11人いる!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

11人いる!』(じゅういちにんいる!)は、萩尾望都による日本の中篇SF漫画

概要[編集]

「11人いる!」は、漫画雑誌『別冊少女コミック1975年9月号から11月号に連載された[1]1976年、第21回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。

宇宙大学の入試最終テスト(最終日程の最後の科目)の試験会場である“外部との接触を絶たれた宇宙船”を舞台に、宇宙のさまざまな国からやって来た11人の受験生が、疑心暗鬼のなかで反目しつつ、信頼関係を築き合いながら友情や恋を培い、非常事態を乗り越えようとするさまを描く。発表当時の少女漫画ではまれな、本格的なSFだと衝撃を与えた。綿密な設定と魅力的な登場人物、緊張感のある構成は完成度、影響力共に高い。「11人いる!」というインパクトのある題名も高評価を受けている。

作者によると、本作のヒントの1つになったのは、宮沢賢治の童話『ざしき童子のはなし』であるという[2]。舞台を宇宙船内に設定したのは、ざしき童子を基にしたストーリーを考えていた高校生当時、SFが好きで宇宙船内で起こる事件を色々考えていたため、と語っている[3]

続編に「続・11人いる! 東の地平・西の永遠」、番外編に「タダとフロルの スペース ストリート」がある。いずれも「11人いる!」とはストーリー上の関係が薄く、番外編には11人の中で登場しない人物もいる。

テレビドラマ・映画・舞台にもなっている。

世界観[編集]

ワープ航法と反重力推進の発明により、地球人類が宇宙へ進出を果たしている未来。人類は200年の間に51の惑星を開拓したが、異星人の遺跡の発見、および異星人とのファーストコンタクトを経て団結する必要に迫られ、総合政府・テラを樹立する。

その後、サバ系、ロタ系、セグル系の3大国で構成される星間連盟に、地球および周辺惑星もテラ系として加盟。400年の時を経てロタ、セグル、サバに次ぐ国力を獲得した。異なる種族間同士の遺伝交配はロタ系を除き可能。

テラ
星間連盟に加盟している4大国中、国力で第4位。人口で第1位。地球と51の植民地惑星からなる総合政府。
サバ
国力では第3位。人口では第2位。メンタリティの面でテラ系と多くの類似性を持つ。そのためテラ系にとっては好敵手と呼べる存在。バセスカいわく「サバ系は総じて美形が多い」が、トトのような例外もいる。
セグル
国力では第2位。人口では第3位。サバをしのぐ歴史と伝統を誇る由緒ある星系。
ロタ
国力では第1位。人口では第4位。特殊な宗教下にあるため、交易自体が困難とされている。作中ではロタ系人種が1人も登場していないため詳細不明。

上記4星系に属さない惑星もあり、作中ではフロルの出身星がそれにあたる。

宇宙大学国
テラ(地球連邦総合政府)によって設立された、1つの惑星が丸ごと大学という学園国家の様相を呈している機関。モットーは「自由・調和・博愛」。惑星全体をバリヤーで包み込み他国の武力を退ける程の高度な科学技術を保有し、テラから勉学の権利を絶対に保障されている。作中の時点で創立から300年を数える。入試は2年半に1度で、各星系から多くの人材が集まるが、合格率は0.007パーセントという超難関である(第1次試験0.1パーセント、第2次試験10パーセント、最終試験70パーセント)。

11人いる![編集]

あらすじ[編集]

宇宙大学の受験生である主人公タダトス・レーン(タダ)は、最終テストである実技試験(協調性のテスト)として、筆記試験の成績に基づいて組まれた10人チームのメンバーとなり、漂泊中と仮定して外部との連絡を断たれた宇宙船・白(はく)号の乗員として53日間船内にとどまるよう言い渡される。だが白号に乗り込んでみると、そこにいたのはなぜか1人多い11人。大学側に事態を知らせようにも連絡手段は司令室(ブリッジ)に設置された非常用赤ボタンのみであり、押せばチーム全員が不合格になってしまう。試験合格のため、11人は互いに疑念を抱きながらも規定の53日間を過ごすことに決める。

11人目という不測の存在を抱えつつも試験は順調であるかのように見えたが、白号の軌道が公転軌道から外れて恒星「青」に近づいていくというアクシデントにより、船内温度が徐々に上昇。さらに船内温度が40℃に達すると、船内に繁茂している野生化した電導ヅタに起因する死亡率93パーセント、空気伝染の伝染病・デル赤斑病が発生する可能性があることが判明し、11人はこの危機を回避するための行動を迫られる。

