中江有里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかえ ゆり
中江 有里
本名 中江 幸恵
生年月日 (1973-12-26) 1973年12月26日(48歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市
身長 154 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 女優作家歌手
ジャンル 映画テレビドラマCMJ-POP
活動期間 1989年[1] -
事務所 オフィスクレヨン
公式サイト Yuri Nakae Official Website
主な作品
テレビドラマ
綺麗になりたい
白の条件
走らんか!
映画
ふたり
奇跡の山 さよなら、名犬平治
学校
風の歌が聴きたい
情報番組
週刊ブックレビュー
ひるまえ ほっと』ブックレビュー
 
受賞
日本アカデミー賞
第16回 新人俳優賞
『奇跡の山 さよなら、名犬平治』
その他の賞
第23回 BKラジオドラマ脚本懸賞
最優秀賞『納豆ウドン』
テンプレートを表示

中江 有里(なかえ ゆり、1973年12月26日 - )は、日本女優脚本家文筆家歌手。 本名、中江 幸恵(なかえ ゆきえ)[2]大阪府大阪市出身[2]。ウイングスジャパン(2015年から野村誠一ウイングスジャパン)→オフィスクレヨン所属。

来歴[編集]

人物[編集]

  • 趣味は映画鑑賞、読書、ピラティス。読書は年間300冊以上。
  • 特技は水泳手話
  • 私生活では、2002年にテレビ番組製作会社勤務の男性と結婚したが、2010年に離婚している[14]
  • 2017年12月1日『爆報! THE フライデー』同世代のライバルであった川越美和の孤独死に関して「何か私にできたことはあったんじゃないかな、って…」と無念を語っていた[15]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル c/w オリコン最高位
BMGビクター
1st 1991年10月21日 花をください
作詞:飛鳥涼
作曲:飛鳥涼
編曲:萩田光男
あのひと
作詞:青木せい子
作曲:立花瞳
編曲:萩田光男
48位
2nd 1992年4月8日 ままならぬ想い
作詞:来生えつこ
作曲:羽田一郎
編曲:萩田光男
大人になりたい
作詞:Gary Temkin & Don Stirling
作曲:Gary Temkin & Don Stirling
日本語詞:漣健児
編曲:萩田光男
43位
3rd 1992年7月22日 真夏の楽園
作詞:松井五郎
作曲:岸正之
編曲:岩本正樹
恋が綺麗になった
作詞:松井五郎
作曲:羽田一郎
編曲:岩本正樹
42位
4th 1992年11月21日 風の姿
作詞:中島みゆき
作曲:中島みゆき
編曲:山川恵津子
いつかあなたに逢ったら
作詞:松井五郎
作曲:井上大輔
編曲:岩本正樹
36位
5th 1993年5月8日 見つめてほしいの
作詞:PROJECT MOONLIGHT CAFE
作曲:PROJECT MOONLIGHT CAFE
編曲:萩田光男
まぶしい季節に
作詞:天野真澄
作曲:川上明彦
編曲:福田裕彦
56位

配信シングル[編集]

発売日 タイトル 収録アルバム 備考
U-CAN
1st 2020年10月28日 いつも
作詞:松井五郎
作曲:松本俊明
編曲:安部潤
Port de Voix 先行配信
2nd 2020年12月16日 プレゼント
作詞:松井五郎
作曲:玉置浩二
編曲:安部潤
[16]
先行配信
玉置浩二の同名曲のカバー
名前のない海
作詞:松井五郎
作曲:Qoonie
編曲:安部潤
未収録 [注 1][12][17]
Réaliser
作詞:松井五郎
作曲:中村由利子
編曲:安部潤
-
3rd 2021年9月8日 コントレール
作詞:松井五郎
作曲:崎谷健次郎
編曲:安部潤
-
空に星があるように
作詞:荒木一郎
作曲:荒木一郎
編曲:Qoonie
荒木一郎の同名曲のカバー[18]
4th 2022年3月16日 わたしのような誰か
作詞:松井五郎
作曲:マシコタツロウ
編曲:安部潤
-
このまま
作詞:松井五郎
作曲:Qoonie
編曲:Qoonie
-

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル オリコン最高位 備考
BMGビクター
1st 1992年5月21日 mémoire 52位
2nd 1993年5月21日 Deux couleurs 47位
U-CAN
3rd 2021年1月27日 Port de Voix 149位 同年4月14日ネット配信開始[19]

