ミラクルジャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミラクルジャンプ』は、集英社が発行する日本月刊青年漫画雑誌。『週刊ヤングジャンプ』の増刊という扱い。

概要[編集]

2011年1月13日隔月刊誌として創刊[1]。「SF&ファンタジー」をテーマにしている。『漫革』・『月刊ヤングジャンプ』の流れを汲んでおり、これらの雑誌同様『週刊ヤングジャンプ』の作品の番外編や、『週刊ヤングジャンプ』連載作家の読み切り漫画・ピンナップイラスト等も掲載される。

2013年6月25日発売のNo.15でリニューアルのため一時休刊。2014年4月15日より月刊誌として再開された[2][3]。同号は「2014年5月号(週刊ヤングジャンプ5月30日増刊号)」とされ、発売日の翌月付で月号表記されている。

2016年に初のグラビアコンテスト「ミラドル[4]」を実施[5]。同年12月号でグランプリが発表され、石塚汐花(アイドルカレッジ)が巻頭グラビアに掲載。また同号では初のW表紙として大暮維人(イラスト)とAKB48小栗有以[6]が起用されている。

連載作品[編集]

漫画[編集]

以下、2017年2月28日(2017年3月号)現在連載中の作品。

作品名 作者(作画) 原作など 開始号 備考
れとるとはうちレトルトパウチ! よこやり めんこ横槍メンゴ - 2014年5月号
むすめのいえて娘の家出 しむら たかこ志村貴子 - 2015年1月号 ジャンプ改』より移籍
こいのはしまりはれもんいろ恋のはじまりはレモン色 はら かつのり原克玄 - 2015年3月号
うさあねウザ姉!! せれひい りようさんかたセレビィ量産型 - 2015年5月号
たねもしかけもないらふすとおりいタネも仕掛けもないラブストーリー いとう まさおみ伊藤正臣 - 2015年9月号
かんつしいGANTZ:G いいつか けいたイイヅカケイタ(作画) おく ひろや奥浩哉(原案)
おおさき ともひと大崎知仁(脚本)
2015年12月号 GANTZ」のスピンオフ
ひもうとうまるちやんえすえすひもうと!うまるちゃんSS ひしきヒジキ(漫画) さんかくへつとサンカクヘッド(原作) 2016年2月号 「干物妹!うまるちゃん」のスピンオフ
めいしようめいしょう やまと けいすけ大和ケイスケ - 2016年3月号
しゆんふつひろいひゆあこれくたあ純物拾い ピュアコレクター のしよnojo - 2016年6月号
あくとうふんこ悪童文庫 たなか もと田中基 - 2016年9月号
たえこのにちしよう耐え子の日常 そろそろ たにかわそろそろ谷川 - 2016年9月号
きみにおくるろおとしよお君に贈るロードショー うつみ せと内海瀬戸 - 2016年10月号
ほおいみいつふつかあるボーイミーツ仏ガール あいしま ももしろう相島桃志郎 - 2016年12月号 短期集中連載

イラストコラム[編集]

  • GANTZの素 -奥浩哉とSF映画物語- → 奥浩哉の素 ベストムービーレビューズ(奥浩哉、No.01 - )※月刊誌としての復刊時に改題

小説[編集]

過去の連載作品[編集]

漫画[編集]

小説[編集]

新人賞[編集]

次世代のSF&ファンタジー作品を生み出すために創設され、読者の投票と審査員の評点を合算して、統一王者を決定するという通年募集型の新人賞。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コミックナタリー - 月刊ヤンジャンが「ミラクルジャンプ」として来年1月発売参照
  2. ^ ミラクルジャンプが来春リニューアル、高畠エナガも参戦
  3. ^ ミラクルジャンプ、リニューアル後の連載陣に横槍メンゴら
  4. ^ “ミライ”の“ミラ”クルアイ“ドル”の略。
  5. ^ [1]
  6. ^ 事実上の裏表紙だが、表紙面同様雑誌ロゴ、号数表記、値段表記などあり。
  7. ^ 当初は「新連載」表記であったが、第2話で「集中連載」へと変更された(「ミラクルジャンプ」NO.08発売! 集英社マンガネット S-MANGA.NET ニュース)。

外部リンク[編集]