角南攻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角南 攻(すなみ おさむ、1944年1月1日[1] - 2014年8月7日)は、日本の男性漫画編集者愛知県名古屋市出身。早稲田大学卒業。『週刊ヤングジャンプ』2代目編集長、『ビジネスジャンプ』初代編集長。『トイレット博士』のスナミ先生のモデルとして知られる。

経歴[編集]

1968年(昭和43年)に集英社に入社。『少年ブック』の編集を務める。1969年(昭和44年)に集英社初の青年漫画雑誌『ジョーカー』に携わる[2]。その後、『少年ジャンプ』(後の『週刊少年ジャンプ』)編集部に異動、同誌で『トイレット博士』(とりいかずよし)、『ハレンチ学園』(永井豪)の担当を務める。

1979年(昭和54年)、『週刊少年ジャンプ』の元編集長の中野祐介と共に『ヤングジャンプ』(後の『週刊ヤングジャンプ』)を立ち上げ、初代副編集長として参加する。1983年(昭和58年)に中野の跡を継いで編集長に就任し、1992年(平成4年)まで務める[2]

その後、集英社の系列会社である白泉社に異動、『ヤングアニマル』の立ち上げに関わった。白泉社では常務取締役顧問を務める。2009年の定年退職後はフリーランスの作家として活動した。

2014年8月7日、肺癌のため死去した[3]。享年70。

人物[編集]

  • 名前を「すなみ いさお」と間違って読まれることが多く、『週刊ヤングジャンプ』においてもこの誤読でルビが振られることが多かった。
  • プロ野球・中日ドラゴンズの大ファンでもあり、マスコミ界の中日ファンの集まりである「われらマスコミドラゴンズ会(通称:マスドラ会)」では2012年より死去時まで会長に就任していた[4]。そのため東海地方出身の漫画家や中日ファンの漫画家を重用していた、と自ら告白している。
  • 学生時代、赤塚不二夫のスタジオ「フジオ・プロ」に学園祭への無償協力を求めに行ったことがあり、赤塚はその経験を元に『天才バカボン』の○○研究会のキャラクターを生み出した[5]
  • 目立ちたがりの人物であり、様々な作品にパーマ頭、ギョロ目、あごひげの濃い剃り跡など角南自身をモデルとしたキャラクターを登場させている[6]
    • 同郷のとりいかずよしの『トイレット博士』にスナミ先生として出演[2]、連載後半では事実上の主人公となった。スナミ先生の奥さんや子供の登場は、角南の私生活をそのままトレースしたものである。
    • 小林よしのりの『東大一直線』が『少年ジャンプ』で打ち切られた後、続編『東大快進撃』を『ヤングジャンプ』で連載させた。このため『ヤングジャンプ』時代の小林の漫画にも時々脇役で登場する。
    • マッド★ブル34』に34分署のスナミ署長として登場[2]
  • 雑誌『ムー』編集長の三上丈晴によると、口裂け女の仕掛け人こそ角南自身であり、当時あるラジオ局と協力し「ポマードと唱えると逃げる」などの設定を考案し、その噂を伝播させることに成功したと三上に対しカミングアウトしたという[7]
  • 漫画評論家の米澤嘉博とは一時期同じ町内に住み、子供が同じ小学校に通っていたため運動会その他の行事で面識があった。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メタクソ団の団長スナミちゃんは少年誌を再興させたスーパーマンだった
  2. ^ a b c d 「BEARS 30th LEGEND 週刊YJクロニクルズ」『週刊ヤングジャンプ』2009年7号(1月29日号、31巻5号、通巻1424号)集英社、434 - 435頁
  3. ^ 訃報 われらマスコミドラゴンズ会 2014年8月12日
  4. ^ 2012年3月22日付中日スポーツ3面
  5. ^ ラディカル・ギャグ・セッション (1988年、河出書房新社)
  6. ^ さらば、わが青春の『少年ジャンプ』 (西村繁男著、1994年、飛鳥新社)
  7. ^ 2013年10月4日放送 法円坂ホラー研究会 谷町第二高等学校

外部リンク[編集]

先代:
中野祐介
1979年 - 1983年
週刊ヤングジャンプ編集長
2代目(1983年 - 1992年
次代:
山路則隆
(1992年 - )