山野海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまの うみ
山野 海
別名義 竹田 新
生年月日 (1965-09-16) 1965年9月16日(52歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 163 cm
血液型 O型
職業 女優劇作家脚本家
ジャンル 舞台テレビドラマ映画CM
活動期間 1968年 -
著名な家族 高尾光子(祖母)
所属劇団 激弾B級(1985年 - 1998年
劇団ふくふくや(1999年 - )
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
救命病棟24時
もう一度君に、プロポーズ
八重の桜
舞台
新国劇 国定忠治』

山野 海(やまの うみ、1965年9月16日 - )は、日本女優劇作家脚本家東京都出身。ホリプロ所属。劇団ふくふくやを主宰し、竹田 新名義で脚本も手掛ける。祖母は女優の高尾光子

来歴・人物[編集]

東京新橋に育ち、祖母の影響で幼少期より劇団若草に所属、4歳から子役として活動を開始し舞台や映画に出演[1]

1985年から1998年まで激弾B級(現・激弾BKYU)に所属した後、1999年劇団ふくふくやを立ち上げ、看板女優として全公演に出演。また、竹田 新名義で劇団ふくふくやの全作品の脚本を執筆。

2009年の『救命病棟24時』で一般に認知されるようになる。2013年にはNHK大河ドラマ八重の桜』へレギュラー出演。

2013年、所属事務所・JFCTを退社。2014年よりホリプロに所属している。

2016年1月にはゴツプロ!第1回公演『最高のおもてなし!』にて演出家としてもデビュー[2]

身長163cm。血液型O型。特技は日本舞踊藤間流)、三味線千本流)。

出演[編集]

舞台[編集]

  • 新国劇
  • 劇団ふくふくや公演
    • 「ゴースト(和風)」(1999年4月、演出・司茂和彦、下北沢OFF・OFFシアター) - 脚本・出演
    • 「カントリーロード」(2000年5月、演出:司茂和彦、下北沢OFF・OFFシアター) - 脚本・出演
    • 「てれすけ」(2001年6月、演出:司茂和彦、下北沢OFF・OFFシアター) - 脚本・出演
    • 「ダバダ〜愛のラブビーム〜」(2002年9月、演出:司茂和彦、下北沢OFF・OFFシアター) - 脚本・出演
    • 「お待たせしました、三本木麗子一座でございます!!」(2003年4月23日 - 27日、演出:司茂和彦、下北沢「劇」小劇場) - 脚本・出演
    • 「パラダイス〜I DO LOVE YOU つゆだくのタンゴ」(2004年8月10日 - 15日、演出:司茂和彦、下北沢「劇」小劇場) - 脚本・出演
    • 「たった今、三本木雷子参上」(2005年5月24日 - 29日、演出:司茂和彦、下北沢「劇」小劇場) - 脚本・出演
    • 「だてっこき〜三本木麗子の憂鬱〜」(2007年8月14日 - 19日、演出:司茂和彦、下北沢「劇」小劇場) - 脚本・出演
    • 「すかしっぺ〜麗子の恋〜」(2008年3月18日 - 23日、演出:司茂和彦、下北沢「劇」小劇場) - 脚本・出演
    • 「おろろん。」(2009年2月3日 - 11日、演出:司茂和彦、下北沢「劇」小劇場) - 脚本・出演
  • 丸顔プレゼンツ
  • ZeroProject第8回プロデュース公演「ジュリエット〜恋するために生まれてきた女たちへ〜」(2004年12月22日 - 26日、演出・鈴木完一郎、東京芸術劇場小ホール1) - 主演
  • 44プロデュース公演「フツーの生活3」(2005年8月5日 - 9日、演出・さわまさし紀伊國屋ホール
  • おとうふ屋プロデュース「おとうふ」(2006年8月2日 - 6日、脚本・演出:和田憲明THEATER/TOPS) - 田島真紀子 役
  • TUFFSTUFF PRODUCE シアターアプル ファイナルアクト「火男の火」(2008年12月20日 - 22日、演出:和田小太郎シアターアプル

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
WOWOW
その他

映画[編集]

CM[編集]

ラジオドラマ[編集]

作品[編集]

舞台[編集]

竹田新 名義
  • 劇団ふくふくや 全公演 - 脚本
  • ゴツプロ! 最高のおもてなし!(2016年1月) - 脚本、演出
  • 明後日プロデュースVol.1『日の本一の大悪党』(2016年6月 - 7月) - 脚本 [3]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 横川良明 (2015年6月1日). “山野 海 特別インタビュー”. カンフェティ. 2015年10月13日閲覧。
  2. ^ 塚原大助 (2015年11月1日). “ゴツプロ!『最高のおもてなし!』”. Daisuke Tsukahara Official Web. 2015年11月3日閲覧。
  3. ^ “小泉今日子が舞台演出、プロデュースに初挑戦!「四谷怪談」モチーフに”. ステージナタリー. (2016年3月16日). http://natalie.mu/stage/news/179832 2016年3月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]