沢口愛華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
さわぐち あいか
沢口 愛華
2019年
プロフィール
愛称 あいか[1]
生年月日 2003年2月24日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市[2]
血液型 A型[3]
公称サイズ(2022年[5]時点)
身長 155 cm
スリーサイズ 88 - 60 - 85 cm
カップサイズ F[4]
活動
デビュー 2017年
ジャンル グラビア
所属グループ dela(2017年 - 2020年)
活動期間 2017年 -
他の活動 タレント女優
事務所 名古屋美少女ファクトリー(2017年 - 2021年)
インセント(2021年 - 2023年)
ホリプロ(2023年 - )
主な出演作 札束と温泉(2023年、主演)
受賞歴 SAKAE GO ROUND 美少女コンテスト2017グランプリ
ミスマガジン2018グランプリ
グラジャパ!アワード2021 最優秀週プレプラス賞
アイドル: テンプレート - カテゴリ

沢口 愛華(さわぐち あいか、2003年平成15年〉2月24日[6] - )は、日本グラビアアイドル[7]タレント[8][9]女優愛知県名古屋市出身[2]名古屋ご当地アイドルユニットdelaの元メンバー[10](5期生[11])。名古屋美少女ファクトリー、インセントを経て、ホリプロ所属[12]

略歴[編集]

delaの5期生として、ミスマガジン2018グランプリとして[編集]

2017年8月27日、松坂屋名古屋店本館北側の特設ステージ「さくらパンダ広場」にて行われた『SAKAE GO ROUND 美少女コンテスト』[13]でグランプリを受賞し[14]、小さい頃から女優になることが夢であったことからdelaのオーディションを受け[15]、その5期生の追加メンバーとなる[2][注 1]。同年12月29日、名古屋のDIAMOND HALLにて催されたライブ「dela 13th LIVE “dela gracias”」に、同期で加入した元SKE48研究生の川崎成美と同じく単独で初出演する[17][注 2]

2018年5月、delaの先輩に誘われて「居場所ができるのならば」との軽い気持ちで講談社の『ミスマガジン2018』に応募し[19]、自身はセミファイナルに選出される[20]。同年7月17日、応募総数2893人からミスマガジン2018グランプリに選出され[21][22]2000年代生まれとしては初のミスマガジングランプリ受賞者となった[注 3]。これ以降はグラビアアイドルとしても着目され、同社の漫画雑誌『月刊ヤングマガジン[23]や『週刊少年マガジン[24]などのほか、写真週刊誌『FRIDAY』や集英社の男性向け週刊誌『週刊プレイボーイ』などでも、表紙やグラビアページを数多く飾るようになる[25]

2018年11月7日 - 11日、新宿シアターブラッツにて開催された舞台『ソウナンですか?演劇版』で、『ミスマガジン2018』の受賞者やファイナリストによる「劇団ミスマガジン」の一員として、初主演を務める[26][注 4]

2019年3月27日、講談社から自身初の写真集『でらあいか』が発売され、オリコン週間ランキングで第5位を記録する[29]。8月2日、DDTプロレスリングが管理するアイアンマンヘビーメタル級王座を獲得し、第1386代王者となる[30][注 5]

2020年9月27日、ユニットでの活動が困難になったため、delaを卒業する[32]。同年10月28日、講談社から2冊目の写真集『背伸び』が発売され、Amazonタレント本売れ筋ランキングで第1位を記録する[33]

フリーランスを経てインセントに所属、20歳を迎えて映画に初主演[編集]

2021年3月4日、「第7回カバーガール大賞」で大賞および10代部門、コミック誌部門、グラビア部門の4冠を受賞する[34]。同年3月31日、同日付で名古屋美少女ファクトリーを退所し、4月からはフリーランスで芸能生活を継続することを、自身のTwitterにて報告する[14][35]。6月28日、インセントに所属することを、自身のTwitterにて報告する[36][37][注 6]。8月30日、公式ファンクラブチャンネル「沢口愛華のオフタイム」をニコニコ動画に開設し、初回生配信を実施する[42]。9月24日、後楽園ホールにて開催された格闘技イベント「Krush.129」に参加し、朝久泰央らと共に初のゲスト解説を務める[43]。11月14日、星野書店にて開催された初のDVD付きフォトブック『またたき。』 (KADOKAWA) の発売記念イベントに登壇したほか、父と2人で食事するなど4か月ぶりの帰名に安堵する[44]。12月13日、集英社のデジタル写真集を対象とした賞レース『グラジャパ!アワード2021』で最優秀週プレプラス賞を受賞する[45][注 7]

2022年6月17日、同年7月3日より放送開始予定のテレビドラマ『彼女、お借りします』(ABCテレビテレビ朝日)に桜沢墨役で出演することが発表される[48]。初の連ドラレギュラーでもあることから、発表時のインタビューでは原作の魅力を語ったり撮影への意気込みを見せたりした[48]が、撮影完了後のインタビューでは(出演決定の)話を聞いた当初はドッキリかと驚いたとの旨、衣装合わせの段階で実感がわいたとの旨、人前での芝居から数年離れていたためもあって不安しかなかったとの旨を明かす[49]。なお、役作りでは人生で初めて頭髪を染めたことやメイクを濃く入れたことが、女優として凄く嬉しかったという[49]

2022年10月18日、『ミスマガジン2022 グランプリ発表イベント』に出席し、後輩たちにグラビア撮影に際してのケータリングへの注意を呼びかける[50]。同年11月4日、ピーチ・ジョンのランジェリーモデルに起用され、同社の特設サイトにてランジェリー姿を披露する[51]

2023年2月17日、KADOKAWAのニュースサイト「WEBザテレビジョン」によるインタビューに対し、まもなく20歳を迎える心境や今後の目標などを語る[52][注 8]。同年2月26日、講談社から同時発売された写真集2冊(『GURAVURE A to Z』、『Tokyo trip』)の発売記念イベントに登壇し、大人になりつつある18歳から19歳当時にかけて撮影されたそれらの仕上がりに(誕生日にちなみ)224点を付けたいとの旨を明かす[55]。また、2月24日に20歳を迎えてからは人の目を見て挨拶するようになったことや、20歳の誕生日は皮膚科へ行ってから(インセントの)事務所にてマネージャーに祝ってもらったことを明かしたほか、ネガティブになることが多かった10代と違って臆病にならないようにしていきたいとの抱負を語る[56]

2023年6月7日、初主演映画『札束と温泉』の完成披露舞台挨拶に登壇し、大分県別府市にて行われた同映画の撮影の思い出などを明かす[57][注 9]。同年6月19日、『週刊プレイボーイ』27号の表紙と巻頭グラビアを飾ったほか、同誌によるインタビューに対し、「30歳まではグラビア界を引っ張っていく存在でありたい」との旨を明かす[58][注 10]。7月22日、東京産業新聞社のニュースサイト「ガジェット通信」による同映画についてのインタビューに対し、「20歳になり、新しいことへの挑戦は怖くなくなったほか、急に結婚願望が出てきた」との旨も明かす[63]。また、ナゴヤ球場にて開催されたプロ野球中日ドラゴンズ広島東洋カープ戦の天空ステージや始球式に登場する[64][65]