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
真夏の楽園 フジテレビ系『クイズ!年の差なんて』エンディングテーマ
恋が綺麗になった NTTハウディコードレスホン テレビCMイメージソング
風の姿 読売テレビ日本テレビ系ドラマ『綺麗になりたい』挿入歌
NTTコードレスルームテレフォン CMイメージソング

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ・情報番組等[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

  • 「歌だ!祭りだ!〜BS・TBSサマーパーティーin赤坂BLITZ!ファン感謝祭歌謡祭〜」(2009年8月27日)

ライブ[編集]

  • 「Réaliser」(2020年2月13日、東京・渋谷「JZ Brat」)[12]
  • 中江有里-Live streaming-「Port de Voix - acoustique」 produce by Goro Matsui(2021年3月17日、東京・目黒「BLUES ALLEY JAPAN」) - 配信ライブ[27]
  • 「Port de voix」(2021年5月23日、東京・渋谷「JZ Brat」)[28]
  • 「Bon anniversaire !」(2021年12月26日、東京・渋谷「JZ Brat」)[29]

書籍[編集]

写真集
  • DEUXMONTS(野村誠一 1993年4月、ワニブックスISBN 4-8470-2316-1
  • まばたき (野村誠一 1994年4月、講談社 ISBN 4-06-305029-7
ほか。
主な雑誌
ほか。
小説
エッセイ
絵本

脚本[編集]

テレビ[編集]

  • 先生道「初恋の先生」(BS-i)
  • 恋する日曜日(セカンドシーズン)「誰より好きなのに」(BS-i)
  • 文學の唄 恋する日曜日 「水仙月の四日」(BS-i)
  • Girl's BOX「箱入り娘のクリスマス」(BS-i)
  • カルピス・ドラマスペシャル 「父とわたしの秘密」(BS-i)
  • 恋する日曜日(第3シリーズ)「またあえる日まで」([BS-i)
  • 東京少女 山下リオ「私が欲しいもの」(BS-i)
  • 東京少女 水沢エレナ「好きといえない」(BS-i)
  • 東京少女 桜庭ななみ「小さな恋」(BS-i)
  • 東京少女 大政絢「幸福荘ものがたり」(BS-i)
  • 東京少女 岡本杏理「川の匂い」(BS-i)
  • 東京少女 瓜生美咲「東京タワー」(BS-i)
  • 東京少女 草刈麻有「もうひとりの私」(BS-i)
  • 東京少女 岡本あずさ「16年目の約束」(BS-i)
  • 東京少女 日向千歩「東京的少女」(BS-i)
  • 東京少女 真野恵里菜「10才のあたし」(BS-i)
  • 東京少女 ユ・ソルア「東京の休日」(BS-i)
  • Pocky 4 Sisters!(BS-i)[30]

ラジオ[編集]

その他メディア掲載[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 小説「トランスファー」の帯に載せる詩を松井五郎に依頼。その詩にメロディをつけて誕生した曲
  2. ^ a b NHKのテレビドラマとして製作され、テレビ放映後再編集して翌年1991年に劇場公開された。
  3. ^ a b 2004年4月29日にWOWOWのドラマWで放送された後、同年12月18日に劇場公開された。
  4. ^ 2017年度までは関東1都6県のみの放送だったが、2018年度より新潟・山梨・長野の3県にも放送範囲が拡大された。

出典[編集]

