イジリー岡田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イジリー岡田
本名 岡田 昇(おかだ のぼる)
生年月日 (1964-09-23) 1964年9月23日(58歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 A型
身長 169.4cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 東放学園専門学校
コンビ名 キッドカット(解散)
グループ名 アンコン商事
相方 下平ヒロシ(アンコン商事)
芋洗坂係長(アンコン商事)
芸風 ものまね
事務所 ホリプロ
活動時期 1987年 -
現在の代表番組 スペシャル番組
ものまねグランプリ
過去の代表番組 ものまねバトル
エンタの神様
週刊AKB
ギルガメッシュないと
NOGIBINGO!
ほか
配偶者 既婚(離婚歴あり)
テンプレートを表示

イジリー岡田(イジリーおかだ、1964年9月23日[1] - )は、日本お笑いタレントものまねタレント。本名は岡田 昇(おかだ のぼる)。

ホリプロ所属。身長169.4cm、体重76kg、靴のサイズは25cm。既婚(再婚)[2]

埼玉県出身。実家は埼玉県さいたま市浦和区浦和実業学園高等学校卒業。さいたま市在住[要出典]

略歴[編集]

高校生の頃からお笑いが大好きで、萩本欽一に憧れ『第6回欽ちゃんの全日本仮装大賞』に友人の代役として出場する[3][4]東放学園専門学校在籍時代に、カメラアシスタントのアルバイトで番組制作に携わるが、辛さに耐えかねて辞めた経験を持つ[4]

萩本に憧れていたこともあり、小堺一機関根勤の下積み時代のライブにも、裏方のアルバイトとして参加経験がある。素人時代に出場したフジテレビ系列『発表!日本ものまね大賞』での敢闘賞獲得が認められ、ホリプロにスカウトされる[4]。高校時代の友人の奥山を相方に誘い、1987年にお笑いコンビ「キッドカット」を結成した[4]

ホリプロお笑い部門第1号として、多くのバラエティ番組オーディション大会で優勝するなど、実績を残し順風満帆に思えたが[4]生放送に寝坊を繰り返すといった相方の遅刻癖がホリプロで問題になったことで相方が解雇され[4]、お笑いコンビは強制解散させられた。1990年からピン芸人として活動を始める[4]

コンビ時代から、ホリプロ所属のアイドルイベントで、前説や司会を担当していたことから、学習研究社(現・学研ホールディングス)の月刊誌Momoco』において、デビュー直後のアイドルと対談するコーナー連載が決定する。ペンネームを命名することになり、客いじりが上手いから『イジリー岡田』、連載のタイトルも『イジリー岡田のアイドルいじり』に決まる。

最初はあくまでペンネームのみであったが、当該コーナーの人気が上昇すると「お前、明日から『イジリー岡田』だぞ。問題ないよな?」とホリプロから電話で一方的に通告され、正式に芸名が決定した。芸名に関してイジリーは「問題大ありですよ。そんな最低な名前、嫌に決まっているじゃないですか」と当時を振り返っている。

ギルガメッシュないと[編集]

深夜お色気番組ギルガメッシュないと』(テレビ東京系列、1991年 - 1998年、土曜25時15分 - 26時10分)のレギュラーに起用された[4]

番組開始当初は、東京都区部のデートスポットや流行の映画・演劇等を紹介するお洒落な情報番組で、イジリーの出番は「AV女優のお宅訪問」だけであった[4]

しかし、このイジリーのコーナーが好評を博した事から、三ヶ月後に番組はセクシー路線に変更され、「ギルガメ治療院」では初代となるなぎら健壱から院長を引き継ぎ高速ベロを誕生させたり、憂木瞳と共演した「夜食バンザイ」などセクシー系企画が大ヒット。イジリーは自他ともに認める「日本一のエロタレント」のジャンルを確立することになる。しかし萩本欽一やチャールズ・チャップリンのような"温かいお笑い"を志向し、後輩には「下ネタとか、になって笑いを取るのは卑怯だ。オレは一生下ネタなんて認めないし、やらない」と下ネタ嫌いを公言していた本人は心中複雑であった[5]

