この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

衛藤美彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
えとう みさ
衛藤 美彩
プロフィール
別名義 衛藤 実彩(本名)
愛称 みさみさ
みさ先輩
生年月日 1993年1月4日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本大分県
血液型 AB型
公称サイズ(2012年[1]時点)
身長 / 体重 162 cm / kg
スリーサイズ 80 - 59 - 79 cm
備考 靴のサイズ 24 cm[注 1]
活動
デビュー 2008年
所属グループ CHIMO
(2008年 - 2011年)
乃木坂46
(2011年 - )
活動期間 2008年 -
他の活動 グラビアアイドル
受賞歴 ミスマガジン2011グランプリ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

衛藤 美彩(えとう みさ、1993年1月4日 - )は、日本アイドルタレントであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー[3]CHIMOの元リーダーである[4]大分県大分市出身[5]。AB型[3]

略歴

4歳の時、足の腫瘍を患い、車椅子生活をしていた[6]。手術後[7]、小学2年生の時から歩けるようになり、小学3年生の時は学校のリレーでアンカーを務めるほど回復した[6]。中学生時代は部活動に打ち込み、高校生時代はHY西野カナ加藤ミリヤなどの音楽を聴くようになった[8]

高校1年生の時、大分県大分市の情報誌『CHIME』のモデルとして芸能活動を開始した[9]。2010年2月1日、大分県のアイドルグループCHIMOのリーダー役に就任し、メインボーカルとして活動した[10]。2010年4月27日、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)の47都道府県から美少女を探す「AKG47」という企画で大分県代表に選ばれた[11]

2011年3月、高等学校を卒業後[12]、CHIMOを卒業した[13]。2011年4月、スカウトされ[5]、レコード会社から歌声を褒められたことがきっかけで[14]、歌手を目指し、大分県から上京した[15]。親からは「大学に行ったつもりで東京に出すよ」と言われ、4年から5年の間に結果を出さなければならないと考えていた[16]。2011年5月10日、Twitterアカウントを開設した[17]。2011年7月、『ミスマガジン2011』で約1万5000人の応募者の中からグランプリを受賞した[18]

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではEvery Little Thingの「出逢った頃のように」を歌った[19]。オーディションを受験した理由は、子どもの頃から歌が好きだったからである[20]。それまで北乃きい倉科カナのような女優を目指していたが[16]、周囲からの薦めもあって[21]、歌やダンスのスキルを上げるために受験した[16]。2011年9月14日、初のソロイメージDVD『ミスマガジン2011 衛藤美彩』を発売した[22]。DVDはグアムで撮影された[23]。2011年11月14日、乃木坂46公式ブログを開始した[24]

2012年1月31日、初のソロ写真集『彩 -いろどり-』を発売した[25]。写真集は2011年10月中旬に沖縄県の石垣島で撮影された[25]。写真集のタイトルは母がこだわっていた美彩の「彩」という文字が採用された[25]

2013年1月13日、乃木神社で執り行われた乃木坂46合同の成人式に出席[26]。2013年11月27日、乃木坂46の7thシングル「バレッタ」で初の選抜メンバーに選ばれ[27][注 2]、カップリング曲「私のために 誰かのために」で初のユニットを務めた[29]

2014年、三宅裕司が主宰する劇団スーパー・エキセントリック・シアター創立35周年公演『Mr. カミナリ』の第52回本公演に桜井玲香とのダブルキャストで出演し[30]、九州から東京の小学校に赴任してきた新任の音楽教師・臼杵七音役を演じた[15]

2015年4月3日、ラジオ番組『金つぶ』(BayFM)のアシスタントMCとして出演を開始した[31]。乃木坂46メンバーで斉藤優里永島聖羅新内眞衣に続く4人目のラジオ番組レギュラー出演者となった[32]。2015年8月31日、乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」で初の十福神およびフロントポジションを務めることが発表された[33]。抜擢理由として[注 3]、乃木坂46運営委員会委員長・今野義雄は「頑張ったからじゃないか」と述べた[6]

2016年4月9日、乃木坂46の北野日奈子・寺田蘭世との3名で女子野球日本代表の公式サポーターを務めることが発表された[35]。2016年8月26日、会計入門小説『なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?』(PHP研究所)を発売した[36]。発売前日、発刊記念として日本大学商学部講堂でシンポジウムも開催された[37]

