鳥嶋和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
とりしま かずひこ
鳥嶋 和彦
生誕 (1952-10-19) 1952年10月19日(65歳)
日本の旗 新潟県小千谷市
国籍 日本の旗 日本
別名 マシリト
民族 日本人
出身校 慶応義塾大学
職業 白泉社社長雑誌編集者
活動期間 1976年 - 現在
団体 一ツ橋グループ
肩書き 週刊少年ジャンプ第6代編集長
Vジャンプ初代編集長
任期 1996年2月 - 2001年6月
前任者 堀江信彦
後任者 高橋俊昌
配偶者 あり

鳥嶋 和彦(とりしま かずひこ、1952年10月19日 - )は、編集者白泉社代表取締役社長新潟県小千谷市出身。

経歴[編集]

実家は小千谷駅前で洋品店を営んでいた。新潟県立小千谷高等学校を卒業後、一浪し慶應義塾大学に入学。1976年(昭和51年)、集英社に入社。『週刊少年ジャンプ』編集部に配属され、以後一貫してジャンプ関連の雑誌・書籍の編集を担当。漫画以外にも、企画ページの『ジャンプ放送局』、『ファミコン神拳』などの編集や、連載漫画のメディアミックス化を手がけたり、さくまあきら堀井雄二などの外部の人間を起用しゲームの世界に導いたり、『ドラゴンクエスト』(以下『ドラクエ』)誕生にも一役かっている。その流れから、1993年(平成5年)には創刊編集長として、後輩の高橋俊昌とともにゲーム雑誌『Vジャンプ』を立ち上げた。

1996年(平成8年)2月に『週刊少年ジャンプ』の売上低迷を打破する切り札として、ジャンプ本誌に呼び戻され編集長に就任。『遊☆戯☆王』など連載作品のメディアミックスを精力的に推し進めた。前体制から続く発行部数下落傾向の結果、1997年(平成9年)には『週刊少年マガジン』に発行部数首位の座を奪われたものの、この頃から『ONE PIECE』や『NARUTO -ナルト-』などの新人作家のヒット作が再び出てくるようになった。以後2001年(平成13年)6月まで『週刊少年ジャンプ』の編集長兼発行人となった[注 1]

その後、『週刊少年ジャンプ』『月刊少年ジャンプ』『Vジャンプ』を統括する第3編集部部長に昇格する。週刊ジャンプ発行人は引き続き鳥嶋名義で対応していた。2003年(平成15年)1月、鳥嶋の後任であった高橋が急逝した際は、追悼号となった2003年11号限りの編集長兼発行人として、高橋の追悼メッセージを掲載した。翌週号からは副編集長であった茨木政彦の編集長への昇格人事を行った。以降は週刊ジャンプ発行人としての任務は2008年に茨木から後任の佐々木尚にバトンタッチするまで続いた。

その一方で、週刊ジャンプ時代の優れたメディアミックス展開に対する評価から、ライツ事業部部長に抜擢され兼任、2004年(平成16年)8月には集英社常勤取締役となる。なお、引き続き第3編集部部長職であり、2006年(平成18年)7月まで兼任していた。2008年(平成20年)6月設立の小学館集英社プロダクション取締役を兼任[1]2009年(平成21年)8月には集英社常務取締役、2010年(平成22年)8月には集英社専務取締役に昇任[2]2015年(平成27年)8月に退任し、同年11月より白泉社代表取締役に就任する[3][4]

2020東京オリンピック・パラリンピックのマスコット審査会メンバーの一員。

人物[編集]

『週刊少年ジャンプ』編集者として発掘した漫画家としては鳥山明桂正和の2人が有名。鳥嶋が『Vジャンプ』を立ち上げた際に連載を行うなど以降も繋がりが深い。鳥山については『Dr.スランプ』と『ドラゴンボール』(連載開始 - ピッコロ大魔王編)までの編集を、桂については『ウイングマン』の編集や『電影少女』の発案に関わっていた[5]