ホリプロへ移籍[編集]

2023年9月30日、インセントを退所してホリプロへ移籍したことを、自身のInstagramにて発表する[12][66]

2023年10月29日、鈴原すずの1st写真集『すずのゆめ』(小学館)の発売記念イベントに登壇した彼女へ沢口からサプライズの祝福メッセージが届き、歓喜される[67][注 11]

2023年11月13日、『週刊ヤングマガジン』同年50号の表紙と巻頭グラビアをさまざまなビキニ姿で飾り、同誌では1年ぶりであることや沢口の名前にちなんで「“愛”され続けるグラビア女王」と称される[68][69]。同年11月30日、漫画雑誌『週刊少年チャンピオン』同年53号(秋田書店)の表紙と巻頭グラビアをさまざまな水着姿で飾り、通算12回目の登場を計12ページに渡って果たしたほか、同誌では20歳になってから初めてのグラビアでもあることから「今回が過去最高に大人」との旨をアピールする[70][71]

2023年12月5日、写真週刊誌『FLASH』同年12月19日号(光文社)の表紙と巻頭グラビアを10ページに渡って飾り[72]、同誌では1年4か月ぶりの誌面を初めてのカメラマンを相手にビキニ姿やタンクトップ姿、ランジェリー姿やキャミソール姿も交えて大胆に彩る[73][74][注 12]と共に、仕事の幅を広げてもっと本格的に芝居をやってみたいとの意欲を見せる[79]。同年12月9日、2024年カレンダーの発売記念イベントに登壇し、連続5作目にして所属事務所の移籍後初の撮影作品でもある同カレンダーについての心境を語る[80]と共に、自宅も所属事務所も引っ越したことにちなんで今年1年を漢字1字で「越」と表現する[81]

2023年12月15日、テレビ情報誌『B.L.T.』(東京ニュース通信社)の増刊『blt graph.』97号の表紙と巻頭グラビアを飾ったほか、約5千字におよぶロングインタビューが掲載される[82]。同年12月18日、『月刊ヤングマガジン』2024年1号の表紙と巻頭グラビアを飾り、「貫録のグラビア女王」と称される[83]。12月22日、『FLASHスペシャル グラビアBEST』2024年新年号(光文社)の表紙と巻頭グラビアを20ページに渡って飾り、付録の両面ポスターも含めて「都会的な大人」をイメージしたビキニ姿やランジェリー姿を披露する[84]

人物[編集]

  • 弟が1人いる[2]
  • dela所属当時は、「愛知に咲いた愛の華」をキャッチフレーズとしていた[85]。また、dela内ではサーモンピンクを担当色としていた[20]
  • 特技はバスケットボール(小学校時代に名古屋市大会で優勝した)[86][87]、書道(毛筆三段)[86]。なお、学生時代はバレーボール部に所属してアタッカーを務めていたが、実際には体育館の外周の走り込みをきつく感じる幽霊部員のような感じで、コートに立っていない時間の方が長かったという[88]
  • 憧れの女優高畑充希であり、いつか仕事場にて会うことを夢見ている[89][90][91]
  • SUPER☆GiRLSで女優の浅川梨奈は、『ミスマガジン2018』の発表会見で「高校生のグラビア枠が空いていたので、沢口さんはきっと賞をとると思った」と評価している[21][注 13]
  • 眼力をチャームポイントとしている[93]
  • 闊達かったつでない滑舌と漢字が不得手なことに劣等感を抱いている[94]
  • 食べ物は母が作るオムライスを好み、香辛料理を苦手とする[94]。上京後には名古屋の(それまで当たり前と思っていた独特の)食文化を知ったほか、女優業を通じて全国各地の食文化にも触れることで逆に自分の食体験の原点を振り返るようになり、「恩返しのためにも祖父母の農地を継ぎたい」「次世代のために農作物を育てたい」と思うようになったという[95]
  • プロ野球は地元の中日ドラゴンズファンである(両親が沢口の誕生以前から大の中日ファンであり[注 14]、その流れで彼女もファンになっている)[97]
  • 漫画は『宇宙兄弟』(小山宙哉講談社)を好む[98]。2024年1月23日にバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)にスタジオゲストとして出演した際には、お気に入りゆえに実写映画から入ってテレビアニメや原作も網羅しているとの旨を同じくスタジオゲストとして出演した小山に明かしたうえ、この時点では途中で終了しているテレビアニメの続編制作について問いかけている[98]
  • グラビアを始めた当時は駄々をこねることが多く、それを駄目だと教えてくれたほか、上京後もホームシックや趣味の話などで気にかけてくれたり、インセントへの所属についての相談に乗ってくれたりしたのは『ミスマガジン』のスタッフであるため、その後も頭が上がらないという[19]
  • 中学2年当時に『人間失格』を読んで以降、太宰治に傾倒している[99]。それまでは東野圭吾有川浩の作品ばかり読んでいたが、弟が先に太宰の作品に続いて三島由紀夫の作品を読んでいたこともあり、兄弟揃って文豪に詳しくなっていったという[99]
  • 上記の経緯ゆえに高校時代には通学の機会が他人より少なく、友人も少なかったうえにアルバイトの経験もなかったため、芸能活動していなかったら高校時代にはレジ打ちをしてみたかったほか、好きな人のためにオシャレをしてみたかったという[88][100][注 15]。また、そういった理由からも現役の学生へのアドバイスとして、「やらぬ後悔よりやっちまった後悔」を挙げている[88][100]

イメージキャラクター[編集]

  • 学生衣料イナガキ - イナガキイメージモデル[102][103]
  • ピクチャン - 「コンビニ証明写真」イメージガール[104][105]
  • 「第1回全国高校eサッカー選手権大会 supported by PUMA」 - 応援マネージャー[106]
  • 愛知県中川警察署 - 一日署長[107]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

ゲーム[編集]

イベント[編集]

コラム[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • でらあいか(2019年3月27日、講談社、撮影:LUCKMAN) ISBN 978-4-06-515028-3[122] ※電子書籍版は特典カット付きで同日発売[123]
  • 背伸び(2020年10月28日、講談社、撮影:Takeo Dec.) ISBN 978-4-06-521813-6[124] ※電子書籍版は特典カット付きで同日発売[125]

デジタル写真集[編集]

講談社[編集]

