桜井玲香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくらい れいか
桜井 玲香
Reika Sakurai Nogizaka46 HTC event 20140903.jpg
桜井 玲香
プロフィール
愛称 れいか
れいれい
キャップ
生年月日 1994年5月16日
現年齢 22歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 A型
公称サイズ(2014年[1]時点)
身長 / 体重 156 cm / kg
活動
デビュー 2011年
所属グループ 乃木坂46
活動期間 2011年 -
アイドル: テンプレート - カテゴリ

桜井 玲香(さくらい れいか、1994年5月16日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46キャプテンである[1]神奈川県横浜市出身[2][3] A型[1]

略歴[編集]

幼稚園生の頃から[4]、カトリック系の女子一貫校へ通い始めた[5]。その頃は『キューティーハニー』や『美少女戦士セーラームーン』が大好きだった[6]。小学生時代は運動会の団長や学級委員を務め[7]、中学生時代は母親に連れられてガーデニング教室に通っていたことがきっかけで華道が好きになり[8]、華道部へ入部した[8]。その他、水泳、体操、テニス、ピアノを習った[8]

高校2年生の春、進路で悩んだ際に乃木坂46の1期生オーディションを勧められた[9]。当初は洋楽やロックが好きだったため、アイドル歌手になるつもりはなかったが[9]ソニー・ミュージックエンタテインメントのアーティストが好きだったため、乃木坂46の1期生オーディションに興味を持った[10]。また子どもの頃から[4]、音楽やドラマが好きで歌手や女優に憧れ[11]、中学生の頃から将来の夢として女優をかかげ、芸能界を目指していた経緯もあり[12]、好きな歌とダンスを職業にするため[13]、オーディションを受験することにした[9]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではHappinessの「Kiss Me」を歌った[14]。暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は前列だった[15]。2011年11月13日、乃木坂46公式ブログを開始した[16]。 2012年2月5日、『乃木坂って、どこ?』(テレビ愛知)で暫定キャプテンに任命された[17]。2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした[18]。これにより歌手としての夢が実現したため[4]、今後の夢としてアクション女優をかかげた[19]。デビュー後は乃木坂46の活動に専念するため、高校3年生の時、カリタス女子中学校・高等学校から[20]、別の高等学校へ転校した[21]。2012年6月17日、乃木坂46の正式キャプテンに就任した[22]

2013年3月9日、高等学校を卒業した[21]。2013年3月13日、乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」のカップリング曲「サイコキネシスの可能性」で初のユニットに選ばれ、初のセンターを務めた[23]。2013年4月、大学へ進学し[24]社会学科に在籍した[25]。2013年4月7日、『BAD BOYS J』(日本テレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始し、ビイストレディースの宮下まりや役を演じた[26]。2013年11月、『スペシャエリア』(スペースシャワーTV)で初の単独レギュラー出演を開始し[27]、『PEACH JOHN 2013 Winter vol.87』(祥伝社)のカタログにモデル出演した[28]

2014年、三宅裕司が主宰する劇団スーパー・エキセントリック・シアター創立35周年公演『Mr. カミナリ』の第52回本公演に衛藤美彩と桜井のダブルキャストで出演し[29]、九州から東京の小学校に赴任してきた新任の音楽教師・臼杵七音役を演じた[30]

2015年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた[31]

2016年9月2日、HUSTLE PRESSの「ダンスが上手いと思うアイドルランキング」で57位を獲得した[32]

2017年3月8日、初のソロ写真集『自由ということ』(光文社)を発売[33]

人物[編集]

愛称は、れいか[10]、れいれい[34]、キャップ[10]。持ちネタは「ホップステップからのホイップ」[35]。オンとオフを切り替えようとは思っておらず、番組で話していることはほとんど素である[36]

嗜好[編集]

好きな食べ物は杏仁豆腐[37]、ウニ[38]、ゴールドキウイ[34]、チョコ、肉[39]。ラーメンのスープはこってり系、麺は硬めが好き[40]。好きな本は辻村深月の短編集『ふちなしのかがみ』[10]、理由はとても雰囲気があって一話読み終わるごとに不思議な気持ちになるからである[10]。好きなキャラクターはデイジーバービーベティ・ブープミッキー[41]。好きなブランドはadidasANAPAbercrombie & Fitch、JOYRICH、Marc Jacobsmoussy[42]

