竹槍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
竹槍

竹槍(たけやり)とはを加工して製造された状の簡易武器である。

概要[編集]

竹槍は、竹を適当な長さに切った上で、先端部を斜めに切断した、あるいはその円周の一部だけを尖らせたもので、更に火で炙るなどして硬化処理を施した簡易の武器であるが、竹が熱帯から亜熱帯温帯亜寒帯に掛け広い範囲に自生しているため、この竹自生地域ではほとんどタダ同然で入手できる武器である。ただしその威力は一度使用すれば貫通力が鈍る使い捨て程度で、こちらも「簡易」と呼ぶに相応しいものとなっている。

使用される竹は該当地域に自生するものに限られるため、その太さはまちまちである。しかし竹が垂直方向に繊維が揃っていて丈夫で、かつ中空であるため軽量、加えて使い捨てとはいえ白兵戦CQCにおいては十分な殺傷能力を持っていたことから、広い範囲で様々な形で利用されていたと考えられる。

なお武器の性質としては竿状武器(ポールウェポン)となるが、その多くでは入手しやすいこと(=量産しやすいこと)から集団で利用するためにも便利が良く、これによって対象を相手の武器や牙・爪の間合いの外から取り囲んで、突いたり叩いたりして対象を攻撃するのに向いていた。

歴史[編集]

その起源は古く、竹林が自生する地域では鉄器文明以前から使用されていたとも言われているが、記録がない有史以前でもあり、材質的にも遺物としても残りにくいため、詳細は不明である。日本では戦国時代にはすでに使用されていた記録があるほどであり、武器を持たない農民などが一揆を起こす時にも頻繁に使用した。明智光秀も落ち武者狩りをしていた土地の農民らの竹槍に掛かり果てたとされる(ただし異説もある)。江戸時代の百姓一揆による強訴は、支配層の武力転覆を狙ったものではなく、騒擾を起こすことによって責任問題を恐れる代官に要求をのませようとする性格の行動であったため、本格的な武器ではなく竹槍などが持ち出された。

日本では明治以降も、「竹槍でドンと突き出す二分五厘」とうたわれた1876年の伊勢暴動、米の買い占めを行っているとされる家を民衆が次々と打ち壊した1918年米騒動など、民衆の暴動に際しては竹槍が活躍した。一方、軍の兵器としては使われたことが無かったが、第二次世界大戦中の日本では本土決戦に備えた国民義勇隊の主要装備のひとつとされ、学生や主婦など民間人の間で竹槍の製造と訓練が行われた(兵役を経験していない者には銃の取り扱いは不可能で、またスイスのような軍装の各家庭への常備もされていなかった)。当時は白兵戦の事例も多いため全く無意味な装備とはいえないものの、反復使用の困難な竹槍での突撃は自殺的なものとならざるを得ない。これらの竹槍は、墜落・投降したアメリカ軍パイロットにも向けられ、民衆が無差別爆撃への報復として竹槍や農具等で私刑的に殺害してしまった事件もあるとされる(直接関与した者はのちにC種戦争犯罪に問われた)。また、太平洋戦争開戦から大戦末期にかけての時期には、使用する兵器に欠く陸海軍部隊が小銃の代わりに装備した例が多見される。明治以前に使用されていた物は長さが通常の槍と同じく3メートルから4メートルと長かった。第二次世界大戦で日本が使用した物は子供用が150センチほど、大人用が170~200センチほどだった。直径は3~5センチである。実態としてはというよりも銃剣の代用品であり、行われた訓練(竹槍術)は銃剣術と同じだった。

ベトナム戦争でも南ベトナム解放民族戦線ゲリラ戦用の無音武器やブービートラップ(仕掛け罠)として竹槍を使用していたと言われており、現代でも未開地の紛争では使用される事例がある。これらは敵の予想進路に落とし穴を掘ってその底に突き立てるというものや、ワイヤーに引っ掛かると竹槍が飛び出すなどするもので、ベトナム戦争当時では、それに掛かったアメリカ軍兵士は見るも無残な姿となったため、この惨たらしいトラップはアメリカ軍兵士にとって士気を下げるほどのストレスを与えたともされる。ポル・ポト派も、これらの罠を地雷に次いで多用したが、竹槍ではなく木を尖らせたものを使用した。

アメリカ陸軍のサバイバルマニュアル (FM3-05.70, May 2002) の12-18項は即席の槍を作る方法を説明しており、合わせて竹槍の作り方も図解されている。

作り方[編集]

物干し竿ほどの太さの真竹を一間(約1.8m)くらいの長さに切り、先の部分を鋭く削る。この際、竹の節をまたぐように切っ先を設けると、節が無い場合に比べて強度が多少上がる。先端を火であぶって硬度を高める。最後に重油などを塗って滑りをよくすれば完成。

大日本帝国陸軍兵器としての竹槍[編集]