暑さと伝染病への不安が疑心を煽り、一時はタダを11人目として殺害しようとする騒ぎにまで発展するが、各人の機転や努力で互いに協力し合えるようになり、遂に白号の軌道変更とワクチン抽出に成功する。しかし45日目を迎えたところでフロルが発症したため、タダたちは棄権を申し出ることを決め、非常用ボタンを押した。

ところが試験終了後、実は11人目とは53日目までに非常用ボタンを押させるために大学側が仕組んでいた受験用のワナであり、受験生70チーム全てが1人多く組まれていたという事実が明かされる。11人目による妨害工作と予定外のアクシデントにも関わらず全チームの中で最長期間を耐えたタダたちのチームは首席合格と通知され、彼らはそれぞれの未来へと旅立っていくのだった。

登場人物[編集]

タダトス・レーン
主人公の少年。愛称はタダ。テラ系シベリース出身。真面目だが少々押しに弱い。優れた直感力(テレパシーに似たシベリース特有の超能力の一種)があるが、白号に来てから調子が狂い始める。
実は5歳の頃、当時現役客船として運用されていた白号に乗船していた。そこで今回の試験と同様にデル赤斑病の発生に遭遇、自身はワクチン接種を受けて助かったが、両親を含む乗員の9割・1万人以上がワクチン不足により集団感染し死亡するという惨事を経験している。当時の記憶は長老(当時の白号の船長で、ワクチンなしで生命を取り留めた乗員の1人)により封印され忘れ切っていたが、試験の中で電導ヅタとデル赤斑病について調べているうちに思い出した。大学入学後、超能力開発コースに誘われ、訓練により直感力に加え念動力も発現させる。
フロルベリチェリ・フロル
愛称はフロル。星系未所属の辺境惑星ヴェネ出身。
金髪巻き毛の美少女的な容姿で、当初グループはマン(男性)チームだと思っていた皆を驚かせる[4]。きっぷのよい性格で細かいことに拘らず、また脅しに屈しないなど誇り高い一面もあるが、ちょっとしたことで悲鳴を上げる怖がりな面も併せ持つ。辺境星出身でまっとうな星間用語を習わなかったのか、話す言葉はべらんめえ調(他のメンバーからは「酷い俗語だ、外見の割にあんまりだ」と落胆されている)。自身が女性視されることを特に嫌悪している。
実態は雌雄未分化の完全体。ヴェネ人はいずれも完全体として生まれ、長子以外は人為的にホルモンを投与され女性となる決まりだが、フロルは末子であるにも関わらず男性化を希望したため「宇宙大学に合格できたら特例として男になることを認める」という条件を受けて受験しに来ていた。
マヤ王バセスカ
サバ系アリトスカ・レ出身。愛称は「王さま」。試験執行の半月前にコモフ領の王位を継承したマヤ王。受験は腕試しとしてのものであり、合格しても大学には通わず統治のために国に帰らなくてはならない。高いカリスマ性とリーダーシップを併せ持つ一方で直情的な面もあり、ガンガにケガを負わせたタダを11人目と疑って排斥しようとした。
ソルダム四世(フォース)ドリカス
サバ系アリトスカ・ラ出身。バセスカの出身星アリトスカ・レは隣接星。そのため、バセスカと真っ先に打ち解ける。理知的で穏やかな性格。愛称は「フォース」。
アマゾン・カーナイス
テラ系シュシュ出身。気さくな性格だが少々せっかち。シュシュは狩猟が盛んなため全身縫合痕だらけだが、本人が言うには少ない方である。大きなボタンの衣装を着用している[5]
チャコ・カカ
テラ系クエス出身。色黒の肌に天然パーマ。関西弁なまりの星間用語を話す。
ドルフ・タスタ
テラ系ペロマ出身。愛称は「赤鼻」。体は大きいが気は弱い。
トト・ニ
サバ系ミス出身。耳が大きく気が小さい。農業と植物の専門家。
ヴィドメニール・ヌーム
星系未所属の辺境星ヴィヌドー出身で、同星からは初めての受験生。愛称は「ヌー」。長身で整った顔立ちだが、全身が青い鱗に覆われている特異な外見を持つ。思慮深い性格。
ヴィヌドー人の中に一定の割合で現れる「ヴィドメニール」[6]と呼ばれる雌雄未分化の完全体。生殖不可能であるため、星のしきたりに従って[7]となった。ある意味同類であるフロルの実態を真っ先に指摘していた。
ガニガス・ガグトス
サバ系トレドレーガ出身[8]。愛称は「ガンガ」。トレドレーガでは専門教育が徹底しているため、実践的な知識が豊富。
トレドレーガ型青緑色クロレラの栽培方式によるサイボーグ。クロレラ培養なので血液や内分泌器官に至るまで全身緑色。11人目の妨害行為によるタダのミスで負傷するも、ミスの経緯の不自然さからタダの肩を持つ。機転が利き[9]、デル赤斑病の脅威を前になおメンバーが団結しなかった際には、自ら11人目だと虚偽の申告をすることで結束を固めさせた。
グレン・グロフ
セグル系灰白色星出身。「まるで岩石人間」と評される容姿を持ち、愛称は「石頭」。生真面目な性格。
正体は地球総合政府の大佐かつ宇宙大学教官[10]であり、大学によって仕組まれた真の「11人目」。その任務は「53日目までにスクランブルを起こし非常用のボタンを押させることと、受験生の生命を守ること」。テレパシストでもあり、この能力を妨害行為に活用していた。

