永井秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永井 秀樹 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガイ ヒデキ
ラテン文字 NAGAI Hideki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-01-26) 1971年1月26日(46歳)
出身地 大分県
身長 174cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-1997 ヴェルディ川崎 54 (5)
1995 福岡ブルックス (loan) 12 (3)
1996 清水エスパルス (loan) 29 (3)
1998 横浜フリューゲルス 32 (12)
1999-2000 横浜F・マリノス 43 (5)
2001-2002 東京ヴェルディ1969 31 (7)
2004 大分トリニータ 2 (0)
2005 FC琉球 8 (4)
2006-2007 東京ヴェルディ1969 47 (4)
2008-2013 FC琉球 97 (9)
2014-2016 東京ヴェルディ1969 32 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月20日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

永井 秀樹(ながい ひでき、1971年1月26日 - )は、大分県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF

元サッカー選手、サッカー指導者の永井篤志は実弟である。

来歴[編集]

長崎県立国見高校を卒業後、国士舘大学に入学しバルセロナオリンピック最終予選に出場するも、本大会の出場権を取れなかったことで大学を中退し、1992年にヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ1969)に入団[1]

1995年ジャパンフットボールリーグの福岡ブルックス(現・アビスパ福岡)、1996年清水エスパルス期限付き移籍後、翌年にV川崎に復帰。その後翌1998年横浜フリューゲルスに完全移籍。

横浜フリューゲルスの消滅に伴って、1999年横浜F・マリノス2001年に東京Vへそれぞれ移籍。

2002年に東京Vから戦力外通告を受けて解雇され、しばらく無所属であったが、2004年大分トリニータに入団する。しかし2試合に出場したのみで再び戦力外通告を受ける。

2005年6月にFC琉球と契約。

2006年はJ2降格になった古巣東京Vに復帰し、東京Vでのかつてのチームメイトであるラモス瑠偉監督のもとJ1昇格を狙った。スタメン出場こそほとんどないものの、ここぞの場面で流れを変えるスーパーサブとしてラモスからの信頼を得た。

2007年日本フットサルリーグバサジィ大分の取締役兼スーパーバイザーに就任。

2008年、ヴェルディ側のフロントと対立し、自身のブログでヴェルディ退団を発表。

2008年6月25日、FC琉球へ復帰した。なお、FC琉球では毎年自身の年齢を背番号にしていた。

2013年11月、FC琉球を退団した[2]

2014年4月7日、東京Vに入団した[3]。7年ぶりの5回目の復帰となる。

2016年11月10日、2016年シーズン限りでの引退を発表した[4]

2017年、東京ヴェルディユース監督兼GM補佐に就任した[5]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 V川崎 - J - 3 0 4 0 7 0
1993 20 3 7 3 0 0 27 6
1994 15 0 2 0 1 0 18 0
1995 福岡B 7 旧JFL 12 3 - 1 2 13 5
1996 清水 - J 29 3 16 5 3 0 48 8
1997 V川崎 12 19 2 5 2 1 0 25 4
1998 横浜F 10 32 12 4 0 5 2 41 14
1999 横浜FM 7 J1 22 5 4 2 2 0 28 7
2000 21 0 5 1 0 0 26 1
2001 東京V 10 20 5 2 0 3 1 25 6
2002 11 2 3 0 1 0 15 2
2004 大分 33 2 0 3 0 0 0 5 0
2005 FC琉球 九州 8 4 - 4 1 12 5
2006 東京V 8 J2 29 1 - 1 0 30 1
2007 18 3 - 0 0 18 3
2008 FC琉球 37 JFL 9 0 - - 9 0
2009 38 25 3 - - 25 3
2010 39 19 3 - 2 0 21 3
2011 40 17 1 - 1 0 18 1
2012 41 20 1 - 1 0 21 1
2013 42 7 1 - 2 0 9 1
2014 東京V 45 J2 11 0 - 0 0 11 0
2015 18 0 - 0 0 18 0
2016 3 0 - 0 0 3 0
通算 日本 J1 191 32 54 13 20 3 265 48
日本 J2 79 4 - 1 0 80 4
日本 JFL 97 9 - 6 0 103 9
日本 旧JFL 12 3 - 1 2 13 5
日本 九州 8 4 - 4 1 12 5
総通算 387 52 54 13 32 6 462 71

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2006 東京V 8 1 0
通算 AFC 1 0
  • Jリーグ初出場-1993年5月26日 サントリーシリーズ第4節
  • Jリーグ初得点-1993年6月23日 サントリーシリーズ第12節

タイトル[編集]

  • 1985年 第16回全国中学校サッカー大会優勝
  • 1987年 第66回全国高校サッカー選手権優勝
  • 1992年 ヤマザキナビスコカップ優勝
  • 1993年 ニコスシリーズ優勝、ヤマザキナビスコカップ優勝、サントリーチャンピオンシップ優勝
  • 1994年 ニコスシリーズ優勝、ヤマザキナビスコカップ優勝、サントリーチャンピオンシップ優勝
  • 1996年 ヤマザキナビスコカップ優勝
  • 1998年 第78回天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝
  • 2000年 ファーストステージ優勝、サントリーチャンピオンシップ出場

代表歴[編集]

  • 1992年 バルセロナオリンピックアジア最終予選日本代表
  • 1999年 日本代表候補

指導歴[編集]

  • 2017年 - 東京ヴェルディユース監督兼GM補佐

脚注[編集]

  1. ^ 43歳で古巣ヴェルディに復帰した永井秀樹「2020年東京オリンピックまでにJ1王者に返り咲く」”. サッカーキング (2014年4月7日). 2014年5月11日閲覧。
  2. ^ 【お知らせ】退団選手のお知らせ”. FC琉球 (2013年11月27日). 2013年11月28日閲覧。
  3. ^ 永井秀樹選手加入のお知らせ”. 東京ヴェルディ1969 (2014年4月7日). 2014年4月7日閲覧。
  4. ^ 東京ヴェルディ1969 (2016年11月10日). “永井秀樹選手引退のお知らせ”. 2016年11月10日閲覧。
  5. ^ 東京ヴェルディ1969 (2017年1月11日). “永井 秀樹ユース監督兼GM補佐就任のお知らせ”. 2017年1月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]