岡本倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡本 倫
生誕 ????1月16日
日本の旗 日本和歌山県 
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 エルフェンリート
ノノノノ
極黒のブリュンヒルデ
公式サイト FOR-NEXT - 岡本倫 HOMEPAGE
テンプレートを表示

岡本 倫(おかもと りん、1月6日 - )は、日本漫画家。ローマ字表記はOkamoto Lynn。男性。和歌山県出身[1]

週刊ヤングジャンプにて『君は淫らな僕の女王』(作画:横槍メンゴ)を不定期連載中。

来歴・人物[編集]

和歌山県に生まれる。神奈川大学在学中の漫研時代にプロの漫画家を志すが、この時は断念した[2]。卒業後はバンダイに就職し、玩具の企画や『時の国のエルフェンリート』の製作に携わっていた[3]。28歳の時、再び漫画家を目指すためにバンダイを退社する[4]

2000年1月、『ヤングジャンプ増刊 漫革』(集英社)に読切版『エルフェンリート』が掲載され、漫画家としてデビュー[3]2002年6月から『週刊ヤングジャンプ』(集英社)にて、『エルフェンリート』の連載を開始した。2004年には『エルフェンリート』がアニメ化され、特に海外で人気を博した。

2007年10月から『週刊ヤングジャンプ』にて、スキージャンプを題材としたスポーツ漫画ノノノノ』の連載を開始するが、2010年12月に連載終了。この連載終了ついて、自らの本意ではなかったことを示唆している[5]

2012年からは『週刊ヤングジャンプ』にて『極黒のブリュンヒルデ』の連載を開始。同年、読み切りとして発表した『君は淫らな僕の女王』(作画:横槍メンゴ)が好評であったことから続編が掲載された後、『ミラクルジャンプ』(集英社)にて連載を開始。2013年2月に発売された単行本第1巻の売れ行きも好評だったため、『週刊ヤングジャンプ』2013年50号から不定期での連載が決定した。2014年には『極黒のブリュンヒルデ』がアニメ化された。

学生時代にアークシステムワークスでアルバイトをしており[3]美少女戦士セーラームーンのゲームの製作に関わっていた[6]ライトノベル作家小木君人は大学時代の漫研の後輩[7]。趣味はガンプラ

作品[編集]

連載[編集]

短編集[編集]

  • 岡本倫短編集 Flip Flap(集英社、愛蔵版コミックス、2008年)
    • エルフェンリート (『ヤングジャンプ増刊 漫革』 2000年19号) - デビュー作
    • デジトポリス (『別冊ヤングジャンプ』 2000年5月5日号) - 第245回月例ヤングジャンプ新人賞佳作
    • MOL (『別冊ヤングジャンプ』 2000年12月31日号)
    • メモリア (『週刊ヤングジャンプ』 2002年18号,19号)
    • carrera (『ヤングジャンプ増刊 シゴト魂』、2005年)
    • レジストラ (『ヤングジャンプ増刊 漫太郎』、2006年)
    • アルマージュ (『週刊ヤングジャンプ』 2006年32号)
    • Lime Yellow
    • Flip Flap
    • EXEXE (ネーム原稿
  • 岡本倫短編集 Flip Flap 新装版(集英社、ヤングジャンプコミックス、2014年)
    • きみとこうかん (『週刊ヤングジャンプ』 2011年8号)
    • アルマージュ
    • レジストラ
    • カリエラ
    • メモリア
    • MOL
    • デジトポリス
    • エルフェンリート

師匠[編集]

アシスタント経験者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡本倫 ツイート - Twitter 2012-02-29
  2. ^ 週刊ヤングジャンプ30周年特集archive.is、2013年8月28日) - http://youngjump.yahoo.co.jp/serialcomics/02.html
  3. ^ a b c FOR NEXT -profile-
  4. ^ 岡本倫 ツイート - Twitter 2015-10-16
  5. ^ 岡本倫 ツイート - Twitter 2010-12-02
  6. ^ 岡本倫 ツイート - Twitter 2012-03-06
  7. ^ 【漫画家・岡本倫とラノベ作家・小木君人の出会い - Togetterまとめ”. 2016年3月6日閲覧。
  8. ^ 岡本倫 ツイート - Twitter 2012-06-06
  9. ^ 週刊ヤングジャンプ2012年4・5合併号440頁

外部リンク[編集]