日高奈留美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひだか なるみ
日高 奈留美
生年月日 (1968-02-25) 1968年2月25日(51歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
職業 女優声優
活動期間 1990年 -
配偶者 あり
所属劇団 劇団青年座
テンプレートを表示

日高 奈留美(ひだか なるみ、1968年2月25日 - )は、日本女優声優劇団青年座所属。東京都出身。

来歴・人物[編集]

子供の頃から大きく通る声で[1]、学校で劇団四季の子供ミュージカルを見るなど刺激を受け、中学校では演劇部に入部、高校で芝居の道に進むことを決め、卒業前にクラシックバレエを始めた[2]共立女子短期大学家政科卒業後に青年座研究所14期として入所、そこでは様々なプログラムが終日続いたが好きな芝居を楽しくやれたため苦労や辛さはほとんどなかった[3]1990年4月1日、その年の青年座の演目は12、3歳の少女が主役で他の同期は全員男性であったことから主演を務める形でそのまま入団した[4]

声優を始めた頃はタイミングを合わせることばかり考えて演技をどうこうするまで頭が回らず自分が思うような芝居ができなかったが、初レギュラーの『名犬ラッシー』で考えが変わる[5]。初主役で台詞量も今までよりずっと多くて相手役のラッシーが犬なため1人で喋っている感覚での演技は結構な緊張と疲労で集中力がなくなり最初の頃は収録するうちにどんよりしていた[5][6]。事前に演技の予習をしてもいざ収録に臨むと忘れてしまい色々焦るうちにとりとめのない演技になっていた[6]。話が進むごとに周りにベテラン陣に支えられて声だけで演じる違和感も薄らぎ、キャラクターに感情移入して自然と自分とアニメが同化していくのがわかり、抱えていたモヤモヤはなくなった[5][6]。そしてあるとき、収録で見ている画面と別の画が頭に中に突然見える瞬間があり、この面白さを感じたのを機に芝居もアニメも区別することなく1つなんだと確信、声優への先入観がひっくり返った[6][7]

青年座入団後すぐに結婚、娘がいる[4]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2006年

2007年

2010年

OVA[編集]

1997年

1998年

Webアニメ[編集]

2006年

  • FLAG(クリス・エバーソルト[11]

ゲーム[編集]

1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2007年
2008年
2009年
2010年
2012年
2013年
2014年
2016年
2017年
2019年

ドラマCD[編集]

1997年

1998年

2005年

吹き替え[編集]

1992年

2004年

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

☆マクドナルド ☆ロッテブラボのガム

舞台[編集]

  • 希望(おひろ)
  • サーカス物語(エリ)
  • バーバパパ(馬場ララ)
  • シンクロナイズド・ウォーキング(イシ)

脚注[編集]

  1. ^ 女の職業解体シリーズ3 アニメ声優 輝く「人」たちの魅力的な「仕事」が全部わかる 106ページ Worke'rs Committee 広美出版事業部 ISBN 9784877470036
  2. ^ 女の職業解体シリーズ3 アニメ声優 107ページ
  3. ^ 女の職業解体シリーズ3 アニメ声優 108ページ
  4. ^ a b 女の職業解体シリーズ3 アニメ声優 109ページ
  5. ^ a b c 女の職業解体シリーズ3 アニメ声優 116ページ
  6. ^ a b c d 女の職業解体シリーズ3 アニメ声優 117ページ
  7. ^ 女の職業解体シリーズ3 アニメ声優 118ページ
  8. ^ 名犬ラッシー”. 日本アニメーション. 2016年6月22日閲覧。
  9. ^ Z.O.E Dolores, i”. メディア芸術データベース. 2017年1月27日閲覧。
  10. ^ キャスト紹介”. スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター-公式サイト. 2016年6月14日閲覧。
  11. ^ FLAG”. TOKYO MX. 2016年6月26日閲覧。
  12. ^ 登場機体”. スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE. 2013年9月24日閲覧。
  13. ^ 『魔装機神III PRIDE OF JUSTICE』魔装機神シリーズ最新作がPS VitaとPS3で登場!!【PVあり】”. ファミ通.com. 2013年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]