  • ミスマガグランプリカルテット 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!〈YM2022年21/22号未公開カット〉 ヤンマガデジタル写真集(2022年8月5日、撮影:藤本和典)[126]
  • 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!〈YM2022年31号未公開カット〉 ヤンマガデジタル写真集(2022年10月7日、撮影:前康輔)[127]
  • 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!〈YM2022年45号未公開カット〉 ヤンマガデジタル写真集(2023年1月6日、撮影:佐藤佑一)[128]
  • 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!〈YM2023年12号未公開カット〉 ヤンマガデジタル写真集(2023年5月5日、撮影:Takeo Dec.)[129]
  • 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!〈YM2023年31号未公開カット〉 ヤンマガデジタル写真集(2023年9月8日、撮影:熊谷貫)[130]

集英社[編集]

厳密には、沢口へのロングインタビューを含むムービーをデジタル写真集に加えたデジタルコンテンツ「+Special」に分類される[62][131]

  • 少女革命(2019年11月、撮影:YOROKOBI、ムービー撮影:江木俊彦)[132]
  • OVER(2020年5月、撮影:YOROKOBI、ムービー撮影:谷澤篤、村田真梨恵)[133]
  • スタートライン(2021年4月、撮影:YOROKOBI、ムービー撮影:谷澤篤、村田真梨恵)[47]
  • Four Seasons(2022年2月、撮影:YOROKOBI、ムービー撮影:谷澤篤)[134]
  • レコード&メモリーズ(2023年6月、撮影:HIROKAZU、ムービー撮影:谷澤篤)[135]

フォトブック[編集]

カレンダー[編集]

  • 沢口愛華 2020年カレンダー(2019年、わくわく製作所)[140]
  • 沢口愛華 2021年カレンダー(2020年11月7日、わくわく製作所)[141]
  • 沢口愛華 2022年カレンダー(2021年11月20日、わくわく製作所)[142]
  • 沢口愛華カレンダーブック2022.4 - 2023.3(2022年2月21日、集英社)[143]
  • 沢口愛華 2023年カレンダー(2022年11月5日、わくわく製作所)[144]
  • 沢口愛華 2024年カレンダー(2023年12月2日、わくわく製作所)[80][81][145]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 当時はそこまで芸能界自体に興味はなかったが、弟のように親を納得させて物を買ってもらうことが自分は苦手だったことから、中学生でもお金を稼げるようになろうと考えていたという[16]。ただ、delaでは居場所を見つけるのが難しく、親友ができたわけでもなかったため、ファンたちとの対話時間は楽しかったという[16]
  2. ^ 当時は他のアイドルグループを間近で見て悔しい思いをしており、目標を持っている彼女たちへの羨望から、delaに所属する意味について悩むこともあったという[18]
  3. ^ オーディション中はSHOWROOMの順位が低く、ファンから時間の配分や効率の悪さを指摘されたほか、グランプリ受賞時には疑問の声も上がって自身も「なんでだろう」と思ったが、配信の数値だけでなくハガキでの投票やSNSでの反応などを総合した結果だったことを、後に聞かされたという[19]。また、グランプリ受賞の件を最初に聞かされた瞬間には、名古屋美少女ファクトリーの担当者にファミレスへ母と共に呼び出されたが、実は当時は芸能活動を辞めようと考えていたため、その話かと思っていた[19]。すると担当者からグランプリ受賞の件を聞かされたものの自身は仮定の話と勘違いしており、授賞式前のグラビアの撮影時に立ち位置が真ん中だったことから初めて実感したという[19]。さらには、グラビアはdelaより自分の表現したいことを探求できて嬉しかったため、自分の居場所にしたい、活動の中心にしようと思うようになったという[18]
  4. ^ 「劇団ミスマガジン」の面々は一線を引こうとしてしまっていた自身に手を差し伸べてくれたうえ、芸能界で初めてできた同年代の相談相手であるため、後年でも信用しているという[19]。一方、当時は演技経験が一切なかったことから、演技を教えてもらえることが新鮮であり、作品を皆で作ることの楽しさを初めて知ったが、その後は自分の性に合っていないことばかりして空回りすることが多く、演技が面白くないとあきらめかけていたという[27]。また、上京後は事務所主催のワークショップに通っており、半年を経て『札束と温泉』の撮影後に再び参加した際には、撮影現場での経験がプラスになって「半年前に比べたら言葉に力が生まれている」と先生に褒めてもらえたという[28]
  5. ^ 当時はグラビアアイドルとして順調に見えて実は多忙から心身ともに疲弊していたため、高校2年時には自分の時間がなく思春期に入っていたことも重なり、親とも衝突することが増えて疲れきった結果、自分の殻に閉じこもって撮影現場でも喋らなくなってしまっていたという[31]
  6. ^ 所属の理由として、名古屋美少女ファクトリーを退所してからさまざまな事務所に声をかけてもらったが、なかなか決められずにいたところ、インセントだけは面談の際にフリーランス期間中の活動(『週刊プレイボーイ』同年16号の表紙・巻頭グラビア・単独付録DVD[38]、同誌18号の巻中グラビア[39]、『週刊少年チャンピオン』同年23号の表紙・巻頭グラビア・付録ポスター[40]など)も含め、些細なことまで自身をしっかりと見てくれたうえに要望も聞いてくれたことが嬉しく、空気感の良さに安心して決断したとの旨を挙げている[36][41]。その後、7月上旬には所属と同時に上京している[41]
  7. ^ 受賞作品は、沖縄にて撮影して2021年4月に公開された『スタートライン』[46][47]
  8. ^ 高校卒業後の上京から1年半が経過したこともあり、最近は地元の方言(名古屋弁)が出なくなったとも語っている[53]が、実際にはまだ訛りが残っており、後述の『札束と温泉』では稽古中に「靴」などのアクセントを注意されることが多かったとの旨を語っている[54]。一方、当時は先述の自分の殻に閉じこもっていた時期から脱しており、20歳を迎えた後にはグラビア活動の開始当初から面倒を見てもらっていた編集者たちと飲みに行くと、「昔のように喋らなくなっていたのに、最近また喋るようになって嬉しい」との旨を明かされ、感動して泣きそうになったという[31]
  9. ^ その後、『週刊プレイボーイ』同年27号によるインタビューでは、同映画の撮影は1週間借り切った温泉宿にて寝泊まりしながら進められていたことや、温泉には撮影以外の時間でも毎日単独で入れたものの、自分だけは部屋を皆とは別に用意されていたため、修学旅行のような皆の輪には入れていなかったことを明かしている[58]。一方、同年7月1日に登壇した公開記念舞台挨拶では、主演が決まった時の心境について「オーディション組ではなかったので直接お話を頂いた」「なんで私に主役をやらせたかったんだろう」と主演への抜擢を意外に思ったほか、「女優になりたいと思って上京した」「うれしくて、絶対成功させてやろう」と振り返っている[59]。また、同年7月3日に発売された『週刊ヤングマガジン』31号では同映画の公開を記念し、表紙と巻頭グラビアを同映画のロケ地にて撮影した水着姿で飾っている[60]
  10. ^ その後、同年7月7日にニュースサイト『ENTAME next』(徳間書店)によるインタビューに対しても、「グラビアは天職であり、芝居が忙しく今後も頻度は少なくなるが、絶対に辞めることはない」との旨を明かしている[61]。なお、これと並行して集英社では沢口が掲載された『週刊プレイボーイ』のバックナンバーをはじめ、彼女のグラビアコンテンツを網羅した特集ページも公開されている[62]
  11. ^ 鈴原は、沢口のことを写真集イベントにも通うほどの憧れの存在として挙げている[67]ためである(詳細は鈴原の記事を参照)。
  12. ^ このグラビアが好評だったことから、2024年1月30日号でもそのアザーカットで巻中グラビアを7ページに渡って飾り[75][76]、それまでとは異なるドラマチックな表情を見せることになった[77][78]
  13. ^ 受賞者5名のうち、沢口と同じ10代で選ばれたのは寺本莉緒(ミスヤングマガジン・2001年生)[92]のみで、他の3人(池松愛理岡田佑里乃佐藤あいり)はいずれも1990年代生まれである。
  14. ^ 2023年に沢口が明かしたところによれば、彼女の父はかつて応援団に入っており、高校時代からやっていたトランペットをナゴヤドームでも吹いていたという[96]
  15. ^ その後、2023年7月には初めてアルバイトの面接を受けたものの、上記の経歴ゆえに履歴書はほぼ白紙で提出したことを、同年7月12日深夜放送の『アッパレやってまーす!』にて明かしている[101]
  16. ^ 甲子園モードでのマネージャー役[120]

