安蘭けい

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あらん けい
安蘭 けい
本名 安田瞳子[1]
生年月日 (1970-10-09) 1970年10月9日(51歳)
出生地 日本の旗 日本滋賀県甲賀郡(現・湖南市[2]
民族 大韓民国の旗 韓国
血液型 AB型
職業 女優歌手
ジャンル 宝塚歌劇、ミュージカル
活動期間 1991年 -
活動内容 1991年宝塚歌劇団入団
1992年雪組に配属
2000年星組に異動
2006年:同組トップスター就任
2009年:宝塚歌劇団退団、以降舞台中心に活動。
事務所 ホリプロ
公式サイト 安蘭けい公式ファンクラブサイト
主な作品

宝塚歌劇
雨に唄えば
王家に捧ぐ歌
スカーレット・ピンパーネル

ミュージカル
ワンダフルタウン
『MITSUKO』
『アリス・イン・ワンダーランド』
サンセット大通り
 
受賞
第25回松尾芸能賞 新人賞(2004)
第34回菊田一夫演劇賞 演劇大賞(2008)
第1回岩谷時子賞 奨励賞(2010)
第38回菊田一夫演劇賞 演劇賞(2012)
第28回読売演劇大賞 優秀女優賞(2020)
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

安蘭 けい(あらん けい、本名・安田瞳子[1]1970年10月9日[3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組トップスター。 血液型AB型[2]、公称身長167cm。愛称は「とうこ」[4]ホリプロ所属、所属レコード会社はポニーキャニオン滋賀県甲賀郡(現・湖南市)出身[2]

略歴

本籍地および祖父の出身地は韓国慶尚南道[5][6]である。

1989年、3度の受験失敗を経て、4度目の受験で宝塚音楽学校に合格し、入学[7]。卒業時の成績は首席。[6]

1991年第77期生として宝塚歌劇団に入団。芸名は「アリラン伝説」の主人公にちなんでつけた[8]月組ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。同期生には春野寿美礼朝海ひかる花總まり成瀬こうきなど。

1992年雪組に配属される。1995年、新人公演『JFK』で初主演[9]ジョン・F・ケネディ役を演じる。

エリザベート』のルドルフの子供時代や『ICARUS』のイカロスなど、少年役を相次いで演じた。1999年頃からは組替えで雪組に配属された同期の朝海、成瀬とともにトリオで使われることが多かった。後に「雪組三兄弟」(当時流行していただんご三兄弟に由来)とも呼ばれる[10]

2000年、星組に組替え。2003年には日生劇場雨に唄えば』でドン役を演じる[11]。さらに『王家に捧ぐ歌』では事実上のヒロイン・アイーダ役を演じる[12]。『ミュージカル』誌では作品がベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門2位、さらに松尾芸能新人賞も受賞した[13](現役のタカラジェンヌでは初の受賞[14])。2004年には『ファントム』日本初演でシャンドン伯爵を演じる[15]。翌2005年、主演公演『龍星』では複雑な生い立ちをもつ孤独な主人公を演じて好評を博し、日本青年館における宝塚公演の史上最高観客動員数を記録した[16]

2006年には『ベルサイユのばら』が再演され、大劇場と東京でそれぞれオスカルとアンドレを演じた。なお、この再演により本公演でオスカル・アンドレ・フェルゼンと男役が演じる三役全てを演じたことになり、これは宝塚史上初である[17]

2006年、湖月わたるの退団を受け、入団16年目にして星組トップスターに就任する[18]。日本国籍でないことを公表したタカラジェンヌがトップスターに就任した例は鳳蘭中国籍、後に日本に帰化)に次ぐ2人目[19][5]。首席入団で男役トップになったのは、汀夏子以来のことだった。トップ就任した大劇場初日の挨拶で、「夢は見るだけでなく叶えるもの。でも、もし叶えられなくても、叶えるために努力する道のりが夢」という名言を残す[4]。相手役には専科より遠野あすかを迎えた[20]。お披露目公演は、ドラマシティ・日本青年館公演「ヘイズ・コード」。大劇場お披露目公演は『さくら/シークレットハンター』。

2007年青池保子の漫画を原作とした『エル・アルコン-鷹-』では、ダーティー・ヒーローを演じた。2008年には熱望していた[21]赤と黒』を上演。同年6月、日本初演となるブロードウェイミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』を上演。同作の作曲家フランク・ワイルドホーンより、「ビューティフルでソウルフル。ブロードウェーの一流の歌手と苦労して作った曲を情熱的に見事に歌ってくれた」と絶賛される[22]。同作品は新東京宝塚劇場開場以来史上最高の動員記録を樹立し[23]、第34回菊田一夫演劇賞演劇大賞を受賞[24]。『ミュージカル』誌でもベスト・ミュージカルに選ばれ、安蘭自身も女優部門1位を獲得した[13]