人物

愛称は、みさみさ[38]、みさぽん[39]、みさ先輩[注 4]、みさせん[40]。「みさみさ」はCHIMOや乃木坂46で使用され[38]、「みさぽん」は『開運音楽堂』で使用されている[39]。本名は、衛藤[41]。2011年、ソニー・ミュージックアーティスツに所属後、衛藤彩を芸名とした[42]。ラッキーナンバーは33(みさ)[43]

キャッチフレーズは「ビー玉みたいな丸い瞳がチャームポイント」であり[44]、母親が1993年1月4日に誕生した衛藤を見てビー玉のように丸い瞳をしていると思ったことを由来とする[45]

嗜好

好きな食べ物はオムライス、トマトクリームパスタ[46]、ラーメン[注 5]。大分県でおすすめの料理は甘味茶屋のやせうま、りゅうきゅう、だんご汁定食[49]。好きな酒は麦焼酎[14]。好きな靴はヒールのある靴[50]。好きなアーティストは加藤ミリヤ、AKB48[51]、Iyaz[52]。よく聴く曲はIyazの「Solo」「There You Are」「OK」「Friend」[52]。よく歌う曲は西野カナJulietの曲[51]。心に残っている大切な曲は、miwa片想い」、松本英子Squall」、浜田省吾MONEY」、Every Little Thing出逢った頃のように」、奥華子変わらないもの[8]。好きな映画は『ハリー・ポッター』『かぐや姫の物語』だが[20]、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』も好む[53]。好きな芸能人は沢尻エリカ、市原隼人[51]。目標とする人物は上戸彩、黒木メイサ、柴咲コウ[54]、倉科カナ[55]秋月三佳は友達[56]

趣味

趣味は野球観戦[57]、料理[58]

野球は中学生の頃、野球をしていた3歳年上の兄に影響され、好きになった[52]。とくに高校野球を好み[46]、少年野球、リトルシニアリーグ、高校野球、大学野球を観てきた経験がある[48]

特技

特技はバレーボール[57]、縄跳び[59]

バレーボールは中学生時代にバレーボール部に所属し[60]、セッターを務めていた[46]。バレーボールの経験があることから跳躍力があり[61]、2010年、スポーツテストで立ち幅跳び2メートル28センチを記録した[51]。2013年、『乃木坂って、ここ!』で開催されたアンダー運動王決定戦では高跳び種目で優勝し、残り2種目も得点を重ね、アンダー運動王の称号を獲得した[62]。50メートル走は8秒08[63]。ただし、運動は得意だが[64]、乃木坂46で身体は硬い方であり[65]、水泳が苦手で[64]、15メートル程しか泳げない[66]

得意料理はオムライス、肉じゃが、豆腐ハンバーグ[67]。男性に作ってあげたい手料理はカレー、肉じゃが、生姜焼き[68]。保有資格は簿記[注 6]、会計の資格[70]

乃木坂46

乃木坂46のメガネ選抜[71]

乃木坂46加入前から『ミスマガジン 2011』のグランプリ受賞者であることから、Twitterアカウントを持つことが許される唯一のメンバーであったが[72]、乃木坂46加入時はミスマガジンであったとしてもグランプリを受賞したにすぎず、実力以上の期待をかけられていると感じていたという[73]。乃木坂46加入後はソロパートに対応するため、週に3〜4回ほどのボイストレーニングを自主的に行っている[43]

しかし、7thシングルまでの2年間、一度も選抜に選ばれたことがなく[27]、アンダーメンバーでありながら選抜上位クラスの握手会売上だったため「史上最強のアンダー」とも称された[74]

端麗なルックスを持ちながらも歌唱力やMC力に定評があり、諸事情で出演できなくなったメンバーの代役を多く務めることからスーパーサブ[75]ユーティリティープレイヤーと評された[76]。ただし、無難なだけで取り柄がないと悩むこともあった[77]。ファンへの対応がよいメンバーとも評され[78]、ファンの期待に応えるためにいずれセンターを務めたいと考えているが、乃木坂46のポジションは作品ごとの戦略に基づいて決定されているため、もし務めるとすれば、そのような役割過程の中で務めたいと考えている[79]

