もも子、かえるの歌がきこえるよ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

もも子、かえるの歌がきこえるよ。』(ももこ、かえるのうたがきこえるよ。)は、2003年に公開された日本アニメーション映画親子映画)である。

あらすじ[編集]

倉本もも子は知的障害身体障害があり、常に酸素ボンベで呼吸しながら特別支援学校に通っている。もも子は「お兄ちゃんだけ小学校へ行って、ずるい!」と駄々をこね、双子の兄・力(りき)を困らせてしまう。ある日、授業参観に訪れたもも子を成績優秀なクラスメイト・竜二が馬鹿にしたため、力は思わず彼を殴ってしまう。もも子の病気のために我慢を強いられる現状に苛立つ力ではあったが、両親の想いや死への不安と戦いながら闘病生活を送る彼女を見て考えを改め支えることを決心する。 ほどなくして養護学校との交流で力の小学校にもも子が来る。数日後、運動会のクラス対抗リレーに出ることになった力はもも子に「必ず一等を取るから元気になってくれ」と約束する。竜二は相変わらずもも子を見下すが、病気に苦しむ彼女を目の当たりにして力と和解し、父の反対を押し切ってリレーに出場。もも子への想いを胸に優勝した力達。しかし、もも子の容体が急変し幼くして息を引き取る。竜二を含めたクラスメイト達はもも子の好きなかえるの合唱で彼女を見送る。

キャスト[編集]

身体障害と知的障害を抱えた特別支援学校の小学生。童謡、カエルの合唱を好んで聴く。兄の力を羨ましく思い、彼の通う小学校へ転校する。初めは竜二を含む一般学級のクラスメイトからの理解を得られなかったが、力の尽力もあってクラスにとって不可欠な存在となっていく。
もも子の兄。もも子のことを疎ましく思っていたが、支援学校のクラスメイトとの関わりやもも子のひたむきさに触れていくうちに考えを改め、苦悩を受け入れ寄り添うようになる。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]


外部リンク[編集]