北大路欣也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きたおおじ きんや
北大路 欣也
北大路 欣也
映画『若君と次男坊』(東映1961年)のスチール写真より
本名 淺井 将勝(あさい まさかつ)
生年月日 (1943-02-23) 1943年2月23日(75歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
身長 174 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1956年 -
活動内容 1956年:『父子鷹
1962年:『源九郎義経
1963年:『海軍
1965年:『徳川家康
1968年:『竜馬がゆく
1973年:『仁義なき戦い
1974年:『華麗なる一族
1975年:『資金源強奪
1977年:『八甲田山
1984年:『空海
1985年:『火まつり
1991年:『銭形平次
1998年:『隠密奉行朝比奈
2007年紫綬褒章
2012年:『剣客商売
2015年旭日小綬章
配偶者 既婚
著名な家族 市川右太衛門(父)
公式サイト プロフィール
主な作品
映画
父子鷹』/『旗本退屈男シリーズ
海軍』/『源九郎義経
徳川家康』/『新撰組
戦争と人間』/『仁義なき戦い 広島死闘篇
華麗なる一族』/『仁義なき戦い 完結篇
資金源強奪』/『不毛地帯
スリランカの愛と別れ』/『アラスカ物語
八甲田山』/『冬の華
空海』/『聖職の碑
零戦燃ゆ』/『夢千代日記
火まつり』/『春の鐘
インシテミル』/『桜田門外ノ変
テレビドラマ
竜馬がゆく』/『地獄の辰捕物控
新宿警察』/『検事 霧島三郎シリーズ
暁に斬る!』/『銭形平次シリーズ
風雲 柳生武芸帳』/『独眼竜政宗
風雲江戸城 怒涛の将軍徳川家光
花の生涯 井伊大老と桜田門
ご存知!旗本退屈男』/『子連れ狼
事件』シリーズ /『忠臣蔵
隠密奉行朝比奈』/『北条時宗
さすらい署長風間昭平
名奉行! 大岡越前』/『国盗り物語
八州廻り桑山十兵衛〜捕物控ぶらり旅
風林火山』/『華麗なる一族
幻十郎必殺剣』/『篤姫
落日燃ゆ』/『運命の人
剣客商売』/『江〜姫たちの戦国〜
三匹のおっさん』/『三屋清左衛門残日録

北大路 欣也(きたおおじ きんや、1943年2月23日[1][2] ‐ )は、日本俳優[3]。本名は淺井 将勝(あさい まさかつ)[2]京都府京都市出身[1][2]。身長174cm、血液型A型[3]事務所ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属[1]

父は戦前の時代劇から戦後の東映時代劇全盛時代の映画俳優・市川右太衛門。芸名の由来は右太衛門の邸宅が京都市内の北大路に在ったことから、右太衛門が「北大路の御大」と呼ばれていたため。同世代の俳優仲間からは「きんやちゃん」と呼ばれている。

京都市立紫竹小学校、同志社香里中学校から暁星中学校に編入、暁星高等学校を卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。学位は文学士

略歴[編集]

映画俳優・市川右太衛門の次男として生誕。1956年(昭和31年)、映画『父子鷹』で勝海舟の少年時代役を演じ、右太衛門に付き添われてデビューを果たす。デビュー作は小学校6年生の時に撮影され、中学1年生の時に封切られた。同じ東映の二世スターで同級生の松方弘樹近衛十四郎の長男)とライバル視された。ライバルの松方は「東映城の暴れん坊」と売り出されたのに対し、北大路は「東映城のプリンス」と売り出された[4]。右太衛門は東映の役員も兼務していたことから[5]、御曹司として右太衛門の庇護のもと順調にキャリアを重ねていき[5][6]1958年(昭和33年)に映画『少年三国志』で15歳にして映画初主演を果たした。1963年(昭和38年)には映画『海軍』で千葉真一の配役と入れ換えを求め、現代劇初主演を果たした[6]

10代の頃は俳優を職業にする気はなく、出なさいと言われていたから出ていただけであると語っている。自身の母校である早稲田大学には、兄が理工学部に通っていたことから雰囲気の良さを感じていた。そして、自身も早稲田大学第二文学部演劇科に入学した[7]