乃木坂46のメンバーを犬に例えると、白石麻衣チワワ深川麻衣ポメラニアンもしくはマルプー[80]。実家ではミュウ、チョコ、クッキー、銀という名の4匹の犬を飼っている[80]。犬はダックスフントが好き[80]

乃木坂46で好きなミュージック・ビデオは「今、話したい誰かがいる」、「ハルジオンが咲く頃」、「太陽ノック[81]

作品

シングル

CHIMO

  • We Are CHIMO Yeah!!(2009年2月14日)
  • 青春サバイバー(2010年2月11日)
  • 恋のドキ学説明書 / 1009%Chimode(2012年3月18日)
  • なチュ(2012年8月22日、CECR-001)

乃木坂46

アルバム

CHIMO

  • わたしたち、ちゃいもです(2011年5月18日、CHME-002)

乃木坂46

映像作品

出演

テレビドラマ

バラエティ

その他のテレビ番組

舞台

ラジオ

CM

ネット配信

イベント

  • 第65回別府大学石垣祭(2010年11月6日、別府大学[95]
  • 赤い羽根スタートマッチ・第6回くまもとサッカーフェスタ(2012年9月17日、KKWING[96]
  • 大分市フェア in 天神(2012年11月1日・2日、福岡市天神・岩田屋前イベント広場) - 大分市観光特使[97]

書籍

写真集

雑誌連載

漫画

  • 乃木坂46×週刊プレイボーイ2015(集英社
    • みさ先輩+(2015年9月17日) - 作:田辺洋一郎、監修:秋元康[104]

小説

  • なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?(2016年8月26日、PHP研究所) - 澤昭人との共著[105]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ただし、2016年時点の靴のサイズは23.5 cm[2]
  2. ^ このことについて衛藤は、乃木坂46の6thシングル「ガールズルール」で白石麻衣がセンターになったことによって、衛藤と同年代の白石麻衣・橋本奈々未松村沙友理が乃木坂46の中心メンバーを構成するようになったことが選考に影響したのではないかと述懐している[28]
  3. ^ 衛藤美彩がフロントに選ばれたのは乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」の歌詞で登場する「シーソー」という言葉をもとに深川麻衣と二人一組の布陣で構成されているからである、という説もある[34]
  4. ^ 「みさ先輩」は乃木坂46で使用され、CHIMOの後輩である畠中清羅が衛藤を「先輩」と呼んでいたことを起源とし、それを伊藤万理華が広めたことによって浸透した[16]
  5. ^ 好物のラーメンでは[47]とんこつラーメンを好む[48]
  6. ^ 簿記は高校生時代に習った[69]
  7. ^ 番組のオーディションに合格した上での出演だった[89]