出典[編集]

  1. ^ 【ミスマガジン2018】「グランプリ」沢口愛華のフレッシュでたわわな初グラビア!!【ヤンマガ34号】』(YouTube)講談社、2018年7月23日https://www.youtube.com/watch?v=SnF6m05e7FM2022年12月4日閲覧 
  2. ^ a b c d “ミスマガ2018・沢口愛華、山本美月らの事務所に所属 女優を志し踏み出した一歩”. マイナビニュース (マイナビ): p. 2. (2021年7月16日). https://news.mynavi.jp/article/20210716-sawaguchiaika/2 2023年4月26日閲覧。 
  3. ^ 沢口愛華 (2017年9月20日). “初めまして沢口愛華です”. delaオフィシャルブログ「でら記」. CyberAgent. 2023年4月26日閲覧。
  4. ^ “魅惑のFカップ!沢口愛華が初DVD「いつもと違う感じで緊張しました」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2021年8月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202108160001093.html 2022年2月25日閲覧。 
  5. ^ ““令和の最強グラビア女王”沢口愛華、至高の“恋落ち”グラビア秘蔵カット公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年2月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2225087/full/ 2023年2月20日閲覧。 
  6. ^ “沢口愛華(dela)『愛を知る旅』”. 週プレNEWS (集英社). (2020年4月26日). https://wpb.shueisha.co.jp/gravure/2020/04/26/111190/ 2021年1月7日閲覧。 
  7. ^ “沢口愛華、ラストJKの卒業旅行! プールではしゃぎ、水着で枕投げ”. マイナビニュース (マイナビ). (2021年3月29日). オリジナルの2023年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230511214611/https://news.mynavi.jp/article/20210329-1853433/ 2023年8月22日閲覧。 
  8. ^ ““令和のグラビア女王”沢口愛華、美バストに釘付け 「ヤンマガ」表紙・巻頭&巻末グラビアをジャック”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年2月20日). https://mdpr.jp/news/detail/3611525 2023年2月20日閲覧。 
  9. ^ “沢口愛華:「彼女、お借りします」“極度の人見知り”な墨に共感 初の連ドラレギュラーの不安と女優業への意欲も語る”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年9月10日). https://mantan-web.jp/article/20220909dog00m200063000c.html 2023年2月20日閲覧。 
  10. ^ “神ボディ・沢口愛華、あどけない姿から女王の風格まで秘蔵カット公開”. マイナビニュース (マイナビ). (2020年6月8日). オリジナルの2023年5月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230510005841/https://news.mynavi.jp/article/20200608-1051204/ 2023年8月22日閲覧。 
  11. ^ “沢口愛華『OVER』”. 週プレNEWS (集英社). (2020年5月17日). https://wpb.shueisha.co.jp/gravure/2020/05/17/111292/ 2021年1月6日閲覧。 
  12. ^ a b “〝令和のグラビアクイーン〟沢口愛華がホリプロ移籍を報告「新天地でまだ見ぬ景色を見に行くために頑張っていきます」”. サンスポ (産経デジタル). (2023年9月30日). https://www.sanspo.com/article/20230930-B4Z2RCDM7JB7DFMCI2VB4F6YIA/ 2023年9月30日閲覧。 
  13. ^ 【SAKAE GO ROUND 美少女コンテスト】オーディション概要”. 名古屋美少女ファクトリー (2017年8月27日). 2018年8月16日閲覧。
  14. ^ a b “沢口愛華 3月末での所属事務所退所を報告 今後はフリーランスで ミスマガジン2018グランプリ受賞”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年4月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/04/01/kiji/20210401s00041000275000c.html 2023年4月26日閲覧。 
  15. ^ “【ミスマガジン ベスト16】沢口愛華15才の素顔&美少女発掘プロデューサーにインタビュー!”. WWSチャンネル (WWS JAPAN). (2018年6月1日). https://www.wws-channel.com/girls2/81659.html?view=more 2023年4月26日閲覧。 
  16. ^ a b “「グラビアを自分の居場所にしたい」沢口愛華が振り返る苦悩と成長の日々”. ENTAME next (徳間書店). (2023年7月7日). https://entamenext.com/articles/detail/26334 2023年7月7日閲覧。 
  17. ^ dela 13th LIVE「dela gracias」”. 名古屋美少女ファクトリー (2017年11月26日). 2018年8月16日閲覧。
  18. ^ a b “「グラビアを自分の居場所にしたい」沢口愛華が振り返る苦悩と成長の日々”. ENTAME next (徳間書店): p. 2. (2023年7月7日). https://entamenext.com/articles/detail/26334/2/1/1 2023年7月7日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f “【歴代ミスマガインタビュー】Vol.1沢口愛華「夢をあきらめなくていいんだよといってくれた場所」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年2月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2224941/full/ 2023年5月27日閲覧。 
  20. ^ a b 沢口愛華 (2018年5月28日). “いつもありがとう♥♥”. delaオフィシャルブログ「でら記」. CyberAgent. 2018年8月16日閲覧。
  21. ^ a b “ミスマガジン2018 高校1年生の沢口愛華がグランプリ”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年7月18日). オリジナルの2022年11月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20221104122112/https://news.mynavi.jp/article/20180718-665835/ 2022年8月22日閲覧。 
  22. ^ 7年ぶり復活「ミスマガジン2018」グランプリ&各賞受賞者5名決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年7月17日). 2021年4月5日閲覧。
  23. ^ “「ミスマガジン」グランプリ・沢口愛華、完璧すぎる美少女ぶりを見せつける”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2117750/full/ 2020年6月8日閲覧。 
  24. ^ “「ミスマガジン」沢口愛華&岡田佑里乃、ペアで『マガジン』表紙 健康ビキニ披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2129394/full/ 2020年6月8日閲覧。 
  25. ^ “令和のグラビアクイーン語る、沢口愛華がフリー経て女優の夢追い東京へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2021年6月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202106270001285.html 2021年9月14日閲覧。 
  26. ^ a b “「ミスマガ2018」GPの沢口愛華、舞台で演技初挑戦「成果を出せるように頑張る」”. マイナビニュース (マイナビ). (2018年11月8日). オリジナルの2022年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220626150228/https://news.mynavi.jp/article/20181108-720664/ 2023年8月22日閲覧。 
  27. ^ “"令和のグラビアクイーン" 沢口愛華「向いてないかもと諦めかけていた」女優の道”. ENTAME next (徳間書店). (2023年7月7日). https://entamenext.com/articles/detail/26335 2023年7月7日閲覧。 
  28. ^ “"令和のグラビアクイーン" 沢口愛華「向いてないかもと諦めかけていた」女優の道”. ENTAME next (徳間書店): p. 2. (2023年7月7日). https://entamenext.com/articles/detail/26335/2/1/1 2023年7月7日閲覧。 
