愛原実花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あいはら みか
愛原 実花
生年月日 (1985-12-14) 1985年12月14日(35歳)
出生地 東京都北区
身長 163cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2004年 -
活動内容 2004年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2009年:雪組トップ娘役就任
2010年:宝塚歌劇団退団
2011年:芸能活動開始
著名な家族 つかこうへい(父)
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
公式サイト 愛原実花 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
凍てついた明日
情熱のバルセロナ
舞台
熱海殺人事件
グレート・ギャツビー
るろうに剣心
ドラマ
今日から俺は!!
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

愛原 実花(あいはら みか、1985年[1]12月14日[2][3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役[2][4]

東京都北区[2][3]日本女子大学附属高等学校出身[2][3]。身長163cm[2][3]。愛称は「みなこ」、「みか」[5]

所属事務所はホリプロ・ブッキング・エージェンシー[1]

来歴[編集]

2002年、宝塚音楽学校入学。

2004年、宝塚歌劇団に90期生として入団[6]。雪組公演「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!」で初舞台[6][2][3]。その後、雪組に配属[6][2]

2005年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用される[6][2][3]

ダンサーとして早くから注目を集め[6][4]、2008年の「君を愛してる」で新人公演初ヒロイン[6][2][3][4]。入団4年目での抜擢となった[3]。続くバウ・ワークショップ「凍てついた明日」で、大月さゆとダブルキャストでバウホール公演初ヒロイン[6][2][4]

2009年、白羽ゆり退団公演となる「ZORRO 仮面のメサイア」で、2度目の新人公演ヒロイン[2]。同年6月1日付で雪組トップ娘役に就任[4]水夏希の2人目の相手役として、「ロシアン・ブルー/RIO DE BRAVO!!」で新トップコンビ大劇場お披露目[2]

2010年9月12日、「ロジェ/ロック・オン!」東京公演千秋楽をもって、相手役の水夏希と共に宝塚歌劇団を退団[4]。トップ就任してから僅か1年での卒業となった[4]

退団後はホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属となり、芸能活動を再開[1]

人物[編集]

実父は劇作家のつかこうへいである[6][2][3][4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2004年4 - 7月、雪組『スサノオ-創国の魁(さきがけ)-』『タカラヅカ・グローリー!』

雪組時代[編集]

雪組トップ娘役時代[編集]

  • 2009年7 - 10月、『ロシアン・ブルー-魔女への鉄槌-』 - イリーナ・クズネツォワ、新人公演:マトローナ・ムラビヨフ(本役:千風カレン)『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』 大劇場トップお披露目公演[2]
  • 2009年11 - 12月、『情熱のバルセロナ』 - ロザリア・ジサント『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』(全国ツアー)
  • 2010年2 - 4月、『ソルフェリーノの夜明け』 - アンリエット『Carnevale(カルネヴァーレ)睡夢(すいむ)-水面に浮かぶ風景-』
  • 2010年6 - 9月、『ロジェ』 - レア『ロック・オン!』 退団公演[4]

出演イベント[編集]

  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2008年12月、『タカラヅカスペシャル2008〜La Festa!〜』
  • 2009年6月、『百年への道』[2]
  • 2009年12月、『タカラヅカスペシャル2009〜WAY TO GLORY〜』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

TV出演[編集]

広告[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 愛原実花 公式プロフィール ホリプロオフィシャルサイト。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 初日に向けて必死なんですぅ/愛原実花 プレシャス!宝塚。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 初のヒロイン「重み噛みしめて」/愛原実花 プレシャス!宝塚。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 思い残すことない/愛原実花 プレシャス!宝塚。
  5. ^ 『宝塚おとめ 2010年度版』 阪急コミュニケーションズ、2010年、85頁。ISBN 978-4-484-10506-2
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 雪組 愛原実花 The name of タカラジェンヌII 産経新聞ENAK。
  7. ^ a b 愛原実花再出発 公演中の父訃報から1年 日刊スポーツ。

外部リンク[編集]