出典

  1. ^ 衛藤美彩 (2012年3月8日). “完璧プロフィール第一弾。misa”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年3月8日閲覧。
    衛藤美彩 『彩色~Fruit Candy~』 イーネット・フロンティア、2012年3月16日ASIN B006ZH7NPM
  2. ^ 「測って乃木坂46に会いに行こうー♪」キャンペーン”. sizebook. ファストアクション (2016年1月27日). 2016年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月2日閲覧。
  3. ^ a b 衛藤 美彩|メンバー紹介”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月13日閲覧。
  4. ^ Chimo (2011年8月22日). “CHIMOのセイラが乃木坂46オーディション合格しました!”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2013年4月19日閲覧。
  5. ^ a b “衛藤美彩 ミスマガンGP ふるさとPRしたい”. 大分合同新聞 夕刊 第40351号 (大分合同新聞社). (2011年7月13日) 
  6. ^ a b c 「ONE STEP BY [衛藤美彩]」『OVERTURE』No.004、徳間書店、2015年9月19日、35-39頁。ISBN 978-4-19-710416-1
  7. ^ 衛藤美彩; 中元日芽香 (2015年9月5日). 乃木坂46 衛藤美彩&中元日芽香が振り返る 真夏の全国ツアー 2015. (インタビュー). EX大衆×ZAKZAK.. http://www.zakzak.co.jp/extaishu/ext_idol/news/20150915/exi1509151332003-n1.htm 2016年1月24日閲覧。 
  8. ^ a b 片貝久美子、西廣智一 「NOGIZAKA46 My Favorite PLAY LIST 連載 第1回 衛藤美彩の5曲」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.01、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年4月2日、No.595、82-83頁。ISBN 978-4-04-731995-0
  9. ^ CHIME (2008年5月28日). “CHIME 5・6月号の紹介!(パート1)”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2008年5月28日閲覧。
  10. ^ Chimo (2010年2月1日). “CHIMO XDAYまで残り11日”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2010年2月1日閲覧。
  11. ^ CHIME (2010年4月28日). “4月27日ロンドンハーツみさ出演について”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2013年1月27日閲覧。
  12. ^ ミサ (2011年3月5日). “卒業とは”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2011年3月5日閲覧。
  13. ^ misa (2011年3月31日). “misa.last blog”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2011年3月31日閲覧。
  14. ^ a b 衛藤美彩 (2015年10月28日). [Interview] 乃木坂46・衛藤美彩「ファンの皆さんに支えられてここまで来た」初フロントシングルでファンとの絆を再確認. (インタビュー). TOKYO POP LINE.. https://tokyopopline.com/archives/51136/2 2015年10月28日閲覧。 
  15. ^ a b 衛藤美彩; 桜井玲香 (2014年10月17日). 劇団スーパー・エキセントリック・シアター「Mr.カミナリ」乃木坂46 桜井玲香×衛藤美彩. インタビュアー:大内弓子. チケットぴあ.. http://t2.pia.jp/interview/stage/mr-kaminari2014.jsp 2014年10月17日閲覧。 
  16. ^ a b c d 「衛藤美彩-アンダーで鍛えた『鋼の心』このチャンスにすべてを出し切る」『日経エンタテインメント! ネクストメジャー・アイドル Special』 大貫真之介、日経BP社、2013年11月29日、38-39頁。ISBN 978-4-8222-7578-5
  17. ^ 衛藤美彩 (2011年5月10日). “Twitter - misa_eto @misamisaaa から ...”. @misa_eto. Twitter. 2013年4月5日閲覧。
  18. ^ エリンギ (2012年1月17日). “【衛藤美彩】──いきなりミスマガの"シンデレラ"”. 日刊サイゾー (サイゾー). http://www.cyzo.com/2012/01/post_9547.html 2013年1月27日閲覧。 
  19. ^ “「乃木坂46」なりたい人集まれ〜公募開始”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年6月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110629-797108.html 2011年6月29日閲覧。 
    “「乃木坂46」最終オーディション取材レポート (2) 【合格者一覧(前半)】”. スクランブルエッグ on the Web (スクランブルエッグ). (2011年8月22日). http://www.scramble-egg.com/artist/event11/nogizaka46_02.htm 2013年4月15日閲覧。 