  29. ^ “オリコン週間 写真集ランキング 2019年03月25日~2019年03月31日”. ORICON NEWS (oricon ME). オリジナルの2019年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190406135756/https://www.oricon.co.jp/rank/obp/w/2019-04-08/ 2021年8月23日閲覧。 
  30. ^ DDT ProWrestling #StayHomeWithDDT [@ddtpro] (2019年8月2日). "▼アイアンマンヘビーメタル級選手権エニウェアフォール・バトルロイヤル <王者>●男色ディーノ vs 沢口愛華○<挑戦者> 3分0秒 体固め ※ローキック。ディーノが防衛に失敗、沢口が第1386代王者となる。 #ddtpro #TIF2019 #dela @delaaika0224". X(旧Twitter)より2020年6月8日閲覧
  31. ^ a b “「グラビアを自分の居場所にしたい」沢口愛華が振り返る苦悩と成長の日々”. ENTAME next (徳間書店): p. 3. (2023年7月7日). https://entamenext.com/articles/detail/26334/3/1/1 2023年7月7日閲覧。 
  32. ^ “dela沢口愛華が卒業発表、アイドルユニットとしての活動継続が困難に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年9月20日). https://natalie.mu/music/news/397347 2020年10月10日閲覧。 
  33. ^ “【WEEKDAYはグラドル日記(354)】セカンド写真集がAmazonタレント本1位に輝いた令和のグラビアクイーン、沢口愛華”. サンスポ (産経デジタル). (2020年10月28日). https://www.sanspo.com/article/20201028-FBXBAAPMLZKLLAJMY56S54OVEU/ 2020年11月4日閲覧。 
  34. ^ “「第7回カバーガール大賞」発表。大賞は現役高校生の沢口愛華が受賞、メンズ部門大賞はキンプリ平野紫耀が堂々の2連覇”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2021年3月4日). https://tower.jp/article/news/2021/03/04/tg005 2021年3月4日閲覧。 
  35. ^ 沢口愛華 [@sawa_aika827] (2021年3月31日). "ご報告です。 4月からはフリーランスで芸能生活を継続して参ります。 よろしくお願いします。". X(旧Twitter)より2021年4月1日閲覧
  36. ^ a b “沢口愛華、インセント所属で女優業に本腰 “令和のグラビアクイーン”の称号は「モチベーション」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2198252/full/ 2021年6月28日閲覧。 
  37. ^ 沢口愛華 [@sawa_aika827] (2021年6月28日). "この度、インセントに所属することになりました。これまで続けた活動をさらに充実させるために決断を致しました。". X(旧Twitter)より2021年6月28日閲覧
  38. ^ “「カバーガール大賞」4冠 沢口愛華、新社会人初グラビアで新たなスタートライン”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年4月5日). オリジナルの2023年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230406175238/https://news.dwango.jp/gravure/60400-2104 2024年2月9日閲覧。 
  39. ^ ““令和のグラビア女王” 沢口愛華が魅せる貫禄の88cm美乳”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年4月19日). オリジナルの2023年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230406175244/https://news.dwango.jp/gravure/60759-2104 2024年2月9日閲覧。 
  40. ^ “沢口愛華 弾けるビキニで夏先取り、見どころは “ゼンブッ!!””. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年5月6日). オリジナルの2023年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230406175239/https://news.dwango.jp/gravure/61198-2105 2024年2月9日閲覧。 
  41. ^ a b ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華、新事務所&上京で「心機一転」 “グラビア愛”と女優業への意欲語る”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年6月28日). https://thetv.jp/news/detail/1039078/ 2024年2月9日閲覧。 
  42. ^ ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華 ファンクラブチャンネルをニコ動に開設「元気な姿届けたい」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年8月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/23/kiji/20210823s00041000408000c.html 2021年8月23日閲覧。 
  43. ^ a b “沢口愛華、「Krush.129」でゲスト解説に初挑戦”. WWS channel (WWS JAPAN). (2021年9月26日). https://wws-channel.com/sports/298908.html?view=more 2024年2月9日閲覧。 
  44. ^ ““令和のグラビア女王” 沢口愛華 地元・名古屋でイベント「ナナちゃん人形がいなかったです」”. 東スポWEB (東京スポーツ新聞社). (2021年11月14日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/123432 2024年2月9日閲覧。 
  45. ^ 集英社『週刊プレイボーイ』2021年12月27日号No.52 23‐26頁
  46. ^ 最優秀週プレプラス!賞”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社. 2023年6月12日閲覧。
  47. ^ a b スタートライン”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社 (2021年4月). 2023年6月12日閲覧。
  48. ^ a b “沢口愛華:“令和のグラビアクイーン”初連ドラレギュラー 「彼女、お借りします」で桜沢墨役 極度の人見知り美少女に”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年6月17日). https://mantan-web.jp/article/20220616dog00m200056000c.html 2024年1月22日閲覧。 
  49. ^ a b “沢口愛華:「彼女、お借りします」“極度の人見知り”な墨に共感 初の連ドラレギュラーの不安と女優業への意欲も語る”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年9月10日). https://mantan-web.jp/article/20220909dog00m200063000c.html 2024年1月22日閲覧。 
  50. ^ “沢口愛華、“後輩”へケータリング注意の呼び掛け「おなかの方がぷにぷにしてしまう」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2022年10月18日). https://thetv.jp/news/detail/1107521/ 2022年11月11日閲覧。 
  51. ^ “沢口愛華、自身初のランジェリーモデル「初めてやらせていただいて…」”. マイナビニュース (マイナビ). (2022年11月4日). オリジナルの2023年5月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230530122252/https://news.mynavi.jp/article/20221104-2503864/ 2023年8月22日閲覧。 
  52. ^ “沢口愛華、20歳を迎え「まだまだグラビアやりたい」 活動の幅広げレベルアップの1年に”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2023年2月17日). https://thetv.jp/news/detail/1124331/ 2023年2月20日閲覧。 
  53. ^ “沢口愛華、20歳を迎え「まだまだグラビアやりたい」 活動の幅広げレベルアップの1年に”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA): p. 2. (2023年2月17日). https://thetv.jp/news/detail/1124331/p2/ 2023年2月20日閲覧。 