『スカーレット・ピンパーネル』の上演を機に、退団を決意[25]2009年4月26日、『My Dear New Orleans〜愛する我が街〜/ア ビヤント』の東京公演千秋楽を最後に退団。相手役の遠野と同時退団だった[26]

2009年8月、ミュージカル『The Musical AIDA -宝塚歌劇団「王家に捧ぐ歌」より-』アイーダ役で女優としてデビュー[14]。以降、ミュージカルやストレートプレイなど、舞台中心に活躍を続けている。

2010年6月、ポニーキャニオンより舞台生活20周年記念アルバム『arche』を発売[27]。同年10月2日に東京・六本木ヒルズアリーナで開かれた「日韓交流おまつり2010」のオープニングに登場し、ルーツが朝鮮半島であることを明かす[6]。後のインタビューで『焼肉ドラゴン』のような日韓合作ミュージカルや演劇への出演希望を語った。

2014年10月4日、出身地である湖南市より、市の発展と知名度向上に貢献したとして、市制10周年式典時に表彰を受けた[28]

芸能生活30周年を記念して、2021年4月にコンサート『AVANCE』を開催[29]。同年10月、ミュージカル曲を中心に収録したアルバム『AVANCE』を発売した[30]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演

劇場名を付していない公演は宝塚大劇場・東京宝塚劇場での通常公演。

雪組時代

星組時代

宝塚歌劇90周年記念の一環として、東京公演のみ宙組に特別出演。
  • 2004年5月 - 8月、『ファントム』 - フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵[15]
同上
  • 2004年10月 - 12月、『花舞う長安-玄宗と楊貴妃-/ロマンチカ宝塚'04-ドルチェ・ヴィータ!-』 - 安禄山
  • 2005年2月、中日劇場公演『王家に捧ぐ歌-オペラ「アイーダ」より-』 - アイーダ
  • 2005年5月 - 8月、『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!-夢のシューズを履いた舞神-』 - らしゃ
  • 2005年10月、シアタードラマシティ・日本青年館公演『龍星‐闇を裂き天(あま)翔けよ。朕(ちん)は、皇帝なり‐』 - 龍星 *主演
  • 2005年11月、韓国公演『ベルサイユのばら/ソウル・オブ・シバ!!-夢のシューズを履いた舞神-』(ショーのみ出演)
  • 2006年1月 - 2月、宝塚大劇場公演『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』 - アンドレ
  • 2006年2月 - 4月、東京宝塚劇場公演『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-』 - オスカル
  • 2006年5月、東京宝塚劇場『ベルサイユのばら-オスカル編-』 - アンドレ(雪組公演への特別出演)
  • 2006年6月、梅田芸術劇場公演『コパカバーナ』 - リコ・カステッリ
  • 2006年8月 - 11月、『愛するには短すぎるネオ・ダンディズム!- 男の美学 -』 - アンソニー・ランドルフ

星組トップ時代

  • 2006年12月 - 2007年1月、シアタードラマシティ・日本青年館公演『ヘイズ・コード』 - レイモンド・ウッドロウ *トップコンビ披露公演
  • 2007年3月 - 7月、『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-/シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-』 - ダゴベール[34] *大劇場お披露目公演
  • 2007年8月、博多座公演『シークレット・ハンター/ネオ・ダンディズム!II-男の美学-』 - ダゴベール
  • 2007年11月 - 2008年2月、『エル・アルコン―鷹―」/レビュー・オルキス―蘭の星―』 - ティリアン・パーシモン[35]
  • 2008年3月 - 4月、シアタードラマシティ・日本青年館・愛知厚生年金会館公演『赤と黒』 - ジュリアン・ソレル
  • 2008年6月 - 10月、『スカーレット・ピンパーネル』 - パーシー・ブレイクニー[36]
  • 2008年11月 - 12月、全国ツアー『外伝ベルサイユのばら -ベルナール編-/ネオ・ダンディズム!III-男の美学-』 - ベルナール[37]
  • 2009年2月 - 4月、『My Dear New Orleans-愛する我が街-/ア ビヤント』 - ジョイ・ビー[38] *退団公演

