桜庭ななみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さくらば ななみ
桜庭 ななみ
生年月日 (1992-10-17) 1992年10月17日(29歳)
出生地 日本の旗 日本鹿児島県[1]出水市[2][3]
身長 163 cm[1]
血液型 O型[1]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2007年 -
事務所 スウィートパワー
公式サイト 桜庭ななみ
主な作品
テレビドラマ
西郷どん
スカーレット
逃亡医F
映画
最後の忠臣蔵
書道ガールズ!! わたしたちの甲子園
アニメ映画
サマーウォーズ
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
第35回『最後の忠臣蔵
ブルーリボン賞
新人賞
第53回『最後の忠臣蔵』
書道ガールズ!! わたしたちの甲子園
その他の賞
受賞歴参照
備考
ミスマガジン2008グランプリ
テンプレートを表示

桜庭 ななみ(さくらば ななみ、1992年(平成4年)10月17日[1] - )は、日本女優

鹿児島県[1]出水市[2][3]出身、スウィートパワー所属。

略歴[編集]

デビュー前よりその容姿は地元で話題になっており、「鹿児島県にものすごい美少女がいる」という噂を聞きつけた現事務所からスカウトされて、2007年夏に芸能界入りする[4][5]。スカウトされた時は、地元のゲームセンターで友人達とプリクラの撮影中だった[6]

2008年、2月9日放送の『栞と紙魚子の怪奇事件簿』第6話で、デビュー。同年5月、同時公開の『同級生』と『体育館ベイビー』で、映画初出演。また、ミスマガジン2008グランプリに約17,000人の中から選ばれ、同年の全国高校ラグビーフットボール大会においてイメージキャラクターを務めた。

2009年、劇場アニメ『サマーウォーズ』で声優に初挑戦。10月、TBSのホームページで配信された自身出演のネットドラマをきっかけに演劇・音楽グループbump.yが結成され、メンバーとなる。

2010年、日本雑誌協会キャンペーンキャラクターに選出された。ヒロインを演じた映画『最後の忠臣蔵』では高い評価を受け、日本アカデミー賞新人俳優賞など、多数の賞を受賞する。

2012年10月17日、20歳の誕生日に記念写真集『Birth』を発売。

2014年4月、6月末にbump.yを卒業することを発表[7]

2020年後期放送のNHK連続テレビ小説スカーレット』に戸田恵梨香演じるヒロイン・喜美子の妹・直子役で出演(連続テレビ小説初出演)[8]

人物[編集]

受賞歴[編集]

作品[編集]

映像作品[編集]

  • ミスマガジン2008 桜庭ななみ(2008年8月27日、バップ) - EAN 4988021154376
  • N・P [Nanami Power](2010年3月26日[20] YMLP-1004、2013年11月22日[21] LPBR-1005、リバプール) - EAN 4571174016266

出演[編集]

役名太字は主演作品

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

短編映画[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

  • 開運音楽堂(2008年10月4日 - 2009年10月31日・2013年1月12日、TBS) - アシスタント

ドキュメンタリー[編集]

  • 森の賢者 海の哲人〜高校生が出逢った魔法のことば〜(2013年1月3日、NHK Eテレ) - ナビゲーター
  • ノンフィクションW 「人形アニメーションの父・持永只仁の約束 〜未完のシナリオが繋ぐ日本と中国〜」 (2015年8月1日、WOWOW) - ナレーション[64]
  • 心の絆!旅立ちスペシャル2017〜エール!輝く君の明日のために〜(2017年3月25日、BS日テレ) - ナレーション
  • 桜庭ななみの台湾ときめき旅(2017年7月2日、BS日テレ)
  • 陶器に恋するしがらき焼き物紀行(2019年12月15日、NHK総合)

ラジオ[編集]

  • SCHOOL OF LOCK!GIRLS LOCKS!」(2009年6月8日 - 2010年12月16日、TOKYO FM) - 毎月第2週目担当パーソナリティ
  • FMシアター 「私は、スーパーキューピッド」(2020年11月7日、NHK FM) - 中野綾役[65]
  • FMシアター 「私の人生は喜ばれない」(2022年1月29日、NHK FM) - 松沢コトミ役

CM[編集]

PR[編集]

PV[編集]

ゲーム[編集]

インターネット配信[編集]

  • NHK華語視界 18:00 → 《聊天室》(2019年1月15日 - 2020年3月17日) - 進行役[79]

その他[編集]

  • 朗読オーディオブック『ボクと7通の手紙』(2015年3月22日、e-Spirit Books) - 朗読[80]

