この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

風船少女テンプルちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アニメ:風船少女テンプルちゃん
原作 タツノコプロ企画室
監督 原セイタロウ(原征太郎)
脚本 鳥海尽三永田俊夫山本優 ほか
キャラクターデザイン 下元明子
音楽 越部信義
製作 フジテレビ、タツノコプロ
放送局 フジテレビ系列
放送期間 1977年10月1日 - 1978年3月25日
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

風船少女テンプルちゃん』(ふうせんしょうじょテンプルちゃん)は、フジテレビ系列ほかで放送されていたテレビアニメである。フジテレビタツノコプロの共同製作。全26話。

概要

音楽好きの少女テンプルが、雲の妖精フワットやタムタム一座と共に音楽隊を結成し、旅を続けるミュージカル仕立てのメルヘンファンタジー。タツノコプロ創業者の吉田竜夫が最後に携わった作品である。

製作局のフジテレビでは、1977年10月1日から1978年3月25日まで放送。基本的には毎週土曜 18:00 - 18:30 (日本標準時)に於いて放送されていたが、この時間帯はローカルセールス枠であるため、関西テレビテレビ新広島のようにこの時間帯に自社製作番組の放送や他番組の遅れネットを行い、本作を別の時間帯に放送ないしは未放送とする局もあった。

平均視聴率は9.4%[1]

登場人物

テンプル・ファーマー
声 - 滝沢久美子
本作の主人公。バトン指揮者担当。
音楽が大好きな女の子で、幼いながら指揮者としての腕前はプロのオーケストラの代役を務め、見事に成功させたほどである。フワットと風船(小型の気球)で遊んでいたところを、風の子の悪戯によって風船ごと遠くへ流されてしまう。その後、旅芸人の親分の下から逃げてきたタムタムたちとともに音楽隊を結成し、故郷のワカクサ村に帰るために旅をする。裕福な家庭で両親に大切にされて育ったため、当初は泣き虫で我侭かつ甘えたところが目立ったが、旅を通じて様々な経験を積み、精神的に大きく成長していく。
タムタム
声 - つかせのりこ
孤児の少年。太鼓担当。
旅芸人一座の親分の下で働いていたが、虐待同然の酷使に耐え切れなくなりドーラたちとともに脱走する。その最中に偶然鉢合わせたテンプルたちの風船に乗り込み、成り行きで一緒に旅をすることになる。
長いこと一人で生きてきたためか非常にしっかり者で、音楽隊のまとめ役。初めは世間知らずのテンプルに不満を覚えることが多かったが次第に好意を抱くようになり、物語終盤には彼女との別れをひどく悲しむようになる。
ドーラ
声 - 緒方賢一
ドラギター担当。髭を弦の代わりにして演奏する。
第11話にて、ひょんなことから知り合った仔連れのメス猫に惚れてしまい、仲間より恋を選んで音楽隊を脱退する。しかし餌場の当てを失い、途方にくれていたところをテンプルたちに助けられ、旅の目的を放棄したことを深く反省し、再び音楽隊に戻った。
ガッペ
声 - 肝付兼太
アヒルラッパ担当。口をラッパの形にして演奏する。
チュッピー
声 - 矢野洋子
ネズミの女の子。フルート担当。
テンプルとは女の子同士仲が良い。その一方で気が強く、疑り深い面がある。
フワット
声 - 久松夕子
雲の妖精の子供。身体の形を自由自在に変えられるので、ホルンシンバルなど様々な楽器に変形することができる。
偶然出会ったテンプルと意気投合し、風船で一緒に遊んでいたところを前述の経緯で一緒に流されてしまう。テンプルが迷子になった原因を作ってしまったことに責任を感じ、旅に同行する。テンプルに好意を寄せており、タムタムにやきもちを焼くこともあった。
ジミー・ファーマー
声 - 仲木隆司
テンプルの父。ワカクサ村の地主で、広い土地を所有している。テンプルにバトンとバトンガールの衣装を買い与えた。
マリー・ファーマー
声 - 友近恵子
テンプルの母。いつも娘のテンプルに優しく接していた。
親分
声 - 今西正男
タムタムたちがいた旅芸人一座の座長。タムタムたちを容赦なくこき使い、折檻も事あるごとにしていた。
第9話で再登場し、テンプルのバトンさばきの腕に目をつけ、タムタムたちもろとも捕らえようとするが、再び逃げられた。
子分
声 - 大久保正信、仲木隆司
親分の手下である2人の男。親分とともに第9話で再登場している。
ナレーター
声 - 谷育子

