絶滅の島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絶滅の島」(ぜつめつのしま)は、藤子・F・不二雄(発表時は藤子不二雄名義)の読切漫画作品。1980年スターログ』初出。サイレント映画を模した初出版では一切台詞が無かったが(サイレント版)、1985年に『別冊コロコロコミック』に掲載されたリメイクバージョンには台詞が追加された。そこではじめて宇宙人の地球人狩りの理由が明かされた。後年、OVA化・テレビアニメ化された。

概要[編集]

OVAの「藤子・F・不二雄 Sukoshi Fushigi 短編シアター」第4巻で、藤本自身がこの作品を「みどりの守り神とまったく同じテーマを裏返しにした一つの実験作品」だと語っている。

宇宙人の地球侵略を通して、様々な生き物を絶滅させて来た人類に対する皮肉が込められた作品であり、藤子・F・不二雄のSF短編の中でも残酷な描写が多い作品である。

元々は1978年に発表される予定だったが、掲載雑誌が諸般の事情で中止になったため、1980年まで先送りされた[1]

あらすじ[編集]

アンデス山中に姿を現した宇宙人の大群はあっという間に五大州を制圧。地球人は絶滅に近い状態に追いやられてしまった。シンイチとカオリら27人は秘島ツアーで離島に来ていた数少ない生き残り。しかしそれから2年後、その島にも宇宙人が来襲し、人間狩りが始まった。彼らの人間狩りにはある目的があったのだが……。

登場人物[編集]

真一
一去年の夏から生き残りと共に隠れている。本当なら高校生になっている年齢である。カオリの事をカオリさんと呼んでいる。
カオリ
真一の事をシンイチさんと呼んでいる。本当なら高校生になっている年齢であった。
人類が滅ぼした「ミツユビムカシヤモリ」について主人公に語ってくれる。このヤモリは肺病に効くという迷信から人間に捕りつくされ絶滅した(実在はしない)。
宇宙人
一方的に地球人を焼き尽くし、殺しつくしている。最後の一人まで容赦なく襲うのには、ある理由がある。

OVA[編集]

「藤子・F・不二雄 Sukoshi Fushigi 短編シアター」第4巻収録。

キャスト[編集]

ナレーションのみで、その他の人物は声優を割り振られていない。

スタッフ[編集]

  • 監督:出崎哲
  • 脚本:今泉俊昭
  • プロデューサー:浅見勇(小学館)、清松信夫(東宝)、松崎義之(マジックバス
  • キャラクターデザイン:清水恵蔵
  • 作画監督:清水恵蔵
  • 絵コンテ:冨永恒雄
  • 演出:冨永恒雄
  • 原画:玉腰昌樹、伊藤卓、坂本修司、小泉孝司、長森佳容
  • 美術監督:石垣努
  • 美術:(株)石垣プロダクション、光元博行、中近東
  • 動画チェック:中原清隆、岩倉和憲
  • 動画:福井明博、澄川智深、遠田哲也、川村孝之、熊坂径子、石井久志、水畑健二、小野澤雅子、佐藤房枝、韓一動画
  • 色彩設定:吉森良子
  • 色指定補佐:永山利香
  • 仕上げ検査:ジャスト、伊藤弘子、市村勇
  • 仕上げ:後藤忠章、坂野加奈、小松原智子、小関裕子、後藤恵子、井上純一、高田みほ、松藤宣江、黒岩智子、高見沢佐知子、田崎美行、韓一動画
  • 特 殊効果:熊井芳貴、太田直
  • 撮影監督:岡崎英夫
  • 撮影:IMG、中村昌樹、渡辺奈緒子、古山実、Qプロ、柳田久次郎、升沢達也
  • 音響監督:明田川進
  • 音楽:都留教博
  • 録音:安藤邦夫
  • 効果:倉橋静男
  • 音響担当:三間雅文
  • 録音スタジオ:アオイスタジオ
  • 音響制作:マジックカプセル
  • 編集:西川洋二、国吉伸幸、マリア・えみこ・マクガワ、渡瀬祐子(井上編集室)
  • 現像:東京現像所
  • タイトル:マキ・プロ、牧正宏、安食光弘、馬場秀雄、小畠公和
  • 制作担当:大植千曲
  • 協力:藤子プロコロコロコミック編集部、学習雑誌編集部、少年サンデー編集部
  • 制作協力:綿引勝美、メモリーバンク
  • アニメーション制作:マジックバス
  • 制作:小学館、東宝
  • 発売元:小学館
  • 販売元:東宝

主題歌[編集]

原作との相違点[編集]

サイレント版に基づいて脚色されている。リメイク版とストーリーの流れは同じだが、宇宙人側からの視点になっているなど、大きく異なった作りになっている。

  • 映写機で映す場面から始まり、「この作品は宇宙環境保全キャンペーンのために宇宙環境監督局が地球版として制作したものです。」という前置きがある。
  • 宇宙語のようなものでタイトルが書かれている。
  • 宇宙人側から書かれているので、宇宙人が地球人を観察し、コメントしている。地球人を20匹といったり、獲物というなど。
  • ミツユビムカシヤモリの事を教えてくれる男が登場しない。
  • 宇宙人が言う病名が「イマヤノジフ病」というものになっている。
  • 終映直前に映写機が不具合を起こし、「宇宙の生き物はみんな兄弟です」というナレーションが何度も繰り返される。
  • 最後はフィルムから出火し、映写機が廃墟の中に倒れて終わる。

テレビアニメ[編集]

2000年1月27日日本テレビ系列の「週刊ストーリーランド」の枠内で放送。ただし内容については残酷な描写がカットされ、エンディングも人類がみな生還するなど大幅な改変が加えられている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藤子・F・不二雄大全集 少年SF短編第3巻446頁