書籍[編集]

写真集[編集]

オムニバス写真集

  • B.L.T. U-17 Vol.9 Sizzleful Girl 2009 winter(2009年2月5日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360402
  • B.L.T. U-17 Vol.10 Sizzleful Girl 2009 spring(2009年5月8日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360532
  • B.L.T. U-17 Vol.13 Sizzleful Girl 2009 winter(2010年2月5日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360815
  • B.L.T. U-17 Vol.15 Sizzleful Girl 2010 summer(2010年8月5日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863361034
  • B.L.T. B.L.T. MOVIE GIRLS Vol.1(2010年3月31日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863360860
  • フォトカードマガジン PHOTORE vol.2 桜庭ななみ(2010年8月11日、東京ニュース通信社)ISBN 978-4863361065
  • B.L.T TOKYO Route 773 て・く・て・く・な・な・み(2009年9月24日 - 2010年9月24日、東京ニュース通信社)[82][83]

フォトブック[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オムニバス作品。合計4人の人物を演じる。
  2. ^ 関西地方だけで放送。5月23日に全5話を10分に再編集した「完全版」が関西地方で放送され、5月31日に「大阪発リモートドラマ」として、左側に新型コロナ特設サイトアクセス用のQRコードを入れたかたちで全国放送された。
  3. ^ 当初2020年6月6日から放送の予定だったが[49]新型コロナウイルスの影響で延期され[50]、8月1日からのスタートとなった[51]
  4. ^ ラジオCMにも出演。
  5. ^ 『N.P』とは「ななみ・パワー」の略である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 桜庭ななみ”. Sweet Power. 2016年5月4日閲覧。
  2. ^ a b 桜庭ななみ(さくらばななみ)の解説”. goo人名事典. 2022年5月9日閲覧。
  3. ^ a b 【桜庭ななみ】プロフィール(年齢・身長・インスタグラム)”. エキサイトニュース. 2022年5月9日閲覧。
  4. ^ ミスマガジンに桜庭ななみ あこがれの男性は長渕剛”. 47News (2008年7月14日). 2008年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  5. ^ "今年の顔"に選ばれた桜庭ななみ、「私たち結婚したんです!」と突然の発表”. マイナビニュース (2012年11月2日). 2014年12月29日閲覧。
  6. ^ 毎日新聞2010年12月24日大阪版夕刊2面インタビュー記事
  7. ^ “桜庭ななみら「bump.y」 女優業専念で全員卒業”. スポーツニッポン. (2014年4月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/04/21/kiji/K20140421008017180.html 2014年4月22日閲覧。 
  8. ^ “桜庭ななみ:朝ドラ初出演で関西弁に挑戦 戸田恵梨香主演「スカーレット」でヒロインの妹に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年2月21日). https://mantan-web.jp/amp/article/20190221dog00m200032000c.html 2020年7月15日閲覧。 
  9. ^ 桜庭ななみ”. Sweet Power. 2015年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月10日閲覧。
  10. ^ 桜庭ななみ”. 桜庭ななみ オフィシャルウェブサイト NANAMI POWER. スウィートパワー. 2016年7月16日閲覧。
  11. ^ "土曜スタジオパーク". 13 June 2009. NHK総合 不明な引数|city=が空白で指定されています。 (説明); |series=は必須です。 (説明)[出典無効]
  12. ^ 「東京少女」主演に桜庭ななみ抜てき”. 日刊スポーツ (2008年5月28日). 2014年12月29日閲覧。
  13. ^ 親子で”. 桜庭ななみオフィシャルブログ「power.」 (2013年2月27日). 2014年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月3日閲覧。
  14. ^ いとこと弟”. 桜庭ななみオフィシャルブログ「power.」 (2010年5月3日). 2014年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月3日閲覧。
  15. ^ 桜庭ななみ (2010年5月12日). 『書道ガールズ!! -わたしたちの甲子園-』桜庭ななみインタビュー. (インタビュー). ムビコレ.. http://www.moviecollection.jp/interview/detail.html?p=479 2012年10月18日閲覧。 
