報道の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
報道の日
ジャンル 長時間報道特別番組
放送時間 12月下旬
(具体的な放送日時は年により異なる)
放送期間 2011年 -(6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 岡野保(総合P) ほか
出演者 関口宏
膳場貴子
ほか
音声 ステレオ放送[1]
字幕 リアルタイム字幕放送
外部リンク 第3回の番組公式サイト

特記事項:
リアルタイム字幕放送について、2013年までは11:25(第2部)以降に実施。
テンプレートを表示

報道の日』(ほうどうのひ)とはTBS系列で、2011年より毎年12月下旬に生放送されている長時間報道特別番組である。世界報道の自由の日とは関係がない。

概要[編集]

2011年3月11日午後に発生した東日本大震災を中心とした2011年国内外で起きたニューススポーツの出来事の振り返りや東日本大震災の被災地ドキュメントをメインテーマとした長時間報道特別番組として、『報道の日 2011 記憶と記録そして願い』を2011年12月25日 8:00 - 22:54(JST、以下略)に放送(中断ニュースあり)。「東日本大震災を記憶と記録に残す」ための「JNN大震災記録プロジェクト」として位置づけられた。

報道中心の大型特番は1993年から1995年12月30日31日に放送した『関口宏の報道30時間テレビ』以来となる[2]

2012年は12月30日 8:00 - 17:30に放送。1年を振り返るとともに、「テレビ報道60年の歴史」に広げた内容となった[3]

2013年は12月29日 8:00 - 18:00に放送。

2014年は12月28日 10:00 - 18:00[4]に放送。

2015年は12月30日 11:00 - 17:30[5][6]に放送。

2016年は12月30日 11:00 - 17:30に放送。

2017年は12月30日 11:00 - 17:30に放送。

2011年 - 2014年はいずれの年とも、12月最終の日曜日に開催されていた(2013年までは、第1部として『サンデーモーニング』の年末スペシャルからスタートを切っていた)が、2015年は初めて平日に放送、2016年も平日放送となる。2017年は初めて土曜日に放送。

放送日時[編集]

第1回
  • 2011年12月25日 8:00 - 22:54(JST、14時間54分、単独番組扱いである「ニュース」による中断時間帯を含む)
第2回
  • 2012年12月30日 8:00 - 17:30(JST、9時間30分、単独番組扱いである「ニュース」による中断時間帯を含む)
第3回
  • 2013年12月29日 8:00 - 18:00(JST、10時間、単独番組扱いである「ニュース」による中断時間帯を含む)
第4回
  • 2014年12月28日 10:00 - 18:00(JST、8時間、単独番組扱いである「ニュース」による中断時間帯を含む)[4]
第5回
  • 2015年12月30日 11:00 - 17:30(JST、6時間30分、単独番組扱いである「ニュース」による中断時間帯を含む)[5]
第6回
  • 2016年12月30日 11:00 - 17:30(JST、6時間30分、単独番組扱いである「ニュース」による中断時間帯を含む)
第7回
  • 2017年12月30日 11:00 - 17:30(JST、6時間30分、単独番組扱いである「ニュース」による中断時間帯を含む)

放送内容・出演者[編集]

第1回『報道の日 2011 記憶と記録そして願い』[編集]

全4部構成で放送された。

  • 第三部「3.11映像の記録〜あの日、何があったのか〜」(前半14:25 - 17:20・後半17:40 - 19:25)
    • コーナー開始から18:30までは「テレビ史上初の同時間帯ドキュメント」として、震災当日の映像(取材映像のほか、視聴者から事前に募集した映像)を、出来事が起こった時刻と同じ時間帯になるように放送して検証した。18:30からは「ブラックボックス〜リーダーたちの初動5日間〜」と題し、震災発生直後の首相官邸での対応を再現ドラマや当時の「リーダーたち」であった菅直人枝野幸男らのインタビューを交えて検証した。
    • 司会:膳場貴子
    • ゲスト:福和伸夫名古屋大学大学院教授)
    • ナレーター:掛川裕彦窪田等湯浅真由美槇大輔
    • 17:20 - 17:40 夕方ニュース【キャスター:小川知子・蓮見孝之(共にTBSアナウンサー)、増田雅昭(気象予報士)】