若い頃から読書好きであったが、集英社に入社するまで漫画はロクに読んだことは無かったという。『週刊少年ジャンプ』編集部に配属された時には「がっかりした」と語っている。本当は『月刊プレイボーイ』の編集をやりたかったという[6]。この頃色々な漫画を片っ端から読み、特に読みやすかったというちばてつやの『おれは鉄兵』を徹底的に分析し、コマ割りの手法を新人漫画家の指導に応用した[7]

意に沿わない内容であれば原稿を容赦なく不採用・描き直し)にする鬼の編集者としても有名で、口癖の「ボツ!」は『Dr.スランプ』を始めとして多くの作品に登場し、鳥嶋本人の代名詞となっている[注 2]

自身は作家のエリアには入らないスタンスを取り、ストーリー作りに参加する編集は二流と評しており、いかに何度も作家にダメ出しをして「自分は他人より何が優れているか」を悟らせることがビッグヒットを生む最大のコツであると語っている[7]。また、ストーリー作りに時間をかけるのは無駄であり、身近に感じられる魅力的なキャラクターを作ることが大事であると考えている[7]

時代の趨勢を先読みする事に長けており、泥臭い作品が読者や購買層に飽きられてきているの感じていたのか、ジャンプの三原則であった努力・友情・勝利に関しては否定的[注 3]で、特に暑苦しい熱血ものや根性物を嫌う一方でラブコメディ好きで、『ドーベルマン刑事』(連載後期の担当)での加納と三森、『Dr.スランプ』でのアラレとオボッチャマン(をはじめとした各種カップル)などにおいても登場キャラクター同士を恋愛関係に発展させることにこだわった。『ドーベルマン刑事』の作画担当の平松伸二も、本作品にラブコメ要素のテコ入れをすると言った時に最初は不安を覚えたが、原作担当の武論尊から送られてきた原稿を読んでみると、作品にマッチしていて前よりとても面白くなっていたのでビックリしたと回顧している。一方、元々恋愛沙汰を苦手としていた鳥山はこの姿勢に反抗し、『Dr.スランプ』の千兵衛とみどりの結婚に至る過程および次作『ドラゴンボール』での孫悟空とチチの結婚に至る過程をあっさりさせたとのこと[注 4]

2015年4月15日に放送されたCS放送フジテレビONEの番組『漫道コバヤシ』#15「伝説の編集者 鳥嶋和彦さんと少年ジャンプの歴史を振り返るSP」において、編集者として関わった作品や作家と共に歩んできた制作秘話などを熱く語った。同月24日にフジテレビ系列で放送された「地上波特別編」でも、この放送で使われた一部と、『ドラゴンボール』や鳥山明の秘話などを熱く語ったものが放送された(一部地域を除く)[8]。その中で鳥山の『ドラゴンボール』が生まれる切っ掛けとして鳥山がジャッキー・チェンの『酔拳』のビデオを流しながら仕事していたので鳥嶋が「カンフーの漫画を書いたらどうか」とアドバイスしたという。

ゲーム業界との関わり[編集]

ゲーム好きであり、新入社員の頃に『スペースインベーダー』にハマっていた[7]他、『ジャンプ放送局』のさくまあきらたちとよく新宿のゲームセンターで行われるロケテストで新作ゲームを遊んでいた。その関係でさくまから当時『月刊OUT』で仕事をしていた堀井雄二を紹介され、1982年の『週刊少年ジャンプ』誌上でのマイコン特集を皮切りに堀井とともに同誌でゲーム記事を作るようになる。堀井とは『ウィザードリィ』の戦闘システムや『ウルティマ』の世界観についてよく語り合い、1983年にファミリーコンピュータ(以下ファミコン)が登場するとその操作性の良さに感動し、「これからはファミコンの時代がくる」と互いに話していた。その後、ファミコンの袋とじ特集で売り上げを伸ばした『コロコロコミック』に対抗して『ジャンプ』でもゲーム特集を作るよう当時の副編集長に命じられ、『コロコロ』の二色刷に対して四色刷することと、ミシュラン的なゲームレビューを載せてメーカーからクレームが来たら全部カットすることを条件に『ファミコン神拳』をスタートさせた。同記事を執筆した堀井のことは「ライターとしては天才に近い」と評し、原稿にボツを出したことはほとんどなかった。また、男臭い作風を嫌う鳥嶋は当時の編集部内で浮いており、他の編集者たちから「なぜ漫画雑誌である『ジャンプ』にゲーム記事を載せるんだ」という反発の声が出ることを見越して、堀井が記事と並行して作っていた『ドラゴンクエスト』のキャラクターデザインとして漫画家の鳥山明を巻き込む形をとった[9]