第52軍による訓練の様子(1945年)。竹槍、木槍、なぎなた、その他のポールウェポンで日本を防衛する

第二次世界大戦中の大日本帝国における竹槍は、当初はあくまで銃剣の代用品としての位置づけで、日中戦争頃より後方部隊での使用例が見られる。銃剣の代用品としての竹槍に関しては、『銃剣術指導必携』(陸軍戸山学校編、1942年)に詳しい。

1942年(昭和17年)頃より、竹槍は正規の兵器と位置付けられて規格化され、さらに1945年には国民義勇隊における主要武器と位置付けられた。また竹槍の扱い方も、武術の一つである「竹槍術」として完成され、1942年より全国民に竹槍訓練が行われるに至った。武術としての「竹槍術」の神髄、及び訓練方法に関しては、『竹槍術訓練ノ参考』(教育総監部、1943年)に詳しい。本書では、竹槍の代用品として木槍を使う方法も紹介されている。

竹槍術は実戦向けに洗練されており、白兵戦では非常に強いが、一方で大日本帝国海軍を中心に「竹槍で航空兵力に勝てるのか」と言う疑問が当時からあり、海軍の意向をくむ形で毎日新聞新名丈夫記者が『毎日新聞』(1944年2月23日付)に「竹槍では間に合はぬ 飛行機だ、海洋航空機だ」との記事を載せたところ、東條英機陸相首相が激怒。毎日新聞は発禁となり、新名は招集された(竹槍事件)。

大戦末期には極度の物資の窮乏のため、竹の先に青竹で編んだ籠を付けて爆雷の発射装置とした「投射式噴進爆雷」(竹製のパンツァーファウストのようなもの)、竹槍の先に火薬を詰めて爆雷とした「爆槍」、爆槍の末尾に推進火薬を詰めてロケット弾にした「対空噴進爆槍」(竹製のフリーガーファウストのようなもの)など、竹槍を実際に対空兵器や対戦車兵器としたものが考案されている。

『竹槍術訓練ノ参考』など、大日本帝国陸軍兵器としての竹槍に関する軍事資料は、終戦直後の証拠隠滅による破却を逃れたものが、他の軍事機密とともにアメリカに接収され、現在はアメリカ議会図書館に蔵されている(「米議会図書館所蔵占領接収旧陸海軍資料」)ほか、一部の資料が民間の好事家に流出して現存している。

規格[編集]

以下は『竹槍術訓練ノ参考』に準拠した。

  • 長さ:子供用が1.5m、大人用が1.7m~2m
  • 直径:子供用が3.5cm、大人用が4cm
  • 刃の角度:20度(木槍を使う場合は丸く削っても可)
  • 刃の強化のために弱火であぶって植物油を塗っても可
  • 竹は、生乾きまたは生の物でも可

竹槍の代用品としての木槍の規格は、刃を作らず先を丸く削る以外は竹槍と同じ。

竹槍術[編集]

「竹槍術」は、大日本帝国陸軍が1940年代に完成させた武術。「銃剣術」の要素のほか、「薙刀術」の要素も取り入れられており、敵を刺突するだけでなく、敵を押さえたり薙ぎ払ったりと言った実戦的要素が高められている。また、「心身陶冶」「一突必殺」と言う、精神的要素も重視されている。

竹槍術においては「刺突」がもっとも重要視され、「気・槍・体」が一致していないと正しい刺突が行えないとされる。

爆竹槍(爆槍)[編集]

第二次世界大戦末期の日本では「対人用爆竹槍」(爆槍)という兵器が実在した。簡単に言うと竹槍の先に爆薬を詰め たもの。

陸軍技術研究所によって考案され、配備された自活兵器のひとつ。2メートルほど長さの竹筒の先端に爆薬と簡易信管を装着し、これで敵を突くと先端が爆発して敵を殺傷するという自爆兵器である。本来の刺突爆雷は棒の先に爆雷を付けた物であるが、物資の窮乏のため爆雷を用意できず、竹筒の先に直接爆薬と信管を詰めた。爆薬はダイナマイト、安全装置は厚紙などの有り合わせの物を使い、信管も釘や針金などで自作した撃針を雷管に付けただけの簡単な構造であった[1]。運用法は竹槍術に準ずる。

また実戦で使用されたかは不明であるが、爆槍を巨大な弓矢で飛ばす兵器や、爆槍の末尾に推進火薬を詰めてロケット弾にした「対空噴進爆槍」という対空兵器まで考案されていた[2]ナチス・ドイツ製の携帯用対空ロケット砲フリーガーファウストに近い運用法であったと見られる。

なお、このように物資が窮乏する中で正規の兵器に対抗するためにありあわせの物やガラクタで作った物を自活兵器と言い、大戦末期の日本軍では陸軍技術研究所をはじめ、各部隊単位でもいくつも試行錯誤していた。陸軍技術研究所は竹で作った爆槍の他にも、簡易投擲器である弩弓、和紙とコンニャク糊で作った大陸間兵器である風船爆弾など数々の自活兵器を開発している。

関連項目[編集]

その他
  • 暴走族 - 改造マフラーの一種で竹槍と呼ばれるものが存在するが、こちらは形状の似た金属管。