安冨歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
安冨 歩
生誕 1963年
日本の旗 日本大阪府
研究機関 東京大学
研究分野 経済学金融論、社会生態学
母校 京都大学学士修士博士
受賞 日経・経済図書文化賞1997年
テンプレートを表示

安冨 歩(やすとみ あゆみ、1963年 - )は、日本の経済学者東京大学東洋文化研究所教授。京都大学経済学部卒業。 『「満洲国」の金融』(創文社)で第40回日経・経済図書文化賞受賞[1]。著書『原発危機と「東大話法」』(明石書店)で東大話法を提唱した。

略歴[編集]

特記事項[編集]

  • 2016年10月26日付の琉球新報において、沖縄の米軍のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)工事を警備する大阪府警の機動隊員が建設に対する抗議運動を行っている群衆に対して「土人」と発言した事件が報じられると「この線から近づくなと言う警察に対し、抗議する人々が金網を利用して挑発し、日本警察の本質を露呈させた。」「(機動隊員を擁護した)大阪府知事の差別意識まで露呈させたのだから大成功だ。」として絶賛し、「非暴力の闘争で最も大事なのは、どうすればこちらが暴力を使わずに、相手を挑発して暴力を使わせるか、ということ。」「沖縄が今考えるべきは、さらに挑発的な次のアクションをどう起こすかだ。」「沖縄はかさにかかって権力者を挑発し、ばかなことを言わせ続け、次々に言い訳させて対応を迫るべきだ。」などを沖縄県民に訴えている。[6]

著書[編集]

  • 『「満洲国」の金融』 創文社1997年
  • 『貨幣の複雑性〜生成と崩壊の理論〜』 創文社2000年
  • 『複雑さを生きる―やわらかな制御』 岩波書店〈フォーラム共通知をひらく〉、2006年
  • 『生きるための経済学』 日本放送出版協会〈NHKブックス〉、2008年
  • 『経済学の船出~創発の海へ~』 NTT出版2010年
  • 『生きる技法』 青灯社、2011年
  • 『原発危機と「東大話法」〜傍観者の論理・欺瞞の言語〜』 明石書店2012年
  • 『生きるための論語』 ちくま新書2012年
  • 『幻影からの脱出〜原発危機と東大話法を越えて〜』 明石書店2012年
  • 『もう「東大話法」にはだまされない〜「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く〜』 講談社プラスアルファ新書、2012年
  • 『超訳 論語』 ディスカヴァー・トゥエンティワン2012年
  • 『合理的な神秘主義~生きるための思想史』 青灯社〈叢書「魂の脱植民地化」3〉、2013年
  • 『「学歴エリート」は暴走する 「東大話法」が蝕む日本人の魂』 講談社+α新書2013年
  • 『ジャパン・イズ・バック―安倍政権にみる近代日本「立場主義」の矛盾』 明石書店、2014年
  • 『ドラッカーと論語』 東洋経済新報社2014年
  • 『誰が星の王子さまを殺したのか―モラル・ハラスメントの罠』 明石書店、2014年
  • 『満洲暴走隠された構造 -大豆・満鉄・総力戦』角川新書、2015年。
  • 『ありのままの私』ぴあ、2015年。
  • 『マイケル・ジャクソンの思想』アルテスパブリッシング、2016年。
  • 『あなたが生きづらいのは「自己嫌悪」のせいである。』大和出版、2016年。

共著・共編著[編集]

  • 本條晴一郎共著) 『ハラスメントは連鎖する』 光文社新書、2007年
  • 深尾葉子共編) 『「満洲」の成立』 財団法人名古屋大学出版会2009年
  • (深尾葉子・朱序弼共著) 『黄土高原・緑を紡ぎだす人々 「緑聖」朱序弼をめぐる動きと語り』 (石田慎介・唐明艶訳)、東京大学東洋文化研究所〈東洋文化研究所叢刊〉、2010年(日本語+中国語)。
  • 本多雅人共著) 『今を生きる親鸞』 樹心社、2011年
  • (本多雅人、佐野明弘共著) 『親鸞ルネサンス―他力による自立』 明石書店、2013年
  • 長谷川羽衣子小出裕章中島哲演共著) 『原発ゼロをあきらめない 反原発という生き方』 明石書店、2013年
  • 遠藤誉、深尾葉子共著) 『香港バリケード 若者はなぜ立ち上がったのか』 明石書店、2015年

翻訳[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日経・経済図書文化賞』受賞作品 (PDF) - 日本経済研究センター
  2. ^ 博士論文書誌データベースより。
  3. ^ 小野美由紀 (2016年1月28日). “なぜ日本の男は苦しいのか? 女性装の東大教授が明かす、この国の「病理の正体」”. 現代ビジネス. 講談社. 2016年6月17日閲覧。
  4. ^ 小野美由紀 (2016年1月29日). “東大教授・安冨歩はなぜ「男装」をやめたか〜女性装をしてみたら、私と世界はこう変わった「ありのままの自分」で生きる技法”. 現代ビジネス. 講談社. 2016年6月17日閲覧。
  5. ^ 若松正子 (2015年8月5日). ““女性装の大学教授”安冨歩、独自の人生観とは”. ORICON STYLE. オリコン株式会社. 2016年6月17日閲覧。
  6. ^ 安富歩 (2016年10月26日). “<機動隊 差別発言を問う>沖縄からアジェンダを 安冨歩さん(東大東洋文化研究所教授)”. 琉球新報. 琉球新報社. 2016年10月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]