番組企画の一環として、1993年12月にはAV女優の憂木瞳デュエットしたシングルCD「マンゴ・ナタデ・ココ」(ポニーキャニオン)をリリースしている。ちなみにノーギャラであった。

ギルガメ終了後[編集]

『ギルガメ』終了後は、ホリプロの命令(テレビ朝日しくじり先生』では自らの希望もあり[6])で下ネタを一時的に封印、子供向け特撮番組への出演やHiPのイベントの司会を務めるなど、エロイメージ改革に取り組み、本来イジリーがやりたかった仕事をやるスタイルを取っていたが[4]、一時期アルバイトを掛け持ちしなければ生活がままならないほどに仕事は激減してしまう。そんな中で転機となったのは2001年に『FNS ALLSTARS27時間笑いの夢列島』深夜枠『裏めちゃイケ』で、冒頭から陰核を連想させるギャグを連発する型破りな司会ぶりを契機に、再びこの頃から本格的なエロ芸解禁となった(前述の『しくじり先生』では、2006年の『アメトーーク』での高速ベロ芸披露と説明[6])。

当初エロキャラクターは、番組や女性ありきのネタだと思い悩んでいたが、後日出川哲朗から「男が盛り上がり、女性が引くのを同時に起こせる芸はない。だから続けたほうがイイ」と助言を受け[6][4]、キャラクター、芸風の一つとして取り組んでいる。

番組収録中に骨折[編集]

2008年3月、日本テレビ系列『ものまねバトル47! そっくり軍団大集合オール新ネタ春祭り』の新潟県スキー場のロケ収録中に、ドラマ『薔薇のない花屋』のエンディングでの竹内結子のものまねをして右肋骨と右足首を骨折し、全治三ヶ月の怪我を負った。その後のスタジオ収録には、松葉杖で臨んだ。

その状態で、名古屋テレビ(メ〜テレ)制作『さまぁ〜ずげりらっパ』「スーパースローで見てみよう!」コーナーの撮影に参加し、スーパースローカメラにより高速ベロ(#人物)が秒間18回であることが確認された。

私生活[編集]

1度離婚を経験している(相手や時期は不明で、前妻の間には子供はいない)。52歳の誕生日である2016年9月23日に14歳下の38歳のネイリストの女性と再婚し、ハワイで挙式した[2][7][8]。現妻の間にも、子供はいない。

ものまねのレパートリー[編集]

なお、歌唱も上手と言われている(2014年9月3日放送のTBS『水曜日のダウンタウン』の「モノマネ芸人に音痴いない説」で歌声を披露した)[9]

芸風[編集]

基本的には、しゃべりやものまねを得意とするタレントである。

「イジリー」は上述のとおり「素人いじり」「客いじり」(観客などをネタにして笑いをとること)が上手いことから名付けられた芸名であり、けっして下ネタや放送禁止用語から取ったわけでは無いのだが、その芸名が卑猥な印象を与えるためなのかNHKでは基本的には芸名を使う事が出来ず、本名の岡田昇名義で出演することが多い。

