安藤政信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あんどう まさのぶ
安藤 政信
安藤 政信
生年月日 (1975-05-19) 1975年5月19日(43歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
身長 175 cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1996年 -
配偶者 既婚
主な作品
テレビドラマ
聖者の行進
青の時代
映画
キッズ・リターン
バトル・ロワイアル
RED SHADOW 赤影
亡国のイージス
さくらん

安藤 政信(あんどう まさのぶ、1975年5月19日[1] - )は、日本俳優。所属事務所はフロム・ファーストプロダクション

神奈川県川崎市出身。神奈川県立向の岡工業高等学校卒業。身長175cm。おうし座。血液型O型

略歴・人物[編集]

1994年、高校卒業前にスカウトされる(安藤は高校を留年している)。1996年、『キッズ・リターン』でデビューし、その年の映画賞を総ナメにする。

その後テレビドラマや映画に出演するも、2000年に単発ドラマ『学校の怪談 春の呪いスペシャル』に出演してから全くテレビドラマに出演しておらず、映画を中心に活動していた。2012年、ドラマ『東野圭吾ミステリーズ』で13年ぶりにドラマ出演することとなった。

以前は一年に一本のペースの出演が望ましいと公言していたものの、映画『46億年の恋』のプロモーションの際に少なすぎることを認め、近年は積極的に映画への出演をしている。

一時期、映画やテレビにも出演せず、事務所HPにも名前が無かったことから引退説まで流れた。

2012年12月31日付でそれまで所属していたスターダストプロモーションを退社した。2013年3月よりディケイドに所属したが、同年9月30日付で退社。現在はフロム・ファーストプロダクションに所属している。

2014年に結婚していたことを、翌2015年に明らかにする。ファッション誌『Numero TOKYO』11月号の蜷川実花との対談の中で明かしたもので、すでに第1子が誕生し、夫人は第2子を妊娠中[2]。 夫人は、栃木県那須塩原市にある馬や動物の余生牧場ブレーヴステイブルの代表のいとこ。

デビュー作『キッズ・リターン』での最後の試合のダウンシーンは演技ではなく、撮影終了後に実際に医者が呼ばれ控室で処置がされた。その時安藤は、鼻が曲がったショックで泣いていた。

『スマグラー -おまえの未来を運べ-』の壮絶なアクションシーンでは、相手が本気でやれなくなってしまうと思い、あばら骨が折れていることを隠して撮影に臨んだ。

スマグラーでは当初、69での二人との関係性の違いが面白いからと、妻夫木を拷問する役をやりたがっていた。

舞台挨拶では緊張するため、二日酔い状態でないと話せないと語る。

受賞歴[編集]

出演[編集]

※出演作品(時期)(役名)の順に記載する。役名で太字は主要人物で()が付いている場合詳しい役の大きさを記載する。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビドラマ(連続)
テレビドラマ(単発)

CM[編集]

その他[編集]

  • レスリー・キーがつなぐポートレートメッセージ(2016年、NHK)
  • NONFIX 絶滅職人 (2017年2月21日、フジテレビ) - ナレーター 

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安藤政信 INTERVIEW”. ORICON STYLE. オリコン (2011年). 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ “安藤政信は結婚していた!妻はすでに第2子妊娠”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1546024.html 2015年9月30日閲覧。 
  3. ^ “キャスト”. 映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト. http://sk-movie.jp/cast/ 2016年4月27日閲覧。 
  4. ^ 山本美月主演「貞子vs伽椰子」追加キャスト発表、安藤政信が霊媒師役”. 映画ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月24日閲覧。
  5. ^ “瀬戸内寂聴の「花芯」映画化、キャストに村川絵梨、林遣都、安藤政信”. 映画ナタリー. (2016年3月25日). http://natalie.mu/eiga/news/180928 2016年3月25日閲覧。 
  6. ^ “本郷奏多・白石麻衣・オリラジ藤森らが追加キャストに!映画「闇金ウシジマくん Part3」&「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」キャスト発表会見”. ねとらぼエンタ. (2016年6月29日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1606/29/news149.html 2016年6月30日閲覧。 
  7. ^ “安藤政信、松井玲奈、若葉竜也、松本まりか、山口紗弥加主演ドラマ『ブラックスキャンダル』に出演”. Real Sound (リアルサウンド映画部). (2018年9月11日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-248632.html 2018年9月12日閲覧。 
  8. ^ “市原隼人、嵐・櫻井と車椅子バスケに没頭 共演シーンで「涙が止まらなくなって…」”. ORICON STYLE. (2016年11月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2080792/full/ 2016年11月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]