  20. ^ a b 衛藤 美彩(えとう みさ) - 乃木坂と、まなぶ 〜 乃木坂46×朝日新聞”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2014年4月3日). 2014年4月3日閲覧。
  21. ^ 大貫真之介 (2014年4月15日). “乃木坂46のビー玉姉さん・衛藤美彩は振り返らない”. エンタメNEXT. 徳間書店. 2014年4月15日閲覧。
  22. ^ 清水 (2011年9月26日). “グラビアで話題のミスマガジン2011がついにDVDをリリース!”. ASCII.jp. ASCII MEDIA WORKS. 2011年9月26日閲覧。
  23. ^ “グラビアで話題のミスマガジン2011がついにDVDをリリース!”. ASCII.jp (KADOKAWA). (2011年9月26日). https://ascii.jp/elem/000/000/637/637452/ 2011年9月26日閲覧。 
  24. ^ 衛藤美彩 (2011年11月14日). “みさみさ(・ω・´。)参上”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月18日閲覧。
  25. ^ a b c “乃木坂46衛藤美彩 バレンタインチョコはメンバーに渡します”. GirlsNews (レゾリューション). (2012年2月4日). http://www.girlsnews.tv/dvd/38266 2012年2月4日閲覧。 
  26. ^ “乃木坂46から4人が新成人、松村は色気アップ誓う「壇蜜さんの半分くらいに」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年1月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2020567/full/ 2016年1月10日閲覧。 
  27. ^ a b 衛藤美彩 悲願の選抜入り胸中激白」『BUBKA』2013年12月号、BUBKA編集部、白夜書房、2013年10月31日、月刊版。ASIN B00FSQ9VLA
  28. ^ 「ヴィードロもよう」『UTB』2014年4月号、ワニブックス、2014年2月22日、隔月刊版、29頁。ASIN B00I3B8Z0U
  29. ^ “乃木坂46、サンタ衣裳でXmasライブ! ファンが選ぶカップリング曲TOP10を発表”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2014年12月15日). http://tokyopopline.com/archives/33699 2014年12月15日閲覧。 
  30. ^ スーパーエキセントリックシアター本公演に、桜井、衛藤がダブルキャストで出演決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年7月13日). 2014年9月21日閲覧。
  31. ^ 衛藤美彩 (2015年3月26日). “大事なお知らせ”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年4月3日閲覧。
  32. ^ 西廣智一 (2015年4月4日). “乃木坂46メンバーが続々ラジオ進出する理由 声とトークでどう個性を発揮する?”. Real Sound. サイゾー. 2015年9月24日閲覧。
  33. ^ “乃木坂46・13thシングルは西野七瀬&白石麻衣のWセンター 白石「自分自身にまだ納得できていない」”. Real Sound (サイゾー). (2015年9月21日). https://realsound.jp/2015/08/post-4402.html 2015年8月31日閲覧。 
  34. ^ 中村拓海 (2015年9月1日). “(2ページ目)乃木坂46、13th選抜のコンセプトは“二人一組”? Wセンター含む大胆人事の意図を読み解く”. Real Sound (サイゾー). https://realsound.jp/2015/09/post-4407_2.html 2015年9月21日閲覧。 
  35. ^ “乃木坂・衛藤らが女子野球「マドンナジャパン」の公式サポーターに”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年4月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160409-OHT1T50160.html 2016年9月6日閲覧。 
  36. ^ 御木本千春 (2016年7月22日). “乃木坂46衛藤美彩と公認会計士がコラボ!? 異色のビジネス書発売”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/news/2016/07/22/383/ 2016年7月22日閲覧。 
  37. ^ “乃木坂46衛藤美彩「逃げ出したくなるくらい大変」「運命的だな」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年8月25日). http://mdpr.jp/news/detail/1609163 2016年8月25日閲覧。 
  38. ^ a b “乃木坂46 衛藤美彩|密着神推しアイドル”. アイドルパパラッチ (DUAL). (2012年5月24日). http://www.idol-p.com/god/show/god0026/04#viewTag 2013年4月15日閲覧。 
    ミサ (2009年9月8日). “日替りCHIMO日記 ミサ#23”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2013年4月13日閲覧。
  39. ^ a b 衛藤美彩 (2012年3月8日). “完璧プロフィール第一弾。misa”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月5日閲覧。
  40. ^ 「波の音と、彼の音」『漫画アクション』2016年8月2日号、双葉社、2016年7月19日、No.15、6頁。ASIN B01GNXWYCY