ディナーショー

宝塚歌劇団退団後の主な出演

舞台

* 役名の太字は主演もしくはヒロイン役。

コンサート

  • 2009年12月 「安蘭けいファーストコンサート UNO」(東京国際フォーラム梅田芸術劇場[75]
  • 2010年3月 「Frank & Friends/MITSUKO」(オーチャードホール、梅田芸術劇場)[76]
  • 2010年6月 「安蘭けい 箱舟 2010」(天王洲 銀河劇場、兵庫県立芸術文化センター)[77]
  • 2010年8月 安蘭けいmeets薬師寺三尊像「弦宴(いとのうたげ)」〜薬師寺コンサート〜(奈良 薬師寺大講堂特設舞台)
  • 2010年11月 「沒後30th 越路吹雪トリビュートコンサート」(中野サンプラザホール[78]
  • 2011年7月 「シャンソンの祭典 第49回 パリ祭」ゲスト出演(NHKホール
  • 2011年7月 「ニッポン放送 歌姫コンサート~歌で笑顔を、歌で勇気を~」(中野サンプラザホール)
  • 2012年1月 「ミュージカル ミーツ シンフォニー」(オーチャードホール)
  • 2012年1月 - 2月 「CHESS in Concert」(青山劇場、梅田芸術劇場)[79]
  • 2012年12月「CHESS in Concert 2nd Version」(東京国際フォーラム、梅田芸術劇場)[80]
  • 2013年3月 「安蘭けいと京フィル プレミアムコンサート」(京都コンサートホール・大ホール)
  • 2013年3月 「I Love Musical〜ミュージカルへようこそ〜」(東京グローブ座
  • 2013年5月 「Musical Songs Concert SUPER DUETS」(東急シアターオーブ、名鉄ホール、NHK大阪ホール)
  • 2013年6月 「ワイルドホーン・メロディーズ〜フランク・ワイルドホーン コンサート〜」(オーチャードホール)
  • 2013年12月 「華麗なるミュージカルXmasコンサート」(新国立劇場中劇場)
  • 2014年5月 「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2014」(東京国際フォーラム)
  • 2014年8月 「越路吹雪生誕90周年記念コンサート~想い出のヤマハホール~」(ヤマハホール
  • 2014年9月 「岩谷時子メモリアルコンサート~愛の讃歌~」(NHKホール)
  • 2015年1月 「Au Revoir TOKYO KAIKAN~また逢う日まで~」(東京會館
  • 2015年1月 「みずほフィナンシャルグループ 第26回 成人の日コンサート」(サントリーホール)
  • 2015年2月 - 3月 Umeda Arts Theater 10th Anniversary「Golden Songs」(東京国際フォーラム、梅田芸術劇場)
  • 2015年5月 「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー2015」(東京芸術劇場)
  • 2015年11月 「安蘭けい×京フィル スペシャルコンサート in 春秋座」(京都芸術劇場春秋座[81]
  • 2016年4月 日本フィル&サントリーホール とっておきアフタヌーンvol.4「ミュージカル×オーケストラ」(サントリーホール[23]
  • 2016年7月 「安蘭けい ドラマティックコンサート 愛の賛歌」(Bunkamuraオーチャードホール)[82]
  • 2016年12月 「エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート」(梅田芸術劇場、オーチャードホール)[83]
  • 2017年12月 「安蘭けい ドラマティック・コンサート Golden Age」(新国立劇場中劇場)[84]
  • 2018年1月 シアタークリエ10周年記念コンサート「TENTH」(シアタークリエ)[85]
  • 2018年2月「宝塚プルミエール LIVE 2018」(JPタワー学術文化総合ミュージアム インターメディアテク)[86]
  • 2019年5月 安蘭けいチャリティーコンサート「A PIECE OF COURAGE」(サントリーホール ブルーローズ、韓国・ソウル KT&Gサンサンマダン テチアートホール)[87]
  • 2019年11月 「越路吹雪40回忌公演 Apres Toi~アプレ・トワ」(中野サンプラザホール)[88]
  • 2020年12月 「ホリプロミュージカル・コンサート」(新国立劇場中劇場)[89]
  • 2021年4月 芸能生活30周年記念コンサート「AVANCE」(Billboard Live TOKYO)
  • 2021年4月 - 5月 「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート」(梅田芸術劇場、東急シアターオーブ)[90]
  • 2021年5月 「GREATEST HITS from Musical Movies」(東急シアターオーブ)[91]
  • 2022年1月 「みずほフィナンシャルグループ 第33回 成人の日コンサート」(サントリーホール)[92]