初期のキャラクターゲームの中では『キン肉マン マッスルタッグマッチ』は傑作と語り、その頃にバンダイ橋本真司に会う。後にバンダイは『ドラゴンボール 神龍の謎』でヒットを出したものの、当時の代理店を通じてアニメ『ドラゴンボール』のスポンサーを降りると言い、それを聞いた鳥嶋は橋本を呼び出し「じゃあゲームの許諾を取り消すから2本目はないよ」と言ったことで降板を取り消させ、以降はアニメのスポンサードしないゲーム化は全て断るようになった。また橋本からジャンプ漫画のオールスターゲームである『ファミコンジャンプ 英雄列伝』の企画を持ち込まれ、鳥嶋が「漫画によってゲームにしやすいものとしづらいものがあって印税で儲かる作家と儲からない作家が分かれて不公平だが、このゲームを出せば全員がもれなく報われます」と編集部を説得したことで企画が実現化した[10]

1989年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』にも関わっており、当時の副編集長に「『ドラクエ』を『ジャンプ』で特集してもエニックスに利益があっても『ジャンプ』に出版物としての利益がない」と言われ、頭に来て『ジャンプ』で漫画を起こそうと考え、当時『ファミコン神拳』の後継コーナーである『ファミコン快盗芸魔団』のメンバーだった三条陸を原作担当、オリジナル漫画を描きたがっていた稲田浩司を説得し作画担当に起用して、『ダイの大冒険』の原型となる計5回の読切を描かせた。アンケート結果は上位となり同年に連載決定となるが、連載開始時には鳥嶋はすでに副編集長となっていたため、直接担当を務めたのは読切5回のみだった[10]

1990年には『週刊少年ジャンプ』でやることがなくなったと感じ、漫画とホビーを題材とした雑誌『ブイジャンプ』を立ち上げる。しかし当時の集英社にはライツの専門部署がなく複数の版権元とのタイアップ対応が大変だと気付き、3号まで出してそれぞれゲーム、アニメ、おもちゃの順に特集し、あえて少しずつ部数を落として会社に無理だと納得させ、これまで『ジャンプ』で扱ってきた『ドラクエ』や『ファイナルファンタジー』などのゲームを中心にすれば少人数で負担をかからないと提案し、新たに準ゲーム雑誌として『Vジャンプ』に改題して仕切り直した[10]

『ファイナルファンタジー』の生みの親である坂口博信とは『Vジャンプ』立ち上げの際に、後に『遊☆戯☆王』のカードプロデューサーとなる下村聡から紹介される。初対面で『ファイナルファンタジーIII』をダメ出しして、坂口がジャンプ編集部に『ファイナルファンタジーIV』をプレゼンしに来た際には途中からやりたくないという理由で見送り、次の『ファイナルファンタジーV』の最初から組むことになった。坂口とは週に1回飲みに行く間柄となる[10]

ゲーム業界に関わって逃したゲームは『ポケットモンスター』と『伝説のオウガバトル』の2つであると語っている[7]

創作物の登場人物として[編集]