目標とする人物は篠原涼子[43]。憧れの女性芸能人は渡辺知夏子アンジェラベイビー黒木メイサ[42]。尊敬する人物は吉住渉の漫画『ハンサムな彼女』の主人公・萩原未央[44]。好きな漫画は『Paradise Kiss[45]。その他、読んだことのある漫画は『ママレード・ボーイ』、『東京喰種トーキョーグール[注 1]、『アイアムアヒーロー[6]。好きなアニメは『ママレード・ボーイ[6]

趣味[編集]

趣味は音楽[46]

音楽は洋楽を中心にヒップホップリズム・アンド・ブルースを聴く[45]。好きなアーティストはChris BrownCraig DavidOMARION、Marques Barrett Houston[45]。一番好きな曲はCraig David「Fill Me In」[47]。カラオケで締めに歌う曲は郷ひろみ「GOLDFINGER '99[45]。小学生の頃、モーニング娘。が好きで石川梨華後藤真希のファンだった[48]

特技[編集]

特技はダンス、ピアノ、華道[34]

ダンスと歌は乃木坂46で定評のあるメンバーで[49]、50メートル走7秒88の身体能力をもつ[50]。乃木坂46はダンスや歌の技術を上げる必要があると考えており[51]生駒里奈がAKB48を兼任してから乃木坂46のダンス練習に積極的に関わるようになったことを機に一緒にダンス練習を手伝った[52]

保有資格は語彙・読解力検定準2級[53]。その他、野菜ソムリエの資格取得を考えている[54]綾瀬はるかの物真似が得意[55]

乃木坂46[編集]

乃木坂46のキャプテン[1]ダンス七福神[56]

乃木坂46のキャプテンであり、乃木坂46結成時はキャプテンが決まっていなかったが[52]、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」から暫定キャプテンに任命され[17]、3rdシングル「走れ!Bicycle」から正式キャプテンに就任した[57]。桜井によれば、乃木坂46はAKB48に沿って活動してきたが、乃木坂46の11thシングル「命は美しい」の時点ではAKB48とは異なる独自グループとして活動している[58]

乃木坂46では桜井と若月佑美の2人で「しゃくれーず」というコンビを組んでいる[11]。若月とは互いに「相方」と呼び合う仲である[59]。ふたりが仲良くなり始めたのは、乃木坂46の3rdシングル「走れ!Bicycle」で若月が選抜に入り、一緒にいる時間が増えてからである[59]。若月といるときは聞き役に回ることが多い[59]齋藤飛鳥西野七瀬は桜井にとって日向のような存在[60]。公式ブログの写真撮影技術は伊藤万理華から伝授された[61]

乃木坂46で好きな振付は「気づいたら片想い[62]。好きな曲は「気づいたら片想い」、「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」、「命は美しい[63]。好きなミュージック・ビデオは「バレッタ」、「世界で一番 孤独なLover」、「君の名は希望[64]

作品[編集]

シングル[編集]

乃木坂46

まゆ坂46

  • ツインテールはもうしない(2012年7月25日、SRCL-8030/1) - EAN 4988009052632

乃木坂AKB

  • 混ざり合うもの(2016年3月9日、KIZM-90421/2) - EAN 4988003484705

アルバム[編集]