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ ‐「ぼくらは旅の音楽隊」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 大杉久美子ヤングフレッシュコロムビアレコード
エンディングテーマ -「風船少女テンプルちゃん」
作詞 - 丘灯至夫 / 作曲・編曲 - 越部信義 / 歌 - 大杉久美子、ヤングフレッシュ(コロムビアレコード)

各話リスト

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 作画監督
1 1977年
10月1日
まよいご風船 鳥海尽三 九里一平 林政行
2 10月8日 雨の中の友情 永田俊夫 奥田誠治
後藤雷太
芦田豊雄
3 10月15日 サフランの詩(うた) 久保田圭司
鳥海尽三
石黒昇
棚橋一徳
4 10月22日 ゴンドラの舟唄 山本優 石黒昇
後藤雷太
宇田川一彦
5 10月29日 オオカミの森 陶山智 奥田誠治
後藤雷太
6 11月5日 夢の若草村 永田俊夫 棚橋一徳 芦田豊雄
7 11月12日 タクトよ心をつなげ 陶山智 奥田誠治
後藤雷太
8 11月19日 バイオリンの少女 堀田史門 西久保瑞穂
9 11月26日 夢を結ぶリズム 永田俊夫 棚橋一徳
10 12月3日 はらぺこ音楽隊 竹内進 九里一平
西久保瑞穂
林政行
11 12月10日 ドーラの恋 堀田史門 大貫信夫
上梨満雄
大貫信夫
12 12月17日 人質になったテンプル 佐久正 植田秀仁 西城隆詞
13 12月24日 ピヨピヨ行進曲 毛利元
鳥海尽三
-
14 12月31日 サミーの風船 佐藤和男 大貫信夫
上梨満雄
大貫信夫
15 1978年
1月7日
ママになったテンプル 永田俊夫 西久保瑞穂 -
16 1月14日 泣きむしロザンナ 滝三朗
17 1月21日 ジプシーのうらない 寺島アキ子 奥田誠治
上梨満雄
西城隆詞
18 1月28日 さくら貝の少女 佐久正 大貫信夫
上梨満雄
大貫信夫
19 2月4日 天使像の渡り鳥 竹内進 西久保瑞穂 西城隆詞
20 2月11日 空飛ぶ人間 三宅直子 上梨満雄 大貫信夫
21 2月18日 雪山の親子 山本優 植田秀仁 -
22 2月25日 チビッコイルカの海 竹内進 池谷安夫
23 3月4日 汽車に乗ったテンプル 毛利元 永樹凡人 永木龍博
24 3月11日 テンプルの花火 佐藤和男 布川ゆうじ
植田秀仁
-
25 3月18日 ふたりの道しるべ 酒井あきよし 昆進之介
西久保瑞穂
池谷安夫
26 3月25日 若草村のパパとママ 山本優 大貫信夫
上梨満雄
大貫信夫

放送局

脚注

  1. ^ TOP > タツノコミュニティ > タツノコ世界遺産 > タツノコ作品と視聴率”. タツノコプロ. 2011年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月5日閲覧。
  2. ^ 本作放送開始直前の1977年9月5日に死去しており、弟の吉田健二が実質的な製作担当者となっている。
  3. ^ 日刊スポーツ』1978年6月5日 - 6月9日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 福島民報』1979年4月7日 - 9月29日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 『福島民報』1983年8月1日 - 9月6日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『日刊スポーツ』1978年5月27日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ 北國新聞』1978年10月6日付朝刊、テレビ欄。

外部リンク

フジテレビ 土曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
風船少女テンプルちゃん
(1977年10月1日 - 1978年3月25日)
お笑い大集合
(1978年4月1日 - 1980年9月27日)