  16. ^ 桜庭ななみ (2010年5月20日). 自分に負けるのが嫌でなんにでも本気になっちゃうんです. (インタビュー). web R25.. http://r25.yahoo.co.jp/girl/detail/?id=20100520-00002315-r25 2012年12月28日閲覧。 
  17. ^ B.L.T. U-17 sizzleful girl』 9巻、東京ニュース通信社〈TOKYO NEWS MOOK〉、2009年2月。ISBN 978-4863360402 
  18. ^ GIRLS LOCKS!”. TOKYO FM (2010年10月11日). 2015年5月4日閲覧。
  19. ^ “浅野忠信、アジア映画の出演が決定!?桜庭ななみや行定勲とAPNアワード受賞”. 映画ナタリー. (2016年10月26日). http://natalie.mu/eiga/news/206955 2016年10月27日閲覧。 
  20. ^ ヤングマガジンDVD 桜庭ななみ「N.P」 - 価格.com
  21. ^ 桜庭ななみ「N・P」(Blu-ray) - 価格.com
  22. ^ 桜庭ななみ、「人狼ゲーム」映画化で主演!生死を懸けた心理ゲームに挑戦!”. シネマトゥデイ (2013年9月7日). 2013年9月9日閲覧。
  23. ^ 桜庭ななみ「今までにない映画だと私は感じた」 殺人ゲームの現場で受けた、女優としての刺激 - 映画『人狼ゲーム』”. マイナビニュース (2013年11月7日). 2014年10月16日閲覧。
  24. ^ 実写版『進撃の巨人』追加キャスト<女優篇> 水原希子がアクション初挑戦「全身全霊を込めて」”. cinemacafe.net (2014年7月30日). 2014年7月30日閲覧。
  25. ^ 実写版『進撃の巨人』13人の役名&ビジュアル解禁! 映画版新キャラクターは“7人””. cinemacafe.net (2014年11月20日). 2014年11月20日閲覧。
  26. ^ 桜庭ななみ、石垣島オールロケに「夏の最高の思い出ができたら」”. ORICON STYLE (2015年8月16日). 2015年8月16日閲覧。
  27. ^ 映画出演情報”. Sweet Power (2016年6月20日). 2016年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月15日閲覧。
  28. ^ “福山雅治:主演映画の邦題「マンハント」に決定 特報&ポスター解禁 ジョン・ウー監督最新作”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年11月21日). https://mantan-web.jp/article/20171120dog00m200028000c.html 2017年11月21日閲覧。 
  29. ^ “桜庭ななみ、北京プレミアで流ちょうな中国語披露 現地の関係者からも絶賛の声”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2101012/full/ 2017年11月21日閲覧。 
  30. ^ “福山雅治が本格的アクションに挑む「マンハント」場面写真8枚が解禁!”. ザテレビジョン. (2017年12月6日). https://thetv.jp/news/detail/130125/ 2017年12月6日閲覧。 
  31. ^ “舞台「焼肉ドラゴン」が映画化、真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年1月17日). https://natalie.mu/eiga/news/265462 2018年1月17日閲覧。 
  32. ^ “桜庭ななみ「RAILWAYS」新作で有村架純と共演! 地元・鹿児島での撮影を心待ち”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年12月25日). http://eiga.com/news/20171225/4/ 2017年12月25日閲覧。 
  33. ^ “桜庭ななみ主演作が2023年公開、震災から10年後の宮城で命と向き合う人々描く”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2021年8月30日). https://natalie.mu/eiga/news/442927 2021年8月30日閲覧。 
  34. ^ すえのぶけいこ原作コミック『リミット』がテレビ東京でドラマ化!主演は桜庭ななみ、土屋太鳳、工藤綾乃、山下リオが出演”. テレビドガッチ (2013年5月13日). 2013年5月29日閲覧。
  35. ^ 中村雅俊×柴田恭兵「風の峠〜銀漢の賦〜」制作開始!”. NHKドラマ トピックス (2014年10月14日). 2014年12月29日閲覧。
  36. ^ “中居正広「ナニワ金融道」10年ぶり復活! “社長”緒形拳も写真で出演”. シネマカフェ (イード). (2014年11月6日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/11/06/27149.html 2017年11月24日閲覧。 
  37. ^ 桜庭ななみ、仲代達矢との初共演に感激「私の女優としての宝物に」”. SANSPO.COM (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  38. ^ “藤沢周平「時代劇4編」BSフジ、スカパー!、時代劇専門チャンネルが共同制作・放送”. J-CASTテレビウォッチ (株式会社ジェイ・キャスト). (2015年9月8日). http://www.j-cast.com/tv/2015/09/08244646.html 2015年9月18日閲覧。 
