柳澤秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「栁澤秀夫」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
柳澤 秀夫
生誕 (1953-09-27) 1953年9月27日(63歳)
日本の旗 日本 福島県会津若松市
教育 早稲田大学政治経済学部
職業 ジャーナリスト
ニュースキャスター
活動期間 1977年 - 現在
代表経歴 NHK解説委員、NHK報道局記者

柳澤 秀夫(やなぎさわ ひでお、1953年9月27日 - )は、NHK解説委員を務める日本放送ジャーナリストである。

人物[編集]

福島県会津若松市出身。福島県立会津高等学校早稲田大学政治経済学部卒業後、1977年入局。横浜沖縄各放送局記者を経て1984年から外信部記者。バンコクマニラ各特派員、カイロ支局長を歴任し、カンボジア内戦湾岸戦争などを取材した。湾岸戦争時には西側諸国の特派員としてイラクに残って、インマルサットを使ったレポートを繰り返した「伝説的なテレビ記者」だった[1]

2000年解説委員に就任し、中東情勢を担当。9.11テロ事件イラク戦争などの影響により中東情勢に関するドキュメンタリー番組討論番組に頻繁に出演する。

ニュースウオッチ9』を担当していた2007年10月31日肺癌を患い降板、1年余りに渡って治療に専念していた。その後体調が戻ったこともあり、2009年から解説委員室が関わる番組に再び出演している。当初NHK広報室は肺癌ではなく単に「肺疾患」としていたが、不定期の出演番組が主体となって制作した2012年11月18日放送の『NHKスペシャル』で自ら初めて触れ、それが肺癌だったことを明かし[2]、自らの闘病体験を基に日本の癌ワクチン研究・開発に対する意見を述べた。

2012年6月15日付で、NHK放送総局解説委員長に昇進[3]。その後、解説委員に戻っている。

少年時より機械工作などを趣味として秋葉原ラジオ会館へ部品探しに通い[4]アマチュア無線技士として自作の無線機を用い、マイクロ波の47ギガヘルツで10ミリワットと微弱な空中線電力アマチュア無線局と交信[5]し、2014年11月中旬に77ギガヘルツで直線通信距離225キロメートルを記録[6]している。

マヨネーズは取材現場に持参するほど好物で、ミョウガを苦手とする。「ヤナギー」の愛称[7]で親しまれている。

出演番組[編集]

現在
  • あさイチ(番組開始から出演、2012年6月15日から不定期出演、2014年8月25日から本格復帰)
  • その他解説委員室制作関与の各番組(解説スタジアムなど)
過去の出演番組

脚注[編集]

  1. ^ 後藤さん殺害事件で「あさイチ」柳澤キャスターの珠玉の1分間コメント Yahoonews 水島宏明
  2. ^ 「腫瘍を摘出後抗癌剤治療を受けた」という形での説明。
  3. ^ NHK、地震取材の体制強化 管理職人事発表 共同通信ニュース 2012年5月31日閲覧
  4. ^ 『ステラフォーラム 柳澤秀夫キャスターの“ぴかイチ”50』ステラ 2011年9月7日発売号[要ページ番号]
  5. ^ お久しぶりです! あさイチブログ:NHK 2010年10月22日閲覧
  6. ^ 「突然ですが、無線の話です!」 あさイチブログ:NHK 2014年12月06日閲覧
  7. ^ NHK「あさイチ」敏腕記者ヤナギーに“第2の池上彰”の可能性 日刊ゲンダイ 2015年7月18日
  8. ^ 過去に『あさイチ』で肺癌について取材した企画放送における人物紹介のテロップで触れられている。

外部リンク[編集]