  54. ^ “「沢口愛華」初主演作『札束と温泉』がいよいよ公開。「面白い作品になっているので、観てクスっと笑ってほしい」”. Stereo Sound ONLINE (ステレオサウンド). (2023年6月27日). https://online.stereosound.co.jp/_ct/17638325 2023年6月30日閲覧。 
  55. ^ a b c “沢口愛華、20歳記念のフォトブックは“224点”「20代もピチピチにいきたい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年2月26日). https://hochi.news/articles/20230226-OHT1T51094.html?page=1 2023年8月26日閲覧。 
  56. ^ ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華、20歳迎え「目を見てあいさつするようになりました」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2023年2月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202302260000475.html 2023年2月27日閲覧。 
  57. ^ ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華、初主演映画をアピール「何回もみてセリフ覚えちゃって」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2023年6月7日). https://hochi.news/articles/20230607-OHT1T51115.html?page=1 2023年6月7日閲覧。 
  58. ^ a b “令和のグラビア女王・沢口愛華がひさしぶりの週プレ登場!「グラビア界を引っ張っていく存在でありたい」”. 週プレNEWS (集英社). (2023年6月18日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2023/06/18/119761/ 2023年6月19日閲覧。 
  59. ^ ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華、疑似ワンカット撮影で「精神力を鍛えられながら撮りました」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2023年7月1日). https://thetv.jp/news/detail/1145200/ 2023年7月3日閲覧。 
  60. ^ “沢口愛華、豊満バスト披露 “温泉旅行気分”を堪能”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年7月3日). https://mdpr.jp/news/detail/3822857 2023年7月3日閲覧。 
  61. ^ “"令和のグラビアクイーン" 沢口愛華「向いてないかもと諦めかけていた」女優の道”. ENTAME next (徳間書店): p. 3. (2023年7月7日). https://entamenext.com/articles/detail/26335/3/1/1 2023年7月7日閲覧。 
  62. ^ a b 沢口愛華特集!”. 週プレ グラジャパ! - GRAVURE JAPAN! -. 集英社. 2023年11月30日閲覧。
  63. ^ “沢口愛華、主演映画『札束と温泉』で女優業にも意欲 「20歳になり、挑戦することへの恐怖もなくなりました!」”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2023年7月22日). https://getnews.jp/archives/3427830 2023年7月22日閲覧。 
  64. ^ a b 7/22・23「ファーム竜陣祭」を開催しました”. 中日ドラゴンズオフィシャルウェブサイト. 中日ドラゴンズ (2023年7月24日). 2023年7月26日閲覧。
  65. ^ a b “沢口愛華:“令和のグラビアクイーン” 始球式でノーバン 「ホッとしました!」”. MANTANWEB (MANTAN). (2023年7月26日). https://gravure.mantan-web.jp/article/20230726dog00m200023000c.html 2023年7月26日閲覧。 
  66. ^ 沢口愛華 [@sawaguchi_aika_official] (2023年9月30日). "ご報告". Instagramより2023年9月30日閲覧
  67. ^ a b “グラドル鈴原すず初写真集「子どもと大人のはざま見てほしい」 憧れ沢口愛華からの祝福に歓喜”. 日刊スポーツ (日刊スポーツNEWS). (2023年10月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202310290001103.html 2023年11月13日閲覧。 
  68. ^ ヤンマガ50号の表紙を公開。“愛”され続けるグラビア女王・沢口愛華が登場!”. ヤンマガWeb. 講談社 (2023年11月9日). 2023年11月13日閲覧。
  69. ^ ““令和のグラビア女王”沢口愛華、沖縄で魅せる最新最強ビキニ 圧巻のバストラインあらわに…”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年11月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2302004/full/ 2023年11月13日閲覧。 
  70. ^ 週刊少年チャンピオン 2023年No.53”. 秋田書店 (2023年11月30日). 2023年11月30日閲覧。
  71. ^ “沢口愛華「過去最高にオトナ! すっごいオトナ!!」ハタチになって初の『チャンピオン』表紙&グラビア”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年11月30日). https://www.oricon.co.jp/news/2304628/full/ 2023年11月30日閲覧。 
  72. ^ FLASH 2023年12月19日号”. 光文社 (2023年12月5日). 2023年12月2日閲覧。
  73. ^ ““令和のグラビア女王”沢口愛華、進化の止まらない艶ボディたっぷり披露 白レースビキニで大胆ポーズも”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年12月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2305249/full/ 2023年12月2日閲覧。 
  74. ^ “”グラビアクイーン”沢口愛華、ハタチの艶ボディ披露!『FLASH』に1年4カ月ぶりに登場”. RBB TODAY (イード). (2023年12月5日). https://www.rbbtoday.com/article/2023/12/05/214735.html 2023年12月2日閲覧。 
  75. ^ FLASH 2024年1月30日号”. 光文社 (2024年1月16日). 2024年1月17日閲覧。
  76. ^ 沢口愛華 [@sawa_aika827] (2024年1月16日). "今日発売のFLASHに前回のアザーカットを掲載していただいています!". X(旧Twitter)より2024年1月17日閲覧
  77. ^ “沢口愛華、ドラマチックな表情で豊満バスト輝く”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2024年1月16日). https://mdpr.jp/news/detail/4149524 2024年1月17日閲覧。 
  78. ^ “令和のグラビアクイーン・沢口愛華、ドラマチックに登場!モータースポーツ関連の仕事にも興味”. Smart FLASH (光文社). (2024年1月20日). https://smart-flash.jp/gravure/270259/1/1/ 2024年1月21日閲覧。 
  79. ^ “グラビア愛がさらに深まった沢口愛華 仕事の幅を広げることにも興味「もっと本格的にお芝居したい」”. Smart FLASH (光文社). (2023年12月8日). https://smart-flash.jp/gravure/264454/1/1/ 2023年12月10日閲覧。 
  80. ^ a b “沢口愛華、移籍後初のカレンダー発売「いつもとは違う緊張感がありました」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2023年12月9日). https://thetv.jp/news/detail/1171541/ 2023年12月10日閲覧。 
  81. ^ a b “沢口愛華、来年の抱負はドラマ初主演&北陸一人旅「おいしいのどぐろが食べたい」”. サンスポ (産経デジタル). (2023年12月9日). https://www.sanspo.com/article/20231209-DKZCTDXAJZPD3NHLKI5MD5GNQM/ 2023年12月10日閲覧。 
  82. ^ “沢口愛華、美バスト際立つ水着×マフラーSHOTで魅了!事務所移籍で“リスタート”の心境も告白”. E-TALENTBANK (イータレントバンク). (2023年12月15日). https://e-talentbank.co.jp/news/enta/472438/?type=desc 2023年12月16日閲覧。 
  83. ^ ““グラビア女王”沢口愛華、色白美バスト輝く「月刊ヤングマガジン」表紙に登場”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年12月18日). https://mdpr.jp/news/detail/4104670 2023年12月22日閲覧。 