  • 舌を異常に高速で上下させる「高速ベロ」が得意。実践ではなく練習して早くなった。髭を剃ってる時に思いついた。
  • がんばれ!エガちゃんピン』では、江頭2:50と高速ベロ対決を行った。連射測定器のAボタンを10秒間に何回舌で押せるかというもので、江頭2:50は10秒間に37回を記録した。この記録を聴いたイジリーは「あっそう… じゃあ軽くそれ以上にしますわ」と発言。10秒間に71回の記録を叩き出し、江頭との対決に勝利した。
  • アメトーーク!』では女性ゲストの楽屋にスペアキーで開錠して入り、ゲストの私物を物色し、食べかけの弁当を食べる等のお決まりの役割を果たしている。その結果、苦情と賞賛が殺到したことがある。男性相手にやったのはブラックマヨネーズが初めてで、吉田敬はやられて喜んでいた。しかし、本来の彼は下ネタが大嫌いで極めて真面目な性格であり、芸能界を目指したのも下ネタを一切使わない欽ちゃん劇団に入りたかったことがきっかけである。番組で共演した南海キャンディーズ山里亮太には「俺のエロは養殖だよ」と漏らしたという。
  • そういった経緯があったにもにも関わらず、エロ芸でブレイクしたため、「エロだからこそ、まじめにやらないといけないのは確かです」「今でも、台本は事前にもらうようしています」と芸や番組に真摯に取り組む姿勢を語っている[10][11]
  • 1994年から1996年にかけ、中京テレビ制作・日本テレビ系列の早朝の子供向け英会話番組『Hayami English Network』に、めんどり着ぐるみ(キャラクター名は、番組名の頭文字と雌鶏(英語で"hen")をかけて「HENちゃん」という)のキャラクターで登場していたことがあったが、エロ芸人の芸風は番組の対象視聴者を考慮し封印されていた。
  • 彼の真面目さを表すエピソードとして、若手時代のマネジャーには「芸人は遊ぶことが芸の肥やしになるんだ」と時代的な事も手伝って散々言われたが、イジリーは「僕はそうは思いません」と自分の意見を公然と述べて逆らっており、普段から酒も煙草も一切嗜まない[5][10]
  • 「劇団東京アンテナコンテナ」に所属し、舞台活動などや、同劇団の若手公演の脚本・演出も行っている。この舞台ではイジリーが本来志向している"温かい笑い"を行っており、観客は皆「テレビとは違うんですね」と言って応援してくれるという[12]。近年では、テレビの出演が以前より少なくなり、本来の彼が志向した舞台によるお笑いにシフトしつつある。

人物[編集]

  • インターネット番組『内村さまぁ〜ず』に初めてゲスト出演した際、ダジャレが大の苦手であることが露呈した。その後、ゲスト出演した際にはリベンジ企画が行われたが、結果は惨敗であった。
  • 出演したテレビ番組で、自分の学生の頃の写真を出されて「元祖アキバ系だから」と発言していた。
  • B'z稲葉浩志と生年月日が全く一緒(1964年9月23日生まれ)である[13]

三沢光晴[編集]

  • 三沢光晴のものまねをすることからも分かるようにプロレスファンとしても知られ、2005年7月18日に開催された『プロレスリング・ノア 東京ドーム大会』には弟と来場した。また、 2006年3月21日に開催された全日本プロレスのファン感謝デー興行で、三沢光晴に扮して小島聡タッグを結成。武藤敬司神奈月(神奈月は武藤敬司に扮して登場)と本物のプロレスの試合を行った。
  • 2009年6月13日、試合中のリング禍により三沢が急死。その後イジリーは同年7月4日ディファ有明にて行われた献花式「三沢光晴お別れ会~DEPARTURE~」に出席した。この時イジリーは記者からインタビューを受けたが、悲しみのあまり記者の最初の質問には中々答えることが出来ず、約1分以上涙を流しながら黙りこくったが、三沢との出会いやものまねなどについて淡々と語っていた。また、今後自身が行っていた三沢のものまねに関しては「これからものまねをするのかしないのかは、今の段階では全く決められないことで、封印するのか続けるのか… でも多分僕、三沢さんにコスチュームを作っていただいたコスチュームを着る精神状態になれない限りは、多分出来ないんじゃないかと思いますけどね…。」と述べ、当時は封印を示唆するほど落ち込んでいた。なお、このインタビューの模様はYouTube内に動画があり、視聴することが出来る[14]
  • 前述の通り三沢のものまねをすることに対しては葛藤していたが、ファンや神奈月を始めとした周囲からの説得もあり、同年8月31日に後楽園ホールで開催されたイベント「ものまねプロレス祭2009『まねんのか!』」で三沢に扮してリングに立ち、「三沢さんを知らない世代のために受け継いでいきたい」と今後もものまねを続けていく意向を示した[15]

AKB48[編集]

かつて『ギルガメ』を放送していたテレビ東京系列ではその後、『週刊AKB』に不定期で出演した。MCとしての進行の立場が多く、いわゆるエロの芸風はほとんど見られていないが、前述の高速ベロのみはお約束のように都度披露している(秋元康からのゴーサインもあった)。同番組内においては『ギルガメ』時代の自分の活躍を示唆する発言もいくつか見受けられる[16]。また『AKBINGO!』や『週刊AKB』、『AKB48 ネ申テレビ』などの出演がきっかけとなって、AKB48と共演する機会が多くなり、首都圏で開催される全国握手会では、ほぼ毎回、握手会のイベントパートのMCを担当している。