東の地平・西の永遠[編集]

「続・11人いる! 東の地平・西の永遠」(ひがしのちへい・にしのとわ)は、漫画雑誌『別冊少女コミック』1976年12月号から1977年2月号に連載された。大学入学資格者になったまま帰郷したマヤ王バセスカが統治するアリトスカ・レと宇宙大学を舞台に、前作の受験生たちが大学生になってからを描く。

前作が好評だったためメンバー11人全員の惑星出身地の構想であと11本作品ができると作者は思ったが、主人公のタダがいい子過ぎてうまく動かなかったため断念し、結局その構想が実現したのはマヤ王バセスカとソルダム四世ドリカスの出身地を舞台にした本作のみであった[11]

あらすじ(続)[編集]

バセスカの出身星アリトスカ・レ(東の地)とフォースの出身星アリトスカ・ラ(西の地)の間には、アリトス母星の鉱山を巡る武力紛争が続いていた。タダとフロルはバセスカに招かれ東の地を訪れるが、そこでは急進派と古典派が対立していた。滞在中に起こった急進派によるクーデターに巻き込まれ、譲位を拒否して反逆罪に問われたバセスカ共々収監されてしまう。別の場所へ護送される途中、新王を認めないアマン伯爵に救われ脱走する。

バセスカを排除した東の新政権は西の地に宣戦布告、西の鉱山に侵攻する。対する西の地は休戦協定を結ぶべく和平使節団を派遣するが、漁父の利を得ようとするドゥーズ大国の陰謀により使節団が殺害され、東西両国とも大混乱に陥る。逃走中で行方不明となったバセスカはすべての濡れ衣を着せられ、タダ、フロルと共に宇宙大学へ逃げ込んだ。

大学がテラ政府により絶対保障された学生の勉学の権利を根拠に、バセスカの身柄保護、武力行使への対抗を宣言したため、直接手出しができなくなってしまった西の地は、宇宙大学の学生であるフォースにバセスカ暗殺を命令する。人質に取られた郷里の家族と学友の板挟みになったフォースは、バセスカに戦争終結の希望を託して自ら命を絶った。

バセスカはフォースの遺志を継ぎ戦争を終結させるためタダとフロルと共に祖国へ帰還するが、その場で全員が捕らえられ西へ引き渡されることになっってしまう。だが引き渡しの場でクーデターの首謀者とドゥーズ政府の陰謀が明らかとなり、バセスカは王として復権、彼の手で東西和平協定が結ばれた。

登場人物(続)[編集]

