北条民雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北条民雄

北条 民雄(ほうじょう たみお、旧字体:北條 民雄1914年9月22日 - 1937年12月5日)は小説家ハンセン病となり隔離生活を余儀なくされながら、自身の体験に基づく名作『いのちの初夜』などを遺した。本名:七條 晃司(しちじょう・てるじ)。

生涯[編集]

日本統治時代の朝鮮の首都京城(現・ソウル)に生まれる。生後間もなく母親と死別し、徳島県阿南市下大野町に育つ。

結婚もしたが、1933年にハンセン病を発病。翌1934年東京府北多摩郡東村山村全生園に収容される。自殺を決意して、所々を転々とし、早くから文学に関心を持ったが、入院後本格的に創作を開始した。『間木老人』により川端康成に注目され、彼を師と仰いだ。

1936年、『いのちの初夜』により第2回文學界賞を受賞。その他に『癩家族』『癩院受胎』などの作品を遺したが、結核のため夭折した。

ハンセン病に対する偏見や差別により、長らく本名は公表されていなかったが、出身地の阿南市が親族に2年間に亘り本名を公開するように説得した結果、2014年6月に親族の了承を得て、没後77年経ってようやく本名が公開された[1][2]

著書[編集]

伝記[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ハンセン病作家の本名を公表 遺族「存在取り戻すよう」”. 朝日新聞社 (2014年8月9日). 2014年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月9日閲覧。
  2. ^ ハンセン病作家、北條民雄の本名を公表 地元・徳島の冊子、生誕100年「業績を後世に」”. 産経WEST (2014年9月13日). 2015年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]