  84. ^ “沢口愛華、豊満バスト披露 大人の色気漂うビキニ&ランジェリー姿”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2023年12月21日). https://mdpr.jp/news/detail/4111648 2023年12月22日閲覧。 
  85. ^ 8回目のでら記*手づくりありすぎぃー(o^^o)な休日 愛梨澄(ありす)”. delaオフィシャルブログ「でら記」. CyberAgent (2018年1月28日). 2018年8月16日閲覧。
  86. ^ a b “沢口愛華、「ミスマガジン」グランプリ 名古屋発アイドルユニット「dela」の15歳”. 東京中日スポーツ (中日新聞社). (2018年7月18日). オリジナルの2018年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180722054745/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018071802000203.html 2018年8月16日閲覧。 
  87. ^ “【ミスマガジン ベスト16】沢口愛華15才の素顔&美少女発掘プロデューサーにインタビュー!”. WWSチャンネル (WWS JAPAN). (2018年6月1日). https://www.wws-channel.com/girls2/81659.html?view=more 2023年6月30日閲覧。 
  88. ^ a b c 沢口愛華ちゃんインタビュー完全版!!”. WEBサンデー. 小学館 (2023年6月28日). 2023年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月21日閲覧。
  89. ^ “ミスマガジン沢口愛華「目標は高畑充希さん」 赤い水着姿の写真集で「赤色に縁があります」”. エンタメOVO (共同通信社). (2019年3月30日). https://tvfan.kyodo.co.jp/news/1184533 2024年1月21日閲覧。 
  90. ^ 【94言語字幕】ミスマガジングランプリ・沢口愛華の素顔①「自己紹介&アイドル」~名古屋美少女アイドルdela~』(YouTube)日本ご当地アイドル活性協会、2018年5月31日https://www.youtube.com/watch?v=cvbDS0r_6nY2022年12月4日閲覧 
  91. ^ ミスマガジン2018・グランプリ沢口愛華(15歳)に独占インタビュー! 「高畑充希さんが好き」』(YouTube)WWS CHANNEL、2018年7月30日https://www.youtube.com/watch?v=bQTf21TcqtQ2022年12月4日閲覧 
  92. ^ “豊満バストに釘付け必死「ミスヤングマガジン2018」寺本莉緒の美ボディ弾ける”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年7月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1780880 2018年8月16日閲覧。 
  93. ^ “【独占記事】ミスマガジン2018グランプリ・沢口愛華(15)歓喜のインタビュー&中村代表の格闘6年”. WWSチャンネル (WWS JAPAN). (2018年7月31日). https://www.wws-channel.com/girls2/91495.html 2020年6月8日閲覧。 
  94. ^ a b 【94言語字幕】ミスマガジングランプリ沢口愛華の素顔②「コアなワタシ」~名古屋美少女アイドルdela~』(YouTube)日本ご当地アイドル活性協会、2018年5月31日https://www.youtube.com/watch?v=NLBqaB_q_3I2022年12月4日閲覧 
  95. ^ 菊地武顕 (2023年6月25日). “沢口愛華さん(タレント・俳優) 祖父母が育て母調理 親子三代の地産地消”. 日本農業新聞 (日本農業新聞). https://www.agrinews.co.jp/living/index/165148 2023年6月25日閲覧。 
  96. ^ “パパは中日ドラゴンズの応援団 人気グラドル告白「トランペット吹いてました」にアンガ「カッコいい~」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2023年8月24日). https://mainichi.jp/articles/20230824/spp/000/006/085000c 2023年8月26日閲覧。 
  97. ^ “「中日にもできないことはない!」立浪新監督に元ミスマガジン・沢口愛華が“下克上”をお願い”. 東スポWeb (東京スポーツ新聞社). (2021年11月16日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/123785 2022年5月29日閲覧。 
  98. ^ a b “「宇宙兄弟」アニメ中断の理由 作者が明かす「追いつかれてしまったので」 今後の計画にも言及”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2024年1月23日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/01/23/kiji/20240123s00041000496000c.html 2024年1月24日閲覧。 
  99. ^ a b 斉藤貴志 (2023年6月24日). “令和のグラビア女王・沢口愛華が太宰治に傾倒する理由。いつまでも付かない自信と優等生役での初主演”. Yahoo!ニュース (Yahoo!JAPAN). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/e38edc47eb5b072f97b4db6b4ccbab4012bf36c3 2023年6月25日閲覧。 
  100. ^ a b “グラドル・沢口愛華が振り返る高校時代 誕生日祝い動画に「キュンとした」思い出”. NEWSポストセブン (小学館). (2023年6月28日). https://www.news-postseven.com/archives/20230628_1881945.html?DETAIL 2023年6月28日閲覧。 
  101. ^ ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華「初めてバイトの面接に行きました」ジャンルは「レジ打つやつ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2023年7月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/07/14/kiji/20230714s00041000411000c.html 2023年7月19日閲覧。 
  102. ^ イナガキ”. 学生衣料イナガキ. 2023年2月20日閲覧。
  103. ^ 制服のイナガキ イメージモデル 沢口愛華』(YouTube)学生衣料イナガキ、2018年6月11日https://www.youtube.com/watch?v=JpfdZzw0RZs2022年12月4日閲覧 
  104. ^ ピクチャンイメージガールにミスマガジン2018の沢口愛華を起用』(プレスリリース)バリューコミットメント、2018年9月27日https://pic-chan.net/c/press/180927.php2023年9月3日閲覧 
  105. ^ 新ピクチャンイメージガール沢口愛華”. ピクチャン. バリューコミットメント. 2023年9月3日閲覧。
  106. ^ “「第1回全国高校eサッカー選手権大会」初代王者はmurasaki選手に”. 4Gamer.net (Aetas). (2021年8月26日). https://www.4gamer.net/games/465/G046503/20210826174/ 2021年9月14日閲覧。 
  107. ^ “愛知県中川署がタレント・沢口愛華さんと中日・祖父江大輔選手に一日警察署長を委嘱”. 日刊警察 (日刊警察新聞社). (2023年1月26日). https://nikkankeisatsu.co.jp/news/230126-3.html 2023年4月26日閲覧。 
  108. ^ “なにわ男子・大西流星主演『かのかり』キービジュアル公開 グラビアクイーン・沢口愛華が連ドラ初出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年6月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2238858/full/ 2022年6月17日閲覧。 
  109. ^ “増田貴久&浮所飛貴が“最強バディ”に 『ギフテッド』キービジュアル公開【ストーリー&新キャスト】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年7月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2287508/full/ 2023年7月19日閲覧。 
  110. ^ “増田貴久がびしょ濡れオールバックに!?佐野岳、黒川智花、工藤美桜、沢口愛華がゲスト出演『ギフテッド』第4話”. TV LIFE web (ワン・パブリッシング). (2023年9月1日). https://www.tvlife.jp/drama/608513 2023年9月3日閲覧。 
  111. ^ 沢口愛華 [@sawa_aika827] (2024年1月25日). "明日22:00から放送のTBSドラマ 「不適切にもほどがある」1話の最初のほうに出演させていただいております!". X(旧Twitter)より2024年1月27日閲覧
