歩 「南満洲鉄道の資金調達と資金投入」 『人文学報』 第76号 (1994.)、155-228.
  3. ^ 安冨歩「満洲中央銀行の資金創出・資金投入メカニズム」 『人文学報』 第69号 (1991.)
  4. ^ 『「満洲国」の金融』京都大学博士学位論文、1997年
  5. ^ 貨幣の複雑性〜生成と崩壊の理論〜
  6. ^ 安冨歩「ノイマンの経済成長モデルについて-森嶋通夫の貢献の紹介と生態系への応用の試み-」 『2000年度基礎物理学研究所研究会「大自由度進化モデルの力学系研究(研究会報告)』(2001)
  7. ^ Yasutomi, Ayumu and Charles Yuji Horioka. "ADAM SMITH'S ANSWER TO THE FELDSTEIN-HORIOKA PARADOX: THE INVISIBLE HAND REVISITED." ECONOMICS LETTERS. no. 111, 2011.1.: 36-37.
  8. ^ YASUTOMI, ayumu. "The emergence and collapse of money."Physica D 82 1995.: 180-194.
  9. ^ YASUTOMI, Ayumu."Itinerancy of money. Chaos: an interdisciplinary journal of nonlinear science 13, no. 3 2003.: 1148-1164.
  10. ^ [1]
  11. ^ 人環フォーラム No. 28京都大学学術機関リポジトリ
  12. ^ 開発者紹介 純セレブスピーカー 純セレブ堂
  13. ^ 博士論文書誌データベースより。
  14. ^ a b “埼玉・東松山市長選で森田光一氏3選 「女性装」の安冨歩氏を大差で破る”. 産経新聞. (2018年7月9日). https://www.sankei.com/politics/news/180709/plt1807090003-n1.html 2018年7月9日閲覧。 
  15. ^ 東松山市長選/東松山市議補選 告示 市長選、現新の一騎打ち 市議補選は3氏出馬 /埼玉
  16. ^ れいわ新撰組に寄付2億円、10人擁立山本氏明言 朝日新聞2019年6月26日付
  17. ^ 小野美由紀 (2016年1月28日). “なぜ日本の男は苦しいのか? 女性装の東大教授が明かす、この国の「病理の正体」”. 現代ビジネス. 講談社. 2016年6月17日閲覧。
  18. ^ 小野美由紀 (2016年1月29日). “東大教授・安冨歩はなぜ「男装」をやめたか〜女性装をしてみたら、私と世界はこう変わった「ありのままの自分」で生きる技法”. 現代ビジネス. 講談社. 2016年6月17日閲覧。
  19. ^ 若松正子 (2015年8月5日). ““女性装の大学教授”安冨歩、独自の人生観とは”. ORICON STYLE. オリコン株式会社. 2016年6月17日閲覧。
  20. ^ 安冨歩
  21. ^ 東松山市長選挙及び東松山市議会議員補欠選挙開票速報(平成30年7月8日執行)/東松山市ホームページ
  22. ^ 現職vs「女性装」東大教授 埼玉・東松山市長選-日刊スポーツ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 東松山あゆみの会 – 安冨 歩
  • 安冨歩 (@anmintei) - Twitter
  • 東京大学東洋文化研究所研究者紹介ページ
  • マイケル・ジャクソンの思想(ブログ)
  • マイケル・ジャクソンの思想(と私が解釈するもの)(旧ブログ)
  • 安冨歩 - KAKEN 科学研究費助成事業データベース
  • 研究者リゾルバーID:1000020239768論文一覧(CiNii)
  • 日本の研究.com:153687