中野和雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中野 和雄(なかの かずお、1946年1月8日 - )は、日本の編集者佐賀県武雄市出身。早稲田大学[1]

来歴・人物[編集]

漫画好きが高じて漫画編集者になったほどで自らも似顔絵程度の漫画絵が描ける[1]集英社に入社し『週刊少年ジャンプ』編集部に配属。ギャグ漫画家の発掘に才能を見せ、吉沢やすみコンタロウ小林よしのりゆでたまごの担当編集者を務めた[1]。『週刊少年ジャンプ』副編集長を経て、『フレッシュジャンプ』副編集長、のちに2代目編集長を歴任。だが、新人育成を目的として創刊された『フレッシュジャンプ』の趣旨を超え独立志向を強めた為、上司の西村繁男に「『週刊少年ジャンプ』の編集方針の支障になっている」と判断され休刊に追い込まれる。解任された中野は集英社の子会社である集英社インターナショナルに出向した。集英社インターナショナルでは『コミック格闘王』編集長などに就いている。

フィクション作品での登場[編集]

中野をモデルとしたキャラクターが、担当していた漫画作品にたびたび登場した。『1・2のアッホ!!』に出演した際はノロ和(のろかず)なる名前を拝命。ゆでたまごの『キン肉マン』におけるアデランスの中野さんは、アニメにもレギュラーで登場したことで知名度が高い。これらの作品に共通する外見上の特徴は、パーマ頭、カツラ使用を思わせる広い額、眼鏡などである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「さらばわが青春の『少年ジャンプ』」(飛鳥新社
先代:
西村繁男
1982年 - 1986年
フレッシュジャンプ編集長
2代目
(1986年 - 1988年
次代:
-
休刊