ディナーショー

  • 2012年12月 安蘭けい クリスマスディナーショー 2012(ホテル日航東京、ハイアットリージェンシー大阪、ウエスティンナゴヤキャッスル)
  • 2014年12月 安蘭けい クリスマスディナーショー(ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル東京)
  • 2016年8月 安蘭けい TALK&DINNER(ウェスティンホテル大阪)
  • 2019年10月-11月 安蘭けい宝塚退団10周年記念 ディナーショー「Again」(宝塚ホテル、東京會舘)

映画

テレビドラマ

テレビ番組

  • 2009年5月5日「キミハ・ブレイク」(TBS系)
  • 2009年9月21日「女優・安蘭けい誕生!The Musical『AIDA』のすべて」(ABCテレビ
  • 2010年4月 - 2011年3月 「宝塚プルミエール」(WOWOW)ナレーション
  • 2010年10月9日「ブロードウェイ・ミュージカル『ワンダフルタウン』開幕直前スペシャル!」(テレビ朝日系)
  • 2010年12月4日「エディト・ピアフ〜愛の生涯」(日本テレビ
  • 2011年4月18日 「夢のチカラ」(日本テレビ系)
  • 2011年5月14日「鬼才と女優の80日間・ウィーン〜大阪感涙の旅〜ミュージカル『MITSUKO』の出来るまで〜」(ABCテレビ)
  • 2011年6月5日「伝説の日本女性 青山光子の生涯 〜感動の ミュージカル「MITSUKO」〜」(テレビ朝日系)
  • 2013年7月 - 8月「Japan's Next Beauty」(FOX TV)

ほか多数

ウェブテレビ

CM

  • 2014年 ホンダ N-BOX 「みんなのN 出産篇」「みんなのN 夫婦篇」「みんなのN 自分篇」 - 唄「この愛よ永遠に(TAKARAZUKA FOREVER)」

その他(イベント・ゲスト出演等)

  • 2010年3月 「それぞれのコンサート 鹿賀丈史 市村正親」ゲスト出演(東京国際フォーラム)[98]
  • 2010年4月 「読売日響グランドコンサート featuring スペシャルゲスト スーザン・ボイル」ゲスト出演(日本武道館[99]
  • 2010年5月15日 「安蘭けい「箱舟」ライヴイベント with 武田真治」(表参道ヒルズ)[100]
  • 2010年9月1日 阪神甲子園球場、阪神 - 横浜戦 始球式[101]
  • 2010年11月7日 「平城遷都1300年祭 平城京カーニバル 」フィナーレ出演[102]
  • 2011年4月1日 「東北地方太平洋沖地震 現地へ届け、希望と勇気!!YELL! from TOKYO」出演(日本橋高島屋[103]
  • 2011年5月30日 「小林公平没後1周年・チャリティスペシャル『愛の旋律~夢の記憶』」出演(宝塚大劇場)
  • 2012年3月 「安蘭けい チャリティートーク&ライブ」(東京會舘)
  • 2013年 - 2018年 サンリオピューロランド ミュージカルショー『不思議の国のハローキティ』 - ハートの女王[104] ※声の出演
  • 2016年3月 「cube三銃士 Mon STARS Concert ~Returns~」ゲスト出演(サンケイホールブリーゼ)
  • 2017年9月 「一路真輝 35周年記念コンサート」ゲスト出演(シアタークリエ、サンケイホールブリーゼ)[105]
  • 2019年5月 「Magnoliahall 10th Anniversary1~安蘭けい×遠野あすか~」(逸翁美術館マグノリアホール)[106]
  • 2021年4月 - 5月 「上野の森バレエホリデイ2021」安蘭 けい×柄本 弾クロストーク[107] ※オンラインイベント
  • 2022年1月 石丸幹二オーケストラコンサート「アンコール」ゲスト出演(東京文化会館
  • 2022年6月 「第72回全国植樹祭しが2022」 出演[108] ※ナビゲーター
  • 2022年10月 一路真輝40周年記念コンサート「True to Myself」ゲスト出演(浜離宮朝日ホール[109](予定)
  • 2022年11月 東京會舘創業100周年記念イベント「安蘭けい SPECIAL TALK & LIVE」(東京會舘)[110](予定)
  • 2022年12月 Thanks Musical Concert「A Gift For You」ゲスト出演(日生劇場)[111](予定)

ディスコグラフィー

CD

  • すみれの花咲く頃/さよなら皆様(2007年6月、宝塚クリエイティブアーツ)
  • 蝶〜Butterfly〜(2008年12月、宝塚クリエイティブアーツ)
  • arche(2010年6月、ポニーキャニオン)
  • AVANCE(2021年10月、Mizzo)

