こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こちら葛飾区亀有公園前派出所
THE MOVIE
監督 高松信司
脚本 大川俊道
原作 秋本治
製作 宮内正喜
関谷猪三男
出演者 ラサール石井
ともさかりえ
森尾由美
宮本充
佐山陽規
竹本英史
伊東四朗
小松政夫
音楽 佐橋俊彦
主題歌 吉田拓郎
気持ちだよ
撮影 清水泰宏
編集 瀬山武司
内田恵
水田経子
製作会社 フジテレビ
NAS
スタジオぎゃろっぷ
配給 東宝
公開 1999年12月23日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億円
次作 こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!
テンプレートを表示

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ ザ ムービー)は、1999年12月23日東宝洋画系で公開された日本のアニメ映画である。テレビアニメこちら葛飾区亀有公園前派出所』の劇場版第1作である。エンディング曲は吉田拓郎の「気持ちだよ」。

2001年4月1日(日曜日)19:00 - 20:54(JST)には、フジテレビ系列でテレビ初放送された。

あらすじ[編集]

ある日、銀行強盗の訓練中に本物の銀行強盗事件に遭遇した両津は、危うく強盗が使おうとしていた時限爆弾の爆発に巻き込まれそうになる。しかし、間一髪のところでFBIから派遣された爆発物の専門家、星野リサに窮地を救われる。

程なくして「弁天小僧」と名乗る爆弾魔が悪徳企業「シナトラグループ」の関連施設を爆破、シナトラグループの悪事を白日の下に晒していく。実は「弁天小僧」の正体はリサであり、両親を死に追いやったシナトラグループに復讐を果たそうとしていたのであった。

が、「弁天小僧」の人気に便乗して利益を貪ろうと企むシナトラグループの社長は自作自演の爆弾事件を実行しようと計画。しかし手違いで購入された1t弾頭(2000ポンド)を装備した大型ミサイルのタイマーが起動し、亀有は危機に陥る。それを阻止するため、両津はリサ、爆弾処理ロボット・ダンディーと共にタイマー解除へ向かうのだが……

本作オリジナルキャラクター[編集]

品田虎三(しなだ とらぞう)
52歳。通称シナトラと呼ばれる株式会社シナトラ商会社長で、金の為ならどんな手でも使う冷酷無比かつ凶悪な人物。
ホテルやキャバレー経営、貿易やリゾート開発などで巨万の富を得ているが、一方で詐欺や横領、文書偽造などの犯罪も行っており、また逮捕されても巧妙な手口による証拠の少なさと圧倒的な財力、弁護士であるマーチンの策略で悉く不起訴になっているため、現在は警察でさえおいそれと手出しできなくなっている。また、犯罪を揉み消す自分の力への自信の現れのために作中でも平然と犯罪行為を行っている。
弁天小僧の手によって脱税や無許可による産業廃棄物撤去などがことごとく暴かれる中でそれさえも利用した自作自演による金儲けを企み、開発中の「シナトラワールド」なる遊園地を爆破し、多額の保険金を騙し取ろうとする。だがマーチンが間違えて葛飾区が消滅するほどの旧ソ連製2000ポンドミサイルを購入してしまった上にそのミサイルが時限式で爆発すると知り、葛飾から自家用飛行機で脱出しようとするが、両津が乗ったミサイルの特攻で飛行機を撃墜されて警視庁の留置場に落下し、逮捕された。
マー・チン
シナトラの秘書兼顧問弁護士。インチキ不動産屋の羽生とそっくりな容姿をしている。
あくどい手段を使ってシナトラを裁判で勝たせるが、後に1トン相当の2000ポンドミサイルを10キログラム相当と勘違いして買ってしまうというミスを犯す。その後はシナトラを飛行機で脱出させようとしたが、両津の機転で失敗し、最後はシナトラ共々逮捕される。
星野リサ
FBIから派遣された爆弾解体のスペシャリスト。
浅草の下町でよく男の子達(その時に中学生の両津に会っている(リサの思い出では、美少年化されている[1])が、両津はそのことを詳しく覚えていない[2])と一緒に遊んでいたが、ある日に花火職人だった父親がシナトラの金融会社によって多額の借金を抱えてしまい、その返済のため夜も寝ずに働き、遂には花火工場の事故で母親と一緒に死亡してしまう(リサ自身は両親の死後にアメリカに住む親戚に引き取られた)。
その後、両親の敵を討つために「弁天小僧」と名乗ってシナトラの悪行を暴いていたが、オーシャンビルを爆破しようとした際に幼い少女の明日香を巻き込みそうになったことや両津の説得で弁天小僧としての活動を止める。
シナトラの爆弾事件解決後はそのまま書類送検及びFBIに強制送還された。
ダンディ
FBIとNASAの火星探査チームが共同開発した両津やリサと共に行動するハイテク爆弾解体ロボット。ハイパーチタニウムで構成された装甲を持ち、重量は350Kgを誇る。自己防衛システムが備わっており、シールドを張ったり、ボールや催涙ガスを発射する。
シナトラムーンライトビル崩壊後、爆弾解体のミスで怒られた両津にボディを落書きされる(このため、両津は大原部長に2週間の謹慎を言い渡され、その間に徳川幕府の埋蔵金を当てようとニコニコ寮から穴を掘るが、同じく地下鉄建設のためトンネルを掘っていた中川コンツェルンの作業員に先を越されてしまった)。
シナトラたちが仕掛けたミサイルを爆弾解体する際、両津から「この任務が終わったら、ボディーの落書を綺麗に洗ってやる」と約束されるが、落ちてきたミサイルから両津を助けた事で壊れてしまう。しかし事件解決後、メモリーが無事だった為、ボディが修復され、両津と再会する事が出来た(この時、両津の背中に落書きしている)。リサからは「仲の良い兄弟」と評された。
明日香
オーシャンビルで遊んでいた少女。友達の男の子3人とかくれんぼしている際にパイプの隙間に閉じ込められるが、リサと両津の活躍で無事救出される。

