愛原実花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あいはら みか
愛原 実花
生年月日 (1985-12-14) 1985年12月14日(36歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都北区
身長 163cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2004年 -
活動内容 2004年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2009年:雪組トップ娘役就任
2010年:宝塚歌劇団退団
2011年:芸能活動再開
著名な家族 つかこうへい(父)
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
公式サイト 愛原実花 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
凍てついた明日
情熱のバルセロナ
舞台
熱海殺人事件
グレート・ギャツビー
るろうに剣心
ドラマ
今日から俺は!!
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

愛原 実花(あいはら みか、1985年[1]12月14日[2][3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役[2][4]

東京都北区[2][3]日本女子大学附属高等学校出身[2][3]。身長163cm[2][3]。愛称は「みなこ」、「みか」[5]

所属事務所はホリプロ・ブッキング・エージェンシー[1]

来歴[編集]

2002年、宝塚音楽学校入学。

2004年、宝塚歌劇団に90期生として入団[6]。雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台[6][2][3]。その後、雪組に配属[6][2]

2005年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[2][3][6][7]

ダンサーとして早くから注目を集め、2008年の「君を愛してる」で新人公演初ヒロイン[8][6][2][3][4]。入団4年目での抜擢となった[3]。続くバウ・ワークショップ「凍てついた明日」で、大月さゆとダブルキャストでバウホール公演初ヒロイン[9][6][2][4]

2009年、白羽ゆり退団公演となる「ZORRO 仮面のメサイア」で、2度目の新人公演ヒロイン[10][2]。同年6月1日付で雪組トップ娘役に就任[4]水夏希の2人目の相手役として、「ロシアン・ブルー/RIO DE BRAVO!!」で新トップコンビ大劇場お披露目[11][2]

2010年9月12日、「ロジェ/ロック・オン!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を水と同時退団[12][4]。トップ就任してからわずか1年での卒業となった[4]

退団後はホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属となり、芸能活動を再開[1]

人物[編集]

実父は劇作家のつかこうへいである[6][2][3][4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2004年4 - 7月、雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー!』

雪組時代[編集]

雪組トップ娘役時代[編集]

  • 2009年7 - 10月、『ロシアン・ブルー』 - イリーナ・クズネツォワ、新人公演:マトローナ・ムラビヨフ(本役:千風カレン)『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』 大劇場トップお披露目公演[11][2]
  • 2009年11 - 12月、『情熱のバルセロナ』 - ロザリア・ジサント『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』(全国ツアー)
  • 2010年2 - 4月、『ソルフェリーノの夜明け』 - アンリエット『Carnevale(カルネヴァーレ)睡夢(すいむ)』
  • 2010年6 - 9月、『ロジェ』 - レア『ロック・オン!』 退団公演[12][4]

出演イベント[編集]

  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年6月、『百年への道』[2]
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

TV番組[編集]

  • グリーン&ブラックス(2017年〜2019年、WOWOW[39][40]