「11人いる!」登場分は省略。

バパ大臣
バセスカの腹心。憂国の士でタカ派。西の地に対抗して軍備増強を図るが、王であるバセスカは戦争を許さなかったため、クーデターを経て西の鉱山に戦線を向ける。
トマノ
バセスカの実兄。陽気で酒好きであり、良くも悪くも軽い性格。王位継承資格者の証であるマヤの峰の啓示[12]があらわれなかったためマヤ王にはなれなかった。そのことに不満のあるそぶりは見せていなかったものの、クーデターにおいて実権のない新王として担がれる。
オーセ法司長
バセスカと共に穏健派。トマノを担ごうとする急進派により暗殺される。
オナ次法司長
法司長の娘で、8人の次法司長の1人。バセスカを慕っている。父が暗殺された直後の現場を見たショックにより、昏睡状態に陥る。昏睡から覚めた後、全ての経緯を暴露し、事態を解決に導く。
アマン伯爵
無愛想だがバセスカの味方でよき理解者。
火消しの赤毛(レッド)
銀河連邦の情報部員コンビ「火種と火消し」の片方。ドゥーズの暗躍を調査しており、バセスカたちをさまざまな面から支援する。
チュチュエリア九世ドリカス(チュチュ)
フォースの妹。フォースを殺したのはバセスカであると聞かされたため、バセスカを恨むようになる。フォースの仇を討つべく西の地を率いて戦陣に立とうとしていた。事態収束後は誤解が解け、バセスカと婚約を結ぶ。
ローン
フォースとチュチュの叔父。西の和平使節団の1人だったが、東に向かったまま行方不明になる。
ゾンブル
ドゥーズ大国の秘密情報部長官。大統領からアリトスカ東西両国を手中に収めるための、双方への秘密工作を命じられる。商人を装ってアリトスカへ潜り込むが、最後にはレッドによって正体を暴露された。
アテナイ
宇宙大学国セクション55・超能力開発コースの女性教師。落ち着いた雰囲気を持つ美人。勝利の女神を自称する。タダの素質を評価し超能力開発コースの授業を受けるよう打診した。
緑(ミドリ)
宇宙大学国の5年生。女好き。

スペース ストリート[編集]

「タダとフロルのスペース ストリート」は、漫画雑誌『別冊少女コミック』1977年3月号から9月号に連載された。「11人いる!」の登場人物によるコメディ。学内で起きるドタバタ騒ぎを描く。全7話、1話あたり4ページ。

単行本・文庫本[編集]

  • 小学館文庫『11人いる! -SFロマン傑作選』(全1巻) 1976年7月20日初版発行 ISBN 4-09-190712-1
収録作品 「11人いる!」、他3編(「ユニコーンの夢」、「六月の声」、「10月の少女たち」)
  • 小学館文庫『続・11人いる! -東の地平・西の永遠』(全1巻) 1977年8月20日初版発行 ISBN 4-09-190714-8
収録作品 「続・11人いる! -東の地平・西の永遠」、他1編(「マリーン」)
  • 萩尾望都作品集 第1期(全17巻中、第13巻・第14巻)
第13巻『11人いる!』 1978年5月10日初版発行 ISBN 4-09-178013-X
収録作品 「11人いる!」、他3編(「精霊狩り」、「ドアの中のわたしのむすこ」、「みんなでお茶を」)
第14巻『続・11人いる! -東の地平・西の永遠』 1978年6月10日初版発行 ISBN 4-09-178014-8
収録作品 「続・11人いる! -東の地平・西の永遠」、「スペースストリート」、他2編(「六月の声」、「左ききのイザン」)
  • 『11人いる! -萩尾望都スペースワンダー』(全1巻) 1986年11月15日初版発行 ISBN 4-09-178811-4
収録作品 「11人いる!」、「続・11人いる! -東の地平・西の永遠」
  • 小学館文庫『11人いる!』(全1巻) 1994年12月1日初版発行 ISBN 4-09-191011-4
収録作品 「11人いる!」、「続・11人いる! -東の地平・西の永遠」、「スペースストリート」
  • 萩尾望都Perfect Selection(フラワーコミックススペシャル全9巻中、第3巻)
第3巻『11人いる!』 2007年8月29日初版発行、2007年8月24日発売 ISBN 978-4-09-131209-9
収録作品 「11人いる!」、「続・11人いる! -東の地平・西の永遠」、「スペースストリート」

本作を題材とした作品[編集]

ドラマ[編集]

NHK少年ドラマシリーズの1作として、1977年1月2日午後6時5分 - 45分に放映、DVDも発売されている。

相違点(ドラマ)[編集]

11人目が原作とは異なる。

スタッフ(ドラマ)[編集]

キャスト(ドラマ)[編集]

アニメ映画[編集]

1986年11月、キティ・フィルムによりアニメーション映画化。

相違点(アニメ)[編集]

  • 白号は「エスペランサ号」と名付けられ、規模は原作(乗客定員1万人単位)の約1/10になっている。
  • 4世(フォース)は「よんせい」と呼ばれている。
  • エンディングで、登場人物の(大学卒業後の)その後がモノローグで紹介される。このモノローグは、「東の地平・西の永遠」で語られた各人のその後とは必ずしも一致しない。

スタッフ(アニメ)[編集]

キャスト(アニメ)[編集]

その他出演者

主題歌(アニメ)[編集]

