松平健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松平健太 Table tennis pictogram.svg
Mondial Ping - Men's Singles - Round 4 - Kenta Matsudaira-Vladimir Samsonov - 42.jpg
選手情報
生年月日 1991年4月11日(25歳)
最高世界ランク 15位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット 松平健太ALC
戦型 右シェーク攻撃型
フォア面ラバー テナジー・05
バック面ラバー テナジー・05
テンプレートを表示
獲得メダル
日本の旗 日本
男子卓球
世界卓球選手権
2010 モスクワ 男子団体
2014 東京 男子団体
2015 蘇州 男子ダブルス
2016 クアラルンプール 男子団体

松平 健太(まつだいら けんた 、1991年4月11日 - )は日本卓球選手。石川県七尾市出身。青森山田高校を2010年に卒業し、早稲田大学に進んだ。[1][2]。兄は松平賢二。所属事務所はホリプロ

概歴[編集]

2006年に世界ジュニア選手権男子シングルス優勝した。ジュニアながらも世界大会での日本人選手のシングルス優勝は27年ぶりの快挙であった。

2007年の世界選手権ザグレブ大会日本代表に選出され、世界選手権初出場を果たし当時世界ランキング20位前後だったチェコのエース、ピーター・コルベルに4-0で完勝した。しかし同年12月に三角線維軟骨複合体損傷により手術入院し、長期の離脱を余儀なくされた。

2008年の8月に行われた、全国高等学校総合体育大会で復帰し、優勝を飾る。

2009年1月に行われた全日本卓球選手権大会で準優勝し同年の世界選手権横浜大会の代表に選出された。同大会では格上相手に勝利を重ね、北京オリンピック金メダリストで世界ランク2位の馬琳に敗れるもフルセット9-11と大健闘を見せてベスト16で大会を終えた[3][4]。しかし、その後はDTTLや国際試合で思うように勝てなくなった。

2010年1月に行われた平成21年度全日本卓球選手権もシングルスは初戦で敗退するなど不振が続いた。この事について本人は「技術面ではなく、気持ちの問題」と述べている。同年の世界選手権モスクワ大会にも出場し銅メダルを獲得したものの、本人は調子が戻らないままベンチでの起用がほとんどであった。同年7月に行われた荻村杯国際卓球選手権大会では、シングルスは早々と敗れたが、丹羽孝希とペアを組んだダブルスで優勝した。同月に行われた、アジア競技大会日本代表男子選考会では、決勝で丹羽孝希に勝利し代表に内定した。

2013年12月、世界ランキングが自身最高の15位となった。

2015年12月20日、2016年の世界卓球の日本代表選考会で優勝し、男子代表に内定した[5]

プレースタイルなど[編集]

男子では珍しいしゃがみこみサービスと、巧みな球捌きが持ち味で、将来を嘱望されている。前陣でのプレーが主体で、レシーブ、台上処理、ブロック技術に優れ、カウンターを武器としている。中でもブロック技術が秀でており、ブロッキングを主体としてゲームを展開していける選手の一人である[6]。 最近は、しゃがみこみサーブの使用頻度が減ってきている。その理由として、身長が伸びたためしゃがみこみサーブが短く出せなくなった事などが挙げられる。

戦績[編集]

  • 2004年
    • ワールドカデットチャレンジ : 男子シングルス 優勝
  • 2005年
    • ワールドカデットチャレンジ 男子シングルス優勝
    • 全国中学校卓球大会 : 男子シングルス 優勝
    • 全日本卓球選手権大会カデットの部 14歳以下 : 男子シングルス 優勝
  • 2006年
    • 世界ジュニア卓球選手権大会 男子シングルス優勝
    • 大林カップ第12回ジャパントップ12 男子シングルス ベスト4
    • 第4回世界ジュニア選手権大会 男子団体 準優勝
    • 第37回全国中学校卓球大会 男子シングルス ベスト4/男子団体 優勝
  • 2007年
    • 平成18年度全日本卓球選手権大会 ジュニア男子 ベスト8
    • 全国高等学校卓球選手権大会 男子シングルス 準優勝
    • 第49回世界卓球選手権個人戦(クロアチア・ザグレブ大会):男子シングルス 2回戦進出 男子ダブルス 出場 混合ダブルス 2回戦進出
    • ITTFプロツアーチリオープンアンダー21 男子シングルス 優勝
  • 2008年 
    • 全国高等学校卓球選手権大会 男子シングルス・団体優勝
    • 第6回世界ジュニア選手権大会 男子団体 3位/男子ダブルス 3位/混合ダブル ス3位
    • ITTFプロツアーERKEオーストリアオープン 男子団体 準優勝
  • 2009年 
    • 平成20年度全日本卓球選手権大会 男子シングルス 準優勝
    • 第50回世界卓球選手権横浜大会:シングルス ベスト16
    • 全国高等学校卓球選手権大会 男子シングルス・ダブルス・団体優勝
    • 新潟国体(青森県より出場) 少年男子 優勝
    • 韓国オープン 男子ダブルス ベスト8
    • 第50回世界卓球選手権個人戦(横浜大会):男子シングルス 4回戦
    • 男子ダブルス 予選ラウンド通過 1回戦進出/混合ダブルス 2回戦進出
    • 第19回アジア選手権大会男子団体2位/男子シングルス 準々決勝/男子ダブルス 準決勝/混合ダブルス 準々決勝
  • 2010年
    • 平成21年度全日本卓球選手権大会 混合ダブルス優勝(石川佳純ペア)
    • 第50回世界卓球選手権団体戦(モスクワ大会):3位
    • ITTFプロツアージャパンオープン(荻村杯) 男子ダブルス優勝(丹羽孝希とのペア)
    • ITTFプロツアー ハンガリーオープン 男子ダブルス優勝(丹羽孝希とのペア)
    • 第16回アジア競技大会(広州):団体3位、男子ダブルス3位(丹羽孝希ペア)、混合ダブルス3位(石川佳純ペア)
  • 2011年
    • 平成22年度全日本卓球選手権大会:男子ダブルス優勝(丹羽孝希ペア)、混合ダブルス準優勝(石川佳純ペア)
  • 2012年
  • 2013年
    • 平成24年度全日本卓球選手権大会:シングルス3位、男子ダブルス優勝(丹羽孝希ペア)
    • ジャパントップ12卓球大会:優勝
    • 第52回世界卓球選手権個人戦(パリ大会):シングルスベスト8
    • 第6回東アジア競技大会卓球競技:団体3位、男子ダブルス3位(丹羽孝希ペア)
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松平健太、世界選手権で鍵握る19歳”. サンケイスポーツ (2010年5月18日). 2010年5月18日閲覧。
  2. ^ 2010年度受賞者”. 早稲田大学 (2010年). 2013年5月21日閲覧。
  3. ^ 「松平は中国代表にとって脅威」=北京五輪王者が日本の新鋭を絶賛”. レコードチャイナ (2009年5月4日). 2010年5月30日閲覧。
  4. ^ Olympic Champion Stretched to the Limit as Japanese Heroes Bid Farewell”. 国際卓球連盟 (2009年5月2日). 2010年5月18日閲覧。
  5. ^ 2016年世界卓球選手権クアラルンプール大会 男子日本代表選考会(2015.12.20)”. 日本卓球協会 (2015年12月20日). 2016年3月6日閲覧。
  6. ^ 未来のエース松平健太「日の丸を誇りに思ってプレーする」 世界卓球 直前インタビュー”. スポーツナビ (2009年4月26日). 2010年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]