愛原実花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あいはら みか
愛原 実花
本名 生駒 みな子(いこま みなこ)
生年月日 (1985-12-14) 1985年12月14日(31歳)
出生地 日本の旗 東京都北区
国籍 日本
身長 163cm
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 2004年 -
活動内容 2004年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2009年:雪組トップ娘役に就任
2010年:宝塚歌劇団退団
2011年:芸能活動再開
著名な家族 父:つかこうへい

愛原 実花(あいはら みか、1985年12月14日 - )は、日本女優ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役。

東京都北区出身。身長163cm。愛称は「みなこ」、「みか」。

略歴[ソースを編集]

子供の頃から色々な舞台を鑑賞する機会はあったが、自分から積極的に見ていたわけではなかった[1]。中学3年時、進学予定の日本女子大学附属高等学校の文化祭で見た宝塚歌劇団同好会のパフォーマンスから宝塚に強い関心を持ち[2]、学校帰りに東京宝塚劇場に通い当日券目当てに並ぶ熱心なファンとなる[3]

宝塚受験を決意してからは1年間レッスンを積み、2002年、高校1年終了後に宝塚音楽学校の入学試験に1回目で合格し同年4月に同校に入学(90期生)。同期生には蒼乃夕妃(元月組トップ娘役)や香綾しずるなどがいる。

2004年、宝塚歌劇団入団(入団時の成績は2番)。雪組『スサノオ』『タカラヅカ・グローリー!』で初舞台を踏み、同年、雪組に配属された。

配属直後からショーのダンス場面やバウホール公演で目立つ役がつき、2005年阪急電鉄初詣のポスターモデルや2006年から1年間TAKARAZUKA SKY STAGE第5期スカイ・フェアリーズを務めた。

2006年度には愛宝会すみれ賞[4]を受賞。

2008年、『君を愛してる』新人公演で初ヒロインに抜擢。同年のバウホール公演『凍てついた明日』で、バウホール初ヒロインを果たす。

2009年白羽ゆりの後任として『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』『RIO DE BRAVO!!』より雪組トップ娘役に就任[5]水夏希の相手役を務めた。

2010年9月13日、雪組東京宝塚劇場公演『ロジェ』『ロック・オン!』の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。相手役の水と同時退団となった。

同年12月よりホリプロ・ブッキング・エージェンシーに所属。2011年8月、舞台『好色一代男』で芸能活動を再開した。2012年には大河ドラマ『平清盛』でテレビドラマに初出演した。

人物[ソースを編集]

  • 演劇人の両親を持つ(劇作家のつかこうへいとつか主宰の劇団員であった生駒直子[6][7]一人娘)。4歳からバレエを習ってはいたが、演技を学んだのは宝塚に入ってからとのこと[1]。また、家庭の方針でつか芝居の稽古場や楽屋に出入りすることはなく[2]、いわゆる芸能界とは隔てられて育つ。父と縁の深かった風間杜夫とは2011年の舞台共演が初対面であったという[8]
  • 父が亡くなったのは宝塚大劇場での自身の退団公演中であったが、舞台を休演することなく務めた。
  • 芸名は「好きな“愛”の字などを並べて、家族で考えた」。「愛の原っぱに、花が咲いて実るように」という意味が込められている[9]
  • 幼稚園から高校まで、日本女子大学の付属校で学ぶ[10]。宝塚歌劇団で同期の朝風れいは幼稚園からの同級生で、一緒にバレエを習いはじめた[11]

出演[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

宝塚歌劇団・雪組時代[ソースを編集]

  • 2004年11〜2005年2月、『青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム』新人公演=少年時代のフィンセント(本役・穂月はるな
  • 2005年4〜5月、バウホール公演WS『さすらいの果てに』クレア
  • 2005年6〜10月、『霧のミラノ/ワンダーランド』新人公演=エヴェリーナ(本役・晴華みどり
  • 2005年11月、全国ツアー『銀の狼/ワンダーランド』(全国ツアー)
  • 2006年2〜5月、『ベルサイユのばら-オスカル編』少年時代のアンドレ、新人公演=ルイーズ(本役・天勢いづる
  • 2006年6月、バウホール公演『やらずの雨』竹奴/お袖
  • 2006年9〜12月、『堕天使の涙/タランテラ!』新人公演=グレフィル伯爵夫人(本役・美穂圭子
  • 2007年2月、中日劇場公演 『星影の人Joyful!!Ⅱ』おゆき
  • 2007年5〜8月、『エリザベート』黒天使(マデレーネ)、新人公演=ヘレネ(本役・涼花リサ
  • 2007年10月、シアター・ドラマシティ他『シルバー・ローズ・クロニクル』ヴァージニア
  • 2008年1〜3月、『君を愛してる-Je t' aime-/ミロワール』クレマンティーヌ、新人公演=マルキーズ(本役・白羽ゆり*新人公演初ヒロイン
  • 2008年5〜6月、『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅-』ボニー/アニス(役替わり)*バウWS初ヒロイン
  • 2008年8〜11月、『ソロモンの指輪/マリポーサの花』グロリア、新人公演=アリシア(本役・天勢いづる)
  • 2009年1月、バウホール・日本青年館公演『忘れ雪』金井静香
  • 2009年3〜5月、『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア』夜の稲妻、新人公演=ロリータ/レディゾロ(本役・白羽ゆり)*新人公演ヒロイン

宝塚歌劇団・雪組トップ娘役時代[ソースを編集]

宝塚歌劇団退団後[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

テレビ[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 「重み噛みしめて」/愛原実花 日刊スポーツ 2008年1月21日掲載、2012年10月4日閲覧
  2. ^ a b ミュージカル『ラ・カージュ オ・フォール』出演 愛原実花さんインタビュー エンタメ ターミナル 2011年11月14日掲載、2012年10月4日閲覧
  3. ^ 思い残すことない/愛原実花 日刊スポーツ 2010年6月14日掲載、2012年10月4日閲覧
  4. ^ 宝塚歌劇団の公式後援会が毎年入団から3年目の新進娘役に贈る賞。
  5. ^ 雪組生え抜きのトップ娘役就任は2002年の紺野まひる以来7年ぶりであった。
  6. ^ 島崎今日子、AERA2016年1月25日号、50頁、『「現代の肖像」女優 愛原実花 運命と歩む演劇の娘』、朝日新聞出版
  7. ^ 父親は映画監督の生駒千里
  8. ^ 爆笑問題の日曜サンデー『27人の証言』 TBSラジオ 2012年7月8日放送
  9. ^ 産経ENAK The name of タカラジェンヌ|雪組:愛原実花 産経新聞 2008年5月19日掲載
  10. ^ 「宝塚」に出会った文化祭…愛原実花さん 読売新聞 2014年11月6日掲載、2015年3月10日閲覧
  11. ^ 宝塚GRAPH2010年5月号『波瀾爆笑!?我が人生』掲載

外部リンク[ソースを編集]