乃木坂46

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『東京喰種トーキョーグール』は若月佑美から薦められて読んだ[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 桜井 玲香|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月28日閲覧。
  2. ^ 乃木坂トリオがエール「ファンの声援は必ず届きます!」”. 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社 (2014年6月14日). 2014年6月14日閲覧。
  3. ^ 1st写真集自由ということ巻末インタビューより
  4. ^ a b c d 桜井玲香」『季刊 乃木坂』vol.1 早春、東京ニュース通信社、2014年3月5日、86-92頁。ISBN 978-4-86336-387-8
  5. ^ 桜井玲香; 若月佑美 (2013年11月26日). 乃木坂46「バレッタ」特集 - 桜井・若月デート企画 (8/10). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46_07/page/8 2013年11月26日閲覧。 
  6. ^ a b c d 「CAPTAIN NOGIZAKA [桜井玲香]」『OVERTURE』No.007、徳間書店〈Town Mook〉、2016年6月18日、48-50頁。ISBN 978-4-19-710456-7
  7. ^ 「打倒AKB、やれんのか? 乃木坂の乱! vol.14-桜井玲香 キャプテンの恍惚と不安」『BUBKA』2013年2月号、BUBKA編集部、白夜書房、2012年12月28日ASIN B00ANQG9CO
  8. ^ a b c 「HAPPY VOICE」『YOUPAPER』2013年1月号、松井俊夫、ラグザイア、2012年12月22日、年末スペシャル版。
  9. ^ a b c 桜井玲香 (2012年8月21日). “*私にとっての1年*”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年8月21日閲覧。
  10. ^ a b c d e 桜井 玲香(さくらい れいか) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2013年3月12日). 2014年2月28日閲覧。
  11. ^ a b 「「ポンコツ」からどっしりへ意外と出てきたリーダーシップ!?」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドルSpecial』 田口俊輔、日経BP社、2013年11月29日、17頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  12. ^ 桜井玲香 (2013年4月8日). 乃木坂46「君の名は希望」特集 - 桜井玲香 インタビュー. インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46_05/page/8 2014年2月28日閲覧。 
  13. ^ 「乃木坂46完全名鑑2012」『FLASHスペシャル』2012年新春号、光文社、2011年12月26日ASIN B006NSVZUW
  14. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート (2) 【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_02.htm 2014年2月28日閲覧。 
  15. ^ “AKB48公式ライバル「乃木坂46」最終オーディション【速報ダイジェスト】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_01.htm 2013年4月13日閲覧。 
  16. ^ 桜井玲香 (2011年11月13日). “*初投稿!!れいか”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年11月13日閲覧。
  17. ^ a b 桜井玲香 (2012年2月7日). “*captain*reika”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月28日閲覧。
  18. ^ “乃木坂46・白石麻衣の“愛の言葉”を聴きに銀座へ!”. webザテレビジョン (角川マガジンズ). (2011年12月21日). http://thetv.jp/news_detail/26866/ 2011年12月21日閲覧。 
  19. ^ 桜井玲香 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/33/9/ 2011年11月2日閲覧。 
  20. ^ 乃木坂46、丸山健志 「DISC1(本編)00:47:06」『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。TBR-25431D。ASIN B0156IYSIU
  21. ^ a b 桜井玲香 (2013年3月9日). “*2013.03.09*”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月9日閲覧。
  22. ^ 「2011-'15メモリアル年表+Gテレお蔵出しグラビアSP」『Gザテレビジョン』vol.38、KADOKAWA、2015年3月19日、7頁。ISBN 978-4-04-731794-9-。
  23. ^ 乃木坂46 「サイコキネシスの可能性」『君の名は希望』通常盤、Sony Music Records、2013年3月13日ASIN B00B29O4IW
  24. ^ 「学業とお仕事を両立するとんでもなく忙しい新入生を発見!!」『ViVi』2013年7月号、講談社、2013年5月23日、月刊版、197頁。ASIN B00CP6R5NC
  25. ^ (乃木坂46日々是勉強)桜井玲香 アイドルからつながる場所へ”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年5月30日). 2014年5月30日閲覧。
  26. ^ a b “伝説のヤンキーマンガドラマ化でAKB板野、乃木坂橋本共演”. ナタリー (ナターシャ). (2013年3月16日). http://natalie.mu/music/news/86816 2014年2月28日閲覧。 
    桜井玲香; 高山一実; 能條愛未; 若月佑美 (2013年4月30日). 乃木坂46「BAD BOYS J」特集 (4/4). インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/bbjnogizaka/page/4 2013年4月30日閲覧。 
