志村貴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
志村 貴子
生誕 (1973-10-23) 1973年10月23日(47歳)[1]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1997年[2] -
ジャンル 青年漫画百合LGBTBL
代表作 敷居の住人どうにかなる日々
放浪息子青い花
公式サイト 青息吐息
テンプレートを表示

志村 貴子(しむら たかこ、女性、1973年[2]10月23日[1] - )は、日本漫画家同人作家

人物[編集]

1997年に『コミックビーム』(エンターブレイン)2月号掲載の『ぼくは、おんなのこ』でデビュー[2]。その後、同誌で初連載『敷居の住人』を執筆。以後、徐々に活動の場を広げ、『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)や『Kiss』(講談社)など、様々な雑誌で作品を発表している。代表作は『敷居の住人』『どうにかなる日々』『放浪息子』『青い花』『こいいじ』など。

『ぼくは、おんなのこ』掲載以前は、成人向け漫画雑誌『漫画スーパーエロス』1993年4月号(司書房)に、志村貴子名義の短編『LOVELY』が掲載されており、他にも「加藤マサイチ」や「東京堂えるえる」などの名義で『パピポ外伝』(フランス書院)などに、成人向けではない短編を散発的に発表していたが、これらの短編群は公式にはデビュー扱いとされておらず、すべて単行本未収録。単行本化の予定もない。

2012年米国図書館協会の若者向けサービス部門(YALSA)が選出する「12歳から18歳向けの優秀なグラフィック・ノベル 2012年(2012 Great Graphic Novels for Teens)」のベスト10に、英訳版『放浪息子』1巻(『Wandering Son V. 1.』Fantagraphics Books、2011)が選ばれた[3]

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

連載中[編集]

連載作品[編集]

読み切り[編集]

  • 生活維持省(『ミステリーボニータ秋田書店 2003年4月号) - 原作:星新一。『コミック☆星新一 午後の恐竜秋田書店ボニータコミックス〉2003年、ISBN 4-253-10460-6、B6版に収録。同書の表紙イラストも担当。
  • NEVER MIND(『月刊少年エース1998年1月号増刊 エースダッシュ』角川書店 Vol.2)
  • ぼくは、おんなのこ(『コミックビーム』エンターブレイン 1997年2月号)
    • 同名の漫画単行本に以下も収録。
    • 楽園に行こう(『まんがタイムファミリー2000年4月号増刊 まんがタイムナチュラル竹書房
    • 少年の娘(『まんがタイムスペシャル2001年4月号増刊 まんがタイムDash!』竹書房)
    • アケミのテーマ テルオ編(『まんがライフオリジナル』竹書房 2001年9月号)
    • アケミのテーマ ヨシオ編 - 描き下ろし
    • アケミのテーマ ハルオ編 - 描き下ろし
    • 花(『まんがタイムスペシャル2001年11月号増刊 まんがタイムDash!』竹書房)
    • sweet16 - 描き下ろし
  • 猫びより(『MELODY白泉社 2008年4月号)- 『めろねこ』同〈花とゆめコミックススペシャル〉2012年、ISBN 978-4-592-19897-0、A5版に収録。
  • 隣人(『シンカン』朝日新聞出版 Vol.2 2010年)
  • ビューティフル・マンデー(『FEEL YOUNG祥伝社 2016年7月号)
  • ビューティフル・チューズデー(『FEEL YOUNG祥伝社 2016年12月号)

漫画単行本[編集]

詳細は各リンク先を参照。

イラスト[編集]

アニメ[編集]

その他[編集]

備考[編集]

過去に「青い花」(2009年)、「放浪息子」(2011年)がテレビアニメ化されているが、いずれの作品にも作中で別の志村作品のキャラクターがカメオ出演している。アニメ版「青い花」の第4話ではプラットホームで電車を待つモブの中に「放浪息子」の二鳥修一が登場している他、アニメ版「放浪息子」の最終話では、文化祭のお客に混ざって「敷居の住人」の本田千暁と菊池ナナコが登場し、「放浪息子」と「敷居の住人」の両方に登場している兼田健太郎に「珍しい」と声をかけられるシーンがある。

関連項目[編集]

  • イシデ電 - 志村貴子のアシスタントを務めた経験があり、親交が深い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]