ジェイスターズ ビクトリーバーサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェイスターズビクトリーバーサス
ジャンル アクションゲーム
対応機種 PlayStation 3
PlayStation Vita
PlayStation 4
開発元 スパイク・チュンソフト
発売元 バンダイナムコゲームス
人数 1 - 4人
発売日 2014年3月19日(PS3, PSVita)
2015年6月26日(PS4)
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

ジェイスターズ ビクトリーバーサス』(J-STARS Victory VS)は、バンダイナムコゲームスより2014年3月19日に発売されたPlayStation 3PlayStation Vita用ソフト。

概要[編集]

週刊少年ジャンプ』45周年・『Vジャンプ』20周年記念作品。歴代のジャンプヒーローが闘うアクションゲーム。週刊少年ジャンプで連載された32作品からプレイヤーキャラクター39名、サポートキャラクター13名、計52名のキャラクターが登場する。プレイヤーキャラクター2人とサポートキャラクター1人の計3人でチームを組み、相手チームと対戦。対戦前にはキャラクター同士の掛け合いがある。

登場作品は全てアニメ化(テレビアニメOVAFLASHアニメなど)された作品であり、一部の作品はタイトルがアニメ版のものになっている。キャラクターの担当声優も原則的にアニメ版と同じキャストであるが、諸事情(当時のキャストが既に故人であるなど)により変更されているキャラクターも一部存在する。

通常版のほかに期間限定生産のアニソンサウンドエディションが同時発売。登場作品のテレビアニメ主題歌21曲を収録しており、それをBGMにゲームをプレイすることが可能。

登場作品の中で、『珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-』『めだかボックス』『べるぜバブ』『SKET DANCE』『暗殺教室』『斉木楠雄のΨ難』『ハイキュー!!』は初のゲーム化となる。

システム[編集]

WINゲージ
画面上部にあるゲージ。相手の体力ゲージをゼロにするごとに溜まっていき、これがマックスになると勝利となる。倒されたキャラクターはスタート地点で復活し、決着がつくまで何度でも闘うことができる。
V(ビクトリー)ボルテージシステム
画面上部中央にある「ボルテージゲージ」を溜めることで、バトルを有利に進められるシステム。ゲージマックス中にボタン入力で「ビクトリーバースト」が発動し、スタミナ回復・スタミナ消費減といったパワーアップ状態となる。この状態になると「超必殺技」が使用可能になる。
サポートアクション
チームの3人目として設定出来るサポートキャラクターを呼び出すことで、バトルをアシストする効果が発動する。
サポートキャラクターにはサポート専用キャラクターのほか、バトルキャラクターも設定出来る。
コンビネーションアタック
仲間と同じ敵をロックオンしている状態で「コンビネーション始動攻撃」を当てると、そこからコマンド入力で追撃が可能。最後には仲間と同時に必殺技を放つ。

登場キャラクター[編集]

並び順は公式サイトの作品&キャラクター紹介ページに準じる。アシストキャラクターは技演出に登場するキャラクター。

キャラクター名 出典 分類 担当声優 アシストキャラクター
モンキー・D・ルフィ ONE PIECE プレイヤー 田中真弓  
ボア・ハンコック 三石琴乃
赤犬 立木文彦
ポートガス・D・エース 古川登志夫
孫悟空 ドラゴンボールZ 野沢雅子
ベジータ 堀川りょう
フリーザ 中尾隆聖
トリコ トリコ 置鮎龍太郎
ゼブラ 松田賢二
うずまきナルト NARUTO -ナルト- 疾風伝 竹内順子
うちはサスケ 杉山紀彰
うちはマダラ 内田直哉
黒崎一護 BLEACH 森田成一
朽木ルキア サポート 折笠富美子
藍染惣右介 プレイヤー 速水奨
緋村剣心 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 涼風真世
志々雄真実 池田政典
両津勘吉 こちら葛飾区亀有公園前派出所 ラサール石井 大原大次郎(声 - 佐山陽規
坂田銀時 銀魂 杉田智和 志村新八(声 - 阪口大助
神楽&定春 サポート 釘宮理恵(神楽)
高橋美佳子(定春)
 