  39. ^ 昭和の名曲がドラマに 赤いスイートピー&神田川”. スポニチアネックス (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  40. ^ 大石静脚本のラブストーリー『コントレール ~罪と恋~』制作開始!”. ドラマトピックスブログ (NHK) (2016年1月26日). 2016年1月26日閲覧。
  41. ^ “桜庭ななみ、監督が「これは凄い子に出会った」と絶賛 撮影後は“ななみロス”に陥る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年7月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1598628 2017年11月24日閲覧。 
  42. ^ 福岡恋愛白書12”. KBC九州朝日放送. 2017年11月24日閲覧。
  43. ^ “18年大河「西郷どん」盟友・大久保利通に瑛太、ヒロインは黒木華”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年3月27日). http://eiga.com/news/20170327/20/ 2017年3月27日閲覧。 
  44. ^ ドラマ主演情報”. 桜庭ななみ オフィシャルウェブサイト NANAMI POWER (2018年1月18日). 2018年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月17日閲覧。
  45. ^ “『東京二十三区女』各話の主演に倉科カナ、安達祐実、島崎遥香ら6人”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年2月7日). https://www.cinra.net/news/20190207-tokyo23ku 2019年2月11日閲覧。 
  46. ^ ドラマ『小説王』白濱のバディ役に小柳友、ヒロインは桜庭ななみ!早見和真原作「小説王」ドラマ化、フジテレビにて4月放送決定!”. フジテレビ (2019年3月5日). 2020年4月17日閲覧。
  47. ^ 2019年度後期 連続テレビ小説「スカーレット」おもな出演者発表!”. NHK (2019年2月21日). 2019年2月21日閲覧。
  48. ^ "スカーレット俳優・桜庭ななみ×松下洸平、リモート制作で"連ドラ"に初挑戦". ORICON NEWS. オリコン. 14 May 2020. 2020年5月19日閲覧
  49. ^ 6月のオトナの土ドラは桜庭ななみ主演!イギリスドラマのリメイク作を全4話で!”. フジテレビ (2020年4月1日). 2020年7月15日閲覧。
  50. ^ “桜庭ななみ主演のフジ系「13」延期で谷原章介主演「犯罪症候群Season2」を全国区の地上波で初めて再放送”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年5月23日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200523/geo20052306000011-n1.html 2020年7月15日閲覧。 
  51. ^ “13:桜庭ななみ主演「オトナの土ドラ」8・1スタート 板谷由夏、青柳翔ら追加キャスト発表”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年6月29日). https://mantan-web.jp/article/20200629dog00m200025000c.html 2020年7月15日閲覧。 
  52. ^ 東海テレビ・フジテレビ系全国ネット「オトナの土ドラ」シリーズ第26弾 『13(サーティーン)』主演決定!”. SWEET POWER (2020年4月1日). 2020年4月2日閲覧。
  53. ^ 2020/7放送「13(サーティーン)」”. sweet power (2020年4月1日). 2020年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月15日閲覧。
  54. ^ 佐藤隆太、桜庭ななみが『ドクターY』に初参戦!”. テレビ朝日 (2020年9月9日). 2020年9月27日閲覧。
  55. ^ BS-TBS開局20周年記念ドラマ「池波正太郎原作 上意討ち」出演決定!”. Sweet Power (2020年9月29日). 2020年11月27日閲覧。
  56. ^ “山口紗弥加、財前直見、桜庭ななみが来年1月スタートNHK連ドラで共演”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年11月20日). https://hochi.news/articles/20201120-OHT1T50168.html 2020年11月20日閲覧。 
  57. ^ "桜庭ななみ『逃亡医F』成田凌の恋人役に起用 "兄"松岡昌宏の"溺愛ぶり"に注目「こんなお兄さんいたら幸せ」". ORICON NEWS. oricon ME. 24 December 2021. 2021年12月24日閲覧
  58. ^ “千葉雄大×永山絢斗「ダブル」に桜庭ななみ、堀井新太、工藤遥、神野三鈴ら出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2022年4月13日). https://natalie.mu/eiga/news/473669 2022年4月13日閲覧。 
  59. ^ EXILE TRIBE楽曲を映画化「CINEMA FIGHTERS」2018年公開、舞台挨拶や前売り情報も”. 映画ナタリー (2017年10月23日). 2017年10月23日閲覧。
  60. ^ 美少女・桜庭ななみ16歳、ひと夏の経験をイメージぴったりに演じきった思い出は…!”. シネマトゥデイ (2009年8月24日). 2014年12月29日閲覧。