  41. ^ ミサ (2010年9月19日). “実彩”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2013年4月28日閲覧。
  42. ^ 衛藤美彩”. Sony Music Artists. ソニー・ミュージックアーティスツ. 2011年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月28日閲覧。
  43. ^ a b 「衛藤美彩」『Gザテレビジョン』vol.38、KADOKAWA、2015年3月19日、30頁。ISBN 978-4-04-731794-9-。
  44. ^ 大貫真之介 (2014年4月15日). “乃木坂46のビー玉姉さん・衛藤美彩は振り返らない”. エンタメNEXT. 徳間書店. 2014年4月15日閲覧。
  45. ^ 衛藤美彩 (2015年1月4日). “22歳になりました。”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年1月4日閲覧。
  46. ^ a b c 衛藤美彩『夢、いっぱい。』”. 週プレNEWS. 集英社 (2011年9月17日). 2011年9月17日閲覧。
  47. ^ 衛藤美彩; 深川麻衣 (2015年11月5日). 乃木坂46衛藤美彩&深川麻衣「モデルやりたい」メンバーから刺激…美の秘訣を語る<モデルプレスインタビュー>. インタビュアー:modelpress編集部. モデルプレス.. http://mdpr.jp/interview/detail/1539426 2015年11月5日閲覧。 
  48. ^ a b 大好きな野球でまろやかな表情♪ 衛藤美彩」『FLASHスペシャル グラビアBEST』2015年11月25日号、光文社、2015年10月23日ASIN B016857HEC
  49. ^ この3つを食べればコンプリート! 乃木坂46・衛藤美彩がオススメする大分グルメBEST3”. ランキングBOX. グッドリダンス (2015年10月27日). 2015年10月27日閲覧。
  50. ^ “乃木坂46西野七瀬、プライベート明かす 「GirlsAward」出演も決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年1月27日). http://mdpr.jp/news/detail/1560381 2016年1月27日閲覧。 
  51. ^ a b c d ミサ (2010年5月16日). “完璧プロフィール misa#56”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2013年4月28日閲覧。
  52. ^ a b c 衛藤美彩 (2011年11月30日). “衛藤『ななみん、寒くないん(>_<)?』深川『大丈夫だよ道産子だから!!』”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2011年11月30日閲覧。
  53. ^ 衛藤美彩 (2015年2月7日). “私の好きなもの。”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年2月7日閲覧。
  54. ^ “ミスマガジン2011 衛藤美彩・綾乃美花・秋月三佳・朝倉由舞の4人がファンに純白水着姿を披露”. GirlsNews (レゾリューション). (2011年7月10日). https://www.girlsnews.tv/dvd/24057 2011年7月10日閲覧。 
  55. ^ 衛藤美彩 (2012年1月16日). LADY'S SEAT INTERVIEW 衛藤美彩. インタビュアー:内埜さくら. ドカント.com.. http://www.dokant.com/backnumber/ladys/113/index2.html 2012年1月16日閲覧。 
  56. ^ 「スペシャルロングインタビュー 衛藤美彩」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.03、大貫真之介、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年10月3日、132頁。ISBN 978-4-04-895693-2
  57. ^ a b ミスマガジン”. ミスマガジン. 講談社 (2011年7月4日). 2011年7月4日閲覧。
  58. ^ 衛藤美彩 (2016年3月17日). 乃木坂46 衛藤美彩 こんな、みさ先輩は好きですか?. (インタビュー). EX大衆×ZAKZAK.. http://www.zakzak.co.jp/extaishu/ext_idol/news/20160430/exi1604301100005-n1.htm 2016年3月17日閲覧。 
  59. ^ 「キミは誰をお見立てる!? 乃木坂46全メンバー名鑑」『BOMB』2012年1月号、学研マーケティング、2011年12月9日、月刊版、45頁。ASIN B006BAK22E
  60. ^ “(乃木坂46日々是勉強)衛藤美彩 誰かのために頑張る”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年1月27日). http://www.asahi.com/articles/ASJ1T574JJ1TUCVL01T.html 2016年1月27日閲覧。 
  61. ^ 「乃木坂46-1期生32人全員集合パーフェクト名鑑」『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no.27、55頁。ASIN B00DDUZR98
  62. ^ 乃木坂って、ここ! アンダー運動王決定戦②”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2013年4月20日). 2013年4月28日閲覧。
  63. ^ ミサ (2009年5月2日). “日替りCHIMO日記 ミサ#10”. 大分アイドル Chimo(チャイモ)ブログ Idols 九州アイドル. CyberAgent. 2009年5月2日閲覧。
