北村晴男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きたむら はるお
北村 晴男
生誕 (1956-03-10) 1956年3月10日(63歳)
日本の旗 日本 長野県更埴市(現・千曲市
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学法学部
職業 弁護士
タレント
テレビ番組 行列のできる法律相談所
肩書き 弁護士
配偶者 あり
子供 長男:北村晃一[1]プロゴルファー
長女
次女:北村まりこ女優
公式サイト 弁護士法人 北村・加藤・佐野 法律事務所

北村 晴男(きたむら はるお、1956年3月10日 - )は、日本弁護士タレント。北村・加藤・佐野法律事務所所属。プロゴルファー北村晃一は長男、女優北村まりこは次女。

来歴[編集]

長野県更埴市出身[2]。実家は鉄工所を経営しており、厳格な父の元で育つ。1971年4月、長野県長野高等学校に入学し、野球部に入部[3]。1973年、3年生の夏、第55回全国高等学校野球選手権記念長野大会の準々決勝で長野工業高校に敗れたことにより甲子園出場の夢を絶たれる。これを機に野球を断念。高校生時代、恵庭事件第1審判決の報道をきっかけに弁護士を目指す[2]。また、高校の同級生に同じ大学に進学した漫画家の井浦秀夫がいた[4]

1974年3月、長野高校を卒業。浪人生活を送り、1浪して1975年4月、早稲田大学法学部入学。大学2年から司法試験に合格する直前まで、学費・生活費捻出のために埼玉県和光市にて、学習塾を開いていた。 1979年4月、早稲田大学法学部卒業。司法試験は8回受験し1986年、司法試験に合格する。1989年、司法修習41期修了し東京弁護士会に弁護士登録。

1992年、北村法律事務所を開設。2004年、加藤信之と佐野周造がそれぞれ経営に参画し、北村・加藤・佐野法律事務所に名称を変更。また、ホクトの法律顧問として、社外取締役を兼務している[5]。 2000年3月、弁護士会野球部の先輩に半ば強制的にダマされて、『行列のできる法律相談所』に出演し、以後、タレント活動も並行して行う様になった。

人物[編集]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

インターネット動画配信[編集]

その他[編集]

テレビゲーム[編集]

CM[編集]

  • 中部電力 「それぞれの立場」 - 原子力発電推進

書籍[編集]

  • 『明快! 北村弁護士のくらしの法律相談』 (河出書房新社
  • 『北村弁護士のスバッと解決! 法律相談』 (二見書房)
  • 『もめない相続と手続き〜上手な遺産のわけ方〜』(主婦と生活社)

脚注[編集]

  1. ^ 北村晃一プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2017年1月9日閲覧。
  2. ^ a b 広報誌「ほうてらす」Vol.9 夏号 インタビュー”. 法テラス. 2011年12月13日閲覧。
  3. ^ プロから学ぶ権利ある―北村晴男さん 私の提言08〈2〉”. 朝日新聞. 2011年12月13日閲覧。
  4. ^ 井浦は第一文学部に在学した
  5. ^ 代表取締役社長・水野雅義とのCSR対談”. ホクト. 2018年1月1日閲覧。
  6. ^ a b 仕事とは? | 弁護士 北村晴男”. リクルート. 2011年12月13日閲覧。
  7. ^ 行列のできる弁護士がハム武田久代理人に”. 日刊スポーツ. 2011年12月13日閲覧。
  8. ^ “亀田兄弟の代理人北村弁護士、監禁を否定”. nikkansports.com. (2014年2月7日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140207-1254565.html 2017年1月9日閲覧。 
  9. ^ 鷹の中村晃2・4億円 北村弁護士と4年契約ゲット
  10. ^ 【続々報】東京地裁、「東京ハイパワー」の破産開始を決定、破産管財人には「行列のできる法律相談所」の北村晴男弁護士を選任!!”. hamlife.jp (2014年1月10日). 2018年8月5日閲覧。
  11. ^ TSR速報 あそかライフサービス(株)”. 東京商工リサーチ (2018年4月3日). 2018年8月5日閲覧。
  12. ^ 紳助さん引退 行列・北村弁護士「信じられない」 2011年8月23日 産経新聞[リンク切れ]
  13. ^ “自民党本部前に「ネット住民」集結 あの弁護士の演説がきっかけ”. ジェイ・キャスト. (2007年9月25日). http://www.j-cast.com/2007/09/25011623.html?p=all 2012年7月8日閲覧。 
  14. ^ 北村晴男 @kitamuraharuo 2015年6月12日5:56 のツイート
  15. ^ 川崎殺傷「1人で死ねば」の声 事件や自殺誘うと懸念も”. 朝日新聞 (2019年5月31日). 2019年6月2日閲覧。
  16. ^ レギュラー昇格前は2016年7月19日、2017年3月7日、8月1日、11月7日にゲスト出演

外部リンク[編集]