陸軍技術研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大日本帝国陸軍
War flag of the Imperial Japanese Army.svg
中央官衙
陸軍省
参謀本部
教育総監部
航空総監部
主要兵力
総軍
方面軍一覧
軍一覧
師団一覧
連隊等一覧
飛行戦隊一覧
歴史・伝統
日本陸軍の歴史
日本陸軍の軍服
その他
階級一覧
兵科・兵種・各部一覧
兵器一覧
通称号
 表示ノート編集履歴 

陸軍技術研究所(りくぐんぎじゅつけんきゅうじょ)は、陸軍関係兵器の調査研究・試験を行う日本陸軍の機関である。

概要[編集]

1942年(昭和17年)10月、陸軍兵器機関の整理統合が実施され、陸軍兵器行政本部が設置された。それに伴い陸軍技術本部が廃止され、その隷下の第1から第9研究所が第1から第9陸軍技術研究所となり、陸軍兵器行政本部に属することとなった。

1943年(昭和18年)6月、第5・第7・第9の各陸軍技術研究所と第4陸軍航空技術研究所の電波兵器研究部門を統合し、多摩陸軍技術研究所が新設された。

1945年(昭和20年)5月、陸軍大臣に直隷していた各所長は陸軍航空本部長の隷下となった。

各研究所概要[編集]

第1陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第1研究所
  • 所在地:小金井
  • 担当:銃砲・弾薬・馬具
  • 所長
    • 村木竹雄 少将 1941年6月15日 -
    • 相馬癸八郎 少将 1942年8月1日 -
    • 桑田小四郎 少将 1944年3月1日 -

第2陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第2研究所
  • 所在地:小平
  • 担当:観測・指揮連絡兵器
  • 所長
    • 小池国英 少将 1941年6月15日 -
    • 天晶恵 少将 1942年10月15日 -

第3陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第3研究所
  • 所在地:小金井
  • 担当:工兵器財・爆破用火薬具
  • 所長:立花章一 少将 1941年6月15日 -

第4陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第4研究所
  • 所在地:相模原
  • 担当:戦車・自動車
  • 所長
    • 原乙未生 少将 1941年6月15日 -
    • 土岐鉾治 少将 1945年4月16日 -

第5陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第5研究所
  • 所在地:小平
  • 担当:通信兵器
  • 所長:河野健雄 少将 1941年6月15日 -
  • 1943年6月、電波兵器部門を多摩陸軍技術研究所へ移管。

第6陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第6研究所
  • 所在地:百人町
  • 担当:化学兵器
  • 所長
    • (兼)尾藤加勢士 中将 1941年6月15日 -
    • 小柳津政雄 少将 1942年10月15日 -
    • 秋山金正 少将 1945年7月28日 -

第7陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第7研究所
  • 所在地:百人町
  • 担当:物理的基礎研究
  • 所長
    • 長沢重五 中将 1941年6月15日 -
    • (兼)野村政彦 少将 1944年8月30日 -
  • 1943年6月、電波兵器部門を多摩陸軍技術研究所へ移管。

第8陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第8研究所
  • 所在地:小金井
  • 担当:兵器材料
  • 所長
    • 松崎陽 軍医大佐 1941年 -
    • 尾藤加勢士 中将 1941年6月15日 -
    • 田村宣武 中将 1942年10月15日 -
    • 長尾武雄 中将 1945年2月22日 -

第9陸軍技術研究所[編集]

  • 前身:陸軍技術本部第9研究所
  • 通称:登戸研究所
  • 所在地:登戸(現:川崎市多摩区東三田)
  • 担当:秘密兵器・資材
  • 所長:篠田鐐 少将 1941年6月15日 -
  • 1943年6月、電波兵器部門を多摩陸軍技術研究所へ移管。

第10陸軍技術研究所[編集]

※1944年5月新設。

  • 所在地:姫路
  • 担当:海運器財・燃料
  • 所長:田中収 少将 1944年5月25日 -

多摩陸軍技術研究所[編集]

※1943年6月新設。

  • 所在地:小金井・小平
  • 担当:電波兵器
  • 所長
    • (兼)安田武雄 中将 1943年6月12日 -
    • (扱)多田与一 中将 1945年4月1日 -

参考文献[編集]

関連項目[編集]