門松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神社の入り口に飾られた門松住吉神社 (神戸市西区)

門松(かどまつ)は、正月に家のの前などに立てられるを用いた正月飾りである。松飾り飾り松立て松とも言う。新年の季語[1]。古くは、木のこずえにが宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。

歴史[編集]

神様が宿ると思われてきた常盤木の中でも、松は「祀る」につながる樹木であることや、古来の中国でも生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされてきたことなどもあり、日本でも松をおめでたい樹として、正月の門松に飾る習慣となって根付いていった。

平安時代の宮中では「小松引き」という行事が行われた。これは、初子の日に外出して松の小木を引き抜くという貴族の遊びで、持ち帰った「子の日の松」を長寿祈願のため愛好する習慣があり、門松はこれが変化したものと考えられている。現在も関西の旧家などでは、「根引きの松」という玄関の両側に白い和紙で包み金赤の水引を掛けた根が付いたままの小松(松の折枝は略式)が飾られる[2]

長治年間(1104年 - 1105年)に撰された『堀河百首』には藤原顕季が門松を詠んだ歌が収められており(#門松に関する作品参照)、この頃には京都で門松を飾る風習があったことが分かる。14世紀中頃の『徒然草』にも「大路のさま、松立てわたして、花やかにうしれげなるこそ、またあはれなれ」と記され、16世紀中頃の上杉本『洛中洛外図』にも門松が描かれている[3]

飾り付け[編集]

民家の設置例

現在の門松は中心のが目立つが、その本体は名前で解るとおり「松」である。

竹の先端部の形状は、斜めに切った「そぎ」と、真横に切った「寸胴(ずんどう)」の2種類がある。 一説では、「そぎ」は徳川家康が始めたもので、徳川家康の生涯唯一の敗北として知られる「三方ヶ原の戦い」(1572年)のあと、対戦相手の武田信玄に対して、次は斬るぞという念を込めたのが始まりとされる。

江戸期の門松は現在と異なり、松の先を切らずに地面からそのまま家屋の二階屋根まで届くような高さのものが飾られていた[注 1]仙台藩の武家では、松の枝を括り付けた高さ3m程のクリの木を門の両脇に立て、その間に竹を渡してしめ縄と藁の飾りをかけるというものだった[4][注 2]

門松の様式には、地方により差がある。関東では3本組の竹を中心に、周囲に短めの若松を配置し、下部をわらで巻く形態が多い。関西では3本組の竹を中心に、前面に葉牡丹(紅白)後方に長めの若松を添え、下部を竹で巻く。豪華になると老木や南天熊笹ユズリハなどを添える。

様々な門松[編集]

兵庫県西宮市西宮神社では、十日えびすの宵宮で市中を巡幸するえびす様に葉先があたらないよう、松を下向きに付け替えて「逆さ門松」にする[6]。地域の言い伝えにより松を使わない所もある。東京都府中市大國魂神社では、「待つ」に通じることから、境内には松の木が1本もなく、府中では門松に松を用いない慣習が残っている[7]千葉県市原市姉埼神社やその氏子も同様に松を嫌って「門榊」を飾る。兵庫県神戸市生田神社では、水害で倒れた松の木が社殿を壊したとの言い伝えがあり「杉盛り」を飾る[8]

集合住宅の発達など社会環境の変化などから、画像の様な本格的な門松が設置されることは少なくなったが、一般家庭用に小さな寄せ植え風の門松などが年末に店頭に並ぶようになったため、このタイプの門松を置く場合がある。

さらに省略版として、枝振りのいい若松に、赤白や金銀の水引を蝶結びにし、門柱などに付ける方法もあり、手軽なことから多く使われる。

商店や会社では、門松などの図柄に、「賀正」「謹賀新年」等の賀詞、新年のあいさつ文や年末年始の休業期間を配したポスターを貼ることもある。松の木の保護や伝統文化の継承を目的に「門松カード」、「門松ポスター」、「紙門松」、「賀正紙」と呼ばれる門松を印刷した紙を自治体、公民館、町内会などで配布するところもある。利用者が減少したため、配布に代えてホームページからダウンロードできるようにしている場合もある[9]。千葉県市原市には「門榊カード」も存在する[10]

生花店やホームセンター造園業工務店などでは、門松を造り、設置・撤去まで一括でおこなうサービスもある。毎年飾ることができる造花の門松(人工門松)もある。

設置期間[編集]

12月13日(もしくはその後)に、山から松の木(枝)を取ってくる「松迎え」をおこなう[11]。上り松、花迎、花伐、松ばやし、などともいう[1]。この「松」により、山から歳神様(歳徳神)を迎え入れることとなる。


門松の設置は12月13日以降ならばいつでも良い[12]。ただし、12月29日に飾るのは「二重苦」、さらに9の末日でもあるので「苦待つ」に通じるとされ、「苦松」といって忌む[13]。また、旧暦の大晦日にあたる12月30日12月31日に飾るのは「一夜飾り」「一日飾り」といって神をおろそかにするということから、それぞれ避けることとされている[12]

大型商店やオフィス街では、初売りや正月は無人に近くなる都心の事情などにより、本格的な門松が置かれるのが大晦日や元旦になる場合がある。[要出典]

松の内[編集]

門松がある期間のことを松の内といい、伝統的には元日から1月15日までを指し、関西などでは依然15日までのままであるが、近年では関東を中心として7日までとするのが多くなっている[1]。松の内を1月7日までとする場合には、6日の夕方や翌7日に片づける場合が多い。左義長が行われる地域は、左義長で門松を焼くので、それに合わせて仕舞う。左義長は1月15日小正月が多いが、地域や神社によって異なる。

門松を片付けることを、松下ろし、松あがり、松払い、松引き、松送り、松納め、などという[1]。門松を飾ったあとの穴にその松の梢を立てる風習もあり、鳥総松(とぶさまつ)や留守居松と呼ばれる[1]

正月の門松を片付けた後を、松過ぎとよぶ[1]

門松に関する作品[編集]

  • 和歌・俳句・狂歌
    • 「門松をいとなみたてるそのほどに春明がたに夜や成ぬらん」 - 平安時代後期の歌人藤原顕季の和歌。『堀河百首』収録[3]
    • 「門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」 - 室町時代の僧一休宗純狂歌とされる[14]一方、一休と智蘊(蜷川親当)の道歌問答での「門松は冥途の旅の一里塚馬駕籠もなく泊まりやもなし」という歌が後に変容したものともされる[15]。門松を飾る新年を迎えることはめでたいが、に向かっていく一里塚のようでもあるという意味。
    • 「春立つやにほんめでたき門の松」 - 安土桃山時代江戸時代初期の美濃国出身の武将俳人である斎藤徳元の代表句。
  • 浄瑠璃
  • 随筆

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 深川江戸資料館にて、再現したものを正月に見ることができる。店先に飾られている大きな門松 (深川江戸資料館)
  2. ^ 瑞鳳殿などで再現したものを正月に見ることができる[5]

出典[編集]

引用文献[編集]

  • 守貞漫稿
  • 『ビジュアル百科江戸事情第一巻生活編』樋口清之監NHKデータ情報部編雄山閣出版
  • 『江戸年中行事図聚』三谷一馬著立風書房
  • 『江戸の庶民行事事典』渡辺信一郎著東京堂出版