  61. ^ フル3DCG長編アニメ『ドットハック』が2012年1月に劇場公開”. 電撃オンライン (2011年8月23日). 2014年12月29日閲覧。
  62. ^ 『サマーウォーズ』で注目された桜庭ななみ、映画『ドットハック セカイの向こうに』でも主人公の声優務め「難しかった」”. シネマトゥデイ (2012年1月22日). 2014年12月29日閲覧。
  63. ^ 桜庭ななみ 初の実写吹き替えで“失敗”「ノープランで行ったら…」”. スポニチアネックス (2014年9月1日). 2014年10月16日閲覧。
  64. ^ ノンフィクションW 人形アニメーションの父・持永只仁の約束 〜未完のシナリオが繋ぐ日本と中国〜”. WOWOWオンライン. 2015年7月28日閲覧。
  65. ^ FMシアター「私は、スーパーキューピッド」出演決定!”. Sweet Power (2020年9月23日). 2021年12月3日閲覧。
  66. ^ 赤い糸-トピックス#9”. フジテレビ. 2016年3月31日閲覧。
  67. ^ 出水酒造CM出演!”. Sweet Power (2016年4月1日). 2016年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月3日閲覧。
  68. ^ SweetPower【公式】 [@sweetpowerstaff] (2016年4月1日). "【#桜庭ななみ】 「出水酒造」CM出演決定!" (ツイート). Twitterより2021年12月3日閲覧
  69. ^ 凜として華やか “彩り袴Collection”(マイム)”. マイナビ. 2017年11月21日閲覧。
  70. ^ ポスターメイキング”. 日本司法書士会連合会. 2017年11月21日閲覧。
  71. ^ イメージキャラクターに決定!”. Sweet Power (2014年9月1日). 2014年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月3日閲覧。
  72. ^ 渋谷警察署交通安全パレード”. イベント情報. 警視庁. 2015年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月21日閲覧。
  73. ^ “桜庭ななみさんに感謝状 ポスターでテロ対策に貢献”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年1月19日). http://www.asahi.com/articles/ASK1L3FK8K1LUTIL009.html 2017年11月21日閲覧。 
  74. ^ “「かごしま明治維新博」PR大使委嘱式を行いました”. かごしま明治維新博. (2018年1月7日). https://kagoshima-ishin.com/%E3%80%8C%E3%81%8B%E3%81%94%E3%81%97%E3%81%BE%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%B6%AD%E6%96%B0%E5%8D%9A%E3%80%8D%EF%BD%90%EF%BD%92%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E5%A7%94%E5%98%B1%E5%BC%8F%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%84%E3%81%BE/ 2018年1月11日閲覧。 
  75. ^ “女優・桜庭ななみさんに「明治維新博PR大使」委嘱式”. MBCニュース (南日本放送). (2018年1月7日). http://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2018010700027379 2018年1月11日閲覧。 
  76. ^ EXO、桜庭ななみが出演の新曲「For Life」MVが早くも話題に”. Kstyle (2016年12月19日). 2017年10月31日閲覧。
  77. ^ 『龍が如く 維新!』ヒロイン役おりょうにタレントの桜庭ななみを起用!”. ファミ通.com (2013年9月19日). 2014年12月29日閲覧。
  78. ^ スクエニが挑む実写ミステリ『春ゆきてレトロチカ』開発者インタビュー。ゲームファンに届ける“新本格”ミステリ作品制作の経緯や、同じ役者が時代を越えて複数の人物を演じる意味を訊く”. ファミ通.com (2022年2月10日). 2022年5月1日閲覧。
  79. ^ “桜庭ななみ、中国語で番組MC「機会をいただけて光栄」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2125842/full/ 2018年12月19日閲覧。 
  80. ^ 桜庭ななみの朗読CD|寺井広樹原作「ボクと7通の手紙」”. e-Spirit Books (2015年3月18日). 2015年3月19日閲覧。
  81. ^ 初の写真集”. GIRLS LOCKS!. TOKYO FM (2009年9月14日). 2021年12月3日閲覧。
  82. ^ 『B.L.T.』 2009年11月号(関東版)、東京ニュース通信社、2009年9月24日。ASIN B002R7TZJG 
  83. ^ 『B.L.T.』 2010年11月号(関東版)、東京ニュース通信社、2010年9月24日。ASIN B0045JEIEQ 
  84. ^ “桜庭ななみ、清純派から大人へ 「現在・過去・未来」凝縮、初のフォトブック完成”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年4月17日). https://www.sanspo.com/article/20200417-5AEYGWPDF5PJXBKMM2C567635M/ 2020年4月17日閲覧。 

外部リンク[編集]