  64. ^ a b “乃木坂46「From AQUA」新CMで“水の妖精”に 一番妖精っぽいメンバーは?”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年9月29日). https://tokyopopline.com/archives/49477 2015年9月29日閲覧。 
  65. ^ 衛藤美彩; 斉藤優里 (2014年7月19日). 乃木坂46 衛藤&斉藤、最新MVの注目はダムとけん玉!?. (インタビュー). エンタメNEXT.. http://www.entamenext.com/news/detail/id=772 2014年7月19日閲覧。 
  66. ^ “乃木坂「十福神」CMで妖精のように谷川連峰へ浮遊”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1545735.html 2015年9月29日閲覧。 
  67. ^ 衛藤美彩 (2011年11月2日). 乃木坂46『AKB48の公式ライバルって!? 気になる☆メンバーを全員紹介』. (インタビュー). ORICON STYLE.. http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/nogizaka461102/19/5/ 2011年11月2日閲覧。 
  68. ^ 私の味を食べてほしい♡乃木坂46・衛藤美彩が男性に作ってあげたい手料理BEST3”. ランキングBOX. rankingbox (2015年10月30日). 2015年10月30日閲覧。
  69. ^ 中村拓海 (2016年8月25日). “乃木坂46 衛藤美彩「映像作品化するのが夢」 グループ初のビジネス書について語る”. Real Sound (blueprint). https://realsound.jp/2016/08/post-8936.html 2016年8月25日閲覧。 
  70. ^ 「SHOW TIME 衛藤美彩(乃木坂46)Vol.4」『ENTAME』2015年11月号、徳間書店、2015年9月30日、月刊版、27頁。ASIN B013GW96US
  71. ^ “乃木坂46「メガネ選抜」6人が初紅白出場へ意欲”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年10月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1549253.html 2015年10月6日閲覧。 
  72. ^ 生駒里奈 (2012年12月31日). “みなさーん!!”. 乃木坂46 生駒里奈 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月20日閲覧。
  73. ^ 篠本634 「乃木坂46物語 Another Story 「アンダーライブ前夜〜夜明け前の闇の中で〜」」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、集英社、2015年9月17日、増刊号、56-57頁。ASIN B01518F35W
  74. ^ 小林直樹 (2014年11月27日). “「乃木坂46」人気をデータで分析してみた”. 日経ビジネスオンライン. 日本経済新聞社. 2014年11月27日閲覧。
  75. ^ 衛藤美彩 (2015年10月28日). [Interview] 乃木坂46・衛藤美彩「ファンの皆さんに支えられてここまで来た」初フロントシングルでファンとの絆を再確認. (インタビュー). TOKYO POP LINE.. https://tokyopopline.com/archives/51136 2015年10月28日閲覧。 
  76. ^ “衛藤美彩「全然卒業を考えてなくて」乃木坂46の未来を語る Part 3”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年4月30日). http://news.dwango.jp/2016/04/30/87562/idol/3/ 2016年4月30日閲覧。 
  77. ^ 「衛藤美彩のようこそ後輩 02 衛藤美彩×渡辺みり愛」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol.03、西廣智一、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年10月3日、128頁。ISBN 978-4-04-895693-2
  78. ^ 石田安竹 (2016年5月18日). “握手会に暴言集団現る! 乃木坂46の“神対応メンバー”の精神がボロボロ状態に”. アサ芸プラス (徳間書店). http://www.asagei.com/excerpt/58245 2016年5月18日閲覧。 
  79. ^ 衛藤美彩、深川麻衣 「衛藤美彩×深川麻衣「ふたりの4年間」」『BUBKA』2015年12月号、西廣智一、白夜書房、2015年10月31日、23頁。ASIN B014TC0ZLS
  80. ^ a b c 衛藤美彩 「MISA ETO SPECIAL INTERVIEW」『smart』2016年2月号、TOMMY、宝島社、2015年12月24日、85頁。ASIN B017A621US
  81. ^ 「乃木坂46楽曲MV総選挙」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』2016年12月30日号、筒井優太、集英社、2016年11月24日、90頁。ASIN B01M67T85Q
  82. ^ キャスト/スタッフ”. ミスマガジン出演ドラマ「もっと熱いぞ! 猫ヶ谷!!」. 名古屋テレビ (2011年10月19日). 2013年1月27日閲覧。
  83. ^ 2011GP衛藤美彩、4月23日TBSドラマ「猫弁(ねこべん)」出演”. ミスマガジン. 講談社 (2012年2月3日). 2013年1月27日閲覧。
  84. ^ 人物紹介”. 初森ベマーズ. テレビ東京 (2015年8月11日). 2015年8月11日閲覧。