浦飯幽助 幽☆遊☆白書 プレイヤー 佐々木望
飛影 檜山修之
戸愚呂(弟) 玄田哲章
ゴン=フリークス HUNTER×HUNTER 潘めぐみ
キルア=ゾルディック 伊瀬茉莉也
ヒソカ サポート 浪川大輔
山田太郎 珍遊記 プレイヤー くまいもとこ 本屋のばばあ(声 - 坂本頼光
ジャガージュン市 ピューと吹く!ジャガー サポート 藤原啓治  
黒神めだか めだかボックス プレイヤー 豊崎愛生
球磨川禊 サポート 緒方恵美
ララ・サタリン・デビルーク To LOVEる -とらぶる- 戸松遥
桐崎千棘 ニセコイ 東山奈央
沢田綱吉&リボーン 家庭教師ヒットマンREBORN! プレイヤー 國分優香里(綱吉)
ニーコ(リボーン)
男鹿辰巳&ベル坊 べるぜバブ 小西克幸(男鹿)
沢城みゆき(ベル坊)
殺せんせー 暗殺教室 関智一
ジョナサン・ジョースター ジョジョの奇妙な冒険Part1 興津和幸
ジョセフ・ジョースター ジョジョの奇妙な冒険(Part2 杉田智和
鵺野鳴介 地獄先生ぬ〜べ〜 置鮎龍太郎
脳噛ネウロ 魔人探偵脳噛ネウロ サポート 子安武人
黒子テツヤ 黒子のバスケ 小野賢章
星矢 聖闘士星矢 プレイヤー 森田成一
アレン・ウォーカー D.Gray-man サポート 小林沙苗
スケット団 SKET DANCE 吉野裕行(ボッスン)
白石涼子(ヒメコ)
杉田智和(スイッチ)
ケンシロウ 北斗の拳 プレイヤー 小西克幸
ラオウ 玄田哲章
則巻アラレ Dr.スランプ アラレちゃん 小山茉美 則巻ガジラ(声 - 西原久美子
斉木楠雄 斉木楠雄のΨ難 浅沼晋太郎
ボボボーボ・ボーボボ ボボボーボ・ボーボボ 子安武人 首領パッチ(声 - 小野坂昌也
ラッキーマン とっても!ラッキーマン 田中真弓  
日向翔陽 ハイキュー!! サポート 村瀬歩
剣桃太郎 魁!!男塾 プレイヤー 堀秀行
江田島平八 サポート 石塚運昇

この他にも、ストーリー中の会話パートにて、ナミなど各作品の他のキャラクターも登場する。

ステージ[編集]

アラバスタ
『ONE PIECE』のステージ。
ナメック星
『ドラゴンボールZ』のステージ。
ベジタブルスカイ
『トリコ』のステージ。
木の葉隠れの里
『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のステージ。
暗黒武術会会場
『幽☆遊☆白書』のステージ。
尸魂界(ソウルソサエティ)
『BLEACH』のステージ。
派出所周辺
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のステージ。
桃源郷
『銀魂』のステージ。
アテナ神殿
『聖闘士星矢』のステージ。
大灼熱の間
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のステージ。
ペンギン村
『Dr.スランプ アラレちゃん』のステージ。
天雷響針闘場
『魁‼男塾』のステージ。

音楽[編集]

主題歌
「Fighting☆Stars」
作詞 - 森由里子 / 作曲 - 岸利至 / 歌 - 影山ヒロノブ串田アキラきただにひろし
通常版BGM
作・編曲 - 音楽制作集団Team MAX(高梨康治水谷広実藤澤健至片山修志加藤賢二
アニソンサウンドエディション収録曲
ウィーアー!
歌 - きただにひろし / 出典:『ONE PIECE』
GO!!!
歌 - FLOW / 出典:『NARUTO -ナルト- 疾風伝』
CHA-LA HEAD-CHA-LA
歌 - 影山ヒロノブ / 出典:『ドラゴンボールZ』
微笑みの爆弾
歌 - 馬渡松子 / 出典:『幽☆遊☆白書』
ガツガツ!!
歌 - 串田アキラ / 出典:『トリコ』
*〜アスタリスク〜
歌 - ORANGE RANGE / 出典:『BLEACH』
departure!
歌 - 小野正利 / 出典:『HUNTER×HUNTER』
「ジョジョ 〜その血の運命〜」
歌 - 富永TOMMY弘明 / 出典:『ジョジョの奇妙な冒険』
そばかす
歌 - JUDY AND MARY / 出典:『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』
愛をとりもどせ!!
歌 - クリスタルキング / 出典:『北斗の拳』
「ペガサス幻想」
歌 - MAKE-UP / 出典:『聖闘士星矢』
だだだ
歌 - グループ魂 / 出典:『べるぜバブ』
Pray
歌 - Tommy heavenly6 / 出典:『銀魂』
HAPPY CRAZY BOX
歌 - 栗林みな実 / 出典:『めだかボックス』
葛飾ラプソディー
歌 - 堂島孝平 / 出典:『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
ワイワイワールド
歌 - 水森亜土こおろぎ'73 / 出典:『Dr.スランプ アラレちゃん』
「汚れっちまった悲しみに…」
歌 - 一世風靡SEPIA / 出典:『魁!!男塾』
バカサバイバー
歌 - ウルフルズ / 出典:『ボボボーボ・ボーボボ』
「ラッキーマンの歌」
歌 - 八代亜紀 / 出典:『とっても!ラッキーマン』
バリバリ最強No.1
歌 - FEEL SO BAD / 出典:『地獄先生ぬ〜べ〜』
LISTEN TO THE STEREO!!
歌 - GOING UNDER GROUND / 出典:『家庭教師ヒットマンREBORN!』

関連項目[編集]

  • ドラゴンボールZ Sparking! - スパイク(スパイク・チュンソフトの前身)が開発。
  • ツギハギ漂流作家 - 週刊少年ジャンプで連載されていた漫画。主人公吉備真備の台詞が、本作の発売当初ルフィの台詞として誤って収録されていたが、後のアップデートで差し替えられた。おそらく当該台詞を使ったコラ画像に影響されたと思われる。

外部リンク[編集]