DVD

  • The Musical 「AIDA アイーダ」〜宝塚歌劇「王家に捧ぐ歌」より(2009年12月、宝塚クリエイティブアーツ)
  • 安蘭けい 箱舟2010(2010年10月、ポニーキャニオン)
  • 安蘭けい「ドキュメンタリー~もう一つの故郷 韓国 慶尚南道への旅~」(2012年4月、ホリプロ)

受賞歴

  • 2004年 第25回松尾芸能賞・新人賞(『雨に唄えば』『王家に捧ぐ歌』)[112]
  • 2008年 第34回菊田一夫演劇賞・演劇大賞(「『スカーレット・ピンパーネル』出演者・スタッフ一同」として)[24]
  • 2010年 第1回岩谷時子賞・奨励賞(『AIDA』『UNO』、および舞台生活20周年を機に今後の活動に期待して)[113]
  • 2012年 第38回菊田一夫演劇賞・演劇賞(『サンセット大通り』『アリス・イン・ワンダーランド』)[114]
  • 2020年 第28回読売演劇大賞・優秀女優賞 (『ビリー・エリオット』)[115]

書籍

  • 『Aran』(2011年10月、講談社) ISBN:978-4-06-217345-2

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 安蘭けい「第2章頑張る」…宝塚サヨナラ公演スポーツ報知、2009年4月27日6時00分 アーカイブコピー - ウェイバックマシン
  2. ^ a b c 安蘭けい公式ファンクラブAran Profile - 2012年12月16日閲覧
  3. ^ 宇野貴文、「宝塚男役スターから飛躍の舞台へ、新作では等身大の女性役 - ぴいぷるZAKZAK、2010年10月8日
  4. ^ a b 春原弥生 『宝塚語辞典 宝塚歌劇にまつわる言葉をイラストと豆知識で華麗に読み解く』誠文堂新光社、2017年2月、22頁。ISBN 978-4416516553 
  5. ^ a b "韓国人の誇り胸に 宝塚・星組トップ安蘭けいさん", 民団新聞, 2007-05-16.
  6. ^ a b c "<Korea Watch>2011年・飛躍を誓う在日コリアン", 東洋経済日報, 2010/12/28.
  7. ^ 安蘭けい「宝塚のトップを目指すことを諦めた瞬間に、運気が向いてきた」”. 婦人公論. 2022年5月31日閲覧。
  8. ^ The name ofタカラジェンヌ 安蘭けい”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  9. ^ 歌もダンスも芝居もこなす実力派:タカラジェンヌ夢の軌跡(1)”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  10. ^ 『安蘭けいメモリアルブック』阪急コミュニケーションズ、2009年、146頁。 
  11. ^ a b 星組日生劇場公演「雨に唄えば」始まる”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  12. ^ a b 星組「王家に捧ぐ歌--オペラ『アイーダ』より--」東京公演始まる”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  13. ^ a b 安蘭けい(ホリプロオフィシャルサイト)”. ホリプロ. 2022年5月31日閲覧。
  14. ^ a b c 元宝塚トップスター安蘭けい、宝塚時代の当たり役で女優業始動”. チケットぴあ. 2022年5月31日閲覧。
  15. ^ a b タカラヅカ90th きらめく星たち 星組 安蘭けい;ロマンチックに男役”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  16. ^ 『宝塚イズム7』青弓社、2009年3月4日、13頁。 
  17. ^ 薮下哲司 「宝塚支局-安蘭、初のオスカルで3役制覇 フェルゼン、アンドレ…大劇場では初」 スポニチアネックス、2006年2月25日
  18. ^ 星組トップスターに安蘭けい”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  19. ^ 教育文化ジャーナル コリアンワールド出自隠さない安蘭けいさんに人気
  20. ^ 星組 遠野あすか 娘役トップとして「ヘイズ・コード」でデビュー”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  21. ^ 『安蘭けい メモリアルブック』阪急コミュニケーションズ、2009年、168頁。 
  22. ^ 安蘭けい熱唱に作曲家が太鼓判「スカーレット-」」、スポニチ Sponichi Annex、2008年5月10日付
  23. ^ a b 日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーン Vol.4 『ミュージカル×オーケストラ』”. SUNTORY. 2022年6月3日閲覧。
  24. ^ a b 菊田演劇賞に安蘭けい主演の星組公演”. 日刊スポーツ. 2022年5月31日閲覧。
  25. ^ 「夢を叶え、悔いはない」宝塚星組・安蘭けい 退団会見一問一答”. asahi.com. 2022年5月31日閲覧。
  26. ^ 女優・遠野あすか、第1子出産「産声がとても高いソプラノで」…元宝塚・星組トップ娘役”. スポーツ報知. 2022年5月31日閲覧。
