福田裕彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福田裕彦
基本情報
出生 1957年5月3日(56歳)
血液型 A
学歴 早稲田大学第一文学部卒業
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル 映画音楽
ロック
ポップス
テレビドラマ主題曲
職業 作曲家編曲家キーボード奏者
担当楽器 キーボード
活動期間 1980年 -
事務所 (株)大頭

福田 裕彦(ふくだ やすひこ、1957年 - )は、日本音楽プロデューサー及び作・編曲家。東京都板橋区出身。早稲田大学文学部卒業。自身が代表取締役をつとめるクリエイターカンパニー、大頭主催者。その活動は多岐にわたる。

来歴[編集]

東京都板橋区に生まれる。東京都立竹早高等学校卒業後の1976年早稲田大学第一文学部に進学。1978年には、YAMAHA主催のバンドコンテスト「EAST WEST 78」決勝大会で優秀賞を受賞。

早稲田大学卒業後の1980年に、ベーシスト鳴瀬喜博(現・カシオペア)、ドラマー岡井大二(元・四人囃子)らと結成したバンド「QUYZ」のキーボード奏者としてプロデビュー。翌1981年、ギタリスト山岸潤史のソロアルバム「ALL THE SAME」にセッションミュージシャンとしてレコードデビュー、同年、斎藤英夫らとのバンド「YOU」で、メジャーデビュー。1982年デビュー前の爆風スランプに参加、1983年南こうせつのツアーに参加。以降、スタジオプレイヤーとして、シブがき隊松田聖子佐野量子などからKODOMO BAND浜田省吾村下孝蔵尾崎豊大沢誉志幸、爆風スランプにいたるまで、1000曲を超えるレコーディングに参加。また、生方則孝と共にYAMAHAのデジタルシンセサイザーDX7用音色ソフト「生福」を開発し、1984年に発表。これは国内のスタジオ業界を席巻、海外でも高い評価を得た。「CS01パーフェクト活用法」「DX7パーフェクト活用法」「DX7Ⅱパーフェクト活用法」などのシンセサイザー関係著作も多く、特に「DX7パーフェクト活用法」は、当時難解とされたFM音源のロジックを明解に説明した解説書として広く売れ、英訳バージョンも出版された。 1988年には「生福」ユニットでオリジナルアルバム「内容の無い音楽会」を発表、カルト的人気を獲得。翌年、同ユニットでファミコンソフト「キャプテンED」を制作する。また、同年から2年間鈴木雅之のツアーに参加。鈴木のオファーにより、J-WAVEの音楽番組にコントを執筆。1989年には、自身の80年代を音楽活動を通じて得たノウハウを全て総括したSF小説仕立ての「福田裕彦のスーパーロックキーボード」を執筆。

1990年から「エンペラー福田」名義で爆風スランプのツアーに参加。同年、アレンジを担当した小泉今日子の「見逃してくれよ!」がオリコン第1位を獲得、ビクターヒット賞を受賞。以降は主に作編曲家として活動。宍戸留美中江有里、爆風スランプ、NOB、MASAKIおおたか静流鈴木結女宇都宮隆谷村有美木村由姫玉木宏他、数多くの作編曲を手がける一方、「スーパーボンバーマン」シリーズ、「ジェリーボーイ」「天外魔境II 卍MARU」、「エメラルドドラゴン」などのゲーム音楽、「11人いる!」「ビースト三獣士」「ヘリタコぷーちゃん」などのアニメ音楽も多数制作。一方で放送作家、コラムニスト、コミック原作者、作詞家としても活動を展開、マルチな才能を見せる。 1996年執筆の「ピアノコードワーク入門」(音楽之友社)、1999年執筆の「CDで学ぶ作曲入門」(ナツメ出版)は、ともに2006年に加筆修正されて再発売された。(YAMAHAミュージックメディアより再発売された「CDで学ぶ作曲入門」は、「誰も書かなかった作曲のウラ話」と改題)。 1996年以降、俳優・岸谷五朗の発起により始まったチャリティLIVEイベント「A.A.A.(Act Against AIDS)バラエティin武道館」の音楽監督を務める。1998年からは、浜田省吾の4年間に渡るロングツアー「ON THE ROAD 2001」に参加、キーボード、ストリングスアレンジを担当する。

2003年にはPS2専用ゲームソフト「OVER THE MONOCHROME RAINBOW featuring SHOGO HAMADA」の企画、総監督を務める。2004年「剣伎衆かむゐ」のファーストDVD「斬雪」をプロデュースする。翌2005年再び浜田省吾のLIVEツアー「MY FIRST LOVE」に参加。現在も浜田省吾ツアーのキーボードプレイヤーを務めている。2010年~2011年にかけては井上陽水のツアー「POWDER」にも参加。

人物[編集]

音楽教師の父親と熱心なクラシック音楽ファンである母親の指導のもと、4歳でピアノのレッスンを始めるが、厳しいレッスンのストレスから6歳でチック症を発症、ピアノレッスンの強要は無くなった、と語っている。その後アニメや特撮番組の耳コピーをして数年すごすが、10歳の時クラシックピアノのレッスンを再開、17歳まで「なんとなく」(本人談)続ける。中学を卒業するまでは「クラシック音楽にあらずんば音楽にあらず」という両親の頑なな態度が崩れず、中学になって好きになったエルトン・ジョンのアルバムなどを両親の留守を狙って聞いていたと言う。

