セデック族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

セデック族(セデックぞく、賽德克族)は台湾先住民の一つ。台湾の中部、南投県花蓮県の境界にまたがって居住している。日本統治時代ではタイヤル族の支族とされていた。その分類は、戦後も引き継がれたが、2008年4月23日台湾政府より独自の民族としての認可を受け、台湾における14番目の原住民とされた。[1]現在の人口は、推定で5〜6千人とされている。日本統治時代ではセデック族を「紗績族」と表記することがある。

教育[編集]

教育や経済などで社会的に弱い立場にある事の多い原住民族には、少数民族としての文化や暮らしを維持するための一定の権利が認められているほか、各種の補助があり、大学入試や就業などでも特定の枠が適用されることがある。以前は原住民族の権利や文化保護がほとんど考慮されていなかったため、こうした措置は台湾の多様性の尊重や社会的弱者の保護という意味で大きな前進とされている。

著名人[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]