キャスト[編集]

一瞬だけだが、特殊刑事課両津家(勘兵衛・銀次・よね・金次郎)、花山里香、花山小梅、星逃田、石頭鉄岩、作者の秋元治なども登場している(全員声なし)。

映像ソフト[編集]

本作のDVD2004年7月14日に発売及びレンタル開始された。

関連用語[編集]

でんすけ28号
両津が「ロボット相撲大会」の賞金300万円を手に入れるために開発したラジコンロボット。顔がコメディアンの大宮伝助であり、足がキャタピラーになっている。妨害する為、腹にバネ付きのボクシンググローブ、頭にミサイルが備わっている。爆弾解体勝負でダンディと競うも、ダンディに敗北し、100トンの鉄球に押しつぶされた。
シナトラホテル
不忍池付近に建てられたスフィンクス型の巨大ホテル。
シナトラムーンライトビル
数百メートルの高さを誇るビル。てっぺんにはスティックのようなものがある。両津達のミスで崩壊するが、シナトラの脱税の証拠である金庫が見つかった。
シナトラオーシャンビル
下町に建てられたビル。ビルと称しているが、その正体は無許可で建てられた産業廃棄物処理工場。元々は子供達の遊び場であり、その近くに老人ホームが建つ予定だったらしい。リサによって爆弾を止めることに成功したが、両津が明日香を助けるためにパイプを数本外したことで崩壊した(両津達はトンネルで脱出した)。その後、ビル付近で高濃度のダイオキシンが検出されたことが判明した。
シナトラワールド
2001年にオープン予定のテーマパーク。鉄骨が簡単に崩れ落ちたり、地面が陥没する等、手抜き工事が行われていた。シナトラ達が逮捕された為、開発及び開園は中止になった模様。
シンボルロケット
マーチンが購入した旧ソ連軍の払下げのR2ミサイル。2000ポンド(約1トン)の爆弾が積まれており、半径数キロ内を吹き飛ばすほどの威力がある。両津達によって爆弾は解除されたが、ロケットエンジンが動き始める。両津が止めようとするも、地下鉄内や町中を飛び回ったり、本庁から葛飾区で両津とミサイルを爆破する計画が立てられるという事態になった。両津のアイディアで勝鬨橋を発射台代わりにして空を飛び、逃亡するシナトラの自家用飛行機にぶつけて爆発した。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ そのせいで本編中は終盤まで幼い頃に出会った少年が両津であることには気付いていなかったが、別れ際に両津に掛けられた言葉がきっかけでその少年の正体が両津であることに気づいたような描写がある。
  2. ^ 完全に忘れてしまった訳ではなく、リサとの別れ際に両津が「昔どこかで会ったことがあるような気がする」と発言していることから朧げながら覚えているようである。
  3. ^ 香港のニュースは公用語の広東語放送だが、本作では北京語であった。

関連項目[編集]

  • 都営バス - 冒頭に杉並支所所属のW193号車(日野・ブルーリボン)が登場する。

外部リンク[編集]