大学卒業後、1964年(昭和39年)に『シラノ・ド・ベルジュラック』で舞台デビュー、その後は劇団四季にたびたび客員参加した。

1968年(昭和43年)、25歳で大河ドラマ竜馬がゆく』で主演。その後も大河ドラマには、『独眼竜政宗』や『北条時宗』など多数出演する。

1973年(昭和48年)、映画仁義なき戦い』を仕事先で観て共鳴した北大路は、シリーズ化されることを聞きつけ東映へ直訴して、第二部『仁義なき戦い 広島死闘篇』の出演が決まる[8]。しかし北大路は当初のキャスティングを拒み、東映の幹部に仲介させ、千葉真一と配役を再び交換して出演した[6]1974年(昭和49年)には『仁義なき戦いシリーズ』の最終作『仁義なき戦い 完結篇』に再出演し、映画『華麗なる一族』では一之瀬四々彦に扮した。

1977年(昭和52年)、高倉健とともに映画『八甲田山』に主演。1977年の日本映画第1位を記録し、高倉と北大路は第1回日本アカデミー賞主演男優賞を受賞した(高倉は最主演男優賞)。劇中での北大路演じる神田大尉の台詞「天は我々を見放した」は当時の流行語になった。

1984年(昭和59年)には映画『空海』の役作りのために、高野山真言宗の僧侶として得度出家をし、四度加行を行い、不動護摩法の資格を取得した。

テレビ時代劇・舞台を中心に活躍し『忠臣蔵』の大石内蔵助はこれまでに三度演じている。『ご存知!旗本退屈男』、『子連れ狼』、『名奉行! 大岡越前』、『隠密奉行朝比奈』、『剣客商売』など時代劇に代表作が多い。近年では現代劇にも積極的に出演しており、『さすらい署長』シリーズなどのほか、2007年平成19年)1月 - 3月放送の『華麗なる一族』で万俵大介役を演じた他、2010年(平成22年)の『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』では35年振りにフジテレビ制作の現代劇連続ドラマの出演をした。2014年平成26年)1月 - 3月放送の『三匹のおっさん』では、1979年の『男なら!』以来35年ぶりとなる現代劇の連続ドラマでの主演をつとめた。

2007年(平成19年)、自身の個人事務所からホリプロに移籍。同年4月には、長年の功績が認められ紫綬褒章を受章した。同年6月からソフトバンクモバイルの「ホワイト家族24 / ホワイトプラン」などの『白戸家』シリーズCMでお父さん犬・カイ君の声を演じ、現在も継続中である。配役は同社ニュースリリースにて公表されていたが、キャラクターゆえに出演の意外性が注目された。また、2008年(平成20年)に映画『HACHI 約束の犬』にて、主人公の大学教授(リチャード・ギア)の日本語吹き替えを担当した。2007年10月31日に、早稲田大学創立125年を記念して「北大路欣也トークショー」が大隈講堂で行われた。

2012年(平成24年)からはテレビ時代劇『剣客商売』の主演を藤田まことから引き継いだ。

2015年(平成27年)11月、秋の勲章で旭日小綬章を受章した。

人物[編集]

20代の頃は酒が大好きで、深酒するのも青春を謳歌していると思っていたと語っている[5]

1977年11月12日に一般女性と結婚[9]。15歳の時に見染め、13年間の交際を経てのゴールインだった。結婚会見で新婦は北大路の事を日常的に「欣也さま」と呼んでいる事を明らかにしている。2007年に行われた紫綬褒章祝賀パーティーでは妻への感謝の言葉を述べている。

東映の先輩である高倉健とは親交がある。また、東映時代の仲間であった松方弘樹千葉真一渡瀬恒彦梅宮辰夫山城新伍らとも親交がある。

1968年の大河ドラマ『竜馬がゆく』に出演していた時、竹鶴政孝と出会い余市蒸溜所を訪れた縁もあり、2014年秋から2015年にかけて放送された『マッサン』にどんな役でもかまわないからと、出演を直訴[10]。その甲斐あって、小説家・上杉龍之介役で出演を果たした。

2015年、「週刊ポスト」(6月1日発売号)と「女性セブン」(6月18日号)にて、1年ほど前から夫婦で介護付き有料老人ホームに入居していたことが報じられた。

芸風[編集]

時代劇[編集]

時代劇俳優として著名な北大路は、デビュー作も時代劇であるなど、時代劇への出演が多い。1958年に『少年三国志』で映画初主演後は、父・市川右太衛門主演の『旗本退屈男』に多数出演。東映時代の主演代表作は、『花笠ふたり若衆』、『葵の暴れん坊』、『源九郎義経』、『徳川家康』など時代劇が中心であった。その後は、大河ドラマの『竜馬がゆく』で主演するなど、テレビ時代劇にも進出する。テレビ時代劇では、『ご存知!旗本退屈男』、『子連れ狼』、『名奉行! 大岡越前』、『隠密奉行朝比奈』、『剣客商売』などに主演するなど代表作も多い。テレビ東京新春ワイド時代劇や、その他の正月時代劇でも主演俳優の定番のうちの1人となる。『忠臣蔵』主人公である大石内蔵助は、『忠臣蔵』、『最後の忠臣蔵』、『忠臣蔵 瑤泉院の陰謀』と3回演じている。他にも勝海舟を2回、徳川家康を4回など同じ人物を複数回演じることが多い。近年では時代劇専門チャンネルで放映された、『三屋清左衛門残日録』に主演している。幼い頃に身につけた殺陣の技術は、歳を重ねた現在でも衰えておらず、度々劇中で披露される。

