激走!ルーベンカイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
激走!ルーベンカイザー
ジャンル カーレース
アニメ
原作 大堂勲
監督 布川ゆうじ(チーフディレクター)
脚本 田村多津夫、村山庄三、富田祐弘
キャラクターデザイン すがやみつる
岡迫亘弘
メカニックデザイン 村上克司デザインオフィス・メカマン
音楽 菊池俊輔
アニメーション制作 和光プログリーンボックス
製作 東映大広テレビ朝日
放送局 テレビ朝日
放送期間 1977年10月10日 - 1978年2月6日
話数 全17話
テンプレート - ノート
ポータル アニメ

激走!ルーベンカイザー』(げきそう ルーベンカイザー)は、東映が制作し、和光プロダクションが制作に協力したテレビアニメ1977年10月10日から1978年2月6日まで、テレビ朝日系にて放送された(放送枠:毎週月曜日19時〜)。全17話。

概要[編集]

企画時の仮題は「炎のF1ファイア スピリット」。キャラクター原案をモータースポーツマニアでもあるすがやみつるが担当、本田技研工業鈴鹿サーキットの協力を仰ぐなど本格的なレース物を目指した。フォーミュラーやアバロレーシング、K-3のデザインは村上克司が担当。村上はカーデザイナーを志望していた事もあり、本作では村上はリアルなスポーツカーやレーシングカー等を描いている。

本放送時裏番組が『ルパン三世 (TV第2シリーズ)』だった事もあり視聴率が取れず、あえなく全17話で打ち切りとなった。いわゆるスーパーカーブームを受けて、この1977年秋(10月初頭前後)にはカーレースアニメだけで『とびだせ!マシーン飛竜』『超スーパーカー ガッタイガー』『アローエンブレム グランプリの鷹』そして本作と4本も同時に放送され、文字通りの競争状態となった。しかし、『グランプリの鷹』を除く3作は半年以内に放送終了した。

本作は田中真弓が声優デビューした作品である。

ストーリー[編集]

F1ドライバーの速水俊介は日本グランプリのレース中、監督からの指示を無視してマシンをクラッシュさせてしまい、レース後にチームから解雇されてしまう。そこへ、俊介の父の旧友で「カイザー・チーム」の監督を務める嵐銀二郎が現れた。銀二郎は俊介の腕を見込みチームのドライバーとして加入させた。カイザー・チームが誇る高性能フォーミュラカー「ルーベンカイザー・フォーミュラー1」は、実は俊介の父であるゲオルグ・カイザー設計のマシンだった。俊介は亡き父の夢をかなえるべく、このマシンで世界を目指す。

登場メカニック[編集]

「ルーベンカイザー(ドイツ語表記:LübenKeizer)」はブランド名であり、オープニングに登場するフォーミュラ1が「ルーベンカイザー」という名前ではない。

  • フューミュラー1
    • トラクションを稼ぐために車軸を後部2軸にしている。当時活躍したタイレル・P34と全く逆で、放送後に登場したウィリアムズ・FW08D(テストのみで実戦には参加せず)と同じ。
  • バロックフォーミュラ
  • バロックラリー
    • ともに2ドアセダン「バロック」をベースにしたもの。フォーミュラのデザインやカラーリングは当時実際のレーシングシーンで活躍していたBMW 3.0 CSLの影響を受けている。
  • アバロレーシング
  • K-3
  • パンパ
    • フォーミュラ1などを輸送する大型トラック(トランスポーター)。

キャラクター[編集]

速水俊介
- 三ツ矢雄二
主人公のレーサーで、ドイツ人の父・ゲオルグと日本人の母を持つハーフ。
嵐銀二郎
声 - 納谷悟郎
カイザー・チームの監督。左目を眼帯で隠している。亡き友の息子・俊介を一人前のレーサーにすべく、厳しく育てる。
ジョディ・コリンズ
声 - 市川治
俊介のライバル。富豪の家に生まれ、レーサーに加え工学博士号も所持する。
高木洋平
声 - 沢りつお
カイザー・チームのオーナー。銀次郎同様、ゲオルグとは親友だった。
高木涼子
声 - 高橋直子田中真弓
洋平の娘で俊介のチームメイトのレーサー。
ナレーター
声 - 村越伊知郎

(配役協力:テアトル・エコー

制作スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • OPテーマ - 『激走!ルーベンカイザー』
歌:ささきいさお/こおろぎ'73、作詞:八手三郎、作曲・編曲:菊池俊輔
  • EDテーマ - 『おまえがえらんだ道だから』
歌:ささきいさお、作詞:八手三郎、作曲・編曲:菊池俊輔

放送リスト[編集]

サブタイトル 放送日
1 スタート!日本グランプリ 1977年
10月10日
2 フル・スロットルでふっとばせ! 10月17日
3 驚異の6輪車 10月24日
4 根性のスピーンターン 10月31日
5 決死の氷雪ラリー 11月7日
6 母に捧げる優勝カップ 11月14日
7 死の特訓は誰のため!? 11月21日
8 ビッグマシンをやっつけろ 11月28日
9 命知らずのF1野郎 12月5日
10 小鳥がおくった友情 12月12日
11 モンテカルロラリー初出場 12月19日
12 サーキットから消えた男 1978年
1月2日
13 いくぞ!南アフリカGP 1月9日
14 当ってくだけろ! 1月16日
15 逆転!モナコGP 1月23日
16 見よ!レーサーの意地 1月30日
17 栄光へのスタート 2月6日

補足[編集]

  • ヨーロッパ圏では、「Formula 1」のタイトルで放送された。
  • ポピニカでは、ルーベンカイザーF1、K-3、バロックセダン、バロックラリー、バロックレーシング、バンバが発売された。この他にもDXルーベンカイザーF1、DXアバロ、アバロ、アバロレーシングも発売が予定されていたが本番組が放送期間の短縮によって発売には至らなかった。当時から発売された「バロックレーシング」のミニチュアカーには、同じくポピーが玩具を発売していた『グランプリの鷹』の主人公である轟鷹也がドライバーとして誤記されている。
  • 東映ビデオから発売された、1976年〜1978年頃の東映動画・東映関連のアニメーション作品のOP映像とED映像を集めたビデオソフトには、本作のOPとEDの映像も収録されていた。なお、本編の映像ソフト化は、2018年現在に至るまで一度も実現していない。
テレビ朝日系 月曜19:00枠
【当番組よりアニメ枠
前番組 番組名 次番組
5年3組魔法組
【ここまで特撮番組枠】
激走ルーベンカイザー