ブービートラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブービートラップ(Booby trap)は戦争における戦術の一種。自陣に侵攻する勢力に対し、撤退する部隊やゲリラ組織が残したり、警戒線に張っておく(トラップ:trap)のこと。一見無害に見えるものに仕掛けられ、油断した兵士(まぬけ:booby)が触れると爆発し殺傷する。また爆発物ではなく、スパイク状のもので殺傷する猟師の用いる罠に類似したものもこれに含まれる。

解説[編集]

前線における地雷と同様の木々の間隙に張ったワイヤーと手榴弾などを用いた仕掛け爆弾などが連想されるが、落とし穴など原始的な罠から、箱型地雷の蓋やクレイモア地雷の足の間に手榴弾を仕掛けるなど既存の罠を応用した物、瓦礫や死体が散乱した戦場跡で、兵器や食料などの必要物資、日用品や貴重品などの兵士にとって戦利品になりそうなもの等の残留物に仕掛け、占領軍の兵士がそれらを鹵獲・無力化(もしくは私物化)しようと手を出すと、内蔵された爆薬やワイヤーで繋がれた手榴弾などの爆発物が爆発するなど、連動していた殺傷性の仕掛けが起動する意表をついた物など多岐に渡る。 撤退後という非戦闘状況下での相手の心理的余裕を巧妙に利用した物も多く、殺傷能力は低く戦局を覆すほどの兵器ではないが、占領側を疑心暗鬼に陥れ、精神的にストレスを与える効果が望める。よって、奪われた建物や物資を敵に使用されにくくする為などにも使われる。日本ではベトナム戦争中、アメリカ軍に対し劣勢な南ベトナム解放民族戦線が用いたゲリラ戦術として有名になった。

1850年代にアメリカで使われだした軍事用語であり、語源についてはいくつか説がある。

  • カツオドリ(booby)を獲るために漁師などが使用した罠。
  • ガラパゴス諸島の棘の多い低木にカツオドリが突っ込み出られなくなったのを見た欧米人が命名した。

使用された例[編集]

海兵隊の博物館に展示されているパンジステーク

第二次世界大戦中、倉庫や工場の体重計は撤退する際に爆弾を仕掛けられた。占領した兵士は同胞と体重を比べたくなり、罠にかかった。

第二次世界大戦中のワルシャワ・ゲットー蜂起時、ユダヤ人のゲリラは建物の地下室にブービートラップを設置し、ドイツ側に犠牲者を出した。一方ドイツ側はこれを教訓に、建物ごと砲撃や爆撃で破壊することを決めた。

硫黄島の戦いにおいて、本土防衛のために持久戦を強いられた日本軍守備隊は、米軍の兵力と戦意を消耗させるために自軍の遺留品などにトラップを仕掛けた。また、小さな祠など『米軍兵が土産にと手に取りそうなもの』によくブービートラップが仕掛けられていた。

ベトナム戦争時、死亡した米兵の死体の下に爆弾が敷かれ、米兵が死体を回収しようとすると爆発した。ベトナムでは他に、落とし穴の底に釘や竹槍・杭を設置して殺傷する火薬を用いないトラップ(パンジステーク英語版)も多用され、一部には人糞等を塗付して黴菌による感染症を狙ったものもあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]