第2回『報道の日 2012』[編集]

全3部構成で放送された。なお、ニュースコーナーは前年度と異なり、第二部および第三部から完全に独立する形で放送された。

  • 第一部「サンデーモーニング年末スペシャル 〜ニッポンはよみがえるか?」(8:00 - 11:25)
    • 毎年、年末年始に放送される『サンデーモーニング』の特別編。例年どおり、前半は1週間のニュースとスポーツコーナー「週刊・ご意見番」、後半(9:40頃 - )を特集とした。
    • 司会:関口宏
    • キャスター:橋谷能理子、唐橋ユミ、滝本沙奈、水野真裕美(TBSアナウンサー)
    • コメンテーター:寺島実郎、田中優子、涌井雅之、金子勝、岸井成格
    • 「週刊・ご意見番」コメンテーター:張本勲、金田正一
    • ゲスト:西辻一真(「舞・ファーム」代表)、西口和雄(NPO法人代表)
  • JNNニュース(11:25 - 11:32)
    • キャスター:赤荻歩(TBSアナウンサー)
  • 第三部「政界大激変!来年のニッポンは?」(15:56 - 17:10)
  • JNNニュース(17:10 - 17:30)
    • キャスター:長峰由紀・赤荻歩(ともにTBSアナウンサー)
    • 天気キャスター:増田雅昭

※リアルタイム字幕放送は第二部と第三部において実施された。

第3回『報道の日 2013』[編集]

全2部構成で放送。この回より全編ステレオ放送を実施。

  • 第一部「サンデーモーニング年末スペシャル〜戦争の火種…[7]」(8:00 - 11:25)
    • 毎年、年末年始に放送される『サンデーモーニング』の特別編。例年どおり、前半は1週間のニュースとスポーツコーナー「週刊・ご意見番」、後半(9:25頃 - )を特集とした。
    • 司会:関口宏
    • キャスター:橋谷能理子、唐橋ユミ、滝本沙奈、水野真裕美(TBSアナウンサー)
    • コメンテーター:寺島実郎、澤地久枝(ノンフィクション作家)、目加田説子中央大学教授)、荻上チキ、安田菜津紀(フォトジャーナリスト)、岸井成格
    • 「週刊・ご意見番」コメンテーター:張本勲、上原浩治(米大リーグ・ボストンレッドソックス投手)
  • JNNニュース(11:25 - 11:35)
    • キャスター:赤荻歩(TBSアナウンサー)
  • 第二部「平成四半世紀 激動検証スペクタクル〜すべては元年から始まった〜」(11:35 - 17:40)
    • 平成元年」に起きていた出来事を中心に、「平成四半世紀」を振り返った。
    • 冒頭では、関口が国会記者会館の屋上から中継を行った。
    • 司会:関口宏、膳場貴子
    • ゲスト:恵俊彰(ホンジャマカ)、中江有里(女優・脚本家)、岸井成格
  • JNNニュース(17:40 - 18:00)
    • キャスター:長峰由紀・赤荻歩(ともにTBSアナウンサー)
    • 天気キャスター:増田雅昭

第4回『報道の日 2014』[編集]

全2部構成で放送。

  • この回では、当日の『サンデーモーニング』は通常どおりの放送となり、本特番から分離された。なお、『サンデーモーニング 新春スペシャル「群衆と戦後70年」』は翌週の2015年1月4日に放送された。
  • 第一部「ニッポンの岐路 今につながる重大ニュース“あれから何年”」(10:00 - 16:30、17:20 - 17:40)
  • JNNニュース(11:25 - 11:35)
  • 第二部「安倍政権とニッポンのゆくえ」(16:30 - 17:20)
  • JNNニュース(17:40 - 18:00)
    • キャスター:伊藤隆太林みなほ(ともにTBSアナウンサー)
    • 天気キャスター:増田雅昭(気象予報士)

第5回『報道の日 2015 ニッポン・ゼロからの70年』[編集]

5回目にして初の単独構成。また、初めて日曜以外の放送となる。

  • 司会:関口宏、雨宮塔子(フリーアナウンサー)
  • 進行アシスタント:皆川玲奈(TBSアナウンサー)
  • ゲスト:恵俊彰、本上まなみ(女優)、岸井成格
  • JNNニュース(11:40 - 11:50)
    • キャスター:蓮見孝之(TBSアナウンサー)
  • JNNニュース(17:10 - 17:30)
    • キャスター:蓮見孝之・水野真裕美(共にTBSアナウンサー)
    • 天気キャスター:河津真人(気象予報士)