  112. ^ ブラックガールズトーク 第2話 モンペ母と仕組まれた罠/パワハラ上司”. テレ東・BSテレ東 7ch. テレビ東京 (2024年2月12日). 2024年2月13日閲覧。
  113. ^ “『八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ』第4話「ハブいてにゃあ」の先行カット到着!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2020年1月25日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1579936179 2023年4月26日閲覧。 
  114. ^ “沢口愛華キャラポス!RaMu「文句なしのゆるゆる爽快殺し屋合宿ムービー!」『グリーンバレット』絶賛!”. 映画ログプラス (ソーバル). (2022年8月31日). オリジナルの2023年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230430064540/https://tokushu.eiga-log.com/new/145837.html 2024年1月21日閲覧。 
  115. ^ “札束が机の上にずらり…沢口愛華が主演する「札束と温泉」特報公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2023年4月25日). https://natalie.mu/eiga/news/522208 2023年4月26日閲覧。 
  116. ^ ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華、ラジオレギュラー決定「とっても嬉しいです!」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年10月7日). https://hochi.news/articles/20211007-OHT1T51043.html?page=1 2021年10月7日閲覧。 
  117. ^ 本仮屋ユイカが選ぶ今年のヒット商品は?【#135放送後記】”. 地方創生プログラム ONE-J. TBSラジオ (2023年11月6日). 2023年11月7日閲覧。
  118. ^ 「令和のグラビアクイーン」沢口愛華さんが登場! 「第2回川崎夜市」をリポート”. 地方創生プログラム ONE-J. TBSラジオ (2023年11月11日). 2024年1月17日閲覧。
  119. ^ 沢口愛華さんが、東京の新名所「麻布台ヒルズ」を出張レポート!!”. 地方創生プログラム ONE-J. TBSラジオ (2024年1月8日). 2024年1月17日閲覧。
  120. ^ 沢口愛華 [@sawa_aika827] (2021年7月8日). "本日発売「プロ野球スピリッツ2021(Switch版)」の甲子園モードにマネージャー役として登場しています! たくさん遊んでくださいね~ お!ふ!しょ?". X(旧Twitter)より2022年4月16日閲覧
  121. ^ KAIUNSCOPE VOL66”. HYSTERIC GLAMOUR (2024年2月6日). 2024年2月9日閲覧。
  122. ^ “『ミスマガジン』沢口愛華、大人の魅力を解禁 1st写真集カット先行公開”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2131613/full/ 2020年6月8日閲覧。 
  123. ^ 【電子版だけの特典カットつき!】沢口愛華1st写真集 でらあいか Kindle版”. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  124. ^ “令和のグラビアクイーン、沢口愛華が10月28日にセカンド写真集を発売”. サンスポ (産経デジタル). (2020年9月17日). https://www.sanspo.com/article/20200917-IVSQ5452KFN23EAB2LWQONNHOA/ 2020年9月17日閲覧。 
  125. ^ 【電子版だけの特典カットつき!】沢口愛華2nd写真集 背伸び Kindle版”. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  126. ^ ミスマガグランプリカルテット 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!<YM2022年21/22号未公開カット> ヤンマガデジタル写真集”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  127. ^ 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!<YM2022年31号未公開カット> ヤンマガデジタル写真集”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  128. ^ 沢口愛華 ヤンマガアザーっす! <YM2022年45号未公開カット> ヤンマガデジタル写真集”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  129. ^ 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!<YM2023年12号未公開カット> ヤンマガデジタル写真集”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  130. ^ 沢口愛華 ヤンマガアザーっす!<YM2023年31号未公開カット> ヤンマガデジタル写真集”. 講談社BOOK倶楽部. 講談社. 2023年9月30日閲覧。
  131. ^ 検索結果”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社. 2023年11月30日閲覧。
  132. ^ 少女革命”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社 (2019年11月). 2023年11月30日閲覧。
  133. ^ OVER”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社 (2020年5月). 2023年11月30日閲覧。
  134. ^ Four Seasons”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社 (2022年2月). 2023年11月30日閲覧。
  135. ^ レコード&メモリーズ”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社 (2023年6月). 2023年11月30日閲覧。
  136. ^ “魅惑のFカップ! 沢口愛華初のDVD付きPHOTOBOOKを発売!”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2021年8月20日). https://thetv.jp/news/detail/1046866/ 2021年8月20日閲覧。 
  137. ^ 沢口愛華 1st DVD&PHOTOBOOK またたき。”. KADOKAWA. 2023年6月12日閲覧。
  138. ^ 沢口愛華フォトブック GRAVURE A to Z”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  139. ^ 沢口愛華フォトブック Tokyo trip”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2023年6月12日閲覧。
  140. ^ “「16歳には見えづらいかな?」 沢口愛華が2020年カレンダーの注目写真をPR”. 週刊アスキー (角川アスキー総合研究所). (2019年11月12日). https://weekly.ascii.jp/elem/000/001/974/1974629/ 2020年10月2日閲覧。 
  141. ^ ““令和のグラビアクイーン”沢口愛華、2021カレンダー発売決定 等身大の魅力を凝縮”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年10月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2173400/full/ 2020年10月2日閲覧。 
  142. ^ “沢口愛華:“令和のグラビア女王”撮り下ろし 22年カレンダー発売 「皆さんの日常に寄り添えますように」”. MANTANWEB (MANTAN). (2021年10月8日). https://mantan-web.jp/article/20211008dog00m200034000c.html 2022年11月11日閲覧。 
  143. ^ ““令和の最強グラビア女王”沢口愛華、初のカレンダーブック発売 「季節を旅する」70カット以上カット収録”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年1月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2222214/full/ 2022年11月11日閲覧。 
  144. ^ “沢口愛華「すぐ隣にいるような感覚に」 2023年カレンダー発売決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年9月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2250290/full/ 2022年11月11日閲覧。 
  145. ^ 沢口愛華 2024年カレンダー CL-814”. トライエックス (2023年12月2日). 2023年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]