大河ドラマ[編集]

大河ドラマ常連俳優の一人である。今までに計8回の出演をしている。1968年の『竜馬がゆく』では、坂本竜馬役で主演をつとめ、高橋英樹(武市半平太役)や浅丘ルリ子(おりょう役)らと共演。1970年の『樅ノ木は残った』では、主人公の原田甲斐(演・平幹二朗)と対立する役柄となる酒井雅楽頭を演じる。1972年の『新・平家物語』でも、主人公の平清盛(演・仲代達矢)と対立する以仁王を演じている。その後も、1987年の『独眼竜政宗』では、主人公の伊達政宗(演・渡辺謙)の父である伊達輝宗を演じ、主演の渡辺謙登場までは物語の主役をつとめた。当初、出演依頼が来たとき、北大路は主人公の伊達政宗役での出演依頼かと思ったと語っている[11]1993年の『炎立つ』では、藤原秀衡での出演が予定されていたが、撮影スケジュールが変更されたことに伴い、本編収録開始前に降板したため、渡瀬恒彦が代役を務めた。2001年の『北条時宗』では、主人公の北条時宗(演・和泉元彌)・北条時輔(演・渡部篤郎)兄弟に大きな影響を与える博多の商人の謝国明を演じた。また、2008年の『篤姫』では、主人公の篤姫(演・宮崎あおい)の相談役のような役柄の勝海舟を演じた。2011年の『江〜姫たちの戦国〜』では、主人公の(演・上野樹里)の義父である徳川家康を演じた。『篤姫』での勝海舟や『江〜姫たちの戦国〜』での徳川家康などかつて映画で扮した人物を再び演じている。最近の出演は、2015年の『花燃ゆ』で長州藩主の毛利敬親を演じている。

現代劇[編集]

時代劇俳優として著名な北大路であるが、現代劇への出演も多い。現代劇初主演をつとめたのは1963年の『海軍』。その他には、菅原文太主演の『仁義なき戦い』シリーズには2作品出演。そのうちの1つの『仁義なき戦い 広島死闘篇』では物語の主人公・山中正治を演じる。しかし、配役はもともと千葉真一が山中正治、北大路が大友勝利の予定でクランクインするはずだったが、北大路が「山中の方が自分のキャラクターに合っているのでは? それにセリフがどぎつすぎる大友はできない」、「大友は粗暴で下品すぎて、どうしても自分では演じられない。山中のほうをやらせてくれないか[6]と配役の交代を要求。そのためプロデューサーの日下部五朗と宣伝担当者らは千葉を突然訪ね、「山中と大友を交代してもらえないか」と依頼した。監督の深作欣二は交代には反対しておらず、千葉も交代を了承したというエピソードがある。その後は、『アラスカ物語』、『八甲田山』、『火まつり』、『春の鐘』などの映画で主演をする。2007年には、木村拓哉主演の『華麗なる一族』に出演。演じたのは、木村拓哉演じる主人公・万俵鉄平の父である万俵大介。劇中で木村を殴るシーンがあり、全国の皆さんに嫌われるかと思った[7]と語っている。2時間サスペンスでも、『事件』シリーズや『さすらい署長』シリーズなどで主演している。近年では、連続ドラマの『三匹のおっさん』で主演。1979年の『男なら!』以来35年ぶりとなる現代劇の連続ドラマでの主演をつとめた他、脇役としても多数の作品に出演している。脇役して出演する時は、総理大臣などの政治家や頭取、社長など権力者を演じることが多い。

出演[編集]

太字は主演

映画[編集]