  27. ^ 桜井玲香がスペースシャワーTV「スペシャエリア」のレギュラー出演決定!!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2013年10月2日). 2014年2月28日閲覧。
  28. ^ “PEACH JOHN最新カタログで乃木坂46がモデルに挑戦”. ナタリー (ナターシャ). (2013年11月15日). http://natalie.mu/music/news/103639 2014年2月28日閲覧。 
    『PEACH JOHN』vol.87、祥伝社、2013年11月、2013 Winter、18-28頁。ISBN 978-4-3969-1248-2
  29. ^ スーパーエキセントリックシアター本公演に、桜井、衛藤がダブルキャストで出演決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年7月13日). 2014年9月21日閲覧。
  30. ^ 衛藤美彩; 桜井玲香 (2014年10月17日). 劇団スーパー・エキセントリック・シアター「Mr.カミナリ」乃木坂46 桜井玲香×衛藤美彩. インタビュアー:大内弓子. チケットぴあ.. http://t2.pia.jp/interview/stage/mr-kaminari2014.jsp 2014年10月17日閲覧。 
  31. ^ “乃木坂46“華の94年組”が成人式で誓い「引っ張っていきます!」”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月10日). http://natalie.mu/music/news/135919 2016年1月10日閲覧。 
  32. ^ 手塚千尋 (2016年9月2日). “アイドル好き女子大生が選んだ〝生〟アイドルランキング!! 第14回テーマ:ダンスが上手いと思うアイドル”. HUSTLE PRESS OFFICIAL WEB SITE. HUSTLE PRESS. 2016年9月2日閲覧。
  33. ^ “桜井玲香初ビキニ、売れる乃木坂写真集出版ラッシュ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2017年2月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1774672.html 2017年2月5日閲覧。 
  34. ^ a b c 「Book in Book 乃木坂46 全員集合名鑑」『AKB48×プレイボーイ2011』 集英社、2011年10月24日、133頁。ASIN B005VLKGQ6
  35. ^ “乃木坂46、HTC会見で10thシングルお披露目”. ナタリー (ナターシャ). (2014年8月19日). http://natalie.mu/music/news/124018 2014年8月19日閲覧。 
  36. ^ 「秋の乃木坂46集中講座 その3 あなたなら誰を推す? 乃木坂46 1期生32人パーフェクトファイル」『EX大衆』2013年11月号、双葉社、2013年10月15日、月刊版、12頁。ASIN B00FBKF5E0
  37. ^ 『Audition』2013年1月号、小林三保、白夜書房、2012年12月1日、月刊版、86頁。ASIN B00A8KKL88
  38. ^ 桜井玲香 (2015年11月18日). “2015.11.18”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂467LLC. 2015年11月18日閲覧。
  39. ^ 林将勝、関根弘康、榛村季溶子 「乃木坂46メンバー名鑑⊿39人」『週刊プレイボーイ』2015年3月30日号、集英社、2015年3月16日、no.13、3-4頁。ASIN B00UAUUX8Y
  40. ^ “横浜ウォーカーのラーメン女子部に乃木坂46キャプテン・桜井玲香が登場”. Walkerplus (KADOKAWA). (2015年12月10日). http://news.walkerplus.com/article/68124/ 2015年12月10日閲覧。 
  41. ^ 桜井玲香 (2011年11月25日). “*You Know...?*:reika”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月28日閲覧。
  42. ^ a b 桜井玲香 (2012年1月25日). “*だーれだ??*reika”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月28日閲覧。
  43. ^ 「高山一実×西野七瀬×秋元真夏×桜井玲香 乃木坂46を支える22歳「中間層」の本心」『日経エンタテインメント!』2016年8月号、大貫真之介、日経BP社、2016年7月4日、62頁。ASIN B01G7I3NMA
  44. ^ 「乃木坂46×チームちゃちほこ サクラサク 歴史的合体!」『週刊ビッグコミック スピリッツ』2014年4月7日号、輔老心、小学館、2014年3月24日、NO.17。ASIN B00IWZFVYK
  45. ^ a b c d 桜井玲香 (2011年12月7日). “*12072135”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月28日閲覧。
  46. ^ 「キミは誰をお見立てる!? 乃木坂46全メンバー名鑑」『BOMB』2012年1月号、学研マーケティング、2011年12月9日、月刊版、45頁。ASIN B006BAK22E
  47. ^ 桜井玲香 (2011年12月20日). “* Fill Me In *reika”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月28日閲覧。
  48. ^ 「乃木坂46 桜井玲香 井上小百合 中田花奈 永島聖羅 能條愛未」『Cool-up Girls』Vol. 5、斉藤貴志、音楽専科社、2015年1月27日、2015年3月号、6頁。ASIN B00S1L32KA
  49. ^ 林将勝、関根弘康、榛村季溶子 「『乃木坂46物語』連載開始記念! 乃木坂46パーフェクトガイド」『週刊プレイボーイ』2015年3月30日号、集英社、2015年3月16日、no.13、8頁。ASIN B00UAUUX8Y
  50. ^ 乃木坂って、どこ?|2011/10/24(月)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2011年). 2011年10月24日閲覧。
  51. ^ 「少女の視線」『BOMB』2014年2月号、eiichiro miyata、学研マーケティング、2014年1月9日、月刊版、63頁。ASIN B00HAMUCFO
  52. ^ a b 「LeaderShip リーダーの心得 桜井玲香」『CD & DLでーた』2014年10月号、高橋栄理子、KADOKAWA、2014年9月13日、隔月刊版、137-140頁。ASIN B00N3UZKZ4