中学校時代の学業成績は極めて優秀で、両親から常に学年でトップであることを義務付けられていたプレッシャーから逃れるため、逆に月に原稿用紙500枚以上のSF小説を書き散らしていた。都立竹早高校進学後は、友人とロックバンドを組み、文芸部の部長として機関紙を発行しながら映画を撮り、「実に正しい文化系不良としての3年間を過ごした」が、基本的には鬱であり毎日が本当にしんどかった、とも語っている。17歳の時、自費出版のLPアルバム「ROTTEN PEACH」を発表している。

早稲田大学進学後は「いわゆる五月病が卒業するまで抜けず」、クラブにも属さず、高校時代に組んだ友人たちとのバンドサークルを維持。定期コンサートを行ううち、1978年日本楽器主催のバンドコンテストEAST WEST78に自己のインストゥルメンタルバンド「夢職人」で出場、優秀賞を受賞。翌1979年、「知り合いに頼まれて」ソウル系のバンドを組織、EAST WEST79に出場した際、予選会の審査員だったギタリストの山岸潤史に見出され、同年秋YAMAHAがカルロス・サンタナを招へいして行ったライブイベント「サンタナ・ギターウォーズ」にキーボーディストとして参加。これが実質的なプロデビューとなる。

同年、YAMAHAのシンセサイザー拡販事業の一環であるシンセサイザースクールの講師となり、神田宮地楽器でシンセサイザーを教え始める。YMOの登場などで市場は活況を呈し、このシンセサイザースクールも多くの生徒を集めた。1981年入学の生徒には、後にテレビアニメ『超時空要塞マクロス』でアイドル歌手リン・ミンメイ役の声優となる飯島真理もいた。

ブログを始めとする様々な文章において、自らを「パロディスト」「かなり激しく屈折した性格」と呼び、「センターを取るよりも周辺に位置して自由な立場をキープしていたいタイプ」と定義している。また、過去には「映画作家を目指して早稲田文学部に進学したのに、4年間であっさり変節してミュージシャンになってしまった薄弱な意志の持ち主」との記述もある。

基本的にはユーモアを好み、「ユーモアのないものは芸術ではない」と明言、「内容の無い音楽会」発表時には「拍手よりも笑い声を聴きたい」と語り、その後も鈴木雅之のJWAVEの番組に1年間にわたりコントのシナリオを提供していた。1989年にはTBSのお笑い新人発掘の深夜番組から「生福」での出演依頼が舞いこんだが編曲の仕事が忙しく果たせず、「もしあの番組に出演していたら、自分は音楽家よりも放送作家の道を選んだかも知れない」と語っている。

1999年には日本テレビの人気番組(当時)のウッチャンナンチャンのウリナリのコーナーで、ポケットビスケッツが3人それぞれソロでCDデビューした際に内村テル(内村光良)が、「青の住人(すみびと)」のピアノ演奏(かなり高度なレベルを要する)を弾いておらず、代わりに福田が弾いていた事が発覚(番組内では内村の影武者と呼ばれる)し、番組内で有名人になる。 その後、内村が生放送で青の住人の演奏をするという特番に再び登場した。この時、アノマロカリスという生物のフィギアを持ってきて、「これの腹に触ったら落ち付く」と言って内村に触らせるキャラクターとして登場。この頃から、「アロマノカリスのおじさん」と呼ばれ、その後ウリナリ実行委員会の面々とCD発売を賭け勝負した際も、アノマロカリスを持ってきて、しかも「アノマロカリスの歌(まんま大きな古時計の替え歌)」を披露していた。

2006年実相寺昭雄プロデュースのDVD「怪獣のあけぼの」に音楽協力。また同年7月「多種多様なクリエーターによる「創出物」のジャンル的境界とクリエーター間の垣根を取り払い、幅広くフレキシブルなクリエーターのネットワークを創出する」ことを目的として、株式会社 大頭を設立、新たに設立されたレーベル「大頭視聴覚」より、「世界初のフィッシュロックバンド『漁港』」のアルバムなど、様々なCDを送り出す。

プロフィールに「怪獣、特撮、C級以下のSF映画が趣味」と記す場合も多く、怪獣フィギア収集家としては、友人のなべやかんの著作「コレクターという病」(2012)に紹介され、自らも個人ブログ等でたびたびそのコレクションを紹介している。現在、趣味的音楽活動として、オペラ歌手の高野二郎(「電人ザボーガー」の主題歌を歌唱)と、実写特撮ソングだけを演奏するアコースティックユニットである「JURAN JURAN」を結成、年に2~3回のライブを行っている。

主な作品(映像関係)[編集]

映画音楽[編集]

  • 「国東物語」村野鐵太郎監督(編曲)1983年
  • 11人いる!」出崎哲監督 1987年
  • ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発河崎実監督 2008年
  • ロボゲイシャ井口昇監督 2009年
  • 「爆発!スケ番ハンターズ 総括殴り込み作戦」中平一史監督 2010年
  • 「アイコンタクト」中村和彦監督 2010年
  • 電人ザボーガー」井口昇監督 2011年
  • 「ゾンビアス」井口昇監督 2011年
  • 「はらぺこヤマガミくん」井口昇/塩崎遵/西村喜廣監督 2012年
  • デッド寿司」井口昇監督作品 2012年
  • 「ABC's Of DEATH」井口昇監督作品 2012年
  • 「HELL」西村喜廣監督作品 2013年
  • 「アナタの白子に戻り鰹」今井真監督作品 2013年
  • 「ヌイグルマーZ」井口昇監督作品 2014年

TV番組[編集]

ゲーム音楽[編集]

WEB番組[編集]

舞台[編集]

  • 「SONG WRITERS」シアタークリエ 2013年

主なライブバックアップアーティスト[編集]

出演[編集]

  • ウルトラゾーン 第18話「ラゴン一家」・第21話「さすらいのM1号 完結編」(2012年) - お客 役

外部リンク[編集]