  27. ^ arche<通常盤>”. TOWER RECORDS ONLINE. 2022年6月3日閲覧。
  28. ^ 滋賀・湖南市制10年節目祝う 安蘭けい氏ら表彰”. 京都新聞 (2014年10月4日). 2014年10月9日閲覧。
  29. ^ 女優 安蘭けいが、芸能生活30周年を記念してお届けするプレミアムなコンサート!”. ホリプロステージ. 2022年6月3日閲覧。
  30. ^ 安蘭けい、30周年アルバムを10月にリリース「サンセット大通り」などの名曲を収録”. ステージナタリー. 2022年6月3日閲覧。
  31. ^ 星組 安蘭けい ニヒルな五右衛門熱演”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  32. ^ 星組 安蘭けい 「きれい」では終わらない”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  33. ^ 星組 安蘭けい“静”の小次郎 内面を表現したい”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  34. ^ 星組「さくら」「シークレット・ハンター」東京公演始まる”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  35. ^ 星組「エル・アルコン-鷹-」「レビュー・オルキス-蘭の星-」制作発表”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  36. ^ 星組「スカーレット ピンパーネル」制作発表”. ENAK. 2022年5月31日閲覧。
  37. ^ 2つの星組公演(1)『外伝ベルサイユのばら―ベルナール編―』”. asahi.com. 2022年5月31日閲覧。
  38. ^ 安蘭&遠野サヨナラは王道の演出 宝塚星組『マイ ディア ニューオリンズ/ア ビヤント』”. asahi.com. 2022年5月31日閲覧。
  39. ^ 安蘭けい、退団後初のブロードウェイ・ミュージカル”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  40. ^ 安蘭けいの歌の力にパリが見えた「エディット・ピアフ」”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  41. ^ 安蘭けい主演ミュージカル『MITSUKO』、プレイベントが開催!”. チケットぴあ. 2022年6月1日閲覧。
  42. ^ もうロミジュリには戻れない大人のドラマ!? 『アントニーとクレオパトラ』開幕目前”. チケットぴあ. 2022年6月1日閲覧。
  43. ^ 「瞳で全てを語る」安蘭けいの「サンセット大通り」”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  44. ^ ちょっと天然!?な安蘭けいのパワフルでエレガントなダンスに共演者も絶賛!”. WEBザ・テレビジョン. 2022年6月1日閲覧。
  45. ^ 松山ケンイチ、セミ役のこだわりは「鳴き方」 初舞台に意気込み”. ORICON NEWS. 2022年6月1日閲覧。
  46. ^ 【インタビュー】「ネクスト・トゥ・ノーマル」出演の安蘭けい”. Astand. 2022年6月1日閲覧。
  47. ^ 安蘭けい、忍成修吾を溺愛?『幽霊』稽古場レポート”. チケットぴあ. 2022年6月1日閲覧。
  48. ^ 安蘭けいがビリー・ホリデイ役でソロミュージカルに”. チケットぴあ. 2022年6月1日閲覧。
  49. ^ 安蘭けい、『アリス~』2年ぶり再演に自信”. チケットぴあ. 2022年6月1日閲覧。
  50. ^ ミュージカル『サンセット大通り』製作発表 2015年05月”. エンタメターミナル. 2022年6月1日閲覧。
  51. ^ 『CHESS』会見で安蘭けい、人生の大勝負は「宝塚歌劇団の合格発表のとき!」”. SPICE. 2022年6月1日閲覧。
  52. ^ 井上芳雄、安蘭けい出演『ひょっこりひょうたん島』初舞台化”. exciteニュース. 2022年6月1日閲覧。
  53. ^ Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔が舞台の中心で“愛”を叫ぶ!『TAKE FIVE 2』観劇レポート!”. エンタステージ. 2022年6月1日閲覧。
  54. ^ 安蘭けい 石丸幹二にぞっこん「ついていきたくなる」”. スポニチ. 2022年6月1日閲覧。
  55. ^ 新国立劇場「かさなる視点」第1弾、三島由紀夫×谷賢一「白蟻の巣」が開幕”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  56. ^ “大原櫻子が「リトル・ヴォイス」で舞台初主演、共演に安蘭けい”. ステージナタリー. (2016年10月3日). http://natalie.mu/stage/news/204044 2016年10月3日閲覧。 
  57. ^ 「スカーレット・ピンパーネル」石丸幹二が再演に手応え「魂の宿り方が違う」”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  58. ^ 大竹しのぶ×風間杜夫「27年前と変わらず息ピッタリ!」『リトル・ナイト・ミュージック』囲み会見”. エンタステージ. 2022年6月1日閲覧。