2014年9月17日に行われた「AKB48グループ・じゃんけん大会2014 〜拳で勝ち取れ!1/300ソロデビュー争奪戦〜」では初めて審判を務めた。

乃木坂46[編集]

2013年から「NOGIBINGO!」で司会を担当している縁もあり、近年ではAKB48よりもそのライバルグループ・乃木坂46との方が親交が深くなっているほか、乃木坂のメンバーからは「めっちゃいい人(高山一実)」「優しさがある(白石麻衣)」「意地悪じゃない(生駒里奈)」「カメラが止まると凄いいい人(生田絵梨花)」「私たちに気を遣って下さっていた(桜井玲香)」と番組内[17]で評されており、かなり慕われており、かつて乃木坂46のメンバーであった能條愛未は、番組で共演したことがきっかけで、乃木坂46卒業後にイジリーの紹介により、現在イジリーと同じ事務所に所属しており、現在も交流がある。

しかし、イジリーは自身の芸風がブレてしまう事を恐れたためか、この事を必死に否定していた。また、番組内のコーナー「NOGIROOM!」では、過去に数度、最終回にイジリーから手紙が贈られており、桜井がその手紙を代読しているが、そこでもメンバーからは「めっちゃ優しい」「いい人」と言われている。メンバーの寺田蘭世と誕生日が同じ9月23日である[18]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

現在の出演番組[編集]

  • ものまねグランプリ(日本テレビ)
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(日本テレビ) - 不定期出演
  • 踊る!さんま御殿!!(日本テレビ)
  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!テレビ朝日) - アイドルが出演する際は、ほぼ毎回出演。
  • パチ×スロおもしろTV(サンテレビ
  • 秋葉系アイドルチャンネル(2011年2月27日 - 、BSイレブン[19]
  • AKB48 ネ申テレビファミリー劇場) - 不定期出演
    • シーズン13(2013年9月1日・9月8日) - 「不眠耐久レースMC兼審判」として出演。
    • シーズン15(2014年4月27日 - 5月11日) - 「ドラフト生キャンプ特別コーチ」として出演。
    • シーズン16(2014年7月27日・8月31日・9月7日) - 「オレの嫁選手権!」MCとして出演。
    • シーズン17(2014年11月9日 - 12月28日、2015年1月11日・1月18日) - 「オレの嫁選手権!」MCとして出演、11月23日・30日は「見届け人」として出演。
    • シーズン17番外編(2015年1月25日 - 2月22日) - 「オレの嫁選手権!」MCとして出演。
    • シーズン18(2015年3月1日・3月8日、4月5日 - 5月3日、5月17日・5月24日) - 「オレの嫁選手権!」MCとして出演。
    • シーズン19(2015年7月12日 - 8月16日) - 「オレの嫁選手権!」MCとして出演。
    • シーズン20(2015年10月18日・10月25日、11月8日・11月15日) - 「A-1グランプリ大阪の陣2015」MCとして出演、11月7日・15日は「新女子七種競技」MCとして出演。

ほか

過去の出演番組[編集]

ほか

映画[編集]

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

インターネット[編集]

  • ちょい甘! ハチミツ学園!(ShowTime) - MC・イジリー岡田、SDN48大堀恵
  • ニコミュでニコ電(ニコニコ生放送) - MC
  • イジリー岡田・ホリのナタデウォッシュナイト(ニコニコ生放送)
  • イジリー岡田・ホリの○○ッシュないと(ニコニコ生放送)
  • イジリー&柏木&天海の「他人まかせでは儲かりまへん」(2011年10月6日 - 、ニコニコ生放送)
  • シモネタGP(2018年5月14日 - 6月4日、9月17日 - 12月3日、AbemaTV) - 審査委員
  • みんなのパチンコフェスON LINE 28時間 真夏のパチンコ頂上決戦(2021年8月13日 - 14日、日本遊技機工業組合)- コーナーMC[22]

ミュージックビデオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ウィキペディアに書かれているイジリー岡田の略歴や過去の芸能活動を検証します - YouTube”. www.youtube.com. 2021年1月18日閲覧。
  2. ^ a b イジリー岡田、ハワイ婚!37歳ネイリストとギルガメッシュ”. サンケイスポーツ (2016年7月19日). 2016年7月19日閲覧。
  3. ^ ちなみに結果は不合格だったが、代役であると告げるとお情けで合格となった。
  4. ^ a b c d e f g h i j k "イジリー岡田、『ギルガメ』終了で"エロ"封印から役者としても開眼". 日刊サイゾー. 株式会社サイゾー. 19 August 2022. 2022年8月19日閲覧
  5. ^ a b 実は下ネタ嫌いだったイジリー岡田。超オクテまじめ人間が“ベロ”を1秒間に9往復させる理由(1/4)”. エキサイト (2016年11月15日). 2022年3月8日閲覧。
  6. ^ a b c イジリー岡田、『ギルガメ』で定着したエロキャラに苦悩 「高速ベロ封印で8年仕事なし」” (日本語). ニュースサイトしらべぇ (2020年6月30日). 2020年7月1日閲覧。
  7. ^ 『ダウンタウンDX』2016年9月8日放送回より
  8. ^ 『NOGIBINGO!7』2016年10月11日放送回「NOGI ROOM ~乃木坂46がパジャマで女子トーク~」第1夜より
  9. ^ TVでた蔵「2014年9月3日放送 水曜日のダウンタウン」”. ワイヤーアクション (2014年9月3日). 2015年5月20日閲覧。
  10. ^ a b 実は下ネタ嫌いだったイジリー岡田。超オクテまじめ人間が“ベロ”を1秒間に9往復させる理由(2/4)”. エキサイト (2016年11月15日). 2022年3月8日閲覧。
  11. ^ 実は下ネタ嫌いだったイジリー岡田。超オクテまじめ人間が“ベロ”を1秒間に9往復させる理由(3/4)”. エキサイト (2016年11月15日). 2022年3月8日閲覧。
  12. ^ 実は下ネタ嫌いだったイジリー岡田。超オクテまじめ人間が“ベロ”を1秒間に9往復させる理由(4/4)”. エキサイト (2016年11月15日). 2022年3月8日閲覧。
  13. ^ 2014年3月29日放送のNOGIBINGO!2最終回ではそのエピソードを逆手に取り、EDでB'zの「ultra soul」を熱唱していた(ただし、一部歌詞を間違えており、一部のメンバーに指摘されていた)。
  14. ^ 三沢光晴お別れ会 イジリー岡田インタビュー
  15. ^ 三沢光晴さんの名勝負を再現 イジリー岡田、涙の“ものまね続行”宣言ORICON NEWS 2009年9月1日配信 2021年12月22日閲覧。
  16. ^ 例えば2010年6月18日放送「苦手克服部」にて、高速ベロを間近で見ていた高城亜樹の「近くで見たくなかった」という発言に対する「人間国宝なんだぞ! テレビ東京では」など。「峯岸もやっているが出し入れで私は上下の動き」と発言した。
  17. ^ 『NOGIBINGO!2』2014年1月11日放送回より
  18. ^ 『NOGIBINGO!7』DVD-BOXおよびBlu-ray BOXの未公開映像内で本人が発言。
    寺田蘭世のブログ読んでます か(>_<)16歳になりました!そし て私の相方はもっちろん琴子イエ スコトコトランラン”. 研究生 OFFICIAL BLOG. 乃木坂46LLC (2014年9月24日). 2014年9月25日閲覧。
  19. ^ 秋葉系アイドルチャンネル
  20. ^ Inc, Natasha. “有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。
  21. ^ “劇場アニメ「ガディガルズ」10月14日より上映決定、二ノ宮ゆい・逢来りん・Machicoら出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年10月6日). https://natalie.mu/comic/news/496486 2022年10月6日閲覧。 
  22. ^ みんなのパチンコフェスONLINE2021【28時間真夏のパチンコ頂上決戦】” (日本語). みんなのパチンコフェスONLINE2021. 2021年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]