公開年 作品名 役名 制作(配給) 備考
1956年(昭和31年) 父子鷹 勝海舟 東映 デビュー作
曽我兄弟 富士の夜襲 源頼家 東映
1957年(昭和32年) 黄金の伏魔殿 権堂九馬之丞 東映
富士に立つ影 玉置左之助 東映
旗本退屈男 謎の蛇姫屋敷 露島京弥 東映
1958年(昭和33年) 旗本退屈男 桜内数馬 東映
少年三国志 山中鹿之介 東映 映画初主演作品、二部作
1959年(昭和34年) 旗本退屈男 謎の南蛮太鼓 露島京弥 東映
忠臣蔵 桜花の巻・菊花の巻 大石主税 東映
旗本退屈男 謎の大文字 万里小路道麿 東映
榛名ばやし 喧嘩鷹 布田の友吉 東映
天下の伊賀越 暁の血戦 渡辺数馬 東映
1960年(昭和35年) 旗本退屈男 謎の幽霊島 守谷小四郎 東映
1961年(昭和36年) 花笠ふたり若衆 源太郎 東映
葵の暴れん坊 松平源之助 東映
水戸黄門 助さん格さん大暴れ 渥美格之進 東映
幽霊島の掟 勇作 東映
若君と次男坊 望月圭次郎 東映
口笛を吹く無宿者 月輪源太郎 東映
1962年(昭和37年) 天下の御意見番 徳川家光 東映
源九郎義経 源九郎義経 東映
よか稚児ざくら 馬上の若武者 三宅伝八郎 東映
勢揃い関八州 友吉 東映
次郎長と小天狗 殴り込み甲州路 大前田英次郎 東映
1963年(昭和38年) 勢揃い東海道 桶屋の鬼吉 東映
大暴れ五十三次 鼠小僧伝吉郎 東映
海軍 谷真人 東映 現代劇主演第一回作品
1964年(昭和39年) 狼と豚と人間 黒木三郎 東映
1965年(昭和40年) 徳川家康 松平三郎元信 東映
虹をつかむ恋人たち 北上達也 東映
1967年(昭和42年) 千曲川絶唱 五所川肇 東宝
続・名もなく貧しく美しく 父と子 片山一郎 東宝
1968年(昭和43年) 北穂高絶唱 紀伊次郎 東宝
祇園祭 於菟 松竹
濡れた二人 鵜狩繁男 大映
1969年(昭和44年) 津軽絶唱 夏川圭一 東宝
ボルネオ大将 赤道に賭ける 千里武男 東宝
新撰組 沖田総司 東宝
1970年(昭和45年) 商魂一代 天下の暴れん坊 坂本竜馬 東宝
1971年(昭和46年) 婉という女 岡本弾七 -
戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河 伍代俊介 日活
1973年(昭和48年) 仁義なき戦い 広島死闘篇 山中正治 東映 シリーズの主人公は菅原文太
戦争と人間 第三部 完結篇 伍代俊介 日活
朝やけの詩 朝夫 東宝
日本侠花伝 坂上大尉 東宝
1974年(昭和49年) 華麗なる一族 一之瀬四々彦 東宝
悪名縄張り荒らし 東宝
仁義なき戦い 完結篇篇 松村保 東映
あゝ決戦航空隊 関大尉 東映
1975年(昭和50年) 日本任侠道 激突篇 友時常次 東映
暴動島根刑務所 川村勇次 東映
資金源強奪 清元武司 東映
新幹線大爆破 空港で古賀を張り込む刑事 東映 特別出演
竹久夢二物語 恋する 竹久夢二 松竹
1976年(昭和51年) スリランカの愛と別れ 越智竹人 東宝
不毛地帯 海部ニューヨーク駐在員 東宝
1977年(昭和52年) アラスカ物語 フランク安田 東宝
八甲田山 神田大尉 東宝
1978年(昭和53年) 犬笛 小西刑事 東宝
冬の華 坂田道郎 東映
聖職の碑 有賀喜一 東宝
ダイナマイトどんどん 橘銀次 東映
燃える秋 岸田守 東宝
1981年(昭和56年) 漂流 長平 東宝
1982年(昭和57年) 南十字星 立花検察官 東宝
幻の湖 織田信長 東宝
1984年(昭和59年) 空海 空海 東映
零戦燃ゆ 堀越二郎 東宝 特別出演
修羅の群れ 石河隆司 東映 当初は主演予定だったが、スケジュールの都合で主演は松方弘樹に変更
1985年(昭和60年) 火まつり 達男 シネセゾン
夢千代日記 宗方勝 東映
二代目はクリスチャン 英二 角川映画
春の鐘 鳴海六平太 東宝
1989年(平成元年) せんせい 町の会長 松竹 松方弘樹渡瀬恒彦千葉真一らと共に主演
1991年(平成3年) 動天 中居屋重兵衛 東映
1993年(平成5年) 新極道の妻たち 覚悟しいや 花杜昌治 東映
虹の橋 長左衛門 東宝
1997年(平成9年) 北京原人 Who are you? 小島博士 東映 特別出演
2008年(平成20年) 銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜 俵源五郎 ワーナー・ブラザースカ・映画
花より男子F 謎の紳士 東宝 特別出演
2010年(平成22年) 恋するナポリタン 〜世界で一番おいしい愛され方〜 槇原佑一郎 日活
インシテミル 7日間のデス・ゲーム 安東吉也 ワーナー
桜田門外ノ変 徳川斉昭 東映
2013年(平成25年) 劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇 / 爻ノ篇 卑弥呼 東宝 特別出演
2018年(平成29年) 三屋清左衛門残日録 完結篇 三屋清左衛門 時代劇専門チャンネル
2019年(平成30年) 七つの会議 徳山郁夫 東宝 2019年公開予定

