武藤俊憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 武藤 俊憲 Golf pictogram.svg
Toshinori Muto
基本情報
名前 武藤 俊憲
生年月日 (1978-03-10) 1978年3月10日(39歳)
身長 173 cm (5 ft 8 in)
体重 76 kg (168 lb)
出身地 群馬県
経歴
成績
優勝回数 日本ツアー:6勝
初優勝 マンシングウェアオープン KSBカップ2006年
賞金ランク最高位 日本ツアー:8位(2011年
2015年2月13日現在
テンプレートを表示

武藤 俊憲(むとう としのり、1978年3月10日 - )は、群馬県出身の男子プロゴルファー。赤城カントリークラブ、ホリプロ(スポーツ部)所属。前橋育英高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

母方の実家がゴルフ練習場だった事もあり、小さい頃からクラブを握っていた。前橋育英高等学校入学後にゴルフ部に入り、本格的にプレーを開始。2001年10月にプロに転向した。

プロ転向後は厳しいシーズンが続いたが、2005年クオリファイングトーナメントで最終日に65をマークし、35位でフィニッシュして翌2006年シード権を獲得。そして、2006年5月21日マンシングウェアオープン KSBカップ岡山県玉野市)で最終日に64〈8アンダー〉をマークし、7打差を逆転してツアー初優勝を果たした[1]。同年にシード権を確保して以来、2014年まで8年連続してシード権を維持し続けている。またツアー優勝は6回ある。賞金ランキングは2011年の8位が最高。

過去3回(2008年2009年,2011年。参考記録ながら2006年も入れると4回)、トータルドライビングで1位をマークしているようにドライバーを使ったゴルフを得意とする。そのため、爆発的なスコアを叩き出す事も多く、先述の2005年クオリファイングトーナメントでの出来事を始め、過去6回の優勝の内、やはり先述の2006年マンシングウェアオープンの他に2009年のザ・チャンピオンシップ・バイ・レクサス[2](最終日2打差3位スタートから64〈7アンダー〉をマーク)、2011年のダンロップフェニックス(最終日[3]4打差6位スタートから63〈8アンダー〉をマーク)と、3回が逆転で優勝を決めている。2012年8月関西オープンでは、初めて4日間首位を明け渡さない完全優勝を達成した。反面ムラもあり、2013年10月の東海クラシックでは最終日に首位で迎えながら76〈4オーバー〉を叩いて5位に終わるなど、突然崩れるケースも少なくない。

2012年5月ミズノオープンで2位になった事から出場権を得た2012年全英オープンでは、初日終了後6位に付ける快走で、3度目の挑戦にして初めて予選通過した(最終日に78〈8オーバー〉の大叩きで、11オーバーの72位で終えた[4])。

2015年現在、『ゴルフレッスンコミック』(日本文芸社)にて、『武藤俊憲のシンキングゴルフ』(画:池原しげと、構成:坂本静児)が連載されている。

優勝歴[編集]

日本ツアー (6)[編集]

勝数
メジャー (0)
ツアー (6)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 2006年5月21日 マンシングウェアオープン KSBカップ -14 (68-69-73-64=274) 2打差 日本の旗 溝口英二英語版
2 2008年10月5日 コカ・コーラ東海クラシック -11 (69-70-69-69=277) 2打差 日本の旗 池田勇太
3 2009年11月8日 ザ・チャンピオンシップ・バイ・レクサス -16 (68-65-71-64=268) 3打差 大韓民国の旗 金庚泰
4 2011年11月20日 ダンロップフェニックス -12 (68-70-63=201)[3] 4打差 スペインの旗 ゴンサロ・フェルナンデス・カスタノ英語版
5 2012年8月19日 関西オープン -18 (64-65-68-69=266) 1打差 大韓民国の旗 金亨成英語版(キム・ヒョンソン)
5 2015年6月28日 ISPSハンダグローバルカップ -14 (68-68-66-68=270) プレーオフ フィリピンの旗 アンジェロ・キュー英語版

その他優勝 (1)[編集]

No. 日時 大会 優勝スコア 打数 2位
1 2015年9月13日 片山晋呉招待ネスレマッチプレーレクサス杯 3 & 1 日本の旗 片山晋呉

脚注[編集]

  1. ^ 2008年を以て大会が終了。ちなみに翌2007年に優勝したのが、当時まだアマチュアで15歳8ヶ月だった石川遼である。石川の優勝記録は2015年現在も日本男子ゴルフツアーの最年少優勝記録として残っている。
  2. ^ 2010年を以て大会が終了。
  3. ^ a b 3日目が雨によるコースコンディション不良のため中止。54ホールに短縮された。
  4. ^ 武藤俊憲、終盤に崩れ11オーバー72位タイゴルフ情報ALBA.Net、2012年7月23日記事。

外部リンク[編集]