  53. ^ 乃木坂メンバー、準2級に10人合格 語彙・読解力検定”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年2月21日). 2014年2月21日閲覧。
  54. ^ 桜井玲香 (2011年12月3日). “*You Know...? 2*reika”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年12月3日閲覧。
  55. ^ “【紅白】乃木坂46桜井、井ノ原むちゃぶりに冷や汗”. ORICON STYLE (oricon ME). (2015年11月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2062956/full/ 2016年1月21日閲覧。 
  56. ^ ワイヤーアクション (2011年11月). “テレビ東京|乃木坂って、どこ?|2011/11/28(月)00:00放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年10月1日閲覧。
  57. ^ 桜井玲香 (2012年6月18日). “*乃木坂の私*”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年6月18日閲覧。
  58. ^ 『別冊FLIX』Vol.3、ビジネス社、2015年5月9日、2015年6月号増刊。ASIN B00VFSUC7W
  59. ^ a b c 桜井玲香; 若月佑美 (2013年11月25日). 乃木坂46「バレッタ」特集-桜井・若月デート企画. インタビュアー:西廣智一. ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/nogizaka46_07/page/8 2014年2月28日閲覧。 
  60. ^ 桜井玲香; 堀未央奈 (2016年3月23日). 【インタビュー】乃木坂46 深川麻衣ラストシングル! 私を救う日向のような存在. インタビュアー:若松正子. ランキングBOX.. http://rankingbox.jp/article/32711 2016年3月23日閲覧。 
  61. ^ 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、87頁。ASIN B00MW63KAM
  62. ^ 「乃木坂46 メンバーアンケート 全メンバーに聞く「乃木坂46の好きなクリエイション」CDジャケット/映像作品/衣装/振付け」『MdN』vol.252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、79頁。ASIN B00TSOFB2G
  63. ^ 斉藤貴志 「乃木坂46楽曲総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、90頁。ASIN B01518F35W
  64. ^ 「乃木坂46楽曲MV総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、筒井優太、集英社、2016年11月24日、91頁。ASIN B01M67T85Q
  65. ^ 生田絵梨花、伊藤万理華、桜井玲香がフジテレビ系ドラマ「海の上の診療所」にゲスト出演!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2013年10月13日). 2013年10月13日閲覧。
  66. ^ “乃木坂46桜井、西野、松村が少年法題材の社会派ドラマ出演”. ナタリー (ナターシャ). (2015年1月14日). http://natalie.mu/music/news/136084 2015年1月14日閲覧。 
    桜井玲香 (2015年3月14日). ドラマ『天使のナイフ』出演 桜井玲香(乃木坂46)インタビュー. インタビュアー:吉田大助. ダ・ヴィンチニュース.. http://ddnavi.com/news/229993/ 2015年3月14日閲覧。 
  67. ^ 人物紹介”. 初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  68. ^ “スペシャエリア新VJにハマ・オカモト、乃木坂46桜井ら4名”. ナタリー (ナターシャ). (2013年10月2日). http://natalie.mu/music/news/100590 2013年10月2日閲覧。 
  69. ^ “乃木坂46桜井玲香、ガールズカルチャー伝える番組MCに”. ナタリー (ナターシャ). (2015年3月23日). http://natalie.mu/music/news/141706 2015年9月23日閲覧。 
  70. ^ 乃木坂46桜井玲香、NHKレギュラー抜擢で意気込み
  71. ^ “「劇場版BAD BOYS J」に乃木坂46白石&生駒が出演”. ナタリー (ナターシャ). (2013年7月8日). http://natalie.mu/music/news/94516 2014年2月28日閲覧。 
  72. ^ “乃木坂46・桜井玲香&衛藤美彩がSET「Mr.カミナリ」でお互いの演技をほめ合い!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年10月24日). http://thetv.jp/news_detail/51721/ 2014年10月24日閲覧。 
  73. ^ 乃木坂46松村沙友理&桜井玲香が初ラブシーン挑戦”. 日刊スポーツ新聞社 (2015年10月1日). 2015年10月2日閲覧。
    桜井玲香 (2015年10月23日). “2015.10.23”. 乃木坂46 桜井玲香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年10月23日閲覧。
  74. ^ “乃木坂46生田絵梨花、ミュージカル「リボンの騎士」主演に抜擢 桜井玲香は恋敵役”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年8月25日). https://tokyopopline.com/archives/47412 2015年8月25日閲覧。 
  75. ^ “乃木坂46が再び落語家に! 生駒里奈らも参戦の「じょしらく弐」舞台は2066年”. ナタリー (ナターシャ). (2016年4月5日). http://natalie.mu/stage/news/182346 2016年4月5日閲覧。 
  76. ^ “乃木坂46桜井、若月が舞台「嫌われ松子―」挑戦”. 日刊スポーツ. (2016年8月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/nogizaka46/news/1688962.html 2016年8月4日閲覧。 
  77. ^ 自由ということ』、2017年3月8日、光文社。ISBN 978-4-334-90219-3

外部リンク[編集]