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 東京国立博物館「空海と密教美術展」の音声ガイド(2011年)

音楽[編集]

受賞・受章[編集]

日本アカデミー賞
  • 第1回(1978年) - 優秀主演男優賞『アラスカ物語』『八甲田山』(ノミネート)
  • 第8回(1985年) - 優秀主演男優賞『空海』(ノミネート)
  • 第9回(1986年) - 優秀主演男優賞『春の鐘』『火まつり』『夢千代日記』(ノミネート)
報知映画賞
  • 第10回(1985年) - 最優秀主演男優賞『火まつり』『春の鐘』
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 北大路欣也”. ホリプロ. 2017年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c 北大路欣也 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年4月29日閲覧。
  3. ^ a b 北大路欣也”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年4月29日閲覧。
  4. ^ 松方弘樹、逆境のオンパレードを乗り越えた役者人生”. 週刊ダイヤモンド編集部 (2017年4月11日). 2018年9月12日閲覧。
  5. ^ a b c 北大路欣也「父の眼力」”. 木村政雄編集長 Special Interview. ファイブエル (2007年7月1日). 2008年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月17日閲覧。
  6. ^ a b c d 千葉真一、深作欣二の初時代劇の教えに感謝”. アサ芸+ (2012年11月28日). 2014年5月17日閲覧。
  7. ^ a b 創立125周年記念「北大路欣也トークショー」ダイジェスト”. Student Affairs Division, WASEDA University (2008年1月28日). 2018年9月12日閲覧。
  8. ^ シナリオ作家協会 『笠原和夫 人とシナリオ』 2003年、406頁。
  9. ^ 男の履歴書 北大路欣也”. INLIFE. 2014年5月17日閲覧。
  10. ^ 北大路欣也、『マッサン』直訴で参戦”. オリコンスタイル (2015年2月8日). 2015年2月10日閲覧。
  11. ^ 「NHK大河ドラマ大全50作品徹底ガイド完全保存版」(NHK出版、2011年)16頁より
  12. ^ ドラマ 男子の本懐(ほんかい) - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  13. ^ 東山紀之、テレ朝“水9”刑事ドラマ枠初登場 豪華共演者にうれしい悲鳴”. ORICON (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  14. ^ 東山紀之×北大路欣也、再タッグで最強チーム誕生 凶悪犯罪に立ち向かう〈コメント到着〉”. モデルプレス (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  15. ^ 松坂桃李、SPドラマで“視覚探偵”に 堤幸彦監督とタッグ”. ORICON (2015年9月16日). 2015年9月16日閲覧。
  16. ^ “松坂桃李、『視覚探偵 日暮旅人』が連ドラ復活で「最高にワクワクします」”. マイナビニュース. (2016年11月18日). http://news.mynavi.jp/news/2016/11/18/031/ 2017年4月23日閲覧。 
  17. ^ ドラマ「フラジャイル」に武井咲、野村周平、小雪、北大路欣也が出演”. コミックナタリー (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。
  18. ^ 東出昌大、ドラマ初主演 天才ピアニスト役のため猛特訓”. ORICON (2016年1月28日). 2016年1月29日閲覧。
  19. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  20. ^ FUTURE WAR 198X年”. メディア芸術データベース. 2016年8月4日閲覧。
  21. ^ 劇場版「ONE PIECE」最新作に満島ひかり、濱田岳、菜々緒、北大路欣也が参戦!”. 映画.com (2016年3月29日). 2016年3月29日閲覧。
  22. ^ “北大路欣也、紫綬褒章受賞パーティにミスターがサプライズ出席”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2007年7月11日). http://www.oricon.co.jp/news/46267/full/ 2015年11月3日閲覧。 
  23. ^ “北大路欣也に旭日小綬章、デビュー60年「父の言葉は今も胸に」”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/03/kiji/K20151102011439260.html 2017年4月23日閲覧。 

外部リンク[編集]