  85. ^ NTV 眠れぬ街のアプリンス[衛藤美彩]”. Sony Music Artists. ソニー・ミュージックアーティスツ (2011年7月11日). 2013年1月27日閲覧。
  86. ^ “【PigooHD 番組徹底レビュー】PigooRadio〜フォンチー・衛藤美彩 #8”. GirlsNews (レゾリューション). (2012年8月30日). http://www.girlsnews.tv/dvd/27006 2013年4月15日閲覧。 
  87. ^ 開運音楽堂 (2013年12月13日). “開運音楽堂さんはTwitterを使っています: "【発表2】今朝のOAでアシスタントをみさとんに譲りましたみさぽん改め、みさ先輩こと衛藤美彩は番組初の“名誉アシスタント”となり、新コーナーを1月からスタート予定です♪ #開運音楽堂 #tbs"”. @kaiun_tbs. Twitter. 2013年12月13日閲覧。
  88. ^ “乃木坂46、2本目のレギュラー番組「乃木坂浪漫」スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2012年3月28日). http://natalie.mu/music/news/66850 2012年3月28日閲覧。 
  89. ^ 美しい人に怒られたい 週間番組表 番組情報 テレビ東京”. テレビ東京. 2013年4月21日閲覧。
    衛藤美彩 (2013年2月14日). “お久しぶり更新`皿´#) misa♡”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年2月14日閲覧。
  90. ^ “乃木坂46・桜井玲香&衛藤美彩がSET「Mr.カミナリ」でお互いの演技をほめ合い!?”. Smartザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年10月24日). http://thetv.jp/news_detail/51721/ 2014年10月24日閲覧。 
  91. ^ 本日の特別補佐官”. GALACTICA GOLDENBALL OFFICIAL WEBSITE. FM-FUJI/JOCV-FM (2012年6月3日). 2013年1月27日閲覧。
  92. ^ “乃木坂レギュラーラジオ4月から計8本”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2015年4月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1455515.html 2015年4月2日閲覧。 
  93. ^ “ミスマガジン2011 衛藤美彩・綾乃美花・秋月三佳・朝倉由舞の4人が週刊少年マガジンの新CMで初共演”. GirlsNews (レゾリューション). (2012年1月14日). http://www.girlsnews.tv/dvd/36390 2013年4月15日閲覧。 
  94. ^ 「野球大好き! 集まれ! 侍ジャパン」楽天ショウタイムより配信!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2014年11月21日). 2014年11月21日閲覧。
  95. ^ 活動履歴”. 大分発! 現役女子高生アイドルユニット Chimo(チャイモ). CyberAgent (2010年11月6日). 2013年1月27日閲覧。
  96. ^ “J's GOAL フォトニュース 熊本:9-17(大分戦)「乃木坂46」メンバーがKKWINGへ来場!”. J's GOAL (日本プロサッカーリーグ). (2012年9月16日). http://www.jsgoal.jp/photo/00101500/00101518.html 2013年3月21日閲覧。 
  97. ^ 「大分市フェア in 天神」に大分市観光特使として衛藤美彩・畠中清羅のゲスト出演が急遽決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46運営委員会 (2012年10月31日). 2013年4月9日閲覧。
    衛藤美彩 (2012年11月2日). “福岡イベントレポ♡楽しかったー! misa♡”. 乃木坂46 衛藤美彩 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年4月9日閲覧。
  98. ^ CHIMO写真集II(学校・恋愛・ときどきCHIMO)”. Chimo WEBショッピング. BeatAgency (2009年8月15日). 2013年1月27日閲覧。
  99. ^ 衛藤美彩 『彩 -いろどり-』 唐木貴央、ワニブックス、2012年1月31日ISBN 978-4-8470-4429-8
  100. ^ アイドルインデックス”. sabra(サブラ)オフィシャルサイト. 小学館 (2012年2月5日). 2013年1月27日閲覧。
  101. ^ 衛藤美彩」『季刊 乃木坂』vol.2 初夏、東京ニュース通信社、2014年5月12日、24-33頁。ISBN 978-4-86336-409-7
  102. ^ 『週刊ヤングマガジン』2011年5月30日号、講談社、2011年5月16日、No.24。ASIN B007QQZYA2
    『週刊ヤングマガジン』2011年7月18日号、講談社、2011年7月4日、No.31。ASIN B007K63ZI6
    『週刊ヤングマガジン』2012年2月13日号、講談社、2012年1月30日、No.9。ASIN B007399YIU
  103. ^ 『週刊少年マガジン』2011年6月1日号、講談社、2011年5月18日、No.25。ASIN B007F6T0BC
  104. ^ 田辺洋一郎 「マンガ『みさ先輩+』」『乃木坂46×週刊プレイボーイ2015』2015年10月15日号、秋元康、集英社、2015年9月17日、増刊号、79-82頁。ASIN B01518F35W
  105. ^ 衛藤美彩、澤昭人 『なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?』 PHP研究所、2016年8月26日、1-328頁。ISBN 978-4-569-83186-2

外部リンク