鳥山は『Dr.スランプ』の作中で、鳥嶋をモデルにしたキャラクターDr.マシリトを悪役として登場させている。名称は「トリシマ」を逆さに読んだものであり、以降、マシリトは鳥嶋のニックネームとなっている。Dr.マシリトは『ファミコンジャンプ 英雄列伝』(最終決戦の2人目の相手)や、後の『ジャンプスーパースターズ』『ジャンプアルティメットスターズ』にも登場している。『Dr.スランプ』の劇場版アニメには、Dr.マシリトが重要な役どころを担うものもある。

その後も『週刊少年ジャンプ』掲載作品には、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』のマトリフ、『とっても!ラッキーマン』のトリシマン、『幕張』の嶋鳥和彦など、鳥嶋をモデルとしたキャラクターが次々と登場した。そういった作品では、眉毛の薄さをネタにされることが多い。

『Vジャンプ』の読者コーナーにも総統マシリトが登場し、テレビ番組『ダンジョンV』のキャラクターにもなった。同誌連載中の『犬マユゲでいこう』では実名で登場しており、単行本には顔写真も掲載されている。

ゲームソフト『桃太郎伝説シリーズ』・『桃太郎電鉄シリーズ』にも、鳥嶋をモデルにしたキャラクター、天の邪鬼(あまのじゃく)が登場している。またキングボンビーは、鳥嶋の性格をモデルにしているという。

平松伸二の自伝漫画『そしてボクは外道マンになる』には平松の初連載作品『ドーベルマン刑事』の2代目担当編集者魔死利戸 毒多ましりと どくた)として登場。辛辣な言動と笑い声が特徴的。人気低迷していた『ドーベルマン刑事』に魔死利戸の発案でレギュラー女性キャラクターを登場させたことで、作品は人気を盛り返している。また、平松が故郷の岡山に居る彼女との遠距離恋愛で悩んでいる事を打ち明けると、「彼女を大事にしなさい」と真摯にアドバイスしている。後年、白泉社代表取締役就任後の姿も描かれている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ これまでジャンプの発行人は前編集長が担当することが慣例だったが、前編集長の堀江信彦が他部署に異動(その後退社)となりジャンプ業務からは離れたことに因る。
  2. ^ 『Dr.スランプ』第8巻のおまけ漫画「ヤシの木はうごいた」では、漫画家の意に沿わない行動に対し「ボツにするぞ」と脅す場面もあった。
  3. ^ 鳥嶋は正確には「友情」と「勝利」は正しいが、子供は努力が大嫌いであり、『ドラゴンボール』でも「努力」は描かせなかった[7]
  4. ^ 鳥山によるその流れは鳥嶋が担当から外れた後も続き、ブルマベジータクリリン人造人間18号に至るまで徹底されている。

出典[編集]

  1. ^ 株式会社小学館集英社プロダクション発足”. 株式会社小学館、株式会社集英社、株式会社小学館プロダクション (2008年6月17日). 2011年7月31日閲覧。
  2. ^ 集英社(決算=5月期)”. 新文化. 2011年7月31日閲覧。
  3. ^ 集英社・新役員体制 鳥嶋専務が退任し、白泉社代表取締役に”. 2015年8月26日閲覧。
  4. ^ 集英社、微減収増益決算”. 新文化 (2015年8月27日). 2015年8月28日閲覧。
  5. ^ 桂正和 「桂正和インタビュー」『4C R-side』 集英社、1998年8月9日発行、ISBN 4-08-782762-3、69 - 77頁
  6. ^ 創刊50周年「ジャンプ」伝説の元編集長が語る「鳥山明をめぐる社内政治」”. AERA dot. (2018年2月13日). 2018年2月18日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 伝説の漫画編集者マシリトはゲーム業界でも偉人だった! 鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話”. 電ファミニコゲーマー (2016年4月4日). 2018年7月16日閲覧。
  8. ^ フジテレビONE『漫道コバヤシ』アーカイブ
  9. ^ 『週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!』集英社、2016年5月25日、66-73頁。
  10. ^ a b c d 『週刊少年ジャンプ秘録!! ファミコン神拳!!!』76-79頁。