グラビアJAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラビアJAPAN
Gravure JAPAN
受賞対象 グラビアアイドル
日本の旗 日本
授与者 集英社週刊ヤングジャンプ
週刊プレイボーイ
初回 2009年
最新回 2011年
最新受賞者 伊藤梨沙子(ミス週刊ヤングジャンプ)
梨里杏(ミス週刊プレイボーイ)

グラビアJAPAN(グラビアジャパン、Gravure JAPAN)は、集英社が主催する次世代のグラビアアイドルを発掘するために企画されたオーディション。

概要[編集]

週刊ヤングジャンプは、1992年から同誌発のグラビアアイドルを発掘するオーディションとして、『全国女子高生制服コレクション(制コレ)』を行い、数々の人気アイドルやタレント・女優を輩出していった。

一方、週刊プレイボーイ2005年に同誌発のグラビアアイドルオーディション『ミス週プレ』を開始。好評に付き2006年も行われたが、わずか2年で打ち切りとなった。その後2008年には『ビキニ・プリンセス』などのグラビア企画を行っていたが、勢いは今ひとつだった。 そして2009年、ヤングジャンプは同誌創刊30周年記念事業の一環として、これらの企画を統合した新しいオーディションとして『グラビアJAPAN』の開催を発表。これにより16年続いた全国女子高生制服コレクションは、事実上終了となった。

グランプリは2誌へのはがき投票、WEBとケータイの公式サイトでの投票、ブログへのアクセス数、動画の再生数等々を集計し決定する(2009年度)。第1回は5月投票受付、7月グランプリ発表だったが、第2回(2010年度)からは9月に投票受付、11月上旬グランプリ発表に変更されている。

ちなみに2009年は受賞者の中から「ニコニコ動画賞」「Yahoo!ブロガー賞」といった副賞も付いていた。

好評を受け2010年・2011年も行われたが、2012年以降は開催されていない。現在のところ今後の活動についての具体的な公式発表もない状態が続いているが、休止を明確に表明もされていない。しかしヤングジャンプが2014年に6年ぶりとなる独自のオーディション「制コレアルティメット」を開催した。

受賞者[編集]

グランプリ 準グランプリ その他の賞 ノミネート 備考
1 2009 松岡音々 滝川綾清野菜名清水ゆう子蒼井凛 Yahoo!ブロガ―賞:滝川綾 綱島恵里香藤村えみり吉田菫丸尾みゆき
嶋田エリカ川瀬まりあ佐々木麻里空美
富山美登高橋彩山田みずき
2 2010 竹富聖花 ミス週刊ヤングジャンプ:荻野可鈴
ミス週刊プレイボーイ:とっきー
読者特別賞:高橋かれん 山上愛岡愛恵大宮司佳代しづか
石條遙梨長島瑞穂広村美つ美水谷望愛
広瀬玲奈八木静里菜香坂まや、小松愛唯
3 2011 ミスヤングジャンプ2011:伊藤梨沙子
ミス週刊プレイボーイ2011:梨里杏
準ミスヤングジャンプ2011:高橋胡桃
準ミス週刊プレイボーイ2011:大坪あきほ
読者特別賞:椎名もも 中原知南平山寿美礼生田若菜
鈴木望、西園みすず小林由莉
菜乃花階戸瑠李野村かれん

外部リンク[編集]