  59. ^ “中越典子、舞台「レインマン--」健康上の理由で降板”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/12/kiji/20180512s00041000185000c.html 2018年5月12日閲覧。 
  60. ^ 堤真一、安蘭けい、谷原章介、段田安則ら実力派俳優たちが挑むイプセンの『民衆の敵』が開幕”. SPICE. 2022年6月1日閲覧。
  61. ^ 客席がキャバレーに!?安蘭けい出演、串田和美演出「Mann ist Mann」開幕”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  62. ^ 「ハル」開幕、Hey! Say! JUMP薮宏太「令和まで1カ月、平成の大きな1ページに」”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  63. ^ 5回目の「空中キャバレー」に大森博史ら、ゲストに石丸幹二・安蘭けい”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  64. ^ 「あとは上に行くしかない」Sexy Zone菊池風磨が“狂気”で魅せる「ハムレット」開幕”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  65. ^ 「変半身(かわりみ)」開幕、松井周「小さな妄想がここまで大きくなった」”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  66. ^ 安蘭けい、濱田めぐみらが演じる“愛の悲劇”「サンセット大通り」”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  67. ^ 「ビリー・エリオット」本公演に安蘭けい「見どころは全部!でもあえて絞るなら…」”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  68. ^ オスロ合意もとにした「Oslo」開幕、坂本昌行「きっと何かしら心に刺さる」”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  69. ^ 「ジェイミー」いよいよ開幕!森崎ウィン&髙橋颯が艶やかなドラァグクイーンに”. フジテレビュー!!. 2022年6月1日閲覧。
  70. ^ 石丸幹二、安蘭けいら出演『蜘蛛女のキス』華やかな音楽が誘う、獄房で繰り広げられる究極のラブストーリー”. exciteニュース. 2022年6月1日閲覧。
  71. ^ 安蘭けい・望海風斗らが“生きている”実感届ける「ネクスト・トゥ・ノーマル」開幕”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  72. ^ ホリプロ『血の婚礼』公式サイト”. 2022年4月28日閲覧。
  73. ^ 木村達成&須賀健太が1人の女性を取り合う、舞台「血の婚礼」演出は杉原邦生”. ステージナタリー. 2022年4月28日閲覧。
  74. ^ ミュージカル「キングアーサー」タイトルロールに浦井健治、敵役に伊礼彼方・加藤和樹”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  75. ^ 鮮烈によみがえったトートに歓声、安蘭けい初コンサート”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  76. ^ 音楽家・ワイルドホーンの「友達」、豪華なキャスト集合”. asahi.com. 2022年6月3日閲覧。
  77. ^ 安蘭けい20周年コンサート「箱舟」 繊細な恋を描く”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  78. ^ 越路吹雪没後30年コンサート豪華キャスト”. 日刊スポーツ. 2022年6月1日閲覧。
  79. ^ 「CHESS」in concert 、初の日本版上演!”. オモシィ. 2022年6月1日閲覧。
  80. ^ 石井一孝&中川晃教出演の『CHESS in Concert』セカンドバージョンが始動!”. チケットぴあ. 2022年6月1日閲覧。
  81. ^ 安蘭けい×京フィルスペシャルコンサートin春秋座”. 2022年5月30日閲覧。
  82. ^ 安蘭けいコンサートに良知真次・中河内雅貴ら、スペシャルゲストは石丸幹二”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  83. ^ 『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』の出演者決定”. Astage. 2022年6月1日閲覧。
  84. ^ 安蘭けい「ドラマティック・コンサート」に石川禅、田代万里生”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  85. ^ シアタークリエ10周年「TENTH」開幕、日替わりキャストがあの曲を披露”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  86. ^ WOWOW「宝塚プルミエール LIVE 2018」公開収録ライブレポート”. SPICE. 2022年6月1日閲覧。
