湯浅卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゆあさ たかし
湯浅 卓
生誕 1955年11月24日(61歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 東京大学法学部
カリフォルニア大学ロサンゼルス校
職業 弁護士(米国)、タレント

湯浅 卓(ゆあさ たかし、1955年11月24日 - )は、日本人のアメリカ合衆国弁護士ニューヨーク州ワシントンD.C.)であり、タレントとしてのテレビ出演で知られる。ホリプロ所属

経歴・人物像[編集]

東京都生まれ。港区立白金小学校麻布中学校・高等学校を経て、1979年昭和54年)東京大学法学部卒業[1]1983年カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ロースクールにて LL.M.取得後、コロンビア・ロースクールハーバード・ロー・スクールに学ぶ。1984年、ニューヨーク州弁護士の資格を取得、1990年にはワシントンD.C.の弁護士資格を取得している。

米国弁護士[編集]

ロックフェラー・センタービルの売却ではロックフェラー側の巨大代理人団の一員となった。この契約には巨大な弁護士会計士軍団が編成されており、契約がまとまったのは1989年である。

タレント[編集]

テレビ番組に出演した際の強烈なキャラクターで知名度が上昇した。一つは、大げさに頭を振って長い前髪をなびかせる仕草である。本人曰く1997年頃のものと言う公式プロフィールの顔写真は短髪で、現在とはまったく違う風貌である。この事は出演する番組で何度もネタとなっている。また、両手親指を立てるポーズもあげられる。この際の「湯浅です」というフレーズをいうことが多々ある。

メディアに進出するようになった経緯はホリプロとの特別な関係に由来する。90年代からプロダクションと彼の間で経営コンサルタント契約が結ばれていることから、代表取締役会長(CEO)の小田信吾との関係は深い。また代表取締役副会長(CFO)堀一貴、代表取締役社長(COO)堀義貴とはアメリカ留学時代からの友好関係があった。そして彼のユーモラスな言動を生かして、テレビ進出を企画した。

外国著名人に関して情報通である理由は、彼らが来日する際のコンサルタント業務を彼がかつて所属していた事務所が行っている点にある。現在、その事務所のPR業務を担当しているのはフローラン・ダバディーであり、その合名会社の外国人事務所に所属するユンソナとは師弟的な交流がある。

自身のレギュラー出演番組である『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』では「湯浅弁護士ってどんな人?」という検証企画が行われた。

以前はバラエティ番組の司会を務めたこともあった。

私生活[編集]

趣味はダンスオペラ鑑賞。学生時代に声楽を習っていたという経歴もある。


出演番組[編集]

レギュラー
特番・ゲスト出演

著書[編集]

  • 『ウォール街が教えたくない日本大逆転のチャンス』(東洋経済新報社)
  • 『ウォール街版・世界と日本の読み方~今後10年間に何が起きるか~』 PHP研究所出版
  • 『アメリカに明日はあるのか』 PHP研究所出版
  • Computer Data Base Protection - The Impact of Japanese Legislative Developments on United States and Japanese Copyright Laws 1. 9 Fordham Int'l L. J. 191 (1985-1986)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自称「東大史上最高の成績で」卒業した

外部リンク[編集]