東京現像所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阪急阪神東宝グループ > 東宝 > 東京現像所
株式会社東京現像所
TOKYO LABORATORY LTD.
種類 株式会社
略称 togen、東現
本社所在地 日本の旗 日本
182-8555
東京都調布市富士見町2丁目13番地
北緯35度39分30.7秒 東経139度32分33.0秒 / 北緯35.658528度 東経139.542500度 / 35.658528; 139.542500座標: 北緯35度39分30.7秒 東経139度32分33.0秒 / 北緯35.658528度 東経139.542500度 / 35.658528; 139.542500
設立 1955年4月22日
業種 情報・通信業
法人番号 5012401008269
事業内容 デジタルインターミディエイト・VFX・デジタルシネマ・放送番組編集・フィルム現像・フィルムスキャン・映像修復・非劇場型映画の配給・移動上映
代表者 代表取締役社長 矢部 勝
資本金 2億円(2019年2月28日現在)[1]
純利益 9913万1000円(2019年2月期)[1]
総資産 19億1015万1000円(2019年2月28日現在)[1]
従業員数 81人(2015年5月現在)
決算期 2月末日
主要株主 東宝 75.0%
三井住友海上火災保険
三井住友信託銀行 など
(2015年5月8日現在)
外部リンク http://www.tokyolab.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社東京現像所(とうきょうげんぞうしょ、: TOKYO LABORATORY LTD.)は、主に映画・テレビ番組の仕上げを行う映像ポストプロダクション

東宝の連結子会社で、阪急阪神東宝グループに属している。

概要[編集]

1955年、当時日本でも高まりつつあったカラー映画の需要に応えるべく、東宝大映大沢商会東和商事などの映画関係各社及び藤山愛一郎らの出資により映画フイルムの現像所として設立。当初より色彩技術の開発に重点がおかれ、その成果は1960年大映「おとうと」(監督:市川昆 撮影:宮川一夫)において採用された銀残しと呼ばれる現像手法にも結実した(「おとうと」は同年のカンヌ国際映画祭で技術委員会特別賞を受賞)。その他にも小津安二郎のカラー作品やオプチカル合成を駆使した東宝の特撮作品、松竹男はつらいよ」、精緻な色調が海外では“キタノ・ブルー”とも呼ばれた北野武監督作などを手がけてきたことで知られる。

現在ではデジタルインターミディエイトVFXデジタルシネマ等の分野で国内外の映像作品に携わっている。またテレビ普及期よりアニメーション番組との係わりが深く、いまなお多くのアニメ番組クレジットでその社名を見ることができる。2016年からは、VFXセクションにて「DigitalClover」(デジタルクローバー)と名乗って活動している。

コマーシャル撮影や映画撮影での需要が未だにあることからフイルム事業も継続しており、日本国内で16ミリ・35ミリの映画フィルム現像が行える数少ない拠点のひとつである。専用のスキャナーを使用したフィルムからのスキャニング技術が発達した近年では、黒澤明作品など旧作のデジタルリマスター作業を行っている。

制作に関与した主な作品[編集]

映画[編集]

フィルムからのデジタルリマスター[編集]

特撮[編集]

テレビアニメ[編集]

1960年代~1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代以降では、主にサンライズスタジオコメットJ.C.STAFFシンエイ動画などが制作するアニメ作品に於いて、「ビデオ編集」「オンライン編集」といった形で関わっている。

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 第68期決算公告、2019年(令和元年)6月14日付「官報」(号外第37号)281頁。

参考文献[編集]

  • 「調布・映画小史 」(著:市川久夫/刊:調布史談会/1990年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]