第6回『報道の日 2016 世界を揺るがすテロ〜激動のアメリカと日本』[編集]

  • 司会:関口宏、雨宮塔子(フリーアナウンサー、『NEWS23』司会)
  • 進行アシスタント:皆川玲奈(TBSアナウンサー)
  • スペシャルゲスト:小池百合子東京都知事
  • ゲスト:恵俊彰、ホラン千秋(女優・タレント)、板橋功(公共政策調査会研究センター長)、岸井成格
  • JNNニュース(11:45 - 11:55)
    • キャスター:蓮見孝之(TBSアナウンサー)
  • JNNニュース(17:10 - 17:30)
    • キャスター:蓮見孝之・日比麻音子(共にTBSアナウンサー)
    • 天気キャスター:片山美紀(気象予報士)

第7回『報道の日 2017 激動の"日本×アメリカ×北朝鮮"今そこにある東アジアの危機!』[編集]

  • 司会:関口宏、雨宮塔子(フリーアナウンサー)
  • 進行アシスタント:皆川玲奈(TBSアナウンサー)
  • ゲスト:恵俊彰、ホラン千秋(『Nスタ』アシスタントキャスター)、平井久志(共同通信 客員論説委員)、中林美恵子早稲田大学教授)、岡本行夫(外交評論家)
  • JNNニュース(11:45 - 11:55)
  • JNNニュース(17:10 - 17:30)

備考[編集]

  • 途中、通常の夕方の定時ニュースに替わるニュースコーナーを内包した(キャスターは通常放送と同じ)。この際全国枠では、2011年は、公式かつ昼の『JNNニュース』で使われている見出しテロップではなく、夕方の『Nスタ』ベースのデザインで、通常『Nスタ』のロゴが入る球状の部分は「報道の日」と表記・置き換えられ、カラーリングもピンクと白を基調としたものとなった。
    • 2012年以降は『JNNニュース』の見出しテロップのカラーリングをピンクと白に変更し、『報道の日 (年号)』のロゴが付け加えられた。
  • 2011年の第三部では、コーナー趣旨から地震発生時の様子や津波の映像が多用された。そのため、視聴者の心理状況に配慮し、映像の冒頭には下部に「地震(津波)による強いストレスを感じたときには無理をせず視聴をお控えください」というテロップが出され、スタジオの膳場からも同様の告知をたびたび行った。

スタッフ[編集]

2014年

  • チーフディレクター:遠藤奏(フィクス)、土屋淳(TBSビジョン)
  • スタジオ演出:中島風
  • プロデューサー:高山裕之(MBS)、高橋典代(TBSビジョン)、匂坂緑里(TBSビジョン)、金冨隆
  • 総合プロデューサー:武石浩明
  • 企画・エグゼクティブプロデューサー:谷上栄一
  • 制作プロデューサー:西野哲史
  • 制作協力:JNN系列27局、TBSビジョン
  • 制作著作:TBS

脚注[編集]

  1. ^ 第1部の『サンデーモーニング年末SP』はモノラル音源で放送されていた(モノステレオ放送)。
  2. ^ 同番組では途中に別番組である『輝く!日本レコード大賞』と『全国高校ラグビー大会』を内包していた。
  3. ^ TBSホット情報 『報道の日2012』12月30日(日)あさ8時から9時間半の生放送が決定!テレビ報道60年の歴史を、世界各地で賞賛を浴びた、あの「同時進行ドキュメント」の手法で振り返る - TBSテレビ 2012年12月8日閲覧
  4. ^ a b TBSほか一部地域のみ、9:54 - 10:00に『もうすぐ報道の日2014』も別途放送。
  5. ^ a b 報道の日2015 TBSテレビ 2015年12月9日閲覧
  6. ^ EPG上の放送時間。実際の本編は17:10までで、17:30までの20分間は、「JNNニュース」を放送。
  7. ^ 当初は「憎しみを超えて…」という仮題が付けられていた

公式サイト[編集]

関連項目[編集]