永井陽右

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

永井 陽右(ながい ようすけ、1991年- )は、日本のテロ・紛争解決スペシャリスト、特定非営利活動法人アクセプト・インターナショナル創業者・代表理事。テロリストとの交渉を業務とし、国際機関の専門家パネルも兼任。

人物[編集]

神奈川県海老名市出身。高校時代に地球温暖化の影響でツバルが海に沈んでしまうというニュースに衝撃を受けた経験から、他者を意識するようになる[1]

早稲田大学入学後、紛争テロにより世界で最も危険な場所とされているソマリアにおいて、日本人学生とソマリア人の若者と共に「日本ソマリア青年機構」を設立。ケニアで難民として暮らすソマリア人ギャングを更生させ治安改善を目指す活動に取り組む[2]。2016年からはソマリアでテロリストの更生活動も開始した[3]

2017年に日本ソマリア青年機構を「NPO法人アクセプト・インターナショナル」として法人化した。

経歴[編集]

受賞歴[編集]

選出[編集]

著書[編集]

  • 『僕らはソマリアギャングと夢を語る――「テロリストではない未来」をつくる挑戦』 英治出版, 2016年
  • 『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。――テロと紛争をなくすために必要なこと』合同出版, 2017年
  • 『共感という病』かんき出版, 2021年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ ソマリアのギャングに学んだ「テロ撲滅」へのアプローチ #30UNDER30” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2018年9月5日). 2021年7月15日閲覧。
  2. ^ Special Issue: これが本当の“クレイジージャーニー”ソマリアギャングと夢を語る早大生 (早稲田ウィークリー1403号)” (2016年7月13日). 2016年10月24日閲覧。
  3. ^ 小林香織 (2021年3月12日). “もっとも危険な紛争地ソマリアでテロリストの更生を支援する29歳、永井陽右さんの覚悟 | AMP[アンプ - ビジネスインスピレーションメディア]” (日本語). 2021年7月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 永井陽右 『僕らはソマリアギャングと夢を語る―「テロリストではない未来」をつくる挑戦』英治出版、2016年。ISBN 978-4-86276-222-1 

外部リンク[編集]