広告[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 愛原実花 公式プロフィール ホリプロオフィシャルサイト。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 初日に向けて必死なんですぅ/愛原実花 プレシャス!宝塚。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 初のヒロイン「重み噛みしめて」/愛原実花 プレシャス!宝塚。
  4. ^ a b c d e f g h i j 思い残すことない/愛原実花 プレシャス!宝塚。
  5. ^ 『宝塚おとめ 2010年度版』 阪急コミュニケーションズ、2010年、85頁。ISBN 978-4-484-10506-2
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 雪組 愛原実花 The name of タカラジェンヌII 産経新聞ENAK。
  7. ^ a b 100年史(人物) 2014, p. 77.
  8. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 316.
  9. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 241.
  10. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 317.
  11. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 196.
  12. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 198.
  13. ^ 八月納涼公演 - 御園座 (2011年08月) - 歌舞伎公演データベース”. 歌舞伎 on the web. 2022年5月13日閲覧。
  14. ^ 愛原実花再出発 公演中の父訃報から1年”. 日刊スポーツ (2011年7月24日). 2022年5月13日閲覧。
  15. ^ 2011年(平成23年)公演情報”. アーティストジャパン. 2022年5月13日閲覧。
  16. ^ 格調高く「鉄輪」の世界を伝えてくれた『土御門大路』”. 宝塚ジャーナル. 演劇キック (2012年5月25日). 2022年5月13日閲覧。
  17. ^ 2012年(平成24年)公演情報”. アーティストジャパン. 2022年5月13日閲覧。
  18. ^ オリジナル・ミュージカル『私のダーリン』稽古場レポート”. げきぴあ. チケットぴあ (2013年3月14日). 2022年5月13日閲覧。
  19. ^ 巴御前>スペシャル2”. 過去公演一覧. 明治座公式サイト. 2022年5月13日閲覧。
  20. ^ SHUNPU Gaiden~春風外伝~”. TOKYO 七福神 GEKIJO. 2022年5月13日閲覧。
  21. ^ 『ザ・オダサク』がミュージカルになって再演!愛原・姿月・高汐らが出演”. 宝塚ジャーナル. 演劇キック (2014年3月2日). 2022年5月13日閲覧。
  22. ^ SHUNPU Gaiden~春風外伝~”. TOKYO 七福神 GEKIJO. 2022年5月13日閲覧。
  23. ^ 2015年ツアー”. グレン・ミラー・オーケストラ Japan Tour. 2022年5月13日閲覧。
  24. ^ 演劇史上に燦然と輝く伝説の舞台が開幕!『熱海殺人事件』”. 宝塚ジャーナル. 演劇キック (2015年12月12日). 2022年5月13日閲覧。
  25. ^ 片岡信和、青木玄徳が後藤ひろひと「人間風車」に挑む、演出は岡本貴也”. ステージナタリー. ナタリー (2016年3月23日). 2022年5月13日閲覧。
  26. ^ @jnapifusha (2016年3月23日). "◼︎制作通信◼︎" (ツイート). Twitterより2022年5月13日閲覧
  27. ^ 過去の演劇の公演情報>ミュージカル「グレイト・ギャツビー」(※チラシ画像)”. 松竹衣裳株式会社. 2022年5月13日閲覧。
  28. ^ 角川裕明 (2016年8月26日). “知的に障がいのある若者たちの物語。”. ミュージカル映画監督の『角川的独言。』. 2022年5月13日閲覧。
  29. ^ 中山優馬の硬質な美が具現する天才クリエーター中原淳一の信念。『それいゆ』再演が開幕!”. 宝塚ジャーナル. 演劇キック (2017年4月11日). 2022年5月13日閲覧。
  30. ^ 「ポセイドンの牙」Version蛤”. メディアミックス・ジャパン. 2022年5月13日閲覧。
  31. ^ 市川知宏や瀬戸利樹が現代に続く物語を熱演『大きな虹のあとで』”. チケットぴあ (2018年8月3日). 2022年5月13日閲覧。
  32. ^ 『The Beginning Final』スペシャルキャスト第2弾発表!!”. 「凰稀かなめ」公式サイト. 2022年5月13日閲覧。
  33. ^ ブラックorホワイト? あなたの上司、訴えます!”. 松竹株式会社. 2022年5月13日閲覧。
  34. ^ 新内眞衣とWキャスト 熱海殺人事件 ラストレジェンド ~旋律のダブルスタンバイ~”. 株式会社アール・ユー・ピー. 2022年5月13日閲覧。
  35. ^ 紀伊國屋ホール新装開場記念公演ゲストヒロイン 新・熱海殺人事件”. 株式会社アール・ユー・ピー. 2022年5月13日閲覧。
  36. ^ ミュージカル『眠れぬ森のオーバード』”. マーベラス. 2022年5月13日閲覧。
  37. ^ 舞台「ドン・カルロス」”. 公式サイト. 2022年5月13日閲覧。
  38. ^ 氷川きよし特別公演”. 明治座 公式サイト. 2022年5月13日閲覧。
  39. ^ 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」収録に「マネージャー陣がざわつく」”. ステージナタリー. ナタリー (2017年3月21日). 2022年5月13日閲覧。
  40. ^ 福田雄一×井上芳雄「グリーン&ブラックス」”. WOWOWオンライン. 2022年5月13日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ a b 大月さゆと役替わり。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]