若菜正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若菜 正(わかな ただし、1925年 - 2002年5月10日[1])は、株式会社集英社の第3代社長。『マーガレット』『セブンティーン』の創刊編集長。福島県出身。

来歴[編集]

慶應義塾大学文学部[2]。『明星』編集部を経て、『マーガレット』『セブンティーン』を創刊させる。1964年に役員に昇格後、『non-no』『MORE』『月刊プレイボーイ』などを創刊。1988年に集英社代表取締役に就任し1996年まで務める。退任後は集英社特別顧問。日本雑誌協会副理事長も歴任した[1]2002年5月10日肺塞栓で死去。

人物[編集]

対抗派閥であった週刊少年ジャンプ第3代編集長・西村繁男の著書では、社内人事に大鉈を振った敵役として描かれている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “若菜正氏死去”. 47NEWS. 共同通信. (2002年5月13日). http://www.47news.jp/CN/200205/CN2002051301000162.html 2012年5月8日閲覧。 
  2. ^ 江坂輝弥「三田の考古学(第二回座談会,三田史学の百年を語る)」、『史学』第60巻2・3、慶應義塾大学、1991年、 251頁、 NAID 110007410639