  87. ^ 安蘭けいが想いを語る~日韓の架け橋となってチャリティーコンサート『A Piece Of Courage』を開催”. SPICE. 2022年5月30日閲覧。
  88. ^ 越路吹雪の40回忌公演に 坂東玉三郎、一路真輝ら 豪華キャストが集結!”. OKMusic. 2022年6月3日閲覧。
  89. ^ 鹿賀丈史・市村正親ほか、オールスターキャスト出演 創業60周年を記念した『ホリプロミュージカル・コンサート』の開催が決定”. SPICE. 2022年6月1日閲覧。
  90. ^ 歴代エリザベート出演メンバーが集結 『エリザベート TAKARAZUKA25周年スペシャル・ガラ・コンサート』の出演者が決定”. SPICE. 2022年6月1日閲覧。
  91. ^ 安蘭けい、浦井健治、May J.、spiがミュージカル映画の名曲を披露 『グレイテスト・ヒッツ・フロム・ミュージカルムービー』の開催が決定”. SPICE. 2022年6月1日閲覧。
  92. ^ 2022年1月10日(月・成人の日)開催 みずほフィナンシャルグループ「第33回 成人の日コンサート2022」”. PR TIMES. 2022年6月3日閲覧。
  93. ^ 広末涼子、映画『くるみ割り人形』で声優初挑戦! 市村正親は1人4役に”. シネマカフェ. 2022年6月1日閲覧。
  94. ^ 足立梨花&優希美青、岡山舞台の映画でW主演!元宝塚トップ安蘭けい&白羽ゆり、女性役で初共演”. 映画.com. 2022年6月1日閲覧。
  95. ^ 音楽座ミュージカル「とってもゴースト」映画化、主演は安蘭けい&古舘佑太郎”. ステージナタリー. 2022年6月1日閲覧。
  96. ^ “妻夫木聡主演『危険なビーナス』追加キャストに小日向文世、斉藤由貴ら”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年9月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2171802/full/ 2020年9月13日閲覧。 
  97. ^ 番組初のオンラインイベントの開催が決定!初回には安蘭けい、柚希礼音、夢咲ねねが登場!” (日本語). フジテレビ. フジテレビジョン (2021年2月27日). 2021年4月2日閲覧。
  98. ^ ミュージカル『それぞれのコンサート』公開稽古”. 女性自身. 2022年6月1日閲覧。
  99. ^ スーザン・ボイル、感激で投げキス「また戻ってきます」”. 日テレNEWS. 2022年6月1日閲覧。
  100. ^ 安蘭けいの歌と武田真治のサックス、1日限りのコラボ”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  101. ^ 元宝塚トップの安蘭けい、甲子園球場で始球式に登場”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  102. ^ 平城遷都1300年祭フィナーレ 363万人が来場”. asahi.com. 2022年6月1日閲覧。
  103. ^ 安蘭けい、原田真二らチャリティーイベント”. 日テレNEWS. 2022年6月1日閲覧。
  104. ^ 宝塚とハローキティがタッグ 屋内型テーマパークでミュージカル上演”. Astand. 2022年6月1日閲覧。
  105. ^ 「一路真輝35周年記念コンサート」に花總まり、中川晃教、安蘭けい”. ステージナタリー. 2022年6月3日閲覧。
  106. ^ 阪急文化財団が贈る マグノリアホール10周年記念スペシャル Magnoliahall 10th Anniversary1 ~安蘭けい×遠野あすか~”. 阪急文化財団. 2022年6月3日閲覧。
  107. ^ 「上野の森バレエホリデイ」で柄本弾&安蘭けい、上野水香&松浦景子がトーク!町田樹らも”. ステージナタリー. 2022年6月3日閲覧。
  108. ^ 第72回全国植樹祭しが2022の開催は令和4年6月5日に決定!知事による開催日および西川貴教氏、安蘭けい氏の大会出演を発表する動画公開!”. 滋賀県庁. 2022年6月6日閲覧。
  109. ^ 一路真輝の40周年記念コンサート開催、ゲストは朝夏まなと・水夏希・安蘭けい”. ステージナタリー. 2022年7月22日閲覧。
  110. ^ 東京會舘創業100周年記念イベント|イベント|ニュース|東京會舘”. 東京會舘. 2022年9月30日閲覧。
  111. ^ Thanks Musical Concert『A Gift For You』”. ホリプロステージ. 2022年9月30日閲覧。
  112. ^ 第25回松尾芸能賞”. 松尾芸能振興財団. 2022年6月5日閲覧。
  113. ^ 岩谷時子賞【2010年 第1回】”. 岩谷時子音楽文化振興財団. 2022年6月5日閲覧。
  114. ^ 第三十八回菊田一夫演劇賞発表”. 2022年6月5日閲覧。
  115. ^ 第28回読売演劇大賞ノミネート決定”. 読売新聞オンライン. 2022年6月5日閲覧。

参考文献

外部リンク