  • 主題歌 「僕のオネスティ」
歌:川上進一郎/作詞:神沢札江/作曲:川上進一郎/編曲:星勝
  • 挿入歌 「とことん I LOVE YOU」
歌:河合美智子/作詞:谷穂ちろる/作曲:面輪かおり/編曲:ライオンメリー
  • LP - 僕のオネスティ/11人いる!
    • 規格品番 - 28MS0111
    • 販売元 - キティレコード
    • 発売日 - 1986年
  • EP - とことん I Love You/11人いる!
    • 規格品番 - 7DS0132
    • 販売元 - キティレコード
    • 発売日 - 1986年
  • CD - オリジナルサウンドトラック
    • 規格品番 - H33K20056
    • 販売元 - キティレコード
    • 発売日 - 1986年

ビデオ(アニメ)[編集]

  • VHD
    • 組数 - 1枚組
    • 収録時間 - 91分
    • 規格品番 - VHP-68045
    • 制作・著作 - キティ・エンタープライズ/日本ビクター
    • 発売元 - 日本ビクター
    • 発売日 -

ドラマCD[編集]

映劇のドラマCDレーベル「e☆star」より2013年9月25日発売。

キャスト(ドラマCD)[編集]

舞台[編集]

演劇ユニット、アクサルにより舞台化。

  • 初演 - 2004年6月25日 - 6月28日、シアター代官山
  • 脚本 - 安井省人
  • 演出 - 吉谷光太郎
  • 美術 - 柴田隆弘
  • 照明 - 浜崎亮
  • 音響 - Alain Nouveau
  • 舞台監督 - 永易健介
  • 衣裳 - 杉浦潤子
  • 制作 - 安井省人・瀬戸憲一・清水沙織
  • プロデューサー - 砂岡誠
  • 出演 - 郷本直也・柄谷吾史・田中照人・斎藤准一郎・斎藤洋一郎・入谷啓介・古川貴生・松木賢三・山本健史・日ノ西賢一・内藤悠一・勝洸久・吉谷光太郎

劇団スタジオライフにより舞台化。

脚注[編集]

  1. ^ 元々は前・後編で終了する予定であったところ、何らかの事情で予定外の11月号への「完結編」掲載となった(それにより11月号には『ポーの一族』シリーズの「ホームズの帽子」とダブル掲載になった)。これに対して翌1976年連載の「続・11人いる! 東の地平・西の永遠」や『ポーの一族』シリーズの「エディス」は、最初から3話連載の予定で前編・中編・後編となっている。
  2. ^ 小学館文庫1976年旧版の作者あとがき
  3. ^ キネマ旬報1986年11月上旬号の「特集 11人いる!」の作者インタビューより。
  4. ^ 「マン(男性)チーム」というのは後に設定変更されたもので、雑誌連載時および小学館文庫1976年旧版などでは、女性が最終テストに残ったということに皆が驚いている。
  5. ^ 大きなボタンの衣装はサイボーグ009を意識したものであると、「名前というもののあれこれ」という作者のエッセイに記されている(エッセイ集『思い出を切りぬくとき』あんず堂 1998年、河出文庫 2009年、に所収)。
  6. ^ ヴィヌドー語で僧侶の意。長命で鱗がある限り何年でも生きられる。ヴィヌドー人は幼少期は厳しい寒さを防護するための鱗を持ち、成長して適齢期に入ると鱗状の体表から脱皮して雌雄どちらかに変化するが、まれに脱皮が起きず雌雄未分化の状態を継続する者がいる。
  7. ^ 宗教のテーマは「すべて運命(さだめ)」。
  8. ^ 旧版では、自己紹介で「レドレーガ」と述べ、「サイボーグ」化の経緯を説明した際には「トレドレーガ」と述べているためどちらが正しいのか不明だったが、新版で「トレドレーガ」に統一されている。
  9. ^ 「続・11人いる!」ではフロルの心理を誘導してタダのアリトスカ・レ行きの旅へ同行させている。
  10. ^ 「続・11人いる!」では宇宙大学国を代表してドゥーズとの渉外任務を担当した。
  11. ^ 津原泰水との対談で、「幻の9本があるわけですね」の問いに対して作者は「アハハ、そうですね」と答えている(『小説すばる2005年3月号「スペシャルWトーク(1) 津原泰水×萩尾望都」より)。
  12. ^ 王たる者が「祈りの塔」に赴けば、灯が点(とも)っているような放電現象が峰に必ず起きる。これはすべての人に見える。

外部リンク[編集]