有賀誠門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有賀 誠門(あるが まこと、1937年1月5日 - )は、打楽器奏者。元NHK交響楽団首席奏者、東京藝術大学名誉教授。

プロフィール[編集]

長野県塩尻市出身。長野県桔梗ヶ原高等学校を卒業後、東京藝術大学音楽学部に入学しティンパニーを専攻。1958年NHK交響楽団に入団しパーカッションを担当、1960年東京パーカッションアンサンブル設立。1963年から翌年までニューイングランド音楽院に留学。1976年退団後、母校助教授。1993年同教授に就任。アメリカ・スタイルの日本を代表するティンパニ奏者といわれる。

入賞[編集]

  • 1954年:吹奏楽個人コンクール第1位
  • 1977年:芸術祭賞優秀賞

出典[編集]