  1. ^ a b c 中江 有里”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2021年10月16日閲覧。
  2. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1990年3月15日号 p.50「プロフィール」
  3. ^ a b c d 40歳で通信制大学を卒業した中江有里が思い出す児玉清さんの言葉「人間は50から。そこから努力した人が伸びる」「文藝春秋」1月号「小さな大物」より(1)(2)(3)2022年2月4日 『文藝春秋』編集部
  4. ^ 日本タレント名鑑(発行:VIPタイムズ社)、1993年版「女性の部」570頁。1995年版「女性の部」644頁。
  5. ^ “「卒業生の中江有里さんをお招きして」”. 山吹会公式サイト. (2011年10月9日). https://yamabukikai2019.sakura.ne.jp/2011/10/09/%e3%80%8c%e6%96%b0%e5%ae%bf%e5%b1%b1%e5%90%b9%e9%ab%98%e7%ad%89%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%80%80%e5%89%b5%e7%ab%8b20%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%bc%8f%e5%85%b8%e3%83%bb%e8%a8%98%e5%bf%b5%e5%ba%a7/ 2020年11月24日閲覧。 
  6. ^ “BKラジオドラマ脚本賞 歴代入賞者”. NHK大阪放送局. https://www.nhk.or.jp/osaka/event/radiodrama/rekidai.html 2020年11月24日閲覧。 
  7. ^ OB・OGインタビュー(2013年度) 女優・脚本家・作家 中江有里”. 法政大学. 2014年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月24日閲覧。
  8. ^ 第21期文化審議会委員名簿(令和3年4月1日現在)文化庁
  9. ^ 第18期国語分科会委員名簿(2018年(平成30年)現在)
  10. ^ “売野雅勇氏が松井五郎氏と語り尽くす作詞の裏側”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年12月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201712180000669.html 2020年11月4日閲覧。 
  11. ^ “中江有里「10代の頃とは体も全然違うし、本当に思い通りにならない…」歌手活動再開でぶつかった“壁”、28年ぶりのアルバム制作裏話を披露”. TOKYO FM+ (エフエム東京). (2022年1月19日). https://tfm-plus.gsj.mobi/news/hJelFd87gK.html 2022年3月5日閲覧。 
  12. ^ a b c “中江有里が初ライブ16曲「まさか、こういう日が」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年2月14日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202002140000208.html 2020年2月14日閲覧。 
  13. ^ 「天皇の退位等に関する皇室典範特例法案に対する附帯決議」に関する有識者会議の開催について 内閣官房
  14. ^ ZAKZAK 2016.04.27
  15. ^ 元人気アイドル川越美和さん孤独死 “ライバル”中江有里が無念の思い デイリースポーツ 2017.12.01(2020年2月23日閲覧)
  16. ^ “中江有里の音楽配信第2弾、本日リリース!”. PR TIMES. (2020年12月16日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000826.000007628.html 2020年12月17日閲覧。 
  17. ^ “special issue『トランスファー』刊行記念”. つながる文芸web BOC (中央公論新社). https://www.chuko.co.jp/boc/column/transfer/ 2020年11月24日閲覧。 
  18. ^ “中江有里が荒木一郎デビュー曲「空に星があるように」含む新曲2曲リリース”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年9月9日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202109080000831.html 2021年10月17日閲覧。 
  19. ^ “中江有里28年ぶりアルバム 全7曲の思い入れ語る”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年1月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202101280000020.html 2021年1月28日閲覧。 
  20. ^ 【水島総・ドラマ選】アトランタホテル物語(1991年)[桜H27-5-26] https://www.youtube.com/watch?v=bfQGhj6VITc https://www.nicovideo.jp/watch/1432606633
  21. ^ “連続テレビ小説 走らんか!”. NHKアーカイブス (NHK). https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010424_00000 2020年11月24日閲覧。 
  22. ^ ”. NHK. 2021年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月7日閲覧。
  23. ^ “歴史スペシャル『弁慶』”. TVO (テレビ大阪). (2004年). https://www.tv-osaka.co.jp/tokubetu/benkei/index.html 2020年11月24日閲覧。 
  24. ^ 中江有里 2016年4月19日 - Facebook
  25. ^ “山本浩之アナ、19年ぶりのカツラかぶってドラマ初主演”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年10月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2079343/full/ 2020年11月24日閲覧。 
  26. ^ “江崎グリコ、ポッキーブランド浸透へ「四姉妹物語」映画化”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1994年7月29日). https://news.nissyoku.co.jp/news/nss-7737-0053 2021年5月30日閲覧。 
  27. ^ “中江有里が生配信ライブ 未発表の新曲も披露”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103170000794.html 2021年3月17日閲覧。 
  28. ^ “中江有里、昨年初ライブの会場で15曲熱唱「情熱あふれ出して」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年5月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105240000001.html 2021年5月30日閲覧。 
  29. ^ “中江有里、誕生日にライブ開催「本当にうれしいし、ありがたい」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年12月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202112260000927.html 2022年2月23日閲覧。 
  30. ^ “中江有里が脚本「四姉妹物語」再ドラマ化”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2008年11月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20081125